"20190523165455:H:0" "20190523165455:H:0" "20190523165455:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:物件を見に行った際には、どこをチェックするといい?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

599 件見つかりました
  • Q
    物件を見に行った際には、どこをチェックするといい?
  • A
    伊藤 弥憲

    新着 事前に、聞きたい事・確認しておきたい事をお客様自身で整理しておく事も大切です。

    物件概要図面をご覧になっても分からない事ばかりだと思います。実際、図面に書かれていない部分が大切な事が多いのです。現地に足を運ばないと分からない事は結構あります。周辺環境・陽当たり状況・駅や学校、公共施設、マーケットの利便状況等も実際にご自身の足で歩いて確認する事も大事です。また、建物の間取りの使い勝手の確認、お使いの家具・ピアノ等、配置できるか、予めサイズを把握しておく事も大切です。他にも日中では分からない、夜の通勤・通学の帰路は問題はないか、雨の日のバスの利用状況等、お客様の生活スタイルに合わせて、ご覧頂きたいポイントやご注意点等もご説明させて頂きます。 (担当: 伊藤 弥憲 / (株)プレシャス・ワン )

  • A
    不動産の柳屋商店

    まずは『ここで生活するんだな』といつも通りの日常をその場所でイメージしてみてください

    ずっとお住まいいただく生活の拠点となりますので、第一印象はとても大切です。実際に生活したイメージを持てるかどうかは一つの判断基準になるかと存じます。「道路種別」や「境界」・「越境」、「既存ブロック塀の高さ」・「権利関係」・「法令上の制限」等については、不動産会社ですので担当スタッフにお任せいただいて大丈夫でございます。不動産の柳屋商店では、初回お打合せ時にお住まいご見学の際の「不動産のチェックポイント」もご説明しております。『私もプロ目線でチェックするぞ』タイプのお客様には、ぜひ担当スタッフとご一緒にお愉しみいただけますと幸いでございます。 (担当: 不動産の柳屋商店 / 不動産の柳屋商店(有)柳屋商店 )

  • A
    森戸 義浩

    お客様の理想の暮らしをイメージしてください。

    ご自身やご家族の方がそこに住まわれるイメージ作りが大切です。イメージすることで自然とこだわるべきポイントも見えてくると思います。また、周辺環境や陽当たり状況、道路の幅や整備状況など、変えられない部分はとても重要なポイントとなってきます。物件内容だけでなく、周辺環境についても総合的に把握していただけるよう、様々な情報をご用意してご案内致します。不明点などはご遠慮なくご質問ください。 (担当: 森戸 義浩 / (株)プレスト・ホーム )

  • A
    大谷 利康

    チェックポイントは沢山ありますが、まずは土地状況をご確認くださいませ。

    物件見学の際には多くの事を確認しなくてはいけません。その中でも十分にご確認いただきたいのが土地についてご確認くださいませ。(1)土地の形状(2)境界票と境界ブロックの位置(3)越境のあり、なし(4)陽あたりと周辺環境や周辺施設(5)周辺との高低差や災害状況(6)前面道路の種別(7)擁壁・ブロックの劣化状況以上の7つのポイントをご確認いただくとよいでしょう。建物については(1)間取り(2)施行状況(3)設備(4)損耗・劣化状況(中古住宅)(5)メンテナンス履歴、メンテナンスの必要性(中古住宅)などなど新築、中古住宅によって異なります。できるだけ建物の知識が豊富な営業マンと見学することをおススメいたします。 (担当: 大谷 利康 / (有)オオタニ )

  • A
    徳永 裕也

    間取り図を見ただけでは確認できないポイントをチェックしてください。

    間取り図を見ただけでは確認できないポイントをチェックしてください。例えば、日当たり・眺望・通風・コンディション(傷・よごれ・傷み)等です。売主様が居住中の場合であれば、家具の裏側やカーペットの下等も確認をした方が良いです。また、マンションの管理状況や過去の修繕状況、修繕積立金の総額、近隣の建築計画等、専有部分以外の内容も併せて内覧時に売主様に確認するのが良いでしょう。 (担当: 徳永 裕也 / 野村の仲介+四谷センター野村不動産アーバンネット(株) )

  • A
    佐々木 隆真

    インターネット等では確認できない部分をチェックしましょう。

    ここだけの話、インターネット等の情報にはプラスポイントは載っていても、マイナスポイントは載っていないことが多いです。物件現地をご見学頂く際には、日当たりや眺望、街並みや道路状況等はもちろんですが、インターネット等では確認できないマイナスポイントが無いかを特にチェックしましょう。悪い部分を探すことは、あまり気持ちの良いことではないかもしれませんが、とても大切なことですので徹底的に探してご不安を取り除きましょう。また、同じ物件でも天候や時間帯によって、見えてくる部分が変わってきますので、何日かに分けて時間帯を変えてご見学頂くのがベストです。駅やバス停まで実際に歩いてみるのも大切な作業ですね。 (担当: 佐々木 隆真 / (株)RDP estate )

  • A
    宮崎 伸一

    実際にお住まいになった時をイメージしてみましょう。

    物件をご見学にいかれた際には、是非実際にお住まいになった場合のイメージをしてみてください。現在お持ちの家具、例えばソファーやテーブル、テレビなどをどこに置こうか。毎日の家事で使う設備は整っているののか。より具体的にイメージができれば、意外と気づかなかった部分に気づき、より細かに室内をチェックする事ができますよ☆ (担当: 宮崎 伸一 / センチュリー21(株)東日本建設 )

  • A
    古家 雅史

    マンションは共用部をチェック!!

    マンションの場合は建物周辺やエントランス、廊下の清掃具合、自転車置き場、ゴミ置き場などの共用部分をご覧になってみてはいかがでしょうか。今後長くお住まいになる大切な建物です。ゴミが落ちていないか、汚れは無いか、自転車は乱雑に置かれていないか、ゴミ置き場は整頓されているか、居住者の「普段の顔」が見える部分です。また、小さなお子様がいるご家庭の場合は、通学路が車道と歩道にしっかりと分かれているか(白線があるか)といったことも大切です。お部屋を見るだけではなく、少しその周辺に目を向けてみると、意外な発見があるかもしれませんよ。 (担当: 古家 雅史 / (株)大京穴吹不動産大島店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    金子 祐太郎

    あなたのライフスタイルで何に重点を置いているのか考えましょう!

    例えば車を3台所有しているのであれば当然駐車場も3台分欲しいところですし、もしくは近隣に月極駐車場があるのかどうか!家の近くに何があると便利なのか?(スーパー、コンビニ、駅、学校、スポーツジム等)、日々の生活で何を大事にしているのかによって周辺施設や環境など考えていきましょう。また建物であればリフォームしたい所やすべき箇所、それによって物件購入以外にいくらかかるのかが大切です。 (担当: 金子 祐太郎 / 大みか不動産(株)売買センター )

  • A
    寺田 凛

    目で見て見えない部分もしっかりチェックしましょう!

    物件見学をするとき、実際に自分の目で見て判断できる物、イメージできた物は図面やノートなどに特徴を書き留めておくとよいでしょう。例えば・・土地であれば、道路との高低差や前面道路の幅員など。戸建やマンションであれば、家具の配置をイメージしながら室内を見たり、コンセントの位置などがあります。他には、目では見えないチェック項目もあります。都市計画や法令の制限、駐車場の空きの有無や管理費・修繕積立金の変更予定などです。気になった物件が見つかった時は早めに聞いて確認しておきましょう! (担当: 寺田 凛 / 朝日土地建物(株)横浜支店 )

  • A
    岡野 哲也

    お住まいになっている事をイメージ

    ご自身やご家族の方がそこに住まわれるイメージ作りが大切です。イメージすることで自然とこだわるべきポイントも見えてくると思います。また、周辺環境や陽当たり状況、道路の幅や整備状況など、変えられない部分は 重要 なポイントとなってきます。住環境・交通の利便性・買い物施設なども欠かせませんので、周辺を散歩してみるのもいいかも知れません。その他物件の細かな点は営業担当に何でもお尋ねください!! (担当: 岡野 哲也 / (株)ハウスコレクション )

  • A
    綾部虎次郎

    部屋の大きさ、交通量、設備

    もちろん人によっては異なりますが、一般的に皆さん気にされるのは部屋の大きさです。間取りの図面だけではイメージしにくいけど実際に中に入るとやっぱり生活しているイメージが鮮明になると思います。リビング、寝室、子供部屋は十分な大きさかプライベートは守れているかなど。それと交通量、駐車場は入りやすいかなどもポイントです。最後に設備は何が付いてくるのかも大事です。もちろん事前に必ずお伝え致します。 (担当: 綾部虎次郎 / スカイハウジング(有) )

  • A

    Webサイトで掲載されている間取りや写真、販売図面では分からない部分をチェックしましょう

    広さ・・・家具の配置を想定し、十分な生活スペースがあるか? / 日当たり・・・採光は十分か? / 異臭・騒音・・・近隣から異臭や騒音(車や電車、工場、生活音など)が聞こえてこないか? / 収納・・・十分な収納スペースがあるか? / 設備・・・キッチン(コンロ、冷蔵庫置き場、調理台の高さ)・トイレ(温水洗浄便座)・お風呂(シャワーや湯沸かし器)、その他水回り(水栓、洗濯機置き場)や照明・コンセントやLAN・テレビ・電話の端子・お庭や駐車場、ゴミ捨て場は使いやすそうか? / その他・・・内装や細かい汚れやキズ、駅や商店街、病院までの距離は許容範囲か?等、この物件イイと思ったら確認しましょう。 ( センチュリー21ティ・エイチ・ライフ(株)厚木本社 )

  • A

    窓の開け閉めや周辺環境も夜になるとどうかもしっかりとチェックしてください。

    日当たりや交通状況、騒音等は現地にいけば当然確認しますし、気にしてみるポイントです。忘れがちなのが隣の家との間隔や目線があうかどうか、また家具を置いた際のイメージ等をしっかりもつことが大事です。基本的には売却物件には家具がなく広く見れる傾向がありますが、家具を置いた際デットスペース等がないかもよくイメージしてください。また夜のイメージや雨が降った時どうかを確認するお客様もいらっしゃいます。 (担当: 堀口 恒平 / (株)リプロ東大宮店 )

  • A
    河野 公彦

    目に見えない所のチェックが重要です!

    見た目の綺麗・汚い、間取りの良し悪しも当然重要ですが、多くのお客様が35年もの長期間住宅ローンを組んで購入するお住まいです。数年でガタが来てしまったなんてことが無いように、重要なのが家の造りだと思います。マンションや居住中の中古戸建ての場合はお客様自身での判断が難しくなりますが、住宅情報館では、建築の知識豊富なスタッフがそんな判断の難しい物件の見極めをご案内する中で、お手伝いいたします!是非お気軽にご相談ください! (担当: 河野 公彦 / 住宅情報館(株)府中店 )

  • A
    古森 正己

    Webサイトで掲載されている間取りや写真、販売図面では分からない部分をチェックしましょう

    広さ・・・家具の配置を想定し、十分な生活スペースがあるか? / 日当たり・・・採光は十分か? / 異臭・騒音・・・近隣から異臭や騒音(車や電車、工場、生活音など)が聞こえてこないか? / 収納・・・十分な収納スペースがあるか? / 設備・・・キッチン(コンロ、冷蔵庫置き場、調理台の高さ)・トイレ(温水洗浄便座)・お風呂(シャワーや湯沸かし器)、その他水回り(水栓、洗濯機置き場)や照明・コンセントやLAN・テレビ・電話の端子・お庭や駐車場、ゴミ捨て場は使いやすそうか? / その他・・・内装や細かい汚れやキズ、駅や商店街、病院までの距離は許容範囲か?等、この物件イイと思ったら確認しましょう。 (担当: 古森 正己 / センチュリー21ティ・エイチ・ライフ(株)渋谷店 )

  • A

    物件の種類(土地・戸建・マンション)によってチェックするポイントが違います。

    周辺の環境は共通のチェックポイントですが、土地の場合は建物の建築に際して影響のある、前面道路の幅員、道路との高低差等、一戸建の場合、間取り、雨漏りの形跡、マンションであれば、専有部分だけでなく、共用部分の管理等のチェックが必要です。納得するまで確認し、ご不明の点があればご質問ください。 ( 三井住友トラスト不動産(株)大森センター )

  • A
    佐藤 宏憲

    【物件見学のポイント】

    図面で分かる情報はごく一部だけです。実際に現場を見に行くと周辺の環境が一目瞭然。周辺のチェックはとても重要です。最寄の駅への所要時間、学校・公園・病院・商店街などの施設状況は必ず確認しておきたいもの。また、平日と日曜とでは、道路の混み具合や騒音などの状況が大きく変わる場合もあるので注意しましょう。物件内容だけでなく、周辺環境についても総合的に把握していただけるよう、様々な情報をご用意してご案内致します。以前に一度ご覧になった物件でも、ご納得いくまでご覧頂けますので、何度でも遠慮なくお申し付け下さい。 (担当: 佐藤 宏憲 / (株)ドリームプランニング )

  • A

    購入後の生活をイメージしてみて下さい。

    ご自身やご家族の方がそこに住まわれるイメージ作りが大切です。イメージすることで自然とこだわるべきポイントも見えてくると思います。また、周辺環境や陽当たり状況、道路の幅や整備状況など、変えられない部分は重要なポイントとなってきます。住環境・交通の利便性・買い物施設なども欠かせませんので、周辺を散歩してみるのもいいかも知れません。その他物件の細かな点は営業担当に何でもお尋ねください!! ( ウスイホーム(株)野比店 )

  • A

    目に見えない箇所が最大の注意点!

    まずは、立地環境です。周辺に嫌悪施設がないかどうか、生活の利便施設が整っているかどうかをチェックします。それから、物件そのものの状態を確認します。道路幅員や接面状況、中古住宅であれば、経年変化に伴う劣化状態などもチェックします。不動産で必要なチェック項目は細部まで考えるとかなり多くございますので、当社スタッフが現地にてわかりやすくメリット・デメリットをご説明しております。特に目に見えない隠れた瑕疵などは、重要項目になりますので、わたしどもプロスタッフにご相談ください。 ( ビューハウス(株)高崎店 )

599 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

物件を見に行った際には、どこをチェックするといい?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 土地 > 土地 関東 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
土地を探すなら|SUUMO(スーモ)土地
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。