"20190620203927:H:0" "20190620203927:H:0" "20190620203927:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

28 件見つかりました
  • | 1 |
  • Q
    新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?
  • A
    稲村広平

    価格メリットがれば中古も選択肢

    一番は掛かる費用でしょうか。それは今後掛かるメンテナンスも考えることが重要です。ご希望の地域の土地相場、新築を建築するといくらぐらい費用が掛かるのか。それを考えてメリットのある中古物件になっているか。お互いにメリットデメリットがあります。新築に精通したスタッフやリフォーム提案に強いスタッフがおりますのでお気軽にお申し付けください。弊社では新築建売販売、住宅メーカーへのご紹介による優遇、中古住宅リフォーム事業もおこなっております。 (担当: 稲村広平 / (株)エステート・ワン )

  • A

    お客様のライフプラン・ライフスタイルが重要です。

    新築か中古なのかは、お客様が何を一番に重要視するのかによって異なってまいります。購入費用ですか? お住まいになるエリアですか? 建物の構造・耐用年数ですか?それとも、お客様ご自身のライフスタイルを重要視なさいますか?お気軽にご相談下さい。 ( コンチネンタルホーム不動産(株) )

  • A
    新島 英虎

    あと何年住むかだと思います。支払いだけで考えると大変なことになります。

    たとえば、築15年の中古を購入し、住んだとした場合、20年くらいはそのまま、もしくは内装リフォームで問題はないと思いますが、30年40年と考えたとき、見えない構造部分はどうでしょう?築40年の中古戸建は、建て替えを考えなければとなる場合もございます。金額が安かったからでは済まされないときもあります。構造などが見れない中古戸建ほど慎重にお考えください。現在は、購入前に耐震診断や建物の保証をしてくれるサービスもございますので、そちらもぜひご検討ください。 (担当: 新島 英虎 / ケイアイネットリアルティ2nd(株)宇都宮西ハウジングセンター )

  • A

    ライフスタイルで選ぶべきでしょう

    永住をお考えか、先々転売をお考えになるかのライフスタイルで選ぶべきでしょう! 永住をお考えになるのであれば、新築がベストであると思います。しかし、先々転売やステップアップの為のお考えがあるのであれば、中古をお勧めいたします。勿論ご予算等でも左右されますので、まずはお気軽にご相談をするのが最適であると思います。 (担当:山本 裕樹 / ケイアイネットリアルティ2nd(株)真岡ハウジングセンター )

  • A

    迷っている理由はなんですか?

    誰でも新築に住めるのであれば住みたいですよね。確かに一般的に中古の方が安く初期費用は安く抑えられます。しかし、リフォーム費用や保証などの面も踏まえた上で総合的に判断をしてみて下さい。ご予算の関係で中古しか買えないと考えているのであれば一度ご相談下さい。その中で新築、中古のメリット・デメリットも含めてご提案させて頂きます。 ( (株)TK・ハウジングセンター宇都宮店 )

  • A

    お客様の状況、ライフスタイルは勿論ご予算も大事かと思われます。

    その人のライフスタイルになると思います。将来設計によってだいぶ違います。例えば、家にお金をかけずに教育や車にかけたいなど。また、どうしても住みたいエリアでは土地や新築戸建が見つからない…と言った方には新築戸建のみではなく中古戸建も視野に入れて探して頂くのをお勧めします。 (担当:リテール営業部 / (株)ランドグラン )

  • A

    新築も、住んだ瞬間に中古です。新旧の問題より、住みやすさ・暮らしやすさで判断を。

    日本は以前より新築志向が強いと言われてきましたが、昨今の不景気で支出を抑えるために中古住宅をお選びになられる方も増えています。これから子育てを迎える方や団塊の世代の方が老後の生活のためにおうちを求めておられるというご相談はよく受けます。そんな中、高い新築か安い中古かという二者択一ではなく、一つ一つの物件に対して「この家は日常生活的に住みやすいか、経済的にも長期にわたって暮らしやすいか」を軸に判断されるといいと思います。カチタスの販売する中古住宅は大半がリフォーム済ですので、即入居できて、しかも一定期間は手を加えず(=お金を掛けず)住み続けられるのは大きなメリットだと思います。 ( (株)カチタス小山店 )

  • A

    新築も、住んだ瞬間に中古です。新旧の問題より、住みやすさ・暮らしやすさで判断を。

    日本は以前より新築志向が強いと言われてきましたが、昨今の不景気で支出を抑えるために中古住宅をお選びになられる方も増えています。これから子育てを迎える方や団塊の世代の方が老後の生活のためにおうちを求めておられるというご相談はよく受けます。そんな中、高い新築か安い中古かという二者択一ではなく、一つ一つの物件に対して「この家は日常生活的に住みやすいか、経済的にも長期にわたって暮らしやすいか」を軸に判断されるといいと思います。カチタスの販売する中古住宅は大半がリフォーム済ですので、即入居できて、しかも一定期間は手を加えず(=お金を掛けず)住み続けられるのは大きなメリットだと思います。 (担当:佐巻 康共 / (株)カチタス宇都宮店 )

  • A

    お客様の本当の・・を購入ガイドを使って一緒に考えさせていただきます。

    イエステーションでは、最初にじっくりとお客さまのお話をお聞きします。あなたの本当に欲しい家は、必要な家は、きっと沢山の希望があるでしょう。しっかりと購入プランをご検討して大切な住まいを決めていきましょう。  あなたの人生には沢山の人々が関係しています。イエステーションは、いろいろなご相談を含めてコンサルティング仲介します。ご安心ください。家族同様にお付き合いするつもりでスタッフがお話をお伺いします。 ( イエステーション(株)お家ネットワーク )

  • A

    今、安いか高いかでお決めになると絶対後悔します!!

    新築住宅の方が、建物は綺麗ですが値段もそれなりにします。中古住宅は物件にもよりますが、新築より安い物件の方が多いでしょう。購入する時の費用は考えるまでもありません。しかし、建物は土地と違い毎年劣化していきます。そこでの生活を維持するのには様々なメンテナンスが必要になってきます。メンテナンスの費用も購入費の一部と考えて新築か中古かで御検討してみて下さい。将来、後悔する可能性が減ると思います。 ( 栃木セキスイハイム(株)不動産部 )

  • A

    新築or中古を決める前に、ご希望のエリアと予算内の物件を比較するのも大切です!

    新築住宅は当然きれいで、気持ちもよいかと思います。ただ、同じご予算内で考えた場合、中古住宅のほうが土地の大きさや、立地などの環境面などの条件が良くなる場合もありますので、お客様のご希望条件の優先順位を整理したうえで、さまざまな提案をさせていただいております。まずは、ご希望のエリア、ご希望の予算内での新築住宅及び中古住宅を見比べてみると、よいと思います。 ( ビューハウス(株)小山店 )

  • A

    新築or中古を決める前に、ご希望のエリアと予算内の物件を比較するのも大切です!

    新築住宅は当然きれいで、気持ちもよいかと思います。ただ、同じご予算内で考えた場合、中古住宅のほうが土地の大きさや、立地などの環境面などの条件が良くなる場合もありますので、お客様のご希望条件の優先順位を整理したうえで、さまざまな提案をさせていただいております。まずは、ご希望のエリア、ご希望の予算内での新築住宅及び中古住宅を見比べてみると、よいと思います。 ( ビューハウス(株)宇都宮東店 )

  • A

    お客様の価値観によります。

    新築と中古の大きな違いは価格です。当然の様に中古より新築の方が高い傾向にありますが、新築でも建売などでは建築業者によって建物の構造に問題がある可能性があります。逆に中古でも強固な構造や、手入れが行き届いた奇麗な建物もあります。また、周辺環境や立地条件にもよりますので、様々な要素を考慮してご検討ください。 ( (株)丸和住宅 )

  • A

    中古が必ずしも割安とは限りません。

    中古物件を中心に割安な物件を探されている方がいらっしゃいます。しかし、必ずしも中古が割安とは限りません。内装等がキレイにリフォームされていても、建物で最も大切な、構造躯体部分がどうなっているかは見ることができません。度々の修理等でランニングコストがかさんでしまえば結局は割高になります。保証体制を良く確認されることをおすすめします。なお、弊社施工物件は最長30年保証となっています。 (担当:たかはし / (株)飯田産業宇都宮中央営業所 )

  • A

    新築は「保証と自由度」が、中古は「希少性と価格」がポイントです!

    新築は、注文住宅の場合、間どりの自由度も高く、また保証制度も充実したものが多いのが特色です。中古は、新築分譲地ではなかなか無いエリア等が購入できる希少性と、価格面での割安感が特色です。どうしても、お悩みが解決しない場合は、一度、新築・中古を実際にご内覧頂き、営業スタッフにご相談下さい。それぞれの特色を、目でみて感じて頂きますと、必ずお好みの方向性がご提案できると思います! ( トヨタウッドユーホーム(株)住まいの情報館不動産情報センター )

  • A

    エリア、予算で考えることが重要

    新築も中古住宅も同じ戸建です。新築は、すべて新しいですが、なかなか希望のエリアで出ないケースが多々あるかと思います。逆に希望のエリアだけど中古しかなくて・・・。なんてことも多々あるかと思います。どこに住みたいのか、どれくらいの予算で考えているのかが重要です。中古の戸建でもリーズナブルに購入できる建物が結構あります。お子様が小さい時に中古を購入して、あとで建替えをするなんてことも出来ます。リフォームをしっかりすれば、新築同様の戸建が手に入ります。予算とエリアをよく考えて選ばれるのがいいと思います。 (担当:齋藤 英之 / 東海住宅(株)宇都宮支店 )

28 件見つかりました
  • | 1 |
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 土地 > 土地 関東 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
土地を探すなら|SUUMO(スーモ)土地
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。