"20190621064323:H:0" "20190621064323:H:0" "20190621064323:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

56 件見つかりました
  • Q
    新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?
  • A

    お客様が重視するポイントを教えてください!新築・中古両方の視点からお探しいたします。

    新築も中古も、メリット・デメリットがあり、迷われるのは当然のことと思います。初めからどちらか一方に絞らずに、まずはご希望の条件、重視するポイントを考えていきましょう。ご予算だけではなく、エリアのご希望や、間取、広さなど、ご相談いただけましたら条件に合う物件を新築・中古問わずお探しいたします。新築分譲、中古物件、注文住宅、リノベーション済み住宅と幅広く選択肢をご提案できますので、きっとお客様に合ったお住まいが見つかると思います! ( 山万(株)山万マイホームセンター )

  • A
    大谷 利康

    新築住宅と中古住宅の違いを十分に把握する事が大切です。

    新築住宅の良さは、誰も住んだ事のない家という付加価値と最新の性能で建てら、断熱性・耐震性も優れた点などがあります。建物のメンテナンスも入居から10年前後は不要ですよね。中古住宅では、新築にはない良さがある場合に検討されるとよいでしょう。・価格・広さ・立地などです。中古住宅では、価格が新築と比べて安い場合があります。また、注文住宅で建てられた家は新築住宅より広く大きな家の場合もあります。人気で土地の販売が出ないエリアでは、中古住宅での購入を検討するとよいケースもあります。ご自身のご希望のマイホームを考えながら、新築・中古とあわせてマイホーム探しをされるとよいでしょう。 (担当: 大谷 利康 / (有)オオタニ )

  • A
    窪 親悟

    メリット・デメリットをご面談時にご説明させていただきます。お気軽にご相談ください。

    新築であれば、住宅の安全性という面で心配が少ないかもしれません。しかし、中古物件であれば大手ハウスメーカーの建物も購入できるかも。このようなメリット・デメリットがたくさんあります。こちらをご面談時にすべてご説明させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。 (担当: 窪 親悟 / ハウスドゥ!松戸中央店(株)岳南不動産 )

  • A
    内山 翔

    一度、現地を両方みてみましょう!

    新築のメリットやデメリット、中古のメリットやデメリットは多数ございます。どちらの方が良い!!というのは、お客様のご希望条件や物件エリアによっても異なってきますので、一概には言えません。実際一緒に見学させていただき、それぞれメリット・デメリットをご説明させていただきます。中古戸建の場合い必要ならばリフォームやリノベーションもご提案させていただきますので、ご検討しやすいかと思っています。 (担当: 内山 翔 / センチュリー21ライフトラスト(株)津田沼店 )

  • A
    村上 大志

    予算が大切ですよ!

    新築に越したことは無いというのは当たり前ですよね。しかし、どうしても外せない希望のエリアでは新築を買う予算が無いなどの場合は中古でもよいと思います。中古をリノベーションするという考えもありますが、その際は事前にきちんと見積もりを取ったほうが良いですよ!結果、新築建てるのとあまり変わらなかったという事もしばしば御座いますので・・・。 (担当: 村上 大志 / (株)レオガーデン西船橋店 )

  • A
    木村和彦

    と言うよりは、どんな家族構成かで変わります。

    新築、特に多棟現場の場合、不思議と年収や年代が近い家族が集まる傾向があります。そうなりますとそこには金額では表せないメリットなどが生まれてくる訳です。住めば自治会行事や子供関係行事など色々出てきますから、もしお子さんがいる様なら多棟現場をオススメします。中古でも近隣が同時に分譲されているケースなら同じ様な事が言えますので、近隣の家族構成がどんなか見てみると良いです。その他の中古や新築の戸数が少ない現場の場合は逆にそういう近隣がわずらわしい方には良いです、ちなみに私もこちらでした。 (担当: 木村和彦 / (株)グランデ )

  • A

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 ( 三井住友トラスト不動産(株)市川センター )

  • A

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 ( 三井住友トラスト不動産(株)柏センター )

  • A

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 ( 三井住友トラスト不動産(株)津田沼センター )

  • A

    まずはご希望のエリアにある物件をご紹介させてください。

    物件を見ていただく際、新築住宅と中古住宅の「違い」をご説明いたします。新築の良さも、中古の良さもたくさんあります。どちらか一方に決めずに両方見てみることをお勧めいたします。 ( (株)HRE津田沼店 )

  • A

    最終的には「コスパ」でしょう

    一般的に「新築は品質が安定していて高い」、「中古は品質がわかりにくいけど安い」といったイメージがあるようですね。数年前に発生した住宅の手抜き工事・建築確認偽装事件等の反省から、最近の新築は性能がわかりやすく表示された上、保証も付いて安心感はかなり増しました。また中古住宅でも、最近話題になっているホームインスペクションという第三者のGメンが検査を行う「見える化」された住宅もポピュラーになりつつあり、結論としてはご自分のコスパでお選びください、となります。※当社の社長がホームインスペクターですので、皆様のディープなご質問にビシバシお答えいたします。お気軽にお問い合わせください。 ( センチュリー21(株)いがらしハウジング成田支店 )

  • A

    保証の有無、ご予算、メンテナンスに係る費用を総合的に判断で選択してみる。

    新築と中古では各々メリット、デメリットがございます。例えば中古のメリットとしては新築と同じような価格帯で検討した場合、ご希望のエリア、駅までの距離が近い、土地や建物の広さが確保出来るなど、デメリットとしては新築には最低10年間、主要部分の保証が義務付けられていますが、中古(個人が売主)の場合は保証が付いていないなど、物件ごとに担当営業マンに確認していただき、安心してご購入していただけるお住まい探しをご提案致します。 ( (株)ぱっとホーム住宅販売本店 )

  • A

    【まずは住みたい地域を教えてください。】 

    一般的に「最新設備に住みたいなら新築」「好きな街に住みたいなら中古」と言われます。長谷工グループには新築マンション分譲を請け負うグループ会社もあります。お客様のご意向をうかがいながら、ご希望が新築マンションに近いようであれば、近隣の新築マンションの紹介も可能です。まずはご来店いただき、ご希望の条件等を教えてください。 ( (株)長谷工リアルエステート柏店 )

  • A
    矢嶋 唯行

    ご予算が許されるなら新築、許されないなら中古です。

    ご希望のエリアを考慮するうえで、ご予算が許されるなら新築をお勧めいたします。多くのお客様にとって住宅購入は人生で一番高いお買い物になると思いますが、新築住宅は法律により最低10年間、主要部分の保証が義務付けられており、購入した後の万が一の不具合に対応できるため、安心感が高いと思います。これに対し、中古の魅力は価格ですが、保証期間が短いため購入前の慎重な見極めが必要です。住宅情報館では建築の知識豊富なスタッフが、間違いのないお住まいをご提案差し上げます!是非お気軽にご相談ください! (担当: 矢嶋 唯行 / 住宅情報館(株)佐倉店 )

  • A

    予算や希望エリアに合わせて考えましょう

    新築も中古もエリアや物件によって、金額が大きく変わってきます。ですので、まずは予算とエリアを明確にすることが大切です。新築か中古かというのはそこを明確にすると、絞られてくるはずですよ。 ( (有)竹之内建設 )

  • A
    飯田 和也

    ご予算が許されるなら新築、許されないなら中古です。

    ご希望のエリアを考慮するうえで、ご予算が許されるなら新築をお勧めいたします。多くのお客様にとって住宅購入は人生で一番高いお買い物になると思いますが、新築住宅は法律により最低10年間、主要部分の保証が義務付けられており、購入した後の万が一の不具合に対応できるため、安心感が高いと思います。これに対し、中古の魅力は価格ですが、保証期間が短いため購入前の慎重な見極めが必要です。住宅情報館では建築の知識豊富なスタッフが、間違いのないお住まいをご提案差し上げます!是非お気軽にご相談ください! (担当: 飯田 和也 / 住宅情報館(株)船橋店 )

  • A
    望月 徹哉

    ご予算が許されるなら新築、許されないなら中古です。

    ご希望のエリアを考慮するうえで、ご予算が許されるなら新築をお勧めいたします。多くのお客様にとって住宅購入は人生で一番高いお買い物になると思いますが、新築住宅は法律により最低10年間、主要部分の保証が義務付けられており、購入した後の万が一の不具合に対応できるため、安心感が高いと思います。これに対し、中古の魅力は価格ですが、保証期間が短いため購入前の慎重な見極めが必要です。住宅情報館では、建築の知識豊富なスタッフが、間違いのないお住まいをご提案差し上げます!是非お気軽にご相談ください! (担当: 望月 徹哉 / 住宅情報館(株)柏店 )

  • A
    太田 達也

    『ご予算』や『保証』、 『エリア』で考えてみては??

    新築の良いところは『最新の設備』や『保証の充実』。安心ですよね♪ご予算が許せば、新築がおススメです♪工法も進化し続けていますからね☆ しかし、中古物件には、それらをくつがえすだけのこだわり住宅がある事も。築浅であれば、新築とさほど変わりません。また、大事に住まわれていて、築年数の割にキレイで安い!などや、駅近なのに、この土地の広さ!という事も。。まれにどうしても希望エリアに新築が出て来ない!なんて事も。そんな方にもおススメの住宅もきっとございます! 最近ではリノベーション住宅も多いですしね。 (^O^) 楽しみながら探しましょう♪ (担当: 太田 達也 / (株)ひだまりハウス )

  • A
    鵜川 大

    たくさんの家を見て、気に入ったものをお選びください。

    新築は保証内容が充実しているほか、設備なども最新のものが多いので、気持ちよくお住まいいただけます。中古では、保証の面では新築にかないませんが、同等の新築よりも安くご購入できるケースが多くなっています。ただし中古の場合、品質にばらつきがありますので、しっかりとした調査を行うことが重要です。弊社では新築でも中古でも、宅地建物取引士が物件について事前に調査しご報告させていただいております。新築でも中古でも、気に入った家がございましたらお気軽にご覧いただき、お客様の理想にあった家をお選びください。 (担当: 鵜川 大 / (株)デザイン工房みらい )

  • A

    ご家族構成と将来設計で変わってきます

    なぜ今住宅購入したいのか?近い将来のご家族構成と生活設計はどうか?もしも「ご購入価格」でお悩みでしたら慎重に!近隣相場などを元に新築中古の価格差やお客様のニーズを照合の上最適な物件のご紹介をさせて頂けますのでお気軽にお声掛けください。 ( (株)野崎建築工業 )

  • A
    島崎 幸雄

    まずは住みたい地域を教えてください。

    一般的に「最新設備に住みたいなら新築」「好きな街に住みたいなら中古」と言われます。長谷工グループには新築マンション分譲を請け負うグループ会社もあります。お客様のご意向をうかがいながら、ご希望が新築マンションに近いようであれば、近隣の新築マンションの紹介も可能です。まずはご来店いただき、ご希望の条件等を教えてください。 (担当: 島崎 幸雄 / (株)長谷工リアルエステート千葉店 )

  • A

    まずは住みたい地域を教えてください。

    一般的に「最新設備に住みたいなら新築」「好きな街に住みたいなら中古」と言われます。長谷工グループには新築マンション分譲を請け負うグループ会社もあります。お客様のご意向をうかがいながら、ご希望が新築マンションに近いようであれば、近隣の新築マンションの紹介も可能です。まずはご来店いただき、ご希望の条件等を教えてください。 ( (株)長谷工リアルエステート船橋店 )

  • A
    江良 和彦

    まずは住みたい地域を教えてください。

    一般的に「最新設備に住みたいなら新築」「好きな街に住みたいなら中古」と言われます。長谷工グループには新築マンション分譲を請け負うグループ会社もあります。お客様のご意向をうかがいながら、ご希望が新築マンションに近いようであれば、近隣の新築マンションの紹介も可能です。まずはご来店いただき、ご希望の条件等を教えてください。 (担当: 江良 和彦 / (株)長谷工リアルエステート新浦安店 )

  • A
    関 義明

    互いのメリット、デメリットをお伝えします!

    一概には言えませんが、新築は中古では少ない“長期保証”があったり、設備も最新です!しかし、中古も新築では予算オーバーなエリアに住めたり、新築にはついていない事が多いエアコンや太陽光パネルがついていたりと負けていません!お客様だけで考えても答えは出ません!笑ご相談ください! (担当: 関 義明 / (株)YES野田本店 )

  • A

    ご予算が許されるなら新築、許されないなら中古です。

    ご希望のエリアを考慮するうえで、ご予算が許されるなら新築をお勧めいたします。多くのお客様にとって住宅購入は人生で一番高いお買い物になると思いますが、新築住宅は法律により最低10年間、主要部分の保証が義務付けられており、購入した後の万が一の不具合に対応できるため、安心感が高いと思います。これに対し、中古の魅力は価格ですが、保証期間が短いため購入前の慎重な見極めが必要です。住宅情報館では建築の知識豊富なスタッフが、間違いのないお住まいをご提案差し上げます!是非お気軽にご相談ください! (担当:森 桂一郎 / 住宅情報館(株)松戸店 )

  • A

    戸建て及びマンション

    まず個人のライフスタイル、車の所有、眺望、税金、管理費、修繕積立金などの点で比較をされてみるとよいでしょう。プライバシー、間取りの自由度、庭、ガレージなども同様です。またマンションでは堅牢な造りでも大きな物音がした場合、階下に若干響いた例が確認されています。さらにタワーパーキングでは朝の渋滞がある可能性があり、その点は注意が必要かと思われます。十分に説明を聞かれることをお勧めします。 ( 日栄商事(株)柏支社 )

56 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 土地 > 土地 関東 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
土地を探すなら|SUUMO(スーモ)土地
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。