"20220526085821:H:0" "20220526085821:H:0" "20220526085821:H:0"
ヴィークコート荻窪四丁目 (取材レポート)
SUUMO(スーモ)新築マンションのヴィークコート荻窪四丁目の取材レポート情報です。

人気住宅評論家・福岡由美氏“荻窪オリジナルレポート”初配信

〈ヴィークコート荻窪四丁目〉資料のご請求はこちらからです!

資料請求いただいた方には、4路線利用可能「荻窪」駅徒歩3分の生活利便性と希少性・資産性、文化と歴史に紡がれた荻窪ならではの邸宅感、開放感あふれる全邸角住戸プランニングなど、詳細情報を優先的にお送りいたします。

簡単!約2分で完了
簡単!約2分で完了 以前にもチェックした物件です。まずは気軽に資料請求をしてみよう!
1
【POINT1】歴史ある邸宅地・荻窪、史跡・旧跡、都市公園、文化施設に包まれる暮らし
南北に史跡・景勝地が点在する杉並区のセンターポジション的な荻窪の歴史
  • 駅ごとの独特の個性が人気のJR中央線沿線。特に荻窪は華やかな商業環境とともに、古くから別荘地の系譜を受け継ぐ瀟洒な住居系地域が広がる“荻窪南エリア”ならではのステイタス感、特別感を印象付ける街並みを検証します。

  • 〈ヴィークコート荻窪四丁目〉近隣には、庭先まで手入れの行き届いた美しい邸宅が軒を連ね、思わずうっとりと見入ってしまうほど。こうして“自分だけの静穏な荻窪時間”を発見できる点も、本物件の暮らしの価値となるはずです。

ヴィークコート荻窪四丁目の取材レポート画像
エリア概念図
杉並区荻窪ならではの“歴史価値”“文化性”とともに暮らす充実感と優越感
  • ヴィークコート荻窪四丁目の取材レポート画像
    大田黒公園(徒歩5分・約380m)
    • ヴィークコート荻窪四丁目の取材レポート画像
      荻外荘公園(徒歩9分・約660m)
    • ヴィークコート荻窪四丁目の取材レポート画像
      角川庭園(徒歩9分・約680m)
杉並公会堂(徒歩11分・約830m)

1957年の開設以来、音響の良さから“東洋一の音楽の殿堂”と謳われ、クラシックやジャズコンサート、各種シンポジウムなど、幅広い文化発信の場として認知されるホール。

大正時代から昭和初期にかけて、別荘地として形成されてきた荻窪。井伏鱒二、太宰治、与謝野晶子などの著名人が私邸を構えたこの邸宅街には、長年に渡って培われた“風格”“文化の薫り”が脈々と継承されています。
〈ヴィークコート荻窪四丁目〉が誕生するのは、別荘地の系譜を受け継ぐ瀟洒な住居系地域が広がるエリア。庭先まで手入れの行き届いた美しい邸宅が連なる周辺の街並みは、思わず見入ってしまうほどです。こうして“自分だけの静穏時間”を発見できる点も、荻窪に暮らす価値だと思います。
この街の代表的な存在と言えるのが、音楽評論家・大田黒元雄の自邸の一部を整備した『大田黒公園』。正門から延びるイチョウ並木や茶室、アトリエなどを配した回遊式日本庭園を眺めていると、心が澄んでいくような穏やかな気分に包まれます。ここから緩やかな坂を下ると、時の内閣総理大臣であった近衛文麿公爵の別邸『荻外荘(てきがいそう)』。2016年に国指定の史跡となった旧宅の一部は現在都市公園として開放されており、昭和史を物語る貴重な史跡として建物も復元公開予定。さらに足を進めると、日本文学研究者であり角川書店創立者の自邸であった『角川庭園』の緑が広がり、季節の美しい風景を愉しめます。
史跡・旧跡、都市公園に加え、『杉並公会堂』などの文化施設も有する荻窪。日常的に安らぎが感じられるこの街での新生活は、魅力的な時間となることでしょう。

2
【POINT2】始発駅を含む4路線利用駅徒歩3分の希少性と豊かな生活利便性
改めてお伝えしたい“マンションの価値ポイント”と“荻窪新生活の納得感”
  • “マンションの価値は立地で決まる”─これはマンション業界のセオリーとされています。1891年(明治24年)の開業以降、沿線開発に伴い市街化が進められてきた荻窪駅周辺は、すでに街並みが成熟状態にあるため、マンション建設に適した用地を新たに取得するのは容易ではありません。

  • 〈ヴィークコート荻窪四丁目〉は、集合住宅の跡地を活用するという機運に恵まれ、“駅徒歩3分”ポジションで新築物件の供給を実現。過去の分譲データを見ると、首都圏における駅徒歩3分以内の物件は“わずか8.70%”。物件の価値を分析する上でも“駅徒歩3分”という立地条件は強いプラス評価と言えるでしょう。

ヴィークコート荻窪四丁目の取材レポート画像
立地概念図・“駅徒歩3分”希少性グラフ※出典元等最下段注釈コメント参照
暮らすほどに実感する、多彩なライフスタイルを実現する交通アクセス・生活環境
  • ヴィークコート荻窪四丁目の取材レポート画像
    荻窪・教会通り商店街(徒歩7分・約530m)
    • ヴィークコート荻窪四丁目の取材レポート画像
      ルミネ荻窪(徒歩6分・約440m)
    • ヴィークコート荻窪四丁目の取材レポート画像
      荻窪タウンセブン(徒歩6分・約480m)
充実商店街Map

「荻窪」駅の南北には、それぞれ特徴のある商店街が複数あって、生活利便性をより高めています。

仕事帰りに気軽に立ち寄れる駅直結の『ルミネ荻窪』には、ファッションからコスメまで、最新のトレンドをチェックできる多彩なショップが揃っているほか、お総菜やオーガニックワインの品揃えが豊富な『ザ・ガーデン自由が丘』など、ホームパーティの食材選びにも便利。屋上には会員制菜園『ソラドファームルミネ』やカルチャーセンターの“クラフトビール部”や“ハーブスパイス部”といったエリアコミュニティ活動もユニーク。地域の人たちとのコミュニケーションの輪を広げてみるのも良いのではないでしょうか。
『荻窪タウンセブン』は、精肉・鮮魚・青果の専門店が充実。品質・価格を比べながら“賢い”ショッピングで堅実な家計管理ができそう。
JR中央線沿線に根付く各駅特有の商店街文化。ここ荻窪にも複数の商店街があり、駅前の大型商業施設と共存しながら街の賑わいを創出しています。たとえば〈ヴィークコート荻窪四丁目〉へのアプローチとなる『荻窪南口仲通り商店会』。古き良き荻窪の風景とともに、SNSで評判の隠れ家的レストランも点在。行きつけのお店を見つける愉しみが広がります。
『荻窪・教会通り商店街』は近年、“アートゲイト荻窪~芸術家の棲む街へ~”イベント会場として、年末のイルミネーション演出も人気。コーヒー専門店やワインバー、カフェなどが建ち並ぶこの通りは中央線カルチャーそのもの。“荻窪文化”を満喫できる散策もおすすめです。

3
【POINT3】駅徒歩3分で実感する全邸角住戸・南向きの爽やかな開放感と資産性
高級邸宅街が広がる南側の伸びやかな眺望と穏やかさ、これぞ“荻窪新生活”
  • 首都圏を中心に“新築マンション立地”の価値基準として、駅前しかも複数路線利用可能な“ターミナル駅”であることがトレンド。しかしながら、そのような立地は商業エリアとなりショッピング施設や飲食店が多く、住居として“豊かな採光”“爽やかな通風”“伸びやかな眺望”を期待できないケースが多いのが現実です。

  • 今回、改めて荻窪駅周辺を数日に分けて歩き、〈ヴィークコート荻窪四丁目〉建設現場を何度も訪れて印象を強くしたのは、“駅徒歩3分”でありながら“開放感あふれる街区”に位置していること。住宅評論家として、評価を高めざるを得ない“立地ロケーション・プロダクト特性”を強調したいと思います。

ヴィークコート荻窪四丁目の取材レポート画像
“全邸南向き×開放感”概念図
南側に広がるのは“穏やかな邸宅街”、緑豊かな街並みを眺める爽やかな暮らし
  • ヴィークコート荻窪四丁目の取材レポート画像
    住居エリア空撮写真
    • ヴィークコート荻窪四丁目の取材レポート画像
      フロア図
    • ヴィークコート荻窪四丁目の取材レポート画像
      リセールバリュー比較グラフ※出典元等最下段注釈コメント参照
住宅評論家 福岡由美氏

住宅ローンアドバイザー・FP技能士。東京・名古屋に拠点を置き、全国で取材を行う住宅評論家として活躍中。女性のためのマンション購入セミナーなどの講師も務める。

敷地北側は“商業地域”、南側は戸建てを中心とした“穏やかな邸宅街”であることも〈ヴィークコート荻窪四丁目〉の大きな特徴です。バルコニーからは美しい邸宅が建ち並ぶ緑豊かな街並みを一望。コロナ禍の暮らしで住戸の通気性能を気にする人が増えていますが、本物件であれば“窓を開けたまま”でも騒音や周囲からの視線が気にならず、日々の暮らしの中で爽やかな風と明るい陽光を満喫できそうです。
ワンフロア2邸のみのプライバシー性を高めた住戸配置により“全住戸が南向き角住戸”という恵まれたプランニング。このように“立地”“方位”“眺望”“採光性”“独立性”のすべてのポイントで魅力的な条件を備えているマンションは、年間200物件以上取材していても出会う機会が少なく、将来的にも“揺るぎない住まいの価値”としてその評価は継続されることでしょう。
マンションの資産性を客観的に分析する指標のひとつがリセールバリュー(RV)。RVは“新築から約10年が経過したときの物件価格がどのように推移したか”を数値化したもので、一般的には駅からの近さに比例してRV数値は高くなると言われます。
東京23区内のRVデータを見てみると、駅徒歩3分以内の物件は139.0%と最も高い数値。加えて最寄り駅が“東京メトロ丸ノ内線始発駅×JR中央線快速停車駅×4路線利用可”という優れた駅力を持つ「荻窪」駅となれば、将来の資産性にも大きな期待が持てそうです。

〈ヴィークコート荻窪四丁目〉資料のご請求はこちらからです!

資料請求いただいた方には、4路線利用可能「荻窪」駅徒歩3分の生活利便性と希少性・資産性、文化と歴史に紡がれた荻窪ならではの邸宅感、開放感あふれる全邸角住戸プランニングなど、詳細情報を優先的にお送りいたします。

簡単!約2分で完了
簡単!約2分で完了 以前にもチェックした物件です。まずは気軽に資料請求をしてみよう!

※掲載の現地周辺写真はすべて2022年4月撮影
※“駅徒歩3分希少性グラフ”/対象期間:2012年1月~2022年3月15日までのMRC調査・捕捉に基づくマンションデータの範囲内【データ資料:MRC・2022年3月号】、リセールバリューグラフ/2011年1月~2011年12月に新規分譲され、2021年1月~2021年12月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出、専有面積30m2未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外【出典/株式会社東京カンテイ】
※掲載の完成予想CGはすべて図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。

【この物件広告についての注釈】

※価格は物件の代金総額を表示しています。消費税が課税される場合は税込み価格を表示しており、10000円未満を切り上げている場合があります。

※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。

※「モデルルーム」とは、間取りや仕様・設備などを知ることができる施設全般を指し、それらの一部のみ展示している「サンプルルーム」や「ギャラリー」、「インフォメーションセンター」なども含みます。

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。

ヴィークコート荻窪四丁目 物件概要

所在地
東京都杉並区荻窪4-31-6他(地番)
地図を見る
交通 JR中央線「荻窪」歩3分 総戸数 26戸
間取り 2LDK・3LDK 専有面積 54.04m2・64.4m2
価格
未定
入居時期 2023年3月中旬予定
販売スケジュール 販売開始予定 8月下旬

情報更新日:2022/5/25

お問い合わせ先

「ヴィークコート荻窪四丁目」販売準備室

0120-109-872 無料

お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えいただくとスムーズです。

営業時間:10:00AM~6:00PM

定休日:毎週水・木曜日・第3火曜日(祝日除く)

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

※0800で始まる電話番号は無料です。また、ご利用の電話サービスによりご利用できない場合があります。予めご了承ください。

【67726376】ヴィークコート荻窪四丁目
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る
簡単!約2分で完了
以前にもチェックした物件です 簡単!約2分で完了 まずは気軽に資料請求をしてみよう!