"20200806022729:H:0" "20200806022729:H:0" "20200806022729:H:0"
パークリュクス蒲田一丁目 (取材レポート)
SUUMO(スーモ)新築マンションのパークリュクス蒲田一丁目の取材レポート情報です。

TOKYO DIRECT STYLE。独身世帯の価値ある住宅購入を。

パークリュクス蒲田一丁目 資料請求

さらに詳しい情報はこちらから(エントランス完成予想図)

1
流動性を意識した都市型コンパクトマンション選び
独身世帯の価値ある住宅購入とは?
  • パークリュクス蒲田一丁目の取材レポート画像
    エリア概念図
    • パークリュクス蒲田一丁目の取材レポート画像
      単独世帯が年々増加。2040年にはその割合は約40%に達すると予測されている。(※1)
    • パークリュクス蒲田一丁目の取材レポート画像
      ライフステージの変化を見越したマンション選び
住宅ジャーナリスト 目黒 孝一氏

(株)不動産経済研究所で記者として大手不動産、金融などを取材。その後、調査部門で市場分析を担当、常務取締役を経て現在に至る。日本不動産ジャーナリスト会議会員

2018年首都圏新築マンション契約者動向調査(※2)によると、首都圏で新築マンションを購入した人のうち、シングル世帯のマンションの「購入理由」は、男女ともに「資産を持ちたい・資産として有利だと思った」が1位に。2位には、シングル男性は「金利が低く買いどきだと思った」が、シングル女性は「老後の安心のため」という回答が続く。そこで、いま注目を集めているのが“投資”と“住まい”の2つの目的を兼ねた『半投半住』のマンション選び。ライフステージに変化が訪れるかもしれない将来に備え、自分の住まいとして、そしてその先の流動性をも視野に入れて住まいを選ぶという選択。その際に意識すべきこと、について住宅ジャーナリスト目黒孝一氏に伺った。

目黒氏:小世帯化のさらなる進展(※1)、女性の就業機会の拡大や多様化、アクティブシニア層の増加等、人口構造や価値観等の変化を背景に「コンパクトマンション」というカテゴリーを持った商品が不動産市場に定着してきた。単身世帯がファミリー世帯の数を上回り、共働き世帯の進展(※3)もあって、「広さより利便性を重視したマンション」を求めるニーズが強まっている。コンパクトマンションの魅力は、なんといっても利便性の高い立地と価格であり、都心部など通勤利便性も高く、周辺に商業施設や医療環境等に恵まれた立地を中心に供給されている。

TOKYO DIRECT STYLE。都心へ、世界へ、未来へ。
  • 羽田空港国際線ターミナル 6分
  • 「品川」駅 直通10分
  • 「東京」駅 直通20分

マンション立地としての利便性を検討するとき、一番に思い浮かぶのは、交通アクセス。本物件の場合はどう評価できるだろうか。

目黒氏:「パークリュクス蒲田一丁目」は、3駅5路線が利用でき、都心を縦横無尽に駆け抜ける人々にとって最大のメリットである「蒲田」駅徒歩10分に立地する。「蒲田」は東京と横浜の間に位置する利便性に優れたエリアだ。蒲田には蒲田駅と京急蒲田駅があり、2つの駅を合わせて5つの路線(JR京浜東北線、東急多摩川線・池上線、京急本線・空港線)が利用でき、行き先や状況に応じて、使い分けできることが大きな魅力。国際線ターミナル6分・国内線ターミナル8分の「羽田空港」だけでなく、東海道新幹線と2027年開業を目指すリニア中央新幹線(※4)の始発駅「品川」駅まで直通10分、「横浜」駅18分、「東京」駅へ20分で直結する。また、京急本線の「梅屋敷」駅からは日本有数の商業エリアの「日本橋」駅、「東銀座」駅も30分圏内だ。ライフステージの変化によって、将来的に売却したり、賃貸に出す場合でも立地・利便性に優れたマンションならば大きくプラスに働く可能性が高いだろう。複数の駅や路線が使えることは、自身の住まいとしてのアクセス利便にとどまらず、将来の流動性を考えた際にも、複数拠点への通勤利便が得られることによる需要の高さが期待できるからだ。

2
蒲田エリアの今と未来~蒲田エリアのポジショニング、利便性、将来性~
大型商業施設から、バラエティ豊かなショップが集う商店街で賑わう
  • パークリュクス蒲田一丁目の取材レポート画像
    現地案内図
    • パークリュクス蒲田一丁目の取材レポート画像
      東急プラザ蒲田(約950m/徒歩12分)
    • パークリュクス蒲田一丁目の取材レポート画像
      グランデュオ蒲田(約880m/徒歩11分)JR蒲田駅直結の大型商業施設
140店舗が連なる「ぷらもーる梅屋敷商店街」も徒歩5分

大正時代から続く歴史ある商店街には老舗の飲食店からカフェ、パン屋さん、雑貨店まで、楽しみ広がる様々なお店が揃う(約380m)

目黒氏:実際の物件選びのポイントは、不動産ありきではなく「街の利便性」や「街の将来性」など「自分で住んでも良いと思える物件かどうか」を確認しながら、資産性などの出口戦略を考える必要がある。

「街の利便性」
目黒氏:蒲田駅周辺には駅直結の「グランデュオ蒲田」をはじめ「東急プラザ蒲田」などの大型商業施設から、バラエティ豊かなショップが集う商店街まで、毎日の暮らしを豊かに彩る商業施設で賑わう。駅前には「大田区役所(約930m/徒歩12分)」もある。「蒲田東口商店街(約620m/徒歩8分)」は1946(昭和21)年から続く商店街で、JR蒲田駅東口西側からバス通りに伸びるエリアを中心に賑わいを見せている。「梅屋敷」駅周辺にも地元客から愛されている「ぷらもーる梅屋敷商店街」があり、美しく整備された京急蒲田駅にはショッピングプラザ「ウィングキッチン京急蒲田(約1130m/徒歩15分)」などが揃う。3駅5路線利用可能なことは、あらゆる通勤・帰宅ルートにおいても利便を享受できることであり、価値ある魅力のひとつである。また、物件周囲にはマルエツ梅屋敷店(約120m/徒歩2分・9:00~24:00)、まいばすけっと蒲田一丁目店(約210m/徒歩3分・7:00~24:00)など24時まで営業のスーパーが揃い、帰宅が遅くなっても利用できる点もシングル世帯にとって魅力だろう。

羽田空港と都心を直結し「国際都市東京」を世界一の都市に発展させる重要な拠点、蒲田
エリア概念図
アジアヘッドクォーター特区、リニア中央新幹線やJR山手線・新駅「高輪ゲートウェイ」の開業(※4)等、注目を集める品川エリアに寄り添い、利便が高まることが期待される。
  • 羽田空港を擁する東京圏の重要な交通結節点

    目黒氏:蒲田エリアはもともとモノづくりの街、そして、大田区の中心的な商業業務地として発展してきたが、近隣の羽田空港の国際化にともない駅前の再開発(※5)も活発化し、ビジネス環境の整備も着々と進んでいる。東京都が指定を受けた「国際戦略総合特区」には羽田空港跡地が含まれており、大田区は世界に誇れる都市への進化に寄与することを目指している。

  • 「将来都市構造」“街の伸び代”に期待

    目黒氏:大田区は「おおた都市づくりビジョン~2030年代の都市の将来像を見据え~」(※6)と題した都市づくりビジョンを策定。そこでは、大田区は羽田空港・港湾に面し、幹線道路が多数貫く、東京圏の重要な交通結節点であり、日本のゲートウェイである羽田空港を中心としたまちづくりの進展は、大田区だけでなく首都圏へもその効果を及ぼすとされる。つまり、蒲田周辺エリアは、羽田空港と都心を直結し「国際都市東京」を世界一の都市に発展させる重要な拠点と位置付けられている。今後、羽田空港の機能強化や地区の再整備により、さらなる発展が期待される。

3
都心だからこその選択を「コンパクトマンションのススメ」
シングル世帯の増加、共働き世帯の増加が意味すること
共働き世帯数の推移(※3)
1997年以降は共働き世帯数が男性雇用者と無業の妻から成る世帯数を上回っている。
  • コンパクトマンションを保有した未来の選択

    コンパクトマンションの購入を検討するにあたり、シングル世帯の増加とともに、共働き世帯の増加についても注目したい。共働き世帯は年々増加の一途を辿り、専業主婦世帯を大きく上回っている。共働きの強みとして、単身のうちにコンパクトマンションを購入したあと、結婚などのライフスタイルの変化が訪れた際に、物件の買い替えはもちろん、コンパクトマンションを保有しながら、物件の「買い増し」ができる可能性も大きくなっていると想定されることがある。

  • 都心立地ながら買いやすい価格がメリット

    目黒氏:実需のためのコンパクトマンションの強みは、立地・利便性に優れ、設備面でも賃貸マンションよりもハイグレードなことが多く、ファミリータイプの分譲マンションに劣らないスペックを有している点にある。また、高度なセキュリティのもと安心な都心生活を送りたいというユーザーにとっては、販売価格も魅力だ。都心立地といってもコンパクトな分、ファミリータイプと比べて総額が張らないので、その分買いやすいことがメリットだろう。コンパクトマンションを選ぶ際は、住みやすさはもちろんのこと、購入後の流動性をひとつのポイントとして、検討してみるのもいいだろう。

三井不動産グループの総合力を活かした資産形成を
  • 「パークリュクス」は三井不動産グループの分譲マンション。「アクティブな都市の暮らしを楽しむ、 優れた機能性をもったコンパクトマンション」シリーズです。単身世帯、DINKSが増えている今、マンションに対するニーズも多様化しています。新しいライフスタイルや価値観に合った立地、間取り、デザインとは何か。

  • 「パークリュクス」はお客様の声を集め、分析し「本当に心地よい贅沢」をかたちにしたブランドです。低金利時代の今、将来に備えて良質な資産形成を行いたいと考えている方々へおすすめしたいマンションシリーズです。コンパクトマンションという資産を三井不動産グループの総合力を活かしてサポート致します。

パークリュクス蒲田一丁目の取材レポート画像
グループ概念図
パークリュクス蒲田一丁目 資料請求

さらに詳しい情報はこちらから(エントランス完成予想図)

※1 出典:2015年まで総務省統計局「国勢調査」2020年以降は国立社会保障・人口問題研究所「日本の世帯数の将来推計(全国推計)2018(平成30)年推計」(2018)
※2 2018年首都圏新築マンション契約者動向調査(リクルート住まいカンパニー調べ)
※3 出典:男女共同参画局「男女共同参画書(概要版)平成30年版」
※4 リニア新幹線(2027年開業予定)、高輪ゲートウェイ(2020年春に暫定開業)
※5 蒲田駅周辺再編プロジェクトの推進(平成25年)、蒲田駅東口駅前広場と地下自転車駐車場の都市計画決定 (平成27年)など
※6 おおた都市づくりビジョン(大田区まちづくり推進部/平成29年3月発行)
※JR京浜東北線「蒲田」駅より「品川」駅直通10分(10分)、「東京」駅直通20分(23分)、「横浜」駅直通18分(18分):JR京浜東北線快速利用。通勤はJR京浜東北線各停利用。京急本線・京急空港線「京急蒲田」駅より「羽田空港国際線ターミナル」駅直通6分(6分)、「羽田空港国内線ターミナル」駅直通8分(9分):京急空港線快特利用(通勤時は3本のみの運行)。京急本線「梅屋敷」駅より「東銀座」駅28分(26分):京急本線利用、「品川」駅で京急本線(都営浅草線直通)乗り換え。※通勤は京急本線利用、「平和島」駅で京急本線エアポート急行(都営浅草線直直通)に乗り換え。「日本橋」駅30分(29分):京急本線利用、「品川」駅で京急本線エアポート快特(都営浅草線直直通)に乗り換え。※通勤は京急本線利用、「平和島」駅で京急本線エアポート急行(都営浅草線直直通)に乗り換え。※所要時間は日中平常時、( )内は通勤時のもので時間帯により異なります。また、乗り換え・待ち時間は含まれておりません。※掲載のエリア概念図は地図を基に作成した物件及び周辺の位置関係を概念化したもので、実際とは多少異なります。

【この物件広告についての注釈】

※価格は物件の代金総額を表示しています。消費税が課税される場合は税込み価格を表示しており、10000円未満を切り上げている場合があります。

※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。

※「モデルルーム」とは、間取りや仕様・設備などを知ることができる施設全般を指し、それらの一部のみ展示している「サンプルルーム」や「ギャラリー」、「インフォメーションセンター」なども含みます。

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。

パークリュクス蒲田一丁目 物件概要

所在地
東京都大田区蒲田1-11番4、11番49(地番)、東京都大田区蒲田1丁目5番19号(住居表示)
地図を見る
交通 JR京浜東北線「蒲田」歩10分 総戸数 76戸(非分譲住戸数38戸含む)
間取り 1DK~2LDK 専有面積 25.62m2~46.8m2
価格
2650万円~5050万円
入居時期 2020年9月下旬予定

情報更新日:2020/8/6

お問い合わせ先

パークリュクス蒲田一丁目 現地販売センター

0120-318-045 無料

お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えいただくとスムーズです。

営業時間:平日(月・金)11:00AM~4:00PM 、土・日・祝10:00AM~5:00PM

定休日:火・水・木曜日

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

※0800で始まる電話番号はご利用の電話サービスによりご利用できない場合があります。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。

【67721272】パークリュクス蒲田一丁目
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る