住まいのオシャレ度が一気に上がる!「コンクリート現し」をリフォームで取り入れる

最近リフォーム・リノベーションで人気の「コンクリート現し仕上げ」。本来は下地とクロスの奥に隠れているはずの躯体のコンクリートがそのまま見えるような施工の仕上げのことです。数年前からインダストリアルやヴィンテージ、ブルックリンスタイルといった「男前インテリア」が注目されており、クールやモダンさを表現できるコンクリート現し仕上げをリフォームやリノベーションで取り入れる方が多くなっています。

 

そこで今回はコンクリート現しのメリット・デメリットをお伝えするとともに、朝日住宅リフォームが手掛けた事例をご紹介します。

 

f:id:asahi-jutaku_tokyo:20190124141825j:plain

 

 

コンクリート現しのメリット

●とにかくおしゃれ

コンクリート現し仕上げの大きなメリットはなんといってもそのデザイン性の高さ。壁や天井がコンクリート素材になるだけで、無機質で無骨な印象となりお部屋のお洒落度がグンと上がります。いろいろな素材その相性もよく、木、金属、布、石…どんな素材のインテリアと組み合わせてもかっこよく仕上がります。

 

●開放感が出る

天井はコンクリートの躯体部分の下に換気ダクトや電気配線などが通っており、その下にもう一枚天井板が設けられている構造になっています。天井をコンクリート現しにすると、天井板を剥がして躯体をむき出しにするので、躯体と天井板の間のスペース分天井が高くなり開放感が出ます。なお、なかにはコンクリートに直接壁紙を貼っている直貼り天井のものもあり、このタイプだとこれ以上天井を上げることはできません。

 

コンクリート現しのデメリット

●ダクトや配線がむき出しになる

天井をコンクリート現しにすると、これまで天井の中に隠れていたダクトや電気の配線もむき出しになります。それはそれでかっこよく、魅力の一つでもあるのですが、ダクトなどが丸見えになっているのは嫌だという方もいるので、そういう方には向きません。また、電気配線などを見せるために綺麗に整える必要があるので、電気工事に費用がかかります。

 

●照明の種類が限られる

 コンクリート現しの場合の照明は、ダクトレールを取りつけてそのレールにスポットライトやペンダントライトを取りつけます。ダウンライトは天井がすっきりして広く見える人気の照明ですが、このタイプの照明は天井に埋め込む必要があるため取りつけることはできません。

同じく壁にブラケットライトを付けたい場合、配線を壁の中に施すタイプのものは採用できません。(後付けの照明からコードが出ていてコンセントに差すものなら可能です)

 

●上の階の音が伝わりやすくなる

天井の躯体をむき出しにする場合、上の階の衝撃や音が直に伝わりやすくなる傾向にあります。元々が直天井なのであれば音にも配慮されて設計されているかもしれませんが、二重天井になっているものから天井板を剥がすというのは本来想定されてはいない使い方のため、以前よりも上のお家の生活音が気になるようになる可能性があります。

 

コンクリート現しの実例3選

①無機質さが魅力のクールモダンな住まい

f:id:asahi-jutaku_tokyo:20190124142000j:plain

f:id:asahi-jutaku_tokyo:20190124142016j:plain


「シンプルで無機質な生活感のない空間」というご要望を受け、天井や壁のコンクリートをむき出しにすることに。生活感を極力排除するために、ほとんど料理をしないというキッチンはコンパクトなタイプを設置、普段はアルミフレームのアクリル扉でキッチンを隠せる仕様にしました。アルミやステンレスなど金属の質感とコンクリートがクールモダンな住まいを演出しています。


 

②異素材がマッチする大人の深みを感じる住まい

f:id:asahi-jutaku_tokyo:20190124144212j:plain

f:id:asahi-jutaku_tokyo:20190124144229j:plain



天井の一部だけをコンクリート現しにするという方法もあります。このお住まいでは、リビングのくつろぎスペースだけをコンクリート現しに。木材やレンガ、石、金属、漆喰などいろいろな素材をMIXさせて造り上げた空間は、大人の深みを感じさせるものになりました。

 

③天井のコンクリートを塗装でカフェ風空間に

f:id:asahi-jutaku_tokyo:20190124144511j:plain

f:id:asahi-jutaku_tokyo:20190124144524j:plain

コンクリートの天井を白い塗料で塗装しました。塗装をすることでコンクリートそのままよりもいくぶんか柔らかい雰囲気になりました。ただ、きっちり塗り込めずにラフに塗って仕上げたのでコンクリートの質感もしっかり残っています。白い天井に黒のダクトレールや照明をいくつも配置したことでカフェのような空間に仕上がりました。



コンクリートの質感が好き、かっこいい住まいに憧れるという方はご検討してみてはいかがでしょうか。お住まいのオシャレ度が一気に上がること間違いなしです。

ご検討の際はぜひ朝日住宅リフォームにご相談ください。

 

 ―この記事の実例について―

https://suumo.jp/remodel/ki_0000050/jitsurei/sb_0000010679/?ar=030

 

 

ー 記事を投稿した店舗 -

◆店舗名:朝日住宅リフォーム

◆施工可能エリア:東京、大阪、兵庫、神奈川(一部地域)、埼玉(一部地域)

◆会社・店舗ページ:

【SUUMO】朝日住宅リフォーム | リフォーム

◆電話(無料):0120-459-067

◆会社概要

 【定休日】毎週水曜日・月2回火曜日

 【営業時間】9:30~18:30

 【店舗所在地】東京都新宿区西新宿1-8-1 新宿ビルディング6F