"20190522075450:H:0" "20190522075450:H:0" "20190522075450:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

624 件見つかりました
  • Q
    買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?
  • A
    横田 大貴

    新着 弊社では買い取り保証制度があります。

    お買い替えの場合、現在お住まいのご自宅のご売却を先行させる方法、お住み替え先のご購入とご自宅のご売却を同時進行にて行う方法、お住み替え先の購入後にご自宅のご売却をする方法があります。それぞれメリット、デメリットがございまが、大事になるのは実際に幾らで売却がする事が出来、無理のない買替をお客様に合う計画で進める事です。弊社ではその不安を解消するお手伝いのひとつとして、買取保障制度がございます。詳しくは、お尋ね頂ければと思いますが、安心してお住み替えを進める事が出来ます。ご自宅の査定・ご購入物件のご紹介・売却・お引越し迄、ワンストップで対応する事が出来ますので、安心して弊社にお任せ下さい。 (担当: 横田 大貴 / (株)プレシャス・ワン )

  • A

    新着 まずはご自宅の査定をお受け下さい。

    お買換えの場合、自宅を売ってから購入する場合と、自宅は後から売って先にまず購入物件を買う場合の2通りのパターンがございます。先に購入物件を買えるのであれば、ゆっくり売却することが出来て引越しは1回で済みますが、自宅にローンなどがある場合一時的に2重のローンの負担になってしまうというリスクがございます。 その他詳細はぜひ、お問い合わせください。 ( 大成有楽不動産販売(株)新宿センター )

  • A

    新着 まずはご自宅の査定から始めましょう。

    お買い替えはまずご自宅の売却価格を把握することが大切です。今のお住まいがいくらで売却できて、次のお住まいの購入可能価格を知らないとお買い替えの活動に移れません。お住み替えは自宅の引き渡しとお住み替え物件の入居日程の調整が必要となります。当センターでは※【買換制度】※【つなぎ融資制度】もございますので、是非ご利用ください。※適用基準、融資条件、必要費用等がございます。詳しくはお問い合わせください。 ( 野村の仲介+大宮センター野村不動産アーバンネット(株) )

  • A
    大谷 利康

    綿密な資金計画を立てることがうまくすすめるコツです。

    まずは、今お住まいの家がいくらで売れるか確認をしましょう。相場の価格や買取価格を把握しておくといいでしょう。つづいて、ご希望のお住み買えエリアの価格帯を把握しておきましょう。そのうえで、綿密な資金計画を立てていくといいでしょう。現在のお住まいに対する、残債はなくなりそうですか?新しいお住まいの購入に際してはお借入は問題なさそうでしょうか?住宅ローンの審査も含めた資金計画が立てられれば後は行動に移すのみですよ。 (担当: 大谷 利康 / (有)オオタニ )

  • A
    不動産の柳屋商店

    売却と購入双方で、安全で正確な「資金計画」と「スケジューリング」が最重要ポイントです。

    お買い替えをご検討のお客様から多くいただくご質問は『既存の住宅ローンがまだ残っているけど大丈夫なのか?』です。基本的には大丈夫なことが多いですが、「既存の住宅ローンの残債額」と「同エリア・同規模・同条件の市場相場」の確認が安全なお買い換え・お住み替えの重要ポイントとなります。また、ご売却先行の場合には「引渡期日はいつまでなのか?」、ご購入先行の場合には「いつから住宅ローンが重複するのか?」をよく考慮してスケジューリングを立てる必要がございます。不動産お取り引きの中でも、お買い換え・お住み替えは特に経験と技術が必要なサポートといえます。不動産の柳屋商店に安心してお任せくださいませ。 (担当: 不動産の柳屋商店 / 不動産の柳屋商店(有)柳屋商店 )

  • A
    町田 恵介

    売却の査定金額を知ってください!!

    まずは売却の査定金額を弊社が独自の査定方法で金額を出します!!その後、無理のない買い替えの物件をお選びできるようにして頂ければと思います。弊社、買い替えのお客様からの依頼が非常に多くなりますが、全てのお客様の物件をほぼ希望の売却金額で決めております!! (担当: 町田 恵介 / おうち(株) )

  • A

    ご売却・買い替え共に同じ不動産に依頼することが大切です。

    2つの会社にお願いしてしまうと、細かいやり取りや連絡で、ややこしくなってしまいお客様が大変になってしまいます。また、売却後の資金を購入資金に充てたい場合や、売却物件の住宅ローンが残っている場合は、一般的に売却の方がこれから買主を探す分、購入よりも難しいため、売却を先行して進めるとスムーズに行きます。しかし、売却だけに焦点を当てていると、いざ売却完了後に住まいがなくなってしまう、なんてことにも…弊社では売却の話を進めながら購入物件を検討し、無駄のないスケジュールをご提案させて頂きます。どちらもメリット・デメリットがございますので、まずはご相談下さい。 ( (株)プレスト・ホーム )

  • A
    松村 亮佑

    スケジュールが重要になるかと思います。

    現在住んでいる家のローンが残っているか?いつまでに住み替えたいのか?現在資金はどのくらいあるのか?今の家を売却したらいくらになるのか?疑問がいろいろ出てくるかと思います。今住んでいる家の売却活動から進めていくのがスタンダードかと思います。売却方法もいろいろございます。販売活動をしながら住み続けることも可能です。現在の住んでいる家の販売活動→買い手が見つかり、資金の見通しがついた→新居の物件探し→新居購入、古い家の売却資金で旧家の住宅ローン完済、新居の住宅ローンスタートのような流れです。 (担当: 松村 亮佑 / ハウスドゥ!清瀬店(株)M.O.R.S. )

  • A
    佐々木 隆真

    弊社には、お買い替え専門のコンサルタントがおります。お任せください。

    お買い替えには、ご購入先行とご売却先行がございます。ご売却先行の方が確実にご売却を終えてからのご購入となる為、より堅実なお買い替えというイメージがありますが大きなリスクもございます。一般的にご売却から概ね3ヶ月後から6ヶ月後には引渡しを行うご必要がある為、それまでの期間内にご購入物件をお選び頂くご必要があるからです。その場合、ご購入物件をご希望・ご要望よりも妥協して頂くご必要が生ずる可能性があります。また、お住まいのままのご売却だと空室の場合と比較して、ご売却の難易度も上がります。弊社では、ご購入先行をお勧めしております。将来のお住まいに妥協せずに、空室でより高くご売却することが出来ます。 (担当: 佐々木 隆真 / (株)RDP estate )

  • A
    大美賀渉

    弊社買取りをご利用ください。

    売却先と購入希望物件が同時タイミングで進むことは難しいです。まずは買取り業者による査定価格を把握することがうまく進めるコツです。一番高く売る方法としては仲介販売ですが、売却時期についてはお約束できません。買取り価格と仲介価格を把握した上で、購入物件の選定をしてください。弊社では年間30の買取り実績があります。査定は無料ですのでお気軽にお問合せください。 (担当: 大美賀渉 / (株)エステート・ワン )

  • A
    高見 勇至

    信頼できる不動産会社に、売却購入合わせて任せることが大切だと思います。

    売却と購入を同時に進める場合、それぞれの手続きのスケジュールを合わせる必要がある為、担当者が別々だとスムーズに進まないケースもございます。大前提として、信頼できる担当者を見つける必要がありますが、可能であれば同じ担当者に任せるのが理想だと思います。 (担当: 高見 勇至 / ブレイスホーム(株) )

  • A
    新野 秀幸

    現在のお住まいに住宅ローン残高でおすすめの手法が異なります

    お買い替えの場合は、まず現在のお住まいに住宅ローンが残っているかどうかで進め方が変わってきます。現在の住宅ローンを完済されており、他の借入も無い場合は新たに購入するために住宅ローンを利用する事が可能ですが、現在未だご自宅の住宅ローンを返済中の場合は、既存のローンの返済の為にご自宅の売却を先行させなければいけないケースが多いです。しかしながら、ご自宅の売却価格の見通しや、ご用意されている自己資金によってはお買い換えがスムーズに行えることもございます。弊社スタッフは、ご自宅の売却査定や、お買い換えまでの流れなどにも詳しいのでご不安なことは何でもご相談ください。 (担当: 新野 秀幸 / センチュリー21(株)東日本建設 )

  • A
    橘 哲郎

    理想は同時進行です!

    まず原則として現在の持ち家の住宅ローンが残っている場合は、2件目を購入する際にローンを組むのが非常に難しいです。そのため売却を先行して住宅ローンを完済し、次に購入する物件の審査をスタートするのが望ましい形です。よく受けるご相談として「今の持ち家からそのまま新居に引っ越したい」ということですが、このケースは余程タイミングよく売りと買いが決まって、且つ自分の家を買ってくれた買主が引き渡しを待ってくれるという“いいひと”でなければ成しえないことです。資金的に厳しくても一時は賃貸物件への引っ越し、もしくは実家が近ければ実家で間借りというのが現実的なところです。 (担当: 橘 哲郎 / 大みか不動産(株)売買センター )

  • A
    広瀬 天竜

    売却よりも次の住まいの購入に比重を置いて計画を立てましょう!

    お買い換えは初めて家を買う時よりやるべきことが多くなります。計画をしっかりと組んでから、行動しましょう。まずは、今のお住まいのローン残高を確認しましょう。そして、今の家が最低いくら、最高いくらで売ることが出来そうなのかを知っておく事で次の購入先に充てられるご予算が見えてきます。予算を○○○万円~○○○万円と幅を決め無理のないところから次に住む物件を見ていきましょう。今まで住んでいた家を少しでも高く売ることも大切ですが、なにより大切なのは次に住む家が満足のいく家かということです。お住み替えはエネルギーが必要ですが、お客様の満足いく”終の棲家”を一緒に探していきましょう!! (担当: 広瀬 天竜 / 朝日土地建物(株)横浜支店 )

  • A
    赤澤 誠也

    ご売却・買い替えどちらも同じ不動産に依頼することが大切です(*^▽^*)

    細かい連絡のやり取りなど、2つの会社にお願いしてしまうとややこしくなってしまいお客様が大変になってしまいます。ハウスコレクションでは週に一度の会議により社員全体で情報を共有し新しい事や今の時代に合わせたご購入やご売却・買い替えの勉強をして、各営業マンは知識を増やしております!ご売却・買い替えのご相談も安心して任せていただいて大丈夫です。ぜひお問い合わせください。 (担当: 赤澤 誠也 / (株)ハウスコレクション )

  • A

    おまかせ下さい。

    買い替えをお考えのお客様は、お気軽にご相談下さい。マンションから戸建ての住み替え・戸建てからマンションへの住み替え・土地を買って建物を建てる住み替え等の様々なパターンにスピーディーにご対応させて頂きます。 (担当: 山口 荘一 / 棟立建設(株) )

  • A

    最終的には当社で下取り致します。

    当社ではあらかじめ決められた期間までの間にご自宅が売却できない場合は無条件にて解約ができる特約を付けての契約が可能です。また事前に買取金額を提示して売却できない場合は当社で下取りすることも可能です。煩わしい手続きが同じ会社でできる事が最大のメリットであります。戸建てやマンション問わず下取りを実施しておりますので是非ご相談ください。(下取りした物件は当社でリフォーム等して売却またはリフォームモデルハウスとして利用致します) ( 昭栄産業(株)大宮支店 )

  • A
    中田 雄大

    おまかせ下さい!

    購入を先にされた場合は気に入った物件を先に押さえられる点ではよいですが、万が一現在のお住まいのローンをお支払いされている状況ですと、購入先との二重ローンをお支払しなくてはなりませんので、ストレスが溜まるという方の声を耳にします。買い替えの場合は少し売却を先行させる事をお勧めしておりますが、お客様によりご事情は様々ですので、ご都合に合わせた的確なアドバイスをさせて頂きます。 (担当: 中田 雄大 / オークラヤ住宅(株)上野営業所 )

  • A
    内山 健二郎

    住まいの買い替えを行う時、「売却」と「購入」のタイミングが大事です

    【売却を先にする場合の長所(逆は購入を先にする場合の短所)】物件売却により資金が決まりますので、物件購入の資金計画が立てやすいです。 / 売却を焦り、買主様に主導権を握られる必要がありません。 【売却を先にする場合の短所(逆は購入を先にする場合の長所)】物件引き渡し日までに、新しいお住まいを探さないといけない為、じっくり家を探すことができません。 / 仮住まいに余計な費用がかかる場合があります等、それぞれ良い面、悪い面があります。ただ、「お住まいがどれくらいで売れそうなのか?」、「残債はあるのか?ないのか?」とお客様によって諸条件が変わってきますので、ぜひ当社へお気軽にご相談下さい。 (担当: 内山 健二郎 / センチュリー21ティ・エイチ・ライフ(株)厚木本社 )

  • A
    大木 金吾

    ご要望をお伺いして、どう進めていくのが良いか、順を追ってご説明させていただきます。

    買い替えの場合注意する必要があるのは物件がいくらで売れるか、借入残が消えるのか、仮住まいは必要か、購入物件の借入はどうかなどスケジュールの組み方が非常に難しくなります。ご要望をお伺いして、どう進めていくのが良いか、順を追ってご説明させていただきます。 (担当: 大木 金吾 / 古郡ホーム(株)FGデベロップ )

  • A

    残債や住む時期、お金の支払、入金時期をしっかりと時系列で確認してください。

    売却をする物件が残債がない状態や少額である場合にはそこまで大きな問題ではありません。しかしそうでないことがほとんどの場合ですと、売却しないと買えないという状態となります。しかし、売却だけ先に決まって住む場所がなくなってしまっても困りますし、購入したい物件があるのに、ローンが組めないという状態も困ります。不動産業者の提案は各社様々ですが、お客様の状態や希望によって提案方法が大きく変わります。不動産の買い替えにおいてなにを重要視しているか優先順位をたててみてください。 (担当: 堀口 恒平 / (株)リプロ東大宮店 )

  • A
    保坂 恵介

    売却を先行するor購入を先行する。どちらが適しているか見極めてください!

    売却を先行する場合、売却額に合わせて買替え先を探すため、予算に狂いが生じることが少ないですが、売却後、購入先が見つからないと仮住まいが必要となるのがデメリットと言えます。これに対し、購入を先行する場合、仮住まいの必要は少なくなりますが、購入後売却がうまくいかないと、予算での狂いが生じることがあります。この2つは買替え先のご希望や住宅ローン残債の有無、現在の住宅の売却予想額によって選択が異なります。住宅情報館では、独自の査定システムと購入を先行した場合、万一売却が出来なかった際の保険である『買い取り保証制度』をご用意し、お客様に最適なお住替えをご提案いたします。是非お気軽にご相談ください! (担当: 保坂 恵介 / 住宅情報館(株)府中店 )

  • A
    古森 正己

    住まいの買い替えを行う時、「売却」と「購入」のタイミングが大事です

    【売却を先にする場合の長所(逆は購入を先にする場合の短所)】物件売却により資金が決まりますので、物件購入の資金計画が立てやすいです。 / 売却を焦り、買主様に主導権を握られる必要がありません。 【売却を先にする場合の短所(逆は購入を先にする場合の長所)】物件引き渡し日までに、新しいお住まいを探さないといけない為、じっくり家を探すことができません。 / 仮住まいに余計な費用がかかる場合があります等、それぞれ良い面、悪い面があります。ただ、「お住まいがどれくらいで売れそうなのか?」、「残債はあるのか?ないのか?」とお客様によって諸条件が変わってきますので、ぜひ当社へお気軽にご相談下さい。 (担当: 古森 正己 / センチュリー21ティ・エイチ・ライフ(株)渋谷店 )

  • A
    柴田 俊一

    売却をまず進めるのが宜しいかと思います。

    誰でも買うのは安く、売るときは少しでも高くしたいと思います。購入する物件がまだ見つかっていなくても、売却活動を進めた方宜しいかと思います。売却は希望価格で売れるケースの方が少ないので、初めは希望価格で売り出しをしながら、購入物件を探した方が宜しいかと思います。購入物件が見つかるまでは、売却金額は落とさない事をお勧めします。少しでも売り買いが同時に出来るようにする為です。 (担当: 柴田 俊一 / (株)ハウスデザイン )

624 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 土地 > 土地 関東 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
土地を探すなら|SUUMO(スーモ)土地
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。