"20190617044922:H:0" "20190617044922:H:0" "20190617044922:H:0"
蘆花公園 ザ・レジデンス (取材レポート)
SUUMO(スーモ)新築マンションの蘆花公園 ザ・レジデンスの取材レポート情報です。

ゆとりの住戸プランを探している方へ。90m2超4LDKの魅力とは?

建物内モデルルーム公開中(完全予約制)

資料をご請求の方には、物件資料とともに、エリア情報満載の冊子をお送りいたします。
※数に限りがありますので、なくなり次第終了となります。

1
最大の住み替え理由は、「広さ」と「間取り」。最初の購入で広めの住戸を選ぶ意味。
[グラフ]2013年「住生活総合調査」(国土交通省住宅局)の調査データに基づき作成(※1)
[図]新築マンションの間取りの傾向(※2)
  • 住み替えの目的に見る、「広さ」の重要性。

    ――4LDK・90m2超というゆとりある間取り。どのような家族にとって、最適なプランなのでしょうか。一級建築士・空間デザイナーの高原氏にお話を聞きました。

    高原氏:「室内の設備は後々変えられても、専有面積そのものはあとから拡張することができません。そのため、家族が将来にわたって住み続けるにあたり、どれくらいの広さが最適かはじっくり考えておく必要があります。住生活総合調査(※1)を見ると、“子育て・教育の環境を整える”という環境要因に次いで、“住宅を広くする、部屋数を増やす”動機で住み替えていることがわかります」

  • 90m2超の間取りは、年々供給が減少傾向。

    ――“間取り、収納、設備などを使いやすくする”という理由と合わせると、広さや間取りに関する要因が住み替え理由のトップとなっていますね(【図1】の赤枠内参照)。

    高原氏:「購入時だけでなく、その後ライフステージが変わっても対応できる広さを選ぶことが重要です。現在の家族の形態に関わらず、最初から広い家を検討しておくことが、将来的な住み替えコストを減らすことにつながるといえるでしょう。また、近年の新築マンション価格の上昇傾向もあり、価格が抑えられるコンパクトな間取りの供給が増えています。ゆとりのある広い住戸の供給は少なく、出てきたタイミングを見逃さないようにチェックする必要があります」

2
「個室」=「寝室」だけではない。「選択肢が広がる住まい」が豊かな暮らしを育む。
B90Aタイプ(夫婦+子ども1人の3人暮らしの使い方イメージイラスト)
  • 寝室以外の個室があることで広がる選択肢。

    ――夫婦2人や3人家族の場合、2LDKや3LDKでもそれぞれに個室が持てるので、十分足りるという考え方もできます。2人家族や3人家族で4LDKに住むメリットはどのような点があるのでしょうか。

    高原氏:「たしかに、2人や3人で暮らしている場合、3LDKでもそれぞれの寝室を持てます。また、子どもが小さなうちは、親子一緒に寝ている場合もあるでしょう。ただ、寝て起きて食事をするという以外にも、住まいにはいろいろな役割があります。それぞれ思い思いの趣味を楽しめるゆとりのスペースがあることで、行動の幅が広がるのです」

  • 適度な距離感を保てるリビングインの個室。

    ――家族がそれぞれに個室を持つことで、個人の時間を持つことができますが、その分家族がバラバラに過ごす時間が増えるのではないでしょうか。

    高原氏:「たとえば、このB90Aタイプの場合、リビングインの部屋が2つあります。たとえば、妻が趣味のスペースでヨガを楽しんでいる時間、夫はリビングで映画をみて、子どもはキッズスペースで遊んでいるといったことも可能です。引き戸を開けていれば、それぞれが一人の時間を過ごしながらも、お互いに家族の気配を感じられます。リビングインの個室は、家族がちょうどいい距離感を保てるプランだといえるでしょう」

B90Aタイプ(夫婦2人暮らしの使い方イメージイラスト)
  • 子どもが独立したあとの4LDKの使い方。

    ――子どもがいる間は広めの家が必要だと思いますが、その後はどのような使い方が想定できますか?

    高原氏:「夫婦それぞれに自由に使える部屋を作れますね。お互いの存在は感じながら、自由に時間を過ごせます。スペースができることで、自宅での過ごし方の範囲も広がるでしょう。大きな書棚をおいて読書にふける、しまいこんでいたミシンを出して洋裁を楽しむ、といった新しい趣味をはじめることもできます」

  • ゆとりのスペースで広がる新たな楽しみ。

    ――趣味のための部屋として以外には、どのような使い方ができますか?

    高原氏:「来客用のスペースとすることもできます。たとえば、子どもや孫たち、遠方に住む友人が来たときにも、気がねなく泊まってもらうことができますね。まず、広さに余裕があるからこそ、自宅に人を招くことができるものです。このゆとりによって、新たな楽しみが広がっていきます。東京など都会の住宅事情に慣れていると、必要最低限のスペースで暮らすことが当たり前になっているのかもしれません。ですが、どんな暮らしをしたいかをイメージしてみると、広さを活かすアイデアがたくさん出てくるでしょう」

3
部屋数だけでなく広さにも注目。ライフステージの変化を見据えた選択を。
  • F95Fタイプ(夫婦2人暮らしの使い方イメージイラスト)
    • F95Fタイプリビングダイニング
    • F95Fタイプ
    LDとゆるやかにつなげて空間を活かす。

    ――家族それぞれが個室を持つメリットだけでなく、90m2超ならではの広さを活かす使い方はありますか?

    高原氏:「たとえば、F95Fタイプの場合、リビングのとなりの洋室の引き戸を開けて、リビングの一部としても使うことができます。また、南側の洋室は、サンルームとして使うこともできますね。リビングを中心に、となりあう部屋をゆるやかにつなげてひと続きの空間をつくることで、より広さを実感することができます」

F95Dタイプ(夫婦2人暮らしの使い方イメージイラスト)
  • ライフステージごとの4LDKの使い方とは?

    ――独立した4部屋があるF95Dタイプは、どのような使い方ができますか?

    高原氏:「家族がともに過ごす時間と同じくらい、個々の時間を持てることもストレスのなく暮らすための重要な要素です。大人も子どもも自分の居場所ができることで、“家が安心できる場所”になります。4人家族の場合、夫婦・子どもたちがそれぞれに自分の部屋を持てるのがF95Dタイプです。また、子どもが独立したあとは、夫婦それぞれが寝室以外にもう一つのスペースを持つことができます。最近は、マイペースに生活できるよう夫婦それぞれが寝室を持つケースも多くなっています。個々の時間を大切にしたい、自立したシニアカップルにもおすすめのプランです」


  • 一級建築士・空間デザイナー/高原 美由紀 氏

    20年以上にわたり1万件以上の間取りを検討し、心理学、行動科学などの人間科学を採り入れた独自のデザインメソッドを開発。健康、家族間のコミュニケーション、子どもの成長といった多面的な要素と住まいの関係についても造詣が深く、「幸せに暮らせる住まい」について早稲田大学大学院・人間科学研究科にて研究中。

※1:2013年『住生活総合調査結果(2013年12月1日現在の状況をもって調査を実施)』国土交通省住宅局より。調査時点において直近5年間で住み替えた単身世帯を除く親族世帯で、複数回答があったうち第1位・第2位の理由となった項目について合計した数値(第3位以降の理由として回答された項目は数値に含まない)。
※2:『2008年1月~2018年10月までに東京都で供給された新築分譲マンションのm2数の割合』対象期間2008年1月~2018年10月31日までのMRC調査・捕捉に基づく分譲マンションデータの範囲内。40m2未満の住戸を切り捨て、割合に考慮しておりません。(有)エム・アール・シー調べ。

【この物件広告についての注釈】

※価格は物件の代金総額を表示しています。消費税が課税される場合は税込み価格を表示しており、10000円未満を切り上げている場合があります。

※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。

※「モデルルーム」とは、間取りや仕様・設備などを知ることができる施設全般を指し、それらの一部のみ展示している「サンプルルーム」や「ギャラリー」、「インフォメーションセンター」なども含みます。

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。

蘆花公園 ザ・レジデンス 物件概要 フォレストコート 先着順

所在地
東京都世田谷区粕谷2-255-1(地番)他1筆[フォレストコート]、2-105-1(地番)[ブライトコート]
地図を見る
交通 京王線「芦花公園」歩6分 総戸数 389戸((フォレストコート)280戸、(ブライトコート)109戸)
間取り 2LDK~4LDK 専有面積 67.41m2~102.48m2
価格
6098万円~1億2388万円 価格表を見る
入居時期 即入居可 ※諸手続終了後となります。

情報更新日:2019/6/12

お問い合わせ先

<蘆花公園 ザ・レジデンス>現地インフォメーションサロン

0120-320-316 無料

お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えいただくとスムーズです。

営業時間:平日11:00AM~5:00PM、土日祝10:00AM~5:00PM

定休日:水・木曜日、第2火曜日(祝日除く)※6月25日(火)は臨時休業となります。

※0800で始まる電話番号は通話料無料です。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。

【67715836】蘆花公園 ザ・レジデンス
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る