"20190527102223:H:0" "20190527102223:H:0" "20190527102223:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

594 件見つかりました
  • Q
    新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?
  • A
    高木 正大

    新着 物件に求める条件によって変わります!

    ご予算や条件によって、お客様に合った物件は変わってきます。「綺麗な物件に住みたい」=新築物件と決めつけるのではなく、「中古+リフォーム」という選択肢も視野に入れることによって、駅から近い物件を見つけられたりと、物件探しの幅を広げることが出来ます。まずはご相談ください。 (担当: 高木 正大 / ミック(株)三春情報センター )

  • A
    伊藤 弥憲

    新着 ご希望条件を整理することから始めましょう。

    先ずは希望条件の整理、無理のない返済計画を基に購入予算の設定が大事になります。次に希望条件に見合う、予算内の物件資料収集、新築・中古を問わず収集する事。但し、中古物件の資料を収集する際にリフォームが済んでいる物件を除き、リフォーム費用の予算計上を忘れてはいけません。たとえば、4000万円の予算でお探しでしたら、リフォーム予算として300万円~500万円を見込まなければなりませんので、購入物件の予算は3500万~3700万円となります。収集資料を基に実際に現地に足を運び見比べてみましょう。購入検討できる物件に出会えると思います。詳細は弊社でアドバイスさせて頂きますのでお気軽にご相談ください。 (担当: 伊藤 弥憲 / (株)プレシャス・ワン )

  • A
    大谷 利康

    新築住宅と中古住宅の違いを十分に把握する事が大切です。

    新築住宅の良さは、誰も住んだ事のない家という付加価値と最新の性能で建てら、断熱性・耐震性も優れた点などがあります。建物のメンテナンスも入居から10年前後は不要ですよね。中古住宅では、新築にはない良さがある場合に検討されるとよいでしょう。・価格・広さ・立地などです。中古住宅では、価格が新築と比べて安い場合があります。また、注文住宅で建てられた家は新築住宅より広く大きな家の場合もあります。人気で土地の販売が出ないエリアでは、中古住宅での購入を検討するとよいケースもあります。ご自身のご希望のマイホームを考えながら、新築・中古とあわせてマイホーム探しをされるとよいでしょう。 (担当: 大谷 利康 / (有)オオタニ )

  • A
    店長:佐藤 生希

    物件価格だけではなく「住宅ローン控除」や「すまい給付金」も判断基準のポイントとなります

    中古不動産は新築に比べて、一般的に建物の減価償却分をお安くご購入いただくことができます。その代わりに販売主が個人であることが多いため、保証期間は3ケ月(※条件によっては保証無しの場合もございます。)と短く、設備等の多少の不具合リスクもある程度ご了承の上ご検討いただく必要がございます。新築は販売主と保険機関の10年保証が義務化されておりますので、長い期間を安心してお住まいいただけるメリットがございます。また、新築は「住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)」が最大400万円に対し中古不動産は最大200万円と差があり、そのほか「すまい給付金」にも条件が追加されてまいります。 (担当: 店長:佐藤 生希 / 不動産の柳屋商店(有)柳屋商店 )

  • A
    森戸 義浩

    まずは、ご予算、エリア、広さからご検討下さい。

    どちらもメリット・デメリットがございますが、ご予算が届くのであれば、新築をオススメいたします。新築の場合、売買価格は高めかもしれませんが、中古住宅の場合の多くは保証が付かず、どうしても瑕疵の問題がついて回ります。また、各設備についても経年による劣化がありますので、メンテナンス時期が早く到来します。これによる出費が意外と馬鹿になりません。新築住宅であれば、新築の瑕疵保証が10年、設備についてもメーカー保証がついていますので、安心です。中古住宅を選ぶケースとしては、エリアが優先事項で新築のご予算に届かない時などにオススメします。 (担当: 森戸 義浩 / (株)プレスト・ホーム )

  • A
    中島 陽次郎

    10年保証や住宅ローン減税、

    中古戸建の場合、年数により引き渡し後すぐにリフォームが必要であったり、設備が故障したりいたしますので、余計な費用がかかる場合があります。ただし、新築建売にはない個性的な物件であったり、味わいのある物件が多数ございます。ただし、新築のように10年保証がなく、築年数によっては住宅ローン減税が受けれなかったりいたします。新築の場合は、誰も住んでいないすべてが新品ですし、設備は最新のものですので、すぐに故障することは少ないですし、メーカー保証等がありますので、安心感はあると思います。ただし、建売の場合は、似たような物件が多数ありますので、オンリーワン感はないのかと思います。 (担当: 中島 陽次郎 / (有)リビング住建 )

  • A
    佐々木 隆真

    新築であれば建物の10年保証が付き、中古であればもっと良いエリアに。

    例えば、同じご予算で物件をお探し頂く場合、新築であれば駅までのアクセスがバスとなり、中古であれば駅まで徒歩で行ける場合がございます。簡単に言ってしまうと、建物の新しさやクオリティーを選ぶか、立地や利便性を選ぶかということになります。どちらが正解ということはなく、お客様のお好みやライフスタイルによってお選び頂ければと思います。一つポイントとしてご説明をさせて頂くと、新築であれば建物の10年保証が付くということです。さらに地盤保証が付くケースもございます。中古の場合は、一般的に3ヶ月から2年の保証となります。お客様のご判断基準の一つにして頂ければと思います。 (担当: 佐々木 隆真 / (株)RDP estate )

  • A
    稲村広平

    価格メリットがれば中古も選択肢

    一番は掛かる費用でしょうか。それは今後掛かるメンテナンスも考えることが重要です。ご希望の地域の土地相場、新築を建築するといくらぐらい費用が掛かるのか。それを考えてメリットのある中古物件になっているか。お互いにメリットデメリットがあります。新築に精通したスタッフやリフォーム提案に強いスタッフがおりますのでお気軽にお申し付けください。弊社では新築建売販売、住宅メーカーへのご紹介による優遇、中古住宅リフォーム事業もおこなっております。 (担当: 稲村広平 / (株)エステート・ワン )

  • A
    宮崎 伸一

    購入後の保証内容や、立地など、総合的に選んでください。

    新築住戸の場合、売主が宅建業者や建設業者であるため、建物や設備に対して最長10年の保証期間があります。中古住宅の場合で、売主が個人の方の場合は、前述のような保証がつかない場合がございます。また、一般的に、中古住宅は新築住宅に比べて価格が低い為、ご予算の中では好立地の物件や駅から近い物件が検討出来るでしょう。お客様がお住まい選びにおいて重要とされる項目によって選び方は異なって来るかとおもいますので、迷ってしまった際は、まず私どもに御気軽にご相談下さい。 (担当: 宮崎 伸一 / センチュリー21(株)東日本建設 )

  • A
    古家 雅史

    どちらもメリットがありますね

    新築物件の良い所はなんといっても綺麗な建物、清々しいお部屋に一番にお住まいになれるとこではないでしょうか。逆に中古物件は、他の人が住んだ後に住まないといけないと感じられるところがデメリットですね。ところが最近は室内のリフォームを施して新築同様に直して住む方も多くなりました。中古物件は現地や室内、ご近所にお住まいの方や組合、管理会社の活動についても調べた上で購入できるところがメリットになります。お探しの場所やお引渡しの時期で譲れないものがある場合も、中古物件のほうが探しやすいかもしれませんね。 (担当: 古家 雅史 / (株)大京穴吹不動産大島店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    伊藤滉崇

    入居した後のかかる費用が違います。

    ズバリ、ご予算が届くのであれば、新築をお勧めいたします。中古住宅の場合、個人が売主の場合が多く、10年保証は付きません。そして、どうしても瑕疵の問題がついて回ります。また、各設備についても経年による劣化がありますので、メンテナンス時期が早く到来します。これによる出費が意外と馬鹿になりません。新築住宅であれば、新築の瑕疵保証が10年、設備についてもメーカー保証がついていますので、安心です。中古住宅を選ぶケースとしては、絶対的にエリアが優先事項で新築の予算に届かない時。でしょうか。 (担当: 伊藤滉崇 / (株)ベルヨコハマ )

  • A
    萩原 翼

    双方の長所・短所を確認したうえで譲れないポイントか考えてみてはいかがでしょうか

    新築住宅はセキュリティー面でも安心ですし、すべての物が新しい状態で使える、また銀行融資を受けやすいというメリットがあります。中古住宅は価格は基本的に低く、解体して注文で新築を建てることもできるというメリットがあります!家をご購入するにあたって、お客様の現在の収入や、自己資金、今後のローンの組み方によってもオススメする物件は変わってきます!お客様の理想のお住まいが見つかりますよう、我々スタッフも全力でサポートさせていただきます! (担当: 萩原 翼 / ララハウス(株) )

  • A
    橘 哲郎

    ご予算に応じてお考えください

    例えば100万円の予算で車を買おうとしたとき、軽自動車なら新車が買えるが、中古であれば外車も選択肢に入ってくる。仮にご予算を2000万円で考えていた場合、建売であれば新築が買えますが、中古であればハウスメーカー施工で外構まで整った物件を選ぶことも出来ます。ご予算が3000万円の場合は土地を購入してローコストの建築会社で新築を建てることも可能ですが、中古であれば築浅で室内の設備も充実したきれいな一戸建てに住めるかもしれない。ご予算が1500万円前後であれば必然的に中古がメインになってきますが、極稀に破格の建売住宅が出る場合もあります。お客様の価値観に沿ってお選びください! (担当: 橘 哲郎 / 大みか不動産(株)売買センター )

  • A
    藤田 秀一

    重要視するポイントによって選択肢が変わります!

    新築を選ぶ方の場合、「新しい家に住みたい」「保証がついている家が良い」などのご希望が多く、中古を選ぶ方の場合「広い土地や建物がほしい」「絶対にこのエリアじゃなきゃ嫌だ」などのご希望が多いです。お客様が重視するご要望によって自然と新築になるか中古になるか絞れてくることが多いです。初めから、どちらかに絞らずに両方見ていただくことオススメしています。新築、中古のメリット、デメリットをしっかり理解して物件を決めましょう! (担当: 藤田 秀一 / 朝日土地建物(株)横浜支店 )

  • A
    鈴木 健二

    ☆何年購入される家に住むか?ライフスタイルに合わせた選び方☆

    購入される家に『何年住むか?』 をお考え下さい。(^_^)お子様の世代までリレーで住む場合は『新築』を選ぶ方がいいと思います。ご実家に戻らないといけない方は中古物件を選ぶほうがいいと思います。新築でも中古でも場所が一番大事だと思います。 (担当: 鈴木 健二 / (株)ハウスコレクション )

  • A
    久保 忠孝

    メリットとデメリットを考えていきましょう。

    新築住宅では予算が合わず中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。中古住宅の場合には設備等の修繕費用が早い時期に必要になります。また、一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います! (担当: 久保 忠孝 / 棟立建設(株) )

  • A
    望月 栄二

    新築・中古、それぞれの長所・短所を確認しましょう

    【新築の長所】中古より諸制度が有利 / 誰も使ったことがないので、まずキレイ 【新築の短所】同じ立地・設備条件だと販売価格が高い場合が多い 【中古の長所】同じ立地・設備条件だと価販売価格が安い場合が多い 【中古の短所】中古より諸制度が不利 / 一度使われたことがあるので、使用感がある場合がある等、それぞれ良い面、悪い面があります。「新品だけど、販売価格が高い新築」「劣化があるけど、販売価格が安い中古」と言ったところでしょうか。ご自分やご家族の好みに合う方を選ばれるといいでしょう。 (担当: 望月 栄二 / センチュリー21ティ・エイチ・ライフ(株)厚木本社 )

  • A

    価格、保証で選んでください。

    新築戸建の場合、売買価格は高めかもしれませんが、最新の設備がはいっており、ランニングコスト(水道、高熱費等)が安価になるケースがあります。また、建築主、売買業者のアフターサービスや住宅瑕疵担保保険等がしっかりと完備されております。中古住宅は当たり前ですが新築住宅に比べると安価な傾向があります。但し、築年数にもよりますが、住宅ローン控除の適用がない不動産やリフォーム費用が多大にかかる場合もございます。また売主からアフターサービスや瑕疵担保保険が引き継げないケースもあるので、注意してください。 (担当: 堀口 恒平 / (株)リプロ東大宮店 )

  • A

    エリアか予算か・・・

    ご希望の住みたいエリアにご予算の範囲内で新築戸建がある場合は新築の方がよろしいかと思います。ただ、理想通りの物件が無い場合は中古住宅も視野に入れお探しください。新築、中古共にメリットとデメリットがございますので、わかりやすくご説明いたします。 ( (株)福屋不動産販売赤羽店 )

  • A
    田巻 敦

    ご予算が許されるなら新築、許されないなら中古です。

    ご希望のエリアを考慮するうえで、ご予算が許されるなら新築をお勧めいたします。多くのお客様にとって住宅購入は人生で一番高いお買い物になると思いますが、新築住宅は法律により最低10年間、主要部分の保証が義務付けられており、購入した後の万が一の不具合に対応できるため、安心感が高いと思います。これに対し、中古の魅力は価格ですが、保証期間が短いため購入前の慎重な見極めが必要です。住宅情報館では建築の知識豊富なスタッフが、間違いのないお住まいをご提案差し上げます!是非お気軽にご相談ください! (担当: 田巻 敦 / 住宅情報館(株)府中店 )

  • A
    川辺 聡史

    新築・中古、それぞれの長所・短所を確認しましょう

    【新築の長所】中古より諸制度が有利 / 誰も使ったことがないので、まずキレイ 【新築の短所】同じ立地・設備条件だと販売価格が高い場合が多い 【中古の長所】同じ立地・設備条件だと価販売価格が安い場合が多い 【中古の短所】中古より諸制度が不利 / 一度使われたことがあるので、使用感がある場合がある等、それぞれ良い面、悪い面があります。「新品だけど、販売価格が高い新築」「劣化があるけど、販売価格が安い中古」と言ったところでしょうか。ご自分やご家族の好みに合う方を選ばれるといいでしょう。 (担当: 川辺 聡史 / センチュリー21ティ・エイチ・ライフ(株)渋谷店 )

  • A

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 ( 三井住友トラスト不動産(株)大森センター )

  • A
    柴田 俊一

    土地の広さや立地で選ぶといいと思います。

    建物は償却していきますから、いずれリフォームしたり建替えが必要になりますから、土地選びが重要だと思います。ご希望の土地の広さや立地を選ばれた後に、新築か中古かをご予算に応じて選ばれるのが宜しいかと思います。 (担当: 柴田 俊一 / (株)ハウスデザイン )

  • A

    新築・中古かメリット・デメリットを比較検討してみて下さい。

    新築と中古では購入する目的がかなり違ってきます。新築は自分の思い通りのものが創れ満足度が高い。中古は新築に比べ価格が安くその分生活に余裕が生まれます。まずこの2つで迷うということはしっかりとした購入計画が立てれていない可能性があります。もう一度最初に戻って購入計画を考え直して原因を探してみましょう。 ( ウスイホーム(株)野比店 )

594 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 土地 > 土地 関東 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
土地を探すなら|SUUMO(スーモ)土地
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。