"20180925145540:H:0" "20180925145540:H:0" "20180925145540:H:0"

ザ・パークハウス 南浦和フロント(取材レポート)

SUUMO(スーモ)新築マンションのザ・パークハウス 南浦和フロントの取材レポート情報です。

【南浦和が初めての方へ】歴史と文化を継承する文教エリア

「ザ・パークハウス 南浦和フロント」の詳しい資料はこちらから!

1
“旧浦和”であることのこだわりは不変
  • 現地周辺空撮写真
    • 高砂に置かれている埼玉県庁庁舎(約2150m)
    • 現地周辺では様々な場所で樹齢を重ねた木々の緑陰が見られる「御獄公園(約490m)」
住宅評論家 高江啓幸氏

埼玉県出身で浦和にも馴染みが深い。20年以上にわたり首都圏の新築マンションを中心に多様なマーケットに携わり、住宅購入セミナーや住宅関連誌等へも多数執筆している。

さいたま市は2001年に誕生、その後2003年に政令指定都市となった。
しかし、それから10数年が経過した今、以前から旧浦和市域に居住している私の友人たちは皆口を揃える、“浦和に暮らしている”と。そのぐらい「浦和」の呼称は根強く、愛着も強いようだ。

そもそも旧浦和市は県庁所在地であり、“県都”としての自負心も高かったということがあるかもしれない。加えて歴史のある神社や公園などの緑や、住宅地としても落ち着いた環境が整い、それも評価の高さにつながっている。
無論、東京都心への交通アクセスに優れ、特にJR京浜東北線利用で東京駅にダイレクトでアクセスできることや、池袋駅や新宿駅といったメガターミナルへも出やすい、ということも魅力を高めている大きな要素だ。

だからこそ浦和駅や南浦和駅から徒歩圏の住まいの需要は常に安定的に維持されてきたように思う。こうした事情はさいたま市になったことで何も変わったわけではないが、人々の街に対する想いは簡単に割り切れるものではなく、 “旧浦和”にこだわる理由もここにあるのだろう。

当プロジェクトが誕生する「南本町」も、高砂や岸町などの住宅地に連なるJR京浜東北線西側の一画。“旧浦和”の中でも、駅から近く生活環境が整ったところである。そして当然のことながら、当プロジェクトの駅徒歩2分というポジションは大いに評価すべきポイントだ。

今から約2000年前に創建と古文書「調宮縁起」に記されている「調神社」(約1470m)
【歴史コラム】江戸時代より発展してきた街

江戸時代の浦和エリアは「紀州鷹場」と呼ばれ、南本町もその一つだった(※1)。当時は「調神社」の門前町として栄え、将軍が立ち寄る大門宿も設けられるなど、歴史を継承してきた。 近代には隣り合う高砂や岸町の発展と共に、南本町は1962年に開始された南浦和第二土地区画整理事業により「日常生活の利便性を高める」エリアとして進化。武蔵野線の開業を経て、1990年に土地区画整理事業が完了し、現在の美しい街並みが完成した。

  • 南浦和の地を守る神社として古くから愛される「大谷場氷川ふるさと神社」(約280m)
  • 約260年間利用された灌概用水路が公園に生まれ変わった「六辻水辺公園」(約1140m)
  • 商業施設に囲まれたロータリーの街へと発展した「南浦和」駅前(約100m)
2
駅徒歩2分。駅近生活がもたらす将来価値への期待
  • 南浦和駅周辺のエリア概念図/まさに「駅前」と呼べる、交通利便性の高い場所に誕生
    • 駅徒歩分数圏別面積の概念図/住居として利用可能な土地が少ないことも需要を高める
    • リセールバリュー(※2)値から見る住まいの価値(※3)
南浦和駅とマンション外観完成予想CG

南浦和駅には西口・東口ともにエレベータが設置されているため、ベビーカーでの利用なども楽に行える

JR南浦和駅徒歩2分という立地条件。近年、首都圏主要各駅では駅周辺の再開発などの環境整備が進められ、商業施設や医療機関・行政機関などが集積される傾向にある。南浦和も例外ではなく、駅周辺はすっきりと生まれ変わりつつある。

となると、駅に近い住まいの開発余地は相対的に限られたものにならざるを得ない。実際に周辺を歩けば、そう簡単にマンションが建てられるような敷地を見つけることは難しいことが分かる。だからこそ、当プロジェクトのポジションに大きな意味があると言える。

しかも、徒歩2分という表示であるが、実際の生活動線では駅西口ロータリーから高架下を通り、エントランスまで歩く距離は実に短くて済む。さらに、百貨店をはじめとして駅周りに集積する生活施設を考えれば、暮らしの多くを短い距離の徒歩で賄うことができる“ウォーカブルコンパクトシティ”を体現する住まいと言える。

また、このような“駅近”ロケーションにもかかわらず周囲に高い建物が少ないため、大きな圧迫感を意識することなく過ごせるのも魅力となるだろう。人口減少の時代に突入した現代、将来的に住まいとしてのニーズが維持される可能性を得るのは、こうした立地条件なのであろう。

3
充実した教育施設、駅前には進学塾も集まる「文教の街」
  • 岸中学校(約450m)
    • 浦和第一女子高等学校(約950m)
    • 高砂小学校(約1480m)
南浦和図書館(約680m)

文化センター併設の「南浦和図書館」は、一般図書エリアに比べて児童図書室が広く、子育て中の家族の利用も多い。

浦和から連想されるのは“文教のイメージ”だ。
“文教のイメージ”を想起させる街は各所にあるが、浦和のそれは、かなり以前から衆目の一致するところと言える。

教育をめぐる環境というのは一朝一夕に出来上がるものではないことは明らかで、行政や教員あるいは児童・生徒及び家庭のすべてが協力し合わなければならないものだろう。
浦和に過去から現在に至るまで“文教イメージ”が長く定着しているのは、教育環境のポジティブなイメージに共感した子育て世帯が暮らすことを望み、またその環境を保てるように協力していく、こんな循環が結実しているからこそだと思う。

そして、当プロジェクトの周辺には、子育て世帯からもよく知られている「高砂小学校」や「岸中学校」また「県立浦和第一女子高等学校」もある。これらは浦和の“文教イメージ”を示す施設だと言えるかもしれない。
他にも、南浦和駅の周辺は「塾銀座」と呼ばれるほど進学塾が集結。音楽教室やスイミングスクールなど習い事に関する施設も充実しているという。

交通・生活利便性に優れ、落ち着いた街並み、充実した教育環境。当プロジェクトは、こうした浦和としての定番の魅力に、その名の通り“フロント≒駅徒歩2分”というもうひとつの大きな価値を付加したものと評すことができる。

※掲載のエリア概念図は地図を基に周辺の立地を概念化し、イラストで表現したもので、地形・建物の大きさ・距離・方向などは実際とは異なります
※掲載の現地周辺空撮写真は2017年8月に撮影したものに、光等CG処理を加えたもので、実際とは多少異なります。現地の位置を表現した光は建物の高さや規模を示すものではありません。
※1 出典:浦和都市計画 南浦和第二土地区画整理事業 竣功記念誌/浦和市発行(平成11年1月)
※2.リセールバリューとは、10年前に購入した新築マンションを、中古マンションで売り出した際の価格維持率のことを言う。100%を超えれば購入時より値上がりしたということになる
※3.掲載のグラフは、2006年7月~2007年6月に首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)において新規分譲され、2016年7月~2017年6月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出。専有面積30m2未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。(東京カンテイ調べ)
※掲載の環境写真は2015年6月に撮影されたものです。※表示距離は現地からの地図上の概算です。
※掲載の外観完成予想CGは、2017年8月に南浦和駅西口ロータリーから現地方面を撮影した写真に、図面を基に描き起こした建物外観完成予想CGを合成したもので、実際とは多少異なります。雨樋、エアコン室外機、給湯器、TVアンテナ等再現されていない設備機器等がございます。

※価格は物件の代金総額を表示しており、消費税が課税される場合は税込み価格です。税率は引き渡し時期により異なりますので、情報の見方ページを参照いただくか、各物件にお問い合わせください。 (1000円未満は切り上げ。)
※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。
※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。
※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。
※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。
※地図上に表示される物件の位置は付近住所に所在することを表すものであり、実際の物件所在地とは異なる場合がございます。
※地図の更新タイミングの関係で、物件情報が実際のものとは異なる場合や最新情報に更新されていない場合がございます。
※以下の南西諸島及び離島においては、表示される物件の位置が実際のものとは数百メートル程度ずれる場合がございます。
東京都:硫黄島・青ヶ島、沖縄県: 北大東島・南大東島・多良間島・水納島・与那国島・宮古諸島・石垣島・竹富島

ザ・パークハウス 南浦和フロント 物件概要 先着順

所在地 埼玉県さいたま市南区南本町2-1-5(地番)地図を見る
交通 JR京浜東北線「南浦和」歩2分乗換案内
間取り 3LDK 間取り図を見る
専有面積 70.11m2~74.03m2
価格
4688万円~5948万円
入居時期 2018年12月中旬予定

モデルルーム・イベント・キャンペーン

  • お問い合わせ
    0120-320-261無料
    南浦和レジデンスギャラリー
    営業時間:平日11:00AM~6:00PM 土日祝10:00AM~6:00PM/定休日:毎週水・木曜、第2・第3火曜日 ※祝日は除く  ※9/25(火)~10/5(金)まで臨時休業とさせていただきます。
    ※0800で始まる電話番号は通話料無料です。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。
    ※お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えください。
  • スマートフォンから物件情報を見る
    画像

    スマートフォン版SUUMOでも、この物件情報や地図を見ることができます。

【67717516】ザ・パークハウス 南浦和フロント
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る