"20210620200920:H:0" "20210620200920:H:0" "20210620200920:H:0"
バウス西大島 (取材レポート)
SUUMO(スーモ)新築マンションのバウス西大島の取材レポート情報です。

〈バウス西大島〉プロダクト特性をじっくり検証

〈バウス西大島〉の資料請求はこちら!

資料をご請求いただいた方には、江東区西大島での穏やかで心地よい暮らしを想像していただけるタウン情報や全183邸・ビッグプロジェクトならではの機能的な共用部、多彩な住戸プランニングなど、詳細情報を優先的にお送りいたします。

簡単!約2分で完了
簡単!約2分で完了 以前にもチェックした物件です。まずは気軽に資料請求をしてみよう!
1
【検証1】都営新宿線「西大島」駅徒歩7分に誕生する“職住融合プロジェクト”
“集う場”と“働く場”を兼ね備えた緑地広場の暮らし『TOKYO BLUE & PLAZA』
  • プロジェクトテーマは『TOKYO BLUE & PLAZA』。“都心への近さ”と“充実した家族時間”を実現する豊かな住まいづくりがコンセプトになっています。そんな住まいづくりへの想いを空間で表現したのが『プラザ』。芝生広場にはパラソル付きのテーブル&チェアも設置予定で、清々しい時間を過ごせそうです。

  • また、〈バウス西大島〉の敷地には近隣とのコミュニケーションスペースとなる『提供公園』を設置。いわゆる“公園デビュー”も自宅前で安心だと思います。このように、パパ・ママの育児負担を軽減できる健やかな子育て環境が整っている点も、この物件の魅力のひとつ。新たな居住価値を実感できるのではないでしょうか。

バウス西大島の取材レポート画像
外観完成予想CG
2
【検証2】スケールメリットを最大限に活かした“機能的ランドプラン”
『明治通り』から一歩奥まったリバーサイドに誕生する全183邸大規模マンション
  • 「西大島」駅から、ほぼフラットアプローチで『明治通り』を歩いて7分。『進開橋』を渡ったリバーサイドに〈バウス西大島〉が誕生します。大通りの喧騒から離れたこの場所は、静かな住環境を確保。目の前の『北砂緑道』では、ジョギングや愛犬の散歩を楽しむ人たちも多く、穏やかで開放感のあるロケーションと言えます。

  • ドラマのロケ地としてもお馴染みの『クローバー橋』。すぐそばには『横十間川親水公園』があり、水上アスレチックやボートで野鳥観察をすることも可能で、街全体がレジャーパークのような愉しさ。この街に住むご家族が快活に毎日を楽しんで暮らせるエリアに、全183邸の大規模マンション〈バウス西大島〉が誕生します。

バウス西大島の取材レポート画像
小名木川
“本当の心地よさ”を感じる住まい、ゆとりと開放感にこだわったランドプラン
  • “利便性だけではなく本当の心地よさが感じられる住まい”が求められる傾向にあります。ここには“真の心地よさ”を叶える条件が充実。約4,400m2を超える敷地内に、リバービューの『フロントサイト』と多彩なプランバリエーションの『エアリーサイト』の2棟を配置。緑化スペースを豊富に設けた伸びやかさが特徴です。

  • このゆとりある敷地、通常であれば住棟面積を広げることもできたはずですが、前面道路や隣地との距離をゆったり確保し、『プラザ』や『中庭』など潤いある緑地面積を増やすことで、爽やかで心豊かになる開放感を演出。“感動が育つ住まい”をブランドコンセプトに掲げる“バウス”ならではのプランニングと言えます。

バウス西大島の取材レポート画像
敷地配置図
3
【検証3】未来への街づくりが進行“将来価値を実感するプロジェクト”
敷地内には『認可保育園』が開設予定、“テレワークと子育て”をスムーズに両立
  • 特に注目したいのは、敷地内に『認可保育園』が開設予定になっていること。テレワークの導入により自宅で過ごす時間が長くなった昨今、敷地内に保育園があれば、送り迎えのためだけに外出する必要がなく、時間効率よく“テレワークと子育ての両立”を叶えることも可能だと思います。

  • 『フロントサイト』1階の『ワークラウンジ』には、フリーWi-Fiやコピー機、無人コンビニ、コーヒーマシンなどを設置予定です。コワーキングスペースとして活用可能な、新しい生活様式にフィットする“マンション内サードプレイス”。〈バウス西大島〉での新生活は、高い満足度とともにスタートできそうですね。

バウス西大島の取材レポート画像
ワークラウンジスケッチ
複合市街地としての街づくりが進行中の西大島、将来価値にも期待感
  • 最寄り駅となる「西大島」駅周辺では、現在新しい街づくり計画が進行中。『明治通り』と『新大橋通り』を“街の賑わい軸”、『小名木川』と『横十間川』を“緑と水の軸”に定め、地域の核となる “複合市街地づくり”が進められています。このように発展を続ける街の住まいには、資産としての期待感も高まりますね。

  • 東京駅から約5.5km圏という都心隣接ポジションでありながら、不動産価格の優位性が感じられる西大島。堅実な予算で良質な住まいを購入検討できるエリアとして注目しています。なかでも〈バウス西大島〉は、“将来価値を予感させる、機能的で穏やかな大規模プロジェクト”として存在感のある物件だと思います。

バウス西大島の取材レポート画像
都営新宿線「西大島」駅前

※掲載の情報はすべて2020年12月時点
※東京駅約5.5km圏:東京駅からの直線距離であり、実際の移動距離とは異なります
※認可保育園:2023年4月開園予定
※アリオ北砂(徒歩3分・約180m)、小名木川(徒歩1分・約20m)、横十間川親水公園(徒歩13分・約1010m)、小名木川駅前交差点(徒歩2分・約150m)、大島一丁目バス停(徒歩3分・約240m)、江東区総合区民センター(徒歩7分・約520m)、砂町銀座商店街(徒歩10分・約730m)、猿江恩賜公園(徒歩15分・約1140m)、ティアラこうとう(自転車約6分・徒歩16分・約1210m)、砂町図書館(徒歩12分・約900m)、砂町文化センター(徒歩12分・約900m)
※掲載の環境写真の徒歩分数は1分=80m、自転車分数は1分=240mで算出しています

【この物件広告についての注釈】

※価格は物件の代金総額を表示しています。消費税が課税される場合は税込み価格を表示しており、10000円未満を切り上げている場合があります。

※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。

※「モデルルーム」とは、間取りや仕様・設備などを知ることができる施設全般を指し、それらの一部のみ展示している「サンプルルーム」や「ギャラリー」、「インフォメーションセンター」なども含みます。

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。

バウス西大島 物件概要 第1期2次

所在地
東京都江東区北砂3-420-19(地番)
地図を見る
交通 都営新宿線「西大島」歩7分 総戸数 183戸
間取り 2LDK~3LDK 専有面積 58.07m2~80.21m2
価格
未定
入居時期 2022年9月下旬予定※但し、江東区立小名木川小学校、第四砂町中学校への入学・転入するお子様がいらっしゃる場合、2023年3月下旬の引渡しとなります(予定)
販売スケジュール 2021年7月下旬より販売開始予定

情報更新日:2021/6/17

お問い合わせ先

「バウス西大島」マンションギャラリー

0120-036-171 無料

お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えいただくとスムーズです。

営業時間:平日/11:00AM~4:00PM 土日祝/10:00AM~6:00PM

定休日:火水木(祝日除く)【臨時休業のお知らせ】 6/18(金)~6/28(月)まで臨時休業と致します。

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

※0800で始まる電話番号はご利用の電話サービスによりご利用できない場合があります。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。

【67720420】バウス西大島
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る
簡単!約2分で完了
以前にもチェックした物件です 簡単!約2分で完了 まずは気軽に資料請求をしてみよう!