"20190325063341:H:0" "20190325063341:H:0" "20190325063341:H:0"
更新

リビオタワー小田急相模原レジデンス(会社情報)

SUUMO(スーモ)新築マンションのリビオタワー小田急相模原レジデンスの会社情報です。

会社情報

会社情報
<売主>
国土交通大臣(3)第6908  号
(一社)不動産協会会員 (一社)不動産流通経営協会会員 (公社)首都圏不動産公正取引協議会加盟
新日鉄興和不動産株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR(受付 20階)
<販売提携(代理)>
国土交通大臣(10)第3175  号
(一社)不動産協会会員 (一社)不動産流通経営協会会員 (公社)首都圏不動産公正取引協議会加盟
株式会社長谷工アーベスト
〒105-8545 東京都港区芝2丁目6番1号 長谷工芝二ビル
施工 (株)長谷工コーポレーション
管理 (株)日鉄コミュニティ
不動産会社ガイド

新日鉄興和不動産

東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅直結の大規模複合ビル「赤坂インターシティAIR」(2017年8月竣工)。新日鉄興和不動産の本社も同ビルに移転

長年にわたり育んだ住宅事業の実績を基に
より多様なニーズに応える、住まいづくりを

 みずほグループと新日鐵住金グループとの強固なパイプを基盤とし、住宅事業とビル事業というストック事業とフロー事業を両輪にバランスのとれたポートフォリオを持つ総合デベロッパーである新日鉄興和不動産。赤坂や品川など東京都心での「インターシティ」シリーズを代表とするオフィスビルの開発・賃貸、「リビオ」「リビオレゾン」シリーズに代表される分譲マンションの開発、都市部の市街地再開発・等価交換、老朽マンションの建替え、外国人向け高級賃貸マンション「ホーマット」シリーズ、地方都市開発、物流施設開発など、幅広い事業領域、開発ノウハウを保有する。2018年には、同社が赤坂エリアを「世界に誇れる国際都市」にすることを目指した再開発事業「赤坂インターシティAIR」が、グッドデザイン賞(公益財団法人日本デザイン振興会主催)を受賞。これからも、同社が使命とする「安心と先進」にこだわりながら、“人と街の想いにまっすぐな住まいづくり”を続けていく。

大規模再開発や建替え事業など、住まいづくりで輝く実績

確かなバックボーンがあればこそ叶う、あらゆるお客様のニーズに応える住まいづくり

大規模な市街地再開発事業を得意とする同社が手掛けた「武蔵浦和 SKY&GARDEN」(2017年分譲済・共同開発事業)

都市型ハイグレードシリーズ「グランリビオ ザ・レジデンス」エントランスホール(2018年分譲済)

 ライフスタイルの多様なニーズに応える住まいを提供してきた同社。Living Oasis[オアシスに暮らす]に由来する都市型分譲マンションブランド「リビオ」シリーズをはじめ、都市型コンパクトマンションブランド「リビオレゾン」シリーズや、次代に誇る邸を創造する志のもと、細部に至るまで「本物」を追求した都市型ハイグレードブランド「グランリビオ」シリーズを展開。加えて大規模再開発や建替え事業で数々の実績を残してきた。
 「武蔵浦和」駅徒歩3分に供給した「武蔵浦和 SKY&GARDEN」は多世代によるコミュニティを形成するために「多彩な施設や仕組み」を充実させた総戸数776戸の大規模マンションである。敷地内には約1000冊の蔵書を備えた住民専用ライブラリーやアリーナ(体育館)、保育園やクリニックなど、23もの多彩な共用施設を備える。建替え事業の中には即日完売で注目された「テラス渋谷美竹」(2012年分譲済)がある。これは渋谷駅徒歩1分で、住宅と業務施設、店舗からなる地上17階、地下3階の複合タワーレジデンスだ。

再開発、建替え、等価交換、借地権、好条件の土地を事業化するノウハウが強み ~用地取得編~

都心へのアクセスの良さが高評価された「リビオ笹塚」(2015年分譲済)

事業化する難易度の高い物件に挑むことで、
適正価格のマンションを提供

 当然ながら建物を建てるには土地が必要である。マンション事業において非常に重要なポジションを占めるのが、そのマンション用地を仕入れる部隊だ。マネージャーを務める竹内氏に、用地部の強みを聞いてみた。「もともとみずほグループの資金力と新日鐵住金グループという製鉄所の扱いに精通した母体があるので、我々は他のデベロッパーさんが扱えないような事業化するのに時間がかかる土地を開発できるノウハウがあるんです。」同社は好条件の土地であれば、従前の建物にテナントが入居している状態で土地を購入し、じっくり時間をかけて話し合い事業化する案件にも積極的に取り組む。「私が手掛けた「リビオ笹塚」は、個人のお客様が相手でしたので、配慮をしながら11ヶ月かけて熱心に取り組みました。」と竹内氏は続ける。

好条件の土地を安価に取得
用地部のチャレンジ精神が同社の事業を支える

 「結果、利便性の高い立地にふさわしいマンションに生まれ変わり、地主さんからもご評価をいただきました。そして隣地も同じ地主さんだったので、続いて購入させていただく運びに。この成功もあり、その後も地主さんから土地活用のご相談がくるようになりました。現在では、ほぼ入札に頼らない用地取得が実現できています。」同社は等価交換(従前建物所有者がマンションを建てた後、その一部を取得する)物件や借地権(土地所有者と借地契約した土地にマンションを建て、借地権付きで分譲する)物件など、事業化にあたり難易度が高いものにも果敢にチャレンジする。「用地担当が汗をかくことで好条件の土地を安価に取得でき、結果としてお客様に適正な価格でマンションを購入いただいています。我々が苦労して取得した土地にマンションが完成し、お客様が生活されている様子を見られたときは感慨深いですね。」と語ってくれた。

新日鉄興和不動産株式会社 住宅事業本部 用地部 情報開発第一グループ マネージャー 竹内 秀樹氏

住民の想いを次の世代へつなぐマンション再生事業

高台立地を活かした33邸・全角住戸の「リビオ文京茗荷谷」(2017年分譲済)

地域のランドマークとなるべく
上質なデザインと住空間を創出

 マンションの老朽化に伴い、建物を修繕するか建替えるかは悩むところ。新日鉄興和不動産ではこうしたマンションの権利者に対し、長年のノウハウを活かした最適な再生プランを提案し根気よくサポート。これまでに多くのマンション再生事業を実施してきた。築50年超えの団地から渋谷区神宮前の新たなランドマークとして2013年に竣工したのが、20階建のタワーマンション「ザ・神宮前レジデンス」(原宿団地建替え・2013年分譲済)である。直近では「リビオ文京茗荷谷」など、豊富な再生事業もマンション事業の核となっている。

〈for Single〉都市でのシングルライフを楽しむ方の「こんな暮らしがしたい」をカタチにする研究所

パネルコーナーではラボの研究結果が細かく紹介されている

大人の一人暮らしを楽しむ
理想の1LDKを体感できる銀座ギャラリー

 銀座一丁目駅・徒歩1分にある「+ONE LIFE LAB 銀座ギャラリー」は、単身世帯のライフスタイルや価値観、未来像をあらゆる視点から考察し、発信する研究所だ。立ち上げメンバーの佐藤氏は、その背景を「もともと社内でコンパクトマンションを強化するという取り組みがあり、ターゲットの研究をするラボが出来上がりました。その調査の内容を体験していただく目的で、銀座ギャラリーを開設したんです。」と説明する。「ターゲットの単身女性がよく行き交う場所で、お買物ついでに気軽に立ち寄れるよう銀座という場を選定しました。ギャラリー内は3つのブースに分かれていて、現在研究している内容や今後の商品アイデアを紹介する「パネルコーナー」、フリードリンクを飲んだり、インテリア関連の300冊以上の本を読むことができる「ライブラリー」、そして都市型コンパクトマンション“リビオレゾン”の「コンセプトルーム」です。」と魅力をPRしてくれた。

住宅の購入を検討していなくても、
気軽に入れるオープンスペースに

 セミダブルベッドが入る洋室、作業スペースを十分に確保したキッチンシンクなど、お客様の声をもとに開発した“黄金プラン”の魅力がつまったコンセプトルームは必見だ。「調査する中で、女性はモデルルームに行きづらいという声が多くありました。「購入」を検討していない方にとっても住宅への関心を高めていただけるのではと思い、予約不要という形でオープンな運営を行っています。」と佐藤氏は語る。「ラボを立ち上げたきっかけも、お客様の生の声と徹底的に向き合いたいというところからだったんです。今後もお客様との接点を強く持つことを意識して、色々な暮らしに寄り添う商品開発をしていく予定です。そしてマンションという括りだけではなくその先の暮らし方まで一緒に研究をしていきたいと思っています。」興味のある方はぜひ「+ONE LIFE LAB 銀座ギャラリー」を訪問してみてはいかがだろう。

新日鉄興和不動産株式会社 住宅事業本部 販売推進部 販売推進グループ 佐藤 有希氏

豊富な実績とノウハウを活かして。女性の暮らしやすさに寄り添う"黄金プラン"を開発

7つの基準を満たした間取り:専有面積34.96㎡/1LDK+ウォークインクロゼット+シューズインクロゼット(銀座ギャラリーのコンセプトルーム仕様のため、特定物件の間取りや広さとは異なります)

「+ONE LIFE LAB」の研究により誕生
乙女心を科学する“7つの基準”を満たしたプラン

 ここでは銀座ギャラリーで見学できるコンセプトルームの間取りを紹介する。ポイントは以下の7つである。 

◎ポイント(1)スーツケースもしまえるウォークインクロゼットや大型のシューズインクロゼット採用。
◎ポイント(2)開放的な対面キッチンと、作業しやすいワイドシンクや豊富な収納で作業効率もアップ!
◎ポイント(3)ソファとダイニングセットが置ける広さが嬉しいリビングダイニング。
◎ポイント(4)トイレと洗面室は独立タイプ。洗面ボウル前の小物ポケットは散らかりがちな小物をすっきり収納できる。
◎ポイント(5)リビングダイニングと寝室は「可動間仕切り」のスライドウォールを採用。
◎ポイント(6)寝室はセミダブルベッドが置けるゆったり空間。
◎ポイント(7)リビングダイニングと寝室はバルコニーに面しているので、通風・採光もしっかり入って安心!

利便性、快適性を両立する
都市型コンパクトマンション「リビオレゾン」シリーズ

 大手企業が数多く集まる中枢エリアの大手町、駅徒歩6分の好立地&ハイグレード仕様が人気を集めた「リビオレゾン大手町」(2014年分譲済)をはじめ、「リビオレゾン神楽坂nex」、「リビオレゾン千代田岩本町ザ・マークス」(2013年分譲済)など、都心エリアへの供給も順調に推移している。アクセスのよい好立地で、仕事はもちろん、買い物や外食にも便利な住環境をセレクトし、空間効率を追求した設計が実現している。スマートにシンプルに暮らすための工夫満載の都市型コンパクトマンションは、シングルやカップルにとって快適な住まいといえるだろう。

リビオレゾン神楽坂nex(リビオレゾンカグラザカネクス)(2017年分譲済)

〈for DINKS&Family〉家族構成により空間をデザインできる『モアトリエ』『自由自在収納』

従来の住まいにプラスαの空間を。もっと素敵に、もっと心地いい自由空間『モアトリエ』

『モアトリエ』ロゴマーク

“家事を楽しく、効率よく”を実現するワーキングママPJ応援プラン(モアトリエ概念図)

一緒に過ごす時間が楽しい「家族の空間」をカタチにした家族みんなの部屋(モアトリエ概念図)

 住まいにもっと自由を。そんな暮らしを叶えるために生まれた『モアトリエ』。『モア(もっと、それ以上の)』と『アトリエ(創造空間)』の意味が込められており、家族構成や生活スタイルに合わせて自由に使える、プラスαの空間を加えることで、従来の間取りからの解放を目指し、より自由な暮らし方を提案している。例えば洋室に隣接した空間を、夫婦であれば大型のウォークインクロゼットにしたり、本格的な書斎として活用したり。家族であればキッズコーナーやファミリークロゼットなど、それぞれが快適に暮らすために空間をデザインできるのが特徴である。また、棚の位置をカスタマイズしやすくすることで住んでから収納の汎用性を高める『自由自在収納』など、同社オリジナルの様々な暮らしのアイデアが各方面から注目されている。

設計・施工段階からアフターサービスまで。「確かな品質」を守る自社直営の一貫体制

お客様に安心・安全をお届けする5つのコンセプト概念図

ガイドラインに沿った同社社員による厳しいチェック体制

 新日鉄興和不動産では同社の社員による一貫した品質管理を行っているのが特徴だ。長年の経験から作られた独自の「設計・施工標準」に基づき、専門の品質管理スタッフによる施工資料のチェックを行っている。また各施工段階に合わせて建設現場で各種検査を実施することに加え、自社社員による品質チェックや第三者機関の審査による住宅性能評価書を取得することで徹底した品質を追求している。
 「我々が目指しているのはお客様に満足いただけるものを創るという精神です。常にお客様目線を大事にし、もし自分がここに住んだらどうなるかをちゃんと考えて厳しく品質チェックをしています。まもなく竣工を迎える物件においては、ガイドラインに沿ってより細かく点検します。例えば小さな傷や汚れ、窓やドアの開閉、電気・設備に不具合がないかなどを、我々社員が確認して引き渡しを迎えます。(同社品質管理部)」。施工会社に一任せず、社員の目が行き届いているので安心だ。

「確かな品質」を創造するため、同社直営によるアフターサービスを導入

本社で実施したフィードバック会議の様子

定期的にフィードバック会議を実施
社員一体となって、住まいづくりに活かしていく

 同社は、会社内に同社直営体制のアフターサービス窓口を設置し、経験と知識豊富な専門スタッフがスピーディに顧客をサポートしているのも特徴だ。本社で定期的に開かれるフィードバック会議では、定期的に各種マニュアルの改訂なども実施されている。会議の場にはアフターサービスを担当するCS推進部のスタッフはもちろん、開発や商品企画スタッフなどが積極的に参加し、各マンションからあがっているお客様の声やトラブルに関して熱心に耳を傾けていた。「売って終わりではなく、いつまでも弊社物件のファンになってほしいと思っています。現場から出てきた声を吸いあげて、モノづくりに活かしていくために、フィードバック会議も部署間を超えた社員が参加します。新オフィスになって、同じフロア内に用地仕入れから開発やアフターサービススタッフが各部門揃っているので、日々現場で起きている問題点や改善点をすぐ共有し合えるのも良いところです。(CS推進部 アフターサービスグループ グループリーダー)」。

住み始めてからも安心
日鉄コミュニティによる24時間コンシェルジュ

 住んだ後の暮らしをサポートしてくれるのが、新日鉄興和不動産グループの管理会社「日鉄コミュニティ」だ。マンション内の異常や火災などの非常情報を検知し、警備会社と連携して24時間・356日体制で対応するセキュリティサービスはもちろんのこと、修理・修繕サポート、家事代行サポート、見守りや介護などのシニア関連サポートといった日常の場で発生する様々なケースに、24時間電話で対応する『サービスデスク24』を導入。お客様の暮らしが安全で快適になるようきめ細かくサポートしてくれる。

『サービスデスク24』ロゴ

※価格は物件の代金総額を表示しており、消費税が課税される場合は税込み価格です。税率は引き渡し時期により異なりますので、情報の見方ページを参照いただくか、各物件にお問い合わせください。 (1000円未満は切り上げ。)
※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。
※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。
※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。
※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。
※地図上に表示される物件の位置は付近住所に所在することを表すものであり、実際の物件所在地とは異なる場合がございます。
※地図の更新タイミングの関係で、物件情報が実際のものとは異なる場合や最新情報に更新されていない場合がございます。
※以下の南西諸島及び離島においては、表示される物件の位置が実際のものとは数百メートル程度ずれる場合がございます。
東京都:硫黄島・青ヶ島、沖縄県: 北大東島・南大東島・多良間島・水納島・与那国島・宮古諸島・石垣島・竹富島

リビオタワー小田急相模原レジデンス 物件概要 先着順

所在地 神奈川県座間市相模が丘1-293(地番)地図を見る
交通 小田急小田原線「小田急相模原」歩2分乗換案内
間取り 2LDK~4LDK 間取り図を見る
専有面積 68.5m2~90.22m2
価格
入居時期 即入居可(諸手続き終了後)
  • お問い合わせ
    0120-093-002無料
    リビオタワー小田急相模原レジデンス
    営業時間:10:00AM~6:00PM/定休日:水曜・木曜
    ※0800で始まる電話番号は通話料無料です。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。
    ※お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えください。
  • スマートフォンから物件情報を見る
    画像

    スマートフォン版SUUMOでも、この物件情報や地図を見ることができます。

【67716600】リビオタワー小田急相模原レジデンス
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る