"20190221151821:H:0" "20190221151821:H:0" "20190221151821:H:0"
更新

シエリア秋葉原(取材レポート)

SUUMO(スーモ)新築マンションのシエリア秋葉原の取材レポート情報です。

【シングル・DINKSの方へ】都心コンパクトマンションに暮らす

資料請求はこちらから

物件のより詳しい資料はこちらから。資料請求いただいた方には最新の物件情報をお届けします

1
暮らしの充実+将来性にも期待できる「都心コンパクトマンション」
価格が高止まりするなか、コンパクトマンションなら都心でも検討しやすい
  • 「ここ数年、首都圏ではマンション価格の上昇に伴い、供給戸数は過去10年では最低水準にあるが、そんな中、相対的にコンパクトマンションの供給が増えてきてます。なかでも都区部では、供給全体の10%以上をコンパクトマンションが占める状況です。その背景には、コンパクトマンションに根強いニーズがあることに加え、

  • ファミリータイプに比べ専有面積が小さいため、都心やその近郊立地であっても購入価格を抑えられる場合があり、価格が高止まりする現在のマーケットで、この点は大きな魅力と言えるでしょう。さらに、将来を考えた場合も都心コンパクトマンションには一定の優位性が期待できます」と語る山下氏。詳しく解説してただこう。

東進の東京・秋葉原エリアに寄り添う立地となる現地周辺航空写真(※1)
東京23区と台東区の人口増加率(※2)
都心部ほど将来も人口が減りにくい

「日本の人口は既に減少に転じていますが、東京都ではいまだ増加中で、本件がある台東区は左図のように23区平均より高い増加率を示しています。

また人口予測では、都平均では2025年にピークアウトし、台東区は2030年まで人口が増加し続けると予測されています(※3)。

人口の多さは住宅需要に強い相関があることから、台東区をはじめ都心部に位置する区では、将来も相対的に手堅い住宅ニーズが維持されると考えられます」

全国の世帯数割合の推移:今後1~2人世帯が住宅購入の多数派となる可能性が高い(※4)
1~2人世帯の増加トレンドが意味すること

「左データを見ると、近年1~2人世帯の割合が高まっており、さらに増加し続けるトレンドです。1~2人世帯の割合は、全国平均で約55%と半数以上の比率となっています。

1~2人世帯にとってコンパクトマンションは合理的な選択であり、今後の1~2人世帯の増加トレンドからも、将来さらなるニーズの高まりが予測されます。このことは、都心コンパクトマンションが将来の売却等でも有利に働く事を示しているのではないでしょうか」

2
今も将来も、都心立地が人気を集めるのには理由がある
【秋葉原駅が徒歩圏】平日忙しく働く1~2人世帯にとって、通勤利便性は最重要条件
  • 東京駅から2.5km圏(概念図)
    • 現地からは都心の主要路線へのアクセスも容易に(アクセス図)
    • 東京23区平均の駅徒歩分数別のリセールバリュー(※5)
住宅ライター/山下伸介氏

2005年より住宅情報誌「スーモ新築マンション」等の編集長を10年以上務め、現在は住宅関連テーマの企画・執筆、セミナー講師などを中心に活動。株式会社コトバリュー代表

1~2人世帯が都心コンパクトマンションを選ぶ合理性は他にもあると、山下氏は続ける。

「1~2人世帯では、特に通勤利便性を重視する傾向が強く、1~2人世帯の増加トレンドを踏まえれば、通勤利便性が良好なエリア・立地の居住ニーズは今後より高まることが予想されます。都心部が最大の企業集積地である限り、その傾向は今後も大きく変わることはないでしょう。

特に、<シエリア秋葉原>が位置するのは、そんな都心部、東京駅2.5km圏。最寄駅のJR総武線浅草橋駅から徒歩5分、JR浅草橋駅から1駅のJR山手線秋葉原駅からも徒歩10分という立地です。

JR山手線のターミナル駅の1つである秋葉原駅が徒歩圏であるということは、JR山手線や中央線・総武線、地下鉄の東京メトロ日比谷線などへアクセスしやすく、都心勤務の人にとって〝通勤時間の節約〟の面でも大きな利便性につながります。
また、浅草橋駅は都営浅草線も利用でき、「成田空港」「羽田空港」へも直通利用可能。出張などの際に便利です。
1~2人世帯の人口推移を鑑みた上で、このような需要の面においても同エリアには底堅い居住ニーズが継続的に期待できると考えられます。

過去10年のマンション価格維持率を表すリセールバリューのデータを見ても、駅徒歩5分以内の物件は104%を維持しており、本物件は『JR浅草橋駅徒歩5分』である点からも、今後の資産性に期待することができると言えます」

現地周辺MAP
秋葉原に寄り添う、閑静な住宅街に暮らす

駅徒歩5分の利便性のほか、現地周辺の街並みにも魅力を感じるという。

「実際に歩いてみて、千代田区や中央区に隣接し、秋葉原駅からわずか1駅とは思えないほど落ち着いた印象でした。

スーパーや商店街、飲食店など日常の暮らしに不可欠な商業環境を整えつつも、繁華街の喧騒は感じられません。

また街を歩けば数々の史跡に出くわすことからも、この地が江戸時代から続く、都心の一画であることを感じさせます」

  • 再開発により、洗練された姿に生まれ変わった秋葉原駅前(秋葉原駅電気街口駅前)
  • 24時まで営業のスーパーマーケット「ライフ神田和泉町店(約160m)」
  • お洒落なカフェも近隣に点在。写真は「友安製作所cafe浅草橋(約550m)」
3
全邸南向き、都市生活を謳歌する人のためのレジデンス
外観完成予想CG
※掲載の完成予想図は計画段階の図面を基に書き起こしたもので、実際とは多少異なります。
  • では最後に、マンションの特徴・魅力についても伺おう。

    「住戸プランは34m2台の1LDKから56m2台の2LDKまで計4タイプが用意されており、専有面積に選択の幅があると思います。

    また、女性目線で使いやすさを研究した間取や住宅設備を導入するなど、立地だけでなく1~2人世帯にとっての住みやすさが追求されています。
    セキュリティ設備や、壁床サッシの構造などは、特に女性の一人暮らしなど、安全・プライバシー面に配慮されてると感じます。

    さらに、1階にはラウンジスペースを設ける予定。そこでは資格取得に向けた勉強や仕事など、忙しい1~2人世帯の暮らしを想定した商品企画がなされている点も、本物件独自の魅力だと言えます」

収納充実、便利に広く暮らせる住まい
Btype/1LDK+WIC+SIC+N
専有面積:34.01m2 バルコニー面積5.57m2(2~15階)
※WIC=ウォークインクロゼット、SIC=シューズインクロゼット、N=納戸
  • 「専有部に関しては、用意されている全4タイプのプランすべてに収納など、使い勝手を考慮した設計になっており、ファミリー向けの間取りでも珍しいシューズインクロゼットをはじめ、ウォークインクロゼットも全戸標準装備。モノが溢れがちなコンパクトマンションの欠点を上手く補えるよう工夫されています。

    また、各住戸の特徴として廊下の面積を極力小さくし、リビング・ダイニングに隣接した居室との間仕切りを開放することが可能で、広く暮らすための工夫が随所に見られます。

    1~2人世帯が快適に暮らすことができるプランが用意されていることも、資産性を高めるための大きな要素なっていると思います」

資料請求はこちらから

物件のより詳しい資料はこちらから。資料請求いただいた方には最新の物件情報をお届けします

※1:掲載の航空写真は2018年9月に撮影した写真に一部CG処理をしたもので、実際とは多少異なります。物件位置を示す光は、建物の高さ・規模を示すものではありません。
※2・3:出典/東京都総務局統計部「東京都の統計」より ※4:出典/「平成28年国民生活基礎調査」(厚生労働省)より
※5:株式会社東京カンテイ調べ ※2007年10月~2008年9月に新規分譲され、2017年10月~2018年9月に中古流通した 分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出(専有面積30m2未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外)
※掲載の概念図は地図上の距離を基準として書き起こしたイメージ図で、位置・スケール・形状・向き・高さ・縮尺・距離等は実際とは多少異なります。また、周辺環境は将来にわたって保証されるものではありません。
※掲載の環境写真は2018年8月に撮影したものです。※掲載の内容は2018年8月現在のものです。

※価格は物件の代金総額を表示しており、消費税が課税される場合は税込み価格です。税率は引き渡し時期により異なりますので、情報の見方ページを参照いただくか、各物件にお問い合わせください。 (1000円未満は切り上げ。)
※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。
※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。
※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。
※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。
※地図上に表示される物件の位置は付近住所に所在することを表すものであり、実際の物件所在地とは異なる場合がございます。
※地図の更新タイミングの関係で、物件情報が実際のものとは異なる場合や最新情報に更新されていない場合がございます。
※以下の南西諸島及び離島においては、表示される物件の位置が実際のものとは数百メートル程度ずれる場合がございます。
東京都:硫黄島・青ヶ島、沖縄県: 北大東島・南大東島・多良間島・水納島・与那国島・宮古諸島・石垣島・竹富島

シエリア秋葉原 物件概要 (普通借地権)

所在地 東京都台東区浅草橋5-23-1他(地番)地図を見る
交通 JR山手線「秋葉原」歩10分乗換案内
間取り 1LDK・2LDK 間取り図を見る
専有面積 34.01m2~56.21m2、(トランクルーム面積0.74m2含む)
予定価格帯
2900万円台~5900万円台
販売スケジュール 販売開始予定 3月上旬
入居時期 2020年10月上旬予定
  • お問い合わせ
    0120-109-144無料
    「シエリアサロン秋葉原」
    営業時間:平日:11:00AM~6:00PM 、土日祝:10:00AM~6:00PM/定休日:水・木曜日(祝日除く)
    ※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
    ※0800で始まる電話番号は通話料無料です。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。
    ※お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えください。
  • スマートフォンから物件情報を見る
    画像

    スマートフォン版SUUMOでも、この物件情報や地図を見ることができます。

【67717353】シエリア秋葉原
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る