福岡ですっきり暮らそう~散らかない部屋づくり。基本を押さえた収納アイデア~

こんにちは!

土屋ホームトピアです。

f:id:hometopia:20210603123404j:plain

今日はリノベーションと収納のお話

住まいの収納は年々進化しています。
単にスペースを取るのではなく、
使いやすい工夫がリノベーションでは可能となります。
では、最新のリノベーションによる収納にどんなものがあるのか・
そしてスタンダードになっているのか。
マンションリノベーションを追求する等
スタッフがご紹介したいと思います。

収納においては、使う場所にしまうが
基本使いこなしもポイントに
収納の基本は使う場所にしまうこと。
そうしないと結局出しっぱなしになってしまいます。
自分の持ち物を見直して、どこにどんな収納が
必要なのか考えることが第一歩です。
「最近の物件の収納は片づけやすい工夫がされていますが、
それでも散らかりがちな人は使いこなせていない場合が
ほとんどです。収納スペースを使っていなかったり、
むやみに詰め込んだ結果、見えにくくなり死蔵品化してしまうこともあります。

リビングダイニングのポイントは、
キッチンカウンター下を活用
リビングは家族にとって過ごす時間が長いことからも
物が集まりやすい。ファミリーの場合、
リビングには壁面積で3から4畳分の収納が本来は必要です。
救急箱など家族共通のものや、学校や習い事の書類、
家電の説明書などを入れる奥行き30㎝程のスペースが
あるといいといわれています。オプションで収納付きの
テレビボードや壁面キャビネットを用意している物件も多くなっています。

f:id:hometopia:20210603133851j:plain

 

ファイルボックスやデッドスペースの活用を
参考例として
眺めて楽しむアイテムの置き場として、L字の大型キャビネットを活用

リビングに設置されているのは、L字型の壁面収納。
写真や本などのお気に入りのアイテムを飾って楽しめる。
見せたくないものはおしゃれなボックスに入れて
インテリアの一部に。ほしい時にさっと取り出すことが出来ます。

キッチンカウンターの横を活用して
スマートな収納に活用します。
キッチンカウンターのサイドに設けられた収納は、
カップやグラスのほか、ダイニングで使うものの
置き場としても重宝します。
下の棚板はスライド式なので出し入れが
スマートにできるのも魅力です。

ワンポイントして
書類の片付けにはファイルボックスを活用してください。
書類の収納にはファイルボックスがおススメです。
学校、習い事、家電の取り扱い説明書など
項目ごとに分けて入れたり、上の子用、
下の子用と人別に分けておくと探す手間が省けます。
リビングに収納がついていない場合は
物入付きのテレビボードを置くとよいでしょう。
収納家具を別に置くより限られたスペースを有効に使えます。

f:id:hometopia:20210603133908j:plain

 

洗面所はデッドスペースを生かした
お役立ち収納がリノベーションに有効
洗面台の引きだし収納と三面鏡裏の収納は標準化。
「三面鏡裏はドライヤー用フックやボックスティッシュ
置き場など工夫のあるものが増えています。」
タオルを入れるリネン庫も最近はスタンダードになっています。
幅・奥行きが各35cm程度のトール収納があれば、
家族4人分のバスタオルなどが収納できます。
また、デッドスペースになっていた洗濯機の
置き場の上に吊り戸棚を設置するリノベーションが増えています。

f:id:hometopia:20210603133931j:plain

カゴの活用で、見渡しやすく取り出しも楽に
細かいものが多い洗面台はプラスティックカゴを活用して
整理するのがおすすめです。種類が多い化粧用品や
ヘアアクセサリーも仕切り付きのカゴに収納すると便利です。
また、洗面化粧台の引き出し収納は浅い方を
毎日使う化粧道具の置き場にすると、
引き出しを開けたままメイクができて便利。
三面鏡裏より出し入れも楽です。
あるいは、ここに洗面用のタオルを入れても大丈夫です。

f:id:hometopia:20210603133942j:plain

 

お家のリフォームをお考えの方はぜひご相談下さい。

 

 この記事を投稿した会社について詳しく知る

https://suumo.jp/remodel/ki_0001408/?ar=030

                                     

ー 記事を投稿した店舗 -

◆店舗名:土屋ホームトピア

◆施工可能エリア:東京、神奈川、京都、兵庫、福岡 全国(一部エリアを除く)

◆会社・店舗ページ:https://suumo.jp/remodel/ki_0001408/?ar=030

◆フリーダイヤル:0120-093-033

◆会社概要

 【定休日】水曜日

【営業時間】9:00~18:00