"20190620145505:H:0" "20190620145505:H:0" "20190620145505:H:0"
ブランズシティ調布 (取材レポート)
SUUMO(スーモ)新築マンションのブランズシティ調布の取材レポート情報です。

再開発が進む調布の魅力を知りたい方は、こちら

資料請求受付開始!

資料を請求された方には「ブランズシティ調布」の最新情報をお届けいたします。

1
<専門家の視点1>新宿15㎞圏内×軽快な都心アクセス 成熟と進化の街「調布」
自然と暮らしやすさが同居する街「調布」 成熟の街が京王線の地下化で快適空間を創造
概念図
山手線「新宿」「渋谷」から15km圏内に位置する駅。人気の街が集まっていることが分かる。
  • 新宿から約15km圏、「調布」という選択

    総務省統計局の調査によると、東京都の平均通勤時間は片道47分。通勤時間の希望としては40分というところだろうか。家から駅までと駅から会社までの移動時間も考え合わせると、ターミナル駅から15kmほどの圏内が快適な通勤をかなえる範囲となる。東京の西側エリアで「新宿」「渋谷」を基準に考えると、概念図のようなエリアだ。城西・城南の人気エリアがカバーされていることが分かる。

    このエリアで交通アクセスという点で選ぶ場合、距離ではなく、所要時間に注目すべきだ。新宿へ15分、渋谷へ14分を実現する「調布」のように、特急停車などの充実したダイヤで快適な交通アクセスを実現する街があるからだ。

  • 居住エリアとして成長し続ける「調布」

    線路や駅が地下化された「調布」駅前は、成熟した街とは思えない洗練さを感じる。新しい建物が建ち並び街並みも美しい。地下化のメリットは、1つ目に踏切や線路のないバリアフリー化をすることで、街の安全性や回遊性を高めること。2つ目に線路跡地を活用することによって新たな都市機能を充実させることが挙げられる。南・西方面の山手線15㎞圏前後に位置する主要駅と比べても地下化されている駅はめずらしい。調布市は、10年前(2019年1月1日を基準とする)と比較して世帯数で10%超・人口で7%超も増加※1。これは、拠点性だけでなく国領から調布エリアにかけての線路地下化による利便性の向上や街への期待の高まりを反映した結果だろう。

「新宿」駅へ2駅15分。14分の「渋谷」駅で進む大規模な再開発も将来性の面でプラスに
  • 交通図※2
    • 新宿(image)
    • 渋谷(image)
不動産コンサルタント 岡本郁雄氏

不動産領域のコンサルタント・FPとしてセミナー講師や執筆、メディアなどで活躍中。中小企業診断士・宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナーCFP。

交通ネットワークの発達した首都圏では、街の拠点性は今の暮らしだけでなく将来性にも影響するため、「調布」駅の交通利便性の高さは、大きな強みと言える。京王線は、特急、準特急から各駅停車まで6パターンの運行を行っているが、特急停車駅である「調布」駅はダイヤが充実しており、平日の朝7時台は上り27本が利用できる。「新宿」駅まで最短2駅15分で結ばれ、都心との軽快なアクセス性を誇る。また現在、「仙川」駅から「笹塚」駅間で2022年度完成を目指し、京王線の線路高架化の工事が進行中で、完成後は輸送力向上やスピードアップが期待できる。そして、大規模な再開発が進行中の「渋谷」駅へアクセスしやすいのも注目のポイント。渋谷では、「渋谷」駅を中心に100年に一度とも言われる大規模な再開発プロジェクトが重層的に進行中。2018年9月に商業施設やホール、ホテル、オフィスからなる地上35階地下4階の複合施設「渋谷ストリーム」が開業。「渋谷」駅前では、地上47階建て229m超の高さを誇る「渋谷スクランブルスクエア」が2019年度(東棟)の開業に向け工事が進行中。中央棟や西棟は2027年度に竣工予定だ。さらに、道玄坂一丁目駅前地区、渋谷駅桜丘口地区などの開発も続き、ビジネス・商業の一大ゾーンがそう遠くない時期に生まれる。「調布」駅から短時間で通えるワークプレイスの増大は、職住近接需要の高まりを考えると資産性にもプラスだろう。

2
<専門家の視点2>安全・便利な街づくりが進行中 さらに発展が期待できる未来
商業施設「トリエ京王調布」A・B・C棟が駅前に誕生 シネコン等で「豊かな街」に進化
  • 京王線で「新宿」駅に次ぐ125,624人の乗降客数※3(2017年)を誇る「調布」駅。乗降客数の多さが街の活性化につながっており、駅周辺部で再開発が進行中。市政の中心となる市役所や中央図書館など公益施設も整っている。さらに、調布東山病院やクリニックなどの医療機関、金融機関も点在。生活関連施設が既に充実している。

  • パルコや西友などの商業施設に加え、2017年9月に駅前の線路跡地に3棟からなる複合商業施設「トリエ京王調布」が誕生。生活雑貨やカフェ、シネマコンプレックス、家電量販店など多彩な店が入り、生活利便性がさらに高まっている。人気の街が散在する15km圏内を見渡しても、これだけの利便性をもつ街はなかなか見当たらない。

調布駅周辺イメージイラスト
駅前広場の整備など、再開発によって「調布」は暮らしやすい街へと着実に進化
  • 「調布」に魅力を強く感じるのは、多摩川や野川などの豊かな自然に恵まれた住環境と、市政60年を超える歴史があり市街地が成熟しながら街の再整備が実現できている点。2017年に電気通信大学の新たなキャンパスがオープンし、街では道路整備や駅前広場の整備も進行中で、公益施設の整備構想もあるなど街の進化は続いている。

  • 住宅街として成熟した「調布」は、かつて線路で分断されていた南北が一体化され、交通結節点としての機能が充実。街の回遊性や利便性が益々高まった。そして、生まれたスペースを上手く活用することで安全・便利・快適といった魅力を付加。山手線15㎞圏という拠点性を踏まえると、発展余地はまだまだ大きいと言えるだろう。

    • 野川(約800m/徒歩10分)
    • 布多天神社(約230m/徒歩3分)
    • 武蔵野の森総合スポーツプラザ(約2.5km)
    • トリエ京王調布A館(約630m/徒歩8分)
    • トリエ京王調布B館(約790m/徒歩10分)
    • トリエ京王調布C館(約870m/徒歩11分)
3
<住民の声>二人の調布にお住まいの方が語る、「調布」の魅力
<調布共働きママインタビュー>「コンパクトな範囲に必要なものが揃っている街です」
  • 調布駅前
    • ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング(トリエ京王調布A館)
    • ニックストック(トリエ京王調布B館)
調布で暮らす、共働きファミリーのYさん

ご本人は京王八王子、夫は九段下まで通勤。小学生二人を育てながらフルタイムで働くママです。毎日を忙しく過ごす中で、調布はとても暮らしやすいと教えてくれました。

Q.共働き家庭にとって調布の魅力は?
「私は都心にほど近い小さな街が大好きですが、そういう街だと大きな買い物はどこかへ出かけないといけないですよね。調布はコンパクトな範囲にショッピングモールから映画館、スーパーまでが揃っているので、ほとんどのことがこの街で済ませられます。共働き家庭にはとても快適な街ですね。都心が近く、適度に自然があって利便性も高いので、共働きの子育て家族は私の周りでも増えています」

Q.交通アクセスは?
「調布は特急が停車するので、通勤にも日常の移動にも便利です。新宿はもちろんですが、井の頭線で渋谷も行きやすいですし、都営新宿線が乗り入れているので山手線の内側へもダイレクトにアクセスできます。子どもが小さいときには、銀座や日本橋にも足を延ばしていました」

Q.買い物環境は?
「トリエ京王調布がオープンして、買い物の幅がかなり広がりました。お店のラインアップが良くて、今まで調布に足りないと感じていた部分を埋めてくれました。そして、シネコンや家電量販店がオープンして、遊びも買い物もどんどん便利になっています。また、駅直結のトリエ京王調布A館には成城石井があり、仕事が忙しい時はお惣菜が充実しているので助かります。他にも、西友や東急など品揃え等が異なるスーパーが駅前にいくつもあり、買い物の内容によって使い分けられるところも便利ですね」

<調布子育て応援サイト「コサイト」編集長に聞いた、調布の子育て>
  • 「調布は総合的に見て、子育てしやすい街だと思いますよ」
    • 子育てカフェaonaは、畳コーナーが広くてくつろげると、ママ達から大人気。
    • 2017年に開園した「調布エンジェル保育園」(約310m/徒歩4分)
調布子育て応援サイト「コサイト」編集長 竹中さん

「コサイト」は、他市や他区のママ達がうらやましがるほど、分かりやすく充実した子育て情報満載。行政サービスから民間の情報まで、ママ目線で編集されています。

“ここで育てたい街づくり”を活動の理念に、子育て応援サイト コサイトと子育てカフェaonaを運営している「NPO法人ちょこネット」。その活動内容や調布市の子育てについてお話を伺いました。

Q.活動内容は?
「コサイトは忙しいママ達が子育て情報をワンストップで得られるように、行政サービスから民間情報まで網羅しています。“イライラする”とか“復職のための準備”など、体や生活スタイルの悩みでも検索できます。aonaはママ達のリアルな居場所を作りたくて生まれたカフェです。子連れで長時間過ごせる店はなかなかないので、八王子からわざわざ来る方もいます。いずれも調布市の施策で、保育園を作るだけではない、より多くの人が享受できる子育て支援策として生まれました。子育てで困った時、悩んだ時に気軽につながれる場でありたいと考え、運営しています」

Q.調布市の子育ては?
「子育て支援にかなり力を入れていて、保育園も市の一大事業として数年でトータル30園ほど増やしています。新設園の空き保育室を使って期間限定ではありますが待機児童を受け入れる仕組みを盛込むなど、受け皿を増やす努力をしています。私は世田谷区から引っ越してきたのですが、調布は街のサイズがちょうどいいですね。便利で子どもにうれしい自然も残っていて、とても子育てしやすいです。ねぶくろシネマという活動を調布のパパ達がやっていますが、楽しく子育て出来る街だと思いますよ」

資料請求受付開始!

資料を請求された方には「ブランズシティ調布」の最新情報をお届けいたします。

※1.調布市ホームページより。
※2.新宿:京王線特急(※通勤時は準特急)利用直通(通勤時23分)、渋谷:京王線特急(※通勤時は準特急)利用、「明大前」駅で京王井の頭線急行乗り換え(通勤時23分)、吉祥寺:京王線特急利用、「明大前」駅で京王井の頭線急行乗り換え(通勤時25分)、池袋:「新宿」駅で湘南新宿ライン(※通勤時は埼京線)乗り換え(通勤時29分)、六本木:京王線特急利用、「新宿」駅で都営地下鉄大江戸線乗り換え(通勤時30分)、東京:京王線特急利用、「新宿」駅で中央線快速乗り換え(通勤時35分)
※3.京王電鉄ホームページより。

【この物件広告についての注釈】

※価格は物件の代金総額を表示しています。消費税が課税される場合は税込み価格を表示しており、10000円未満を切り上げている場合があります。

※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。

※「モデルルーム」とは、間取りや仕様・設備などを知ることができる施設全般を指し、それらの一部のみ展示している「サンプルルーム」や「ギャラリー」、「インフォメーションセンター」なども含みます。

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。

ブランズシティ調布 物件概要

所在地
東京都調布市調布ケ丘1-18-93他(地番)
地図を見る
交通 京王線「調布」歩7分 総戸数 305戸
間取り 2LDK~4LDK 専有面積 57.43m2~89.85m2
価格
未定
入居時期 2021年2月下旬予定
販売スケジュール 販売開始予定 2019年10月上旬

情報更新日:2019/6/19

お問い合わせ先

<ブランズシティ調布>販売準備室

0120-109-456 無料

お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えいただくとスムーズです。

営業時間:10:00AM~6:00PM

定休日:毎週水・木曜日(祝日除く)および第1~第3火曜日(但し2019年10月22日、2020年2月11日は定休日となります。)

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

※0800で始まる電話番号は通話料無料です。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。

【67718633】ブランズシティ調布
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る