"20180124170812:H:0" "20180124170812:H:0" "20180124170812:H:0"

プラウドタワー東池袋(取材レポート)

SUUMO(スーモ)新築マンションのプラウドタワー東池袋の取材レポート情報です。

山手線の内側「池袋」で子育て家族のゆとりある暮らしを実現

WEB資料請求受付中

ご請求いただいた方には、間取りなど詳細情報が今後更新される、物件ホームページ内「資料請求者様限定サイト」にエントリーできる専用ログインIDをお送りいたします。なお、紙での資料送付は行っておりませんので予めご了承ください。

1
穏やかな街並みが広がる低層の戸建てエリアに隣接「静かに暮らせる都心」がここに
現地周辺を取材する住宅ライターの福岡由美氏(住宅ローンアドバイザー・FP技能士)
都心・池袋に残された静寂の住居ゾーン

「大規模再開発が同時進行中の池袋。特に本物件の周辺では新しい道路や公園の整備が進められており、街が一新され、この先数年で『子育てファミリーが快適に暮らせる街』へと大きく変わっていくことが想像できます。現地は東池袋駅徒歩5分、池袋駅も14分の徒歩圏内にある都心立地ながら、大通りから一歩奥まった環境。南側は第一種低層住居専用地域に面しており“池袋にもこんな静かな場所が残っていたのか”と驚かされます」

大通りから一歩奥まった場所にあり、隣接する道路は車通りも少なくとても静か
6駅10路線が使える「山手線内側」の利便性

「池袋・東池袋のほか、JR大塚駅へ徒歩11分、丸ノ内線の新大塚駅へ徒歩9分と、6つの駅の利用が可能。山手線内側ならではの交通利便性は申し分なしの快適さです。また、山手線沿線のターミナル駅に建つタワーマンションというと賑やかな商業地域の中で暮らす印象がありますが、当物件は第一種低層に隣接する落ち着いた魅力的な立地。更にサンシャイン内にはニトリ、その近くには西友があり、ファミリーニーズにもマッチしそうです」

行政のサポート体制にも心強さを感じる「子育てタウン、池袋」での新生活
  • 池袋駅、東池袋駅、大塚駅などが利用できる利便性に加え、落ち着いた住環境が魅力
    • 現地の南側は第一種低層住居専用地域。眺望を遮るような大きな建物がなく視界も開放的
    • 青果店、精肉店、クリーニング店など昔ながらの個人商店が集まる商店街も近い(約70m)
オープンカフェ開設予定のグリーン大通り(約800m)

池袋~東池袋を結ぶグリーン大通りはケヤキの緑が美しい並木道。ゆったりとした歩道を利用してオープンカフェ開設の社会実験を行うなど、公共空間の活用が進められている

「“池袋で子育てをするイメージがわかない”と感じている方もいらっしゃるかもしれません。実は筆者もそうでしたが、今回実際に池袋駅周辺を歩いてみて、意外にも子どもと一緒に生活しやすそうな基本条件が整っていることに気付かされました。

子育てファミリーにとって欠かせないものは『安心して遊べる公園』『安心して歩ける道路』『安心して通わせることができる教育施設』等ですが、当物件の周辺には子どもたちの様子に目が届きやすい適度な広さの公園が随所に点在し、街の中に緑も多く、池袋駅から続く道路はベビーカーを押しながらでも歩行者同士がゆったりすれ違えるほど歩道幅が広いため、安心して親子で歩行可能。また、池袋駅周辺には立教大学やお茶の水女子大学、その付属中学校・高等学校、また豊島岡女子学園などの私立校もあり、文教エリアとしての一面も。

こうした環境に加え、都心主要駅までのスピードアクセスが実現する生活効率の良い環境でもあるため、“子育てのことも考えながら、仕事もしっかり頑張りたい”という共働きの子育てファミリーにピッタリな住環境といえるのではないでしょうか。

ちなみに、豊島区は千代田区に次いで23区で2番目に待機児童数ゼロを達成。産後2年間ヘルパーを依頼できる『育児支援ヘルパー事業』などの手厚いサポート体制を導入しており、行政の子育て支援への熱心な姿勢にも心強さが感じられます」

2
落ち着いていながらも便利な環境に恵まれた、広々60m2超え南向き住空間
2LDKとしても使える3LDK、家族構成の変化に合わせて部屋数をアレンジできるCタイプ
Cタイプ
3LDK/専有面積78.07m2、バルコニー面積14.69m2
  • 都心物件には珍しい3LDK中心の住戸構成

    「近年は土地価格や建設コスト高騰の影響を受け、都心のマンションがどんどんコンパクト化しています。特に山手線内側に位置する物件の場合は、50m2台~60m2台の1LDK・2LDKが増えている印象で、3LDK・4LDKのゆとりあるファミリー仕様のプランを探しにくい傾向にあります。

    本物件は部屋数と広さを重視した3LDK中心の住戸構成で、特にCタイプは南東向きに3部屋を配置した採光性を高めたプラン。ちょうどこの方角には第一種低層の静かな街並みが広がりますから、空間のゆとりと眺望のゆとりの双方を享受できそうです。この様にファミリーには暮らしやすい住戸構成と静かな街並みに加え、周囲にはお買い物に便利な環境も整っています」

  • 引戸で空間がフレキシブルに

    「Cタイプは専有面積78.07m2の3LDK。リビング・ダイニングの両サイドの洋室の間に、ドアではなく引戸を設置することによって空間の可変性が高められています。まだ子どもが誕生する前には、3枚引戸を片側に引き込むことにより大空間リビングのある2LDKとして使用。子どもの勉強部屋が必要になったら、引戸を閉じて個室として使うなど、家族の成長に合わせて1LDK→2LDK→3LDKとフレキシブルな空間アレンジが可能となります。

    ちなみに、家族のライフスタイルは3~5年で必ず変化するもの。こうした可変性の高いプランを選べばリフォームなしで空間を変えることができるため、リフォーム費用を軽減でき、住居費の節約メリットにもつながります」

次世代のテレワークにも対応、「プラスもうひと部屋のゆとり」を実感できるIタイプ
Iタイプ
4LDK/専有面積83.48m2、バルコニー(1)面積20.02m2、バルコニー(2)面積4.68m2
  • 働き方改革で「もう1部屋」が必要な時代に

    「内閣府のワーク・ライフ・バランスの促進により、近年はテレワークやリモートワークといった働き方改革を掲げる企業が増えています。今後在宅勤務の時間が増えれば、一般の会社員の方たちも自宅の中に仕事スペースが必要になりますから、家族の団欒スペース+夫婦の寝室+子ども部屋に加えて、“あともう1部屋のゆとり”を想定しておいたほうが良いでしょう。

    本物件では、南東2面にバルコニーを設けた専有面積83.48m2の4LDK・Iタイプをはじめ、働き方改革にも柔軟に対応できそうなゆとりあるプランが揃っています」

  • 8割以上が角住戸、明るい多面採光を実現

    「タワーマンションはフロアの四隅だけが角住戸となる設計が一般的ですが、本物件はワンフロア7邸の住戸を凸型に配置することで角住戸率85%(標準階)を実現。アウトフレーム工法により柱の出っ張りが少なくなり、スッキリした住空間が完成します。

    角住戸のひとつがIタイプ。LDKは南東向き、洋室3部屋は南西向きになっており、明るさに恵まれた4室採光も魅力です。LDと洋室(3)は引戸で間仕切りできるため、仕事部屋として、急な来客時の客間として、まさに“もう1部屋のゆとり”が感じられる空間。南東向きバルコニーに面した勝手口付きキッチンは、爽やかな朝の光を受けながら朝食の準備ができる気分爽快なスペースです」

3
子育てファミリーが楽しく暮らせる街へ・・・進化を遂げる新しい池袋の今
お洒落なカフェも併設する南池袋公園は、子育てファミリーの新しい聖地
  • ガラス張りの明るい空間が心地よいカフェRACINES(ラシーヌ)/南池袋公園(約880m)
    • オリジナルドレッシングは子どもに好評。RACINES(ラシーヌ)/南池袋公園(約880m)
    • パンやマフィンはテイクアウトもOK。RACINES(ラシーヌ)/南池袋公園(約880m)
親子で、夫婦で、楽しい時間を過ごせる南池袋公園

豊島区が「現庁舎周辺まちづくりビジョン」の一環で整備を行った南池袋公園。「行政が本気を出すとこんな空間が作れるのか」と感心してしまうほどのお洒落な公共スペース

「“子育てファミリーが楽しく暮らせる街・池袋”の象徴的存在となっているのが、池袋駅と東池袋駅の中間に位置する『南池袋公園』。SNSでも頻繁に紹介されているためご存知の方も多いと思いますが、一面に手入れの行き届いた芝生広場が広がっており、子どもたちが元気にかけっこをしたり、土の香りを感じながらゴロンとお昼寝をしたり、親子で思い思いに過ごせるスペースになっています。

併設のカフェRACINES(ラシーヌ)は、地元・南池袋に本店があるビストロの2号店。人気ビストロ考案のメニューがカジュアル価格で提供されているため、朝は会社員やOLさん、昼は親子連れのママグループやクリニック帰りのお年寄り、夜は仕事帰りにデートを楽しむ地元のご夫婦など、朝・昼・夜それぞれ客層が違っているという点からも、池袋で暮らしている人たちの世代の多様性が窺えます。

お店の方によると『1階にはテラス席もあるので、お子さまを芝生で遊ばせて、ママさんはその様子を眺めながらゆっくりランチを楽しんでいらっしゃいます。2階にはリサイクルの絵本コーナーもあるので読み聞かせをすることもできます。気に入った絵本はそのまま購入できますよ』とのこと。

都心にはなかなか子どもたちが元気に駆け回れるスペースがありませんが、やわらかい芝生の上でのびのびと過ごす親子の時間は、子どもたちの豊かな情操も育んでくれそうですね」

      • ボルダリングコーナーもある親子カフェPICNIC(ピクニック)/(約2430m)
      • カラフルなおもちゃに子どもたちは興味津々。PICNIC(ピクニック)
      • カフェの中でママ友同士の輪が広がることも。PICNIC(ピクニック)
      • 「街が変化することで、池袋エリアの不動産の魅力も大きくアップしそう」と話す福岡氏
  • キッズカフェで地元の子育て情報を交換

    「池袋駅西口にある親子カフェPICNIC(ピクニック)は地元出身のママさんオーナーが6年前にオープンした憩いのスペース。『小さな子どもがいるとファミレスでも気を使いますから、子連れで訪れても平気な場所を作りたいと思いカフェをはじめました』とオーナーさん。池袋の魅力は『便利なのに都会すぎないところ』と『スーパー、公園、デパート、何でも揃っているところ』なのだとか。

    最近は駅前の百貨店のキッズフロアがリニューアルして品揃えが充実したほか、サンシャイン60にも子ども服売り場が増えており『10年前よりも確実に子育てファミリーが暮らしやすい街になっている』という実感があるそう。池袋の未来の姿に期待が膨らみます」

WEB資料請求受付中

ご請求いただいた方には、間取りなど詳細情報が今後更新される、物件ホームページ内「資料請求者様限定サイト」にエントリーできる専用ログインIDをお送りいたします。なお、紙での資料送付は行っておりませんので予めご了承ください。

この物件の魅力をもっと詳しく

※価格は物件の代金総額を表示しており、消費税が課税される場合は税込み価格です。税率は引き渡し時期により異なりますので、情報の見方ページを参照いただくか、各物件にお問い合わせください。 (1000円未満は切り上げ。)
※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。
※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。
※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。
※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。
※地図上に表示される物件の位置は付近住所に所在することを表すものであり、実際の物件所在地とは異なる場合がございます。
※地図の更新タイミングの関係で、物件情報が実際のものとは異なる場合や最新情報に更新されていない場合がございます。
※以下の南西諸島及び離島においては、表示される物件の位置が実際のものとは数百メートル程度ずれる場合がございます。
東京都:硫黄島・青ヶ島、沖縄県: 北大東島・南大東島・多良間島・水納島・与那国島・宮古諸島・石垣島・竹富島

プラウドタワー東池袋 物件概要

所在地 東京都豊島区東池袋5-4000(地番)地図を見る
交通 東京メトロ有楽町線「東池袋」歩5分乗換案内
間取り 2LDK~4LDK 間取り図を見る
専有面積 60m2~83.48m2
価格
未定
販売スケジュール 販売開始予定 3月中旬
入居時期 2019年3月下旬予定

モデルルーム・イベント・キャンペーン

  • お問い合わせ
    0120-132-077無料
    <プラウドタワー東池袋>プロジェクト準備室
    営業時間:平日11:00AM~6:00PM、土日祝10:00AM~6:00PM/定休日:毎週水・木曜日、第二火曜日
    ※0800で始まる電話番号は通話料無料です。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。
    ※お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えください。
  • スマートフォンから物件情報を見る
    画像

    スマートフォン版SUUMOでも、この物件情報や地図を見ることができます。

【67717476】プラウドタワー東池袋
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る