"20190625174723:H:0" "20190625174723:H:0" "20190625174723:H:0"
ブランズタワー大船 (取材レポート)
SUUMO(スーモ)新築マンションのブランズタワー大船の取材レポート情報です。

【専門家・売主・設計者インタビュー】再開発が切り拓く街の未来

資料請求はこちらをクリック!

関連イベント情報/間取り/知りたい情報のメール配信など、情報をいち早くお届けします。

1
長い歴史の中で育まれた大船のポテンシャル
住宅専門家・目黒孝一氏が紐解く大船再開発
  • JR東海道本線初(※3)の駅直結型複合再開発として注目を集める「ブランズタワー大船」。大船駅からペデストリアンブリッジで徒歩1分の場所に、エリア最高層となる21階建のタワーマンションが誕生する。(※4,5,6)

  • その足元には大規模商業施設の建設も予定されており、あらゆる利便性を身近にする暮らしと共に、大船という街そのものの進化が期待される。このプロジェクトは大船をどう変えてゆくのか、不動産マーケティングのエキスパートである目黒孝一氏に話を伺った。

暮らしが根付く街・大船の過去と現在
住宅専門家 目黒孝一氏(※1)
(株)不動産経済研究所常務取締役を経て、不動産マーケティングのエキスパートとしてのノウハウを活かし、物件調査、市場分析など不動産に関わる各種調査を手がける。
  • 2都市の結節点としての歩み

    緑豊かな古都の落ち着きを持つ鎌倉市と、大都市の商業的賑わいを持つ横浜市が交わる位置にある大船は、文字通り文化の結節点として大きな魅力を持つ街です。JR東海道本線、横須賀線、根岸線、横浜線、湘南新宿ライン、そして湘南モノレールの6路線が集まるターミナル駅でもあり、都心や横浜中心部と湘南藤沢エリアを結ぶ交通の結節点としても重要な役割を果たしてきました。1888年の大船駅開業以来、駅前は商店街で賑わい、近隣には住宅地や松竹大船撮影所がつくられるなど、古くから多くの人が集まり、暮らしがしっかり根付いてきたのです。再開発によって、さらなる発展を遂げるポテンシャルは充分に持っていたといえるでしょう。

  • 歴史あるゆえに浮き彫りになった弱点

    近年は首都圏で再開発プロジェクトが盛んに進められていますが、東海道沿線ももちろん例外ではなく、川崎、戸塚、辻堂などが再開発によって大きく生まれ変わりました。そうして沿線の都市間競争が顕著になる中、大船は古くから発展しもともと利便性が備わっていた街だからこそ、次世代へ向けた再開発という面ではある意味遅れをとっていたともいえるでしょう。商業施設や市場など点としての利便性は高かったものの、他の街に比べて未整備の部分が多かったのも事実です。

2
専門家と売主・設計者それぞれが抱く再開発への期待
街を進化させる新たなランドマーク
  • 大船の弱点を克服し、街を飛躍させ得るきっかけとして、本プロジェクトは大きなインパクトを持つだろうと思います。駅直結型の再開発は東海道沿線初ですが、首都圏全体を見ても駅直結という立地は非常に少なく、その価値はまさに唯一無二。

  • しかも今回はエリア最高層となるタワーマンションですから、街の新たなランドマークになることは想像に難くありません。駅直結徒歩1分、約17,000m2もの敷地に、住宅のみならず大規模商業施設や駅前広場を備えたタワーが誕生すれば、ここに新たな賑わいが生まれ、大船全体の人の流れが大きく変わることでしょう。

建設地にて(2018年6月撮影)
大船の未来をも変える本プロジェクトへ、売主と設計会社が込める想い
  • 森繁樹氏 東急不動産株式会社 住宅事業ユニット 再開発事業本部 グループリーダー
  • 那須浩氏 株式会社梓設計 執行役員
  • 村上祐二氏 株式会社梓設計 コンサルティング部門 都市開発ソリューション部 主幹

池尻大橋や二子玉川での商業・業務・住宅一体型の再開発をはじめ、現在では渋谷駅前の再開発をも担い、街づくりにおいて多くの実績を持つ売主の東急不動産は、今回の大船駅前再開発をどうとらえているのか。森氏に語っていただいた。

「大船はターミナル駅で乗降客も多く、商業的にも非常に発展した街です。その街で駅直結再開発事業を手がけられるということに、純粋な喜びと同時にプレッシャーも感じています。ランドマークとして、この街に住まう方、働く方、訪れる方すべてに生まれ変わった街の良さを実感していただけるプロジェクトになるでしょう。さらに当社のマンションは『人生を極める住まい』をコンセプトに、プラン・仕様にこだわっておりますので、他にはない快適性を享受できるのではないかと思います。」

さらに、ランドマークとなる建物の設計に携わるのは、羽田空港国際線旅客ターミナルや新国立競技場などを手がけてきた梓設計。大海原を進む豪華客船を思わせるタワーの設計・デザインを担当した梓設計の那須氏 村上氏は、本プロジェクトについてこう語る。

「再開発は、地域貢献にもつながる事業として当社でも非常に重要な柱のひとつです。今回も駅直結という公共性の高い立地ですから、地域の方々にも喜んでいただける建物をつくりたいと誇りを持って携わっています。この再開発をきっかけに、大船がさらに活気ある街になっていけば嬉しいですね。(那須氏)」

「建物は、変わりゆく時代の中で時流に乗った航海へ向かう船に見立てています。商業棟は船体、住宅棟は帆をイメージし、大船の駅前再開発にふさわしいデザインに取り組みました。同時に街との一体感も大切にしています。既存の商店街や住宅地とのつながりやバランスも意識しながら、街の方々に優しいランドマークをつくりたいと思っています。(村上氏)」(※2)

3
再開発で大きく変わる大船のこれから
再開発の成功条件を備えた街・大船
  • 今回の再開発は、大船の他の未整備なエリアにも少なからず影響を与え、今後のさらなる開発を促すという意味でも重要な役割を担うのではないでしょうか。開発が進むことで大船が本来持っている商業、交通、環境などの強みがより生かされ、大船という街の魅力、注目度は飛躍的に上がるのではないかと思います。

  • 街の再開発が成功するために欠かせない条件は、賑わいや発展が継続的であることだといわれています。さらなる発展の伸びしろを充分に備えた大船は、その条件をクリアできると期待を持っていいでしょう。今後大船が大きな進化を遂げた後に振り返ってみれば、きっとこのプロジェクトがその礎として称えられるはずです。

外観完成予想CG
プロフェッショナルが誇りを持って取り組む、本物件の価値
住宅専門家 目黒孝一氏(※1)
  • 駅直結型再開発の永続的価値

    東海道沿線でも神奈川県内上位5位に入るほどの乗降客数を誇る大船が、この再開発でより活性化されれば、資産性という面から見ても魅力的に映るだろうことは想像に難くありません。再開発が街の価値そのものを高めることは、武蔵小杉や川崎の例を見ても明らかです。特に本プロジェクトは駅直結という今後二度とないであろう立地であり、さらに大規模商業施設と一体型の開発というのも非常に貴重です。このような条件が揃う再開発が大船に今後もあるとは正直想像がつきませんから、その価値にはより一層の期待が高まっていくのではないでしょうか。

資料請求はこちらをクリック!

関連イベント情報/間取り/知りたい情報のメール配信など、情報をいち早くお届けします。

※1 大船駅前にて(2018年6月撮影)
※2 現地事務所にて(2018年6月撮影)
※3 1995年以降、東海道本線(JR東日本管轄:東京~熱海駅)沿線で、駅ペデストリアンブリッジ(横断歩道橋)直結・徒歩1分の市街地再開発・複合建物物件としては初となります(2018年5月MRC調べ)
※4 本物件2階部分と駅とをつなぐペデストリアンブリッジ(横断歩道橋)は、横浜市により設置される予定(2020年度完成予定)。完成時期、仕様、形状等は変更の場合があります(2018年5月現在の情報です)。
※5 JR大船駅笠間口から本物件敷地まで徒歩1分(約70m)、住宅棟入口まで徒歩3分(約210m)、公道ルートは徒歩3分(約210m)となります。徒歩分数は、約80mを1分として算出(端数切上)
※6 1995年以降、JR大船駅3km圏内の分譲マンションにおいて、地上21階建・制振タワーは初となります。(2018年5月MRC調べ)
※再開発事業は、「大船駅北第二地区第一種市街地再開発事業」の計画に基づくもので、今後変更の場合があります。
※本物件は「大船駅北第二地区第一種市街地再開発事業」(2020年度完成予定)の敷地内にあり、事業の完成は工事の状況により遅れの可能性があります。
※掲載の再開発事業完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き、敷地外の建物の大きさ・高さ等は航空写真・3次元都市データを基に描いたもので実際と多少異なります。
※掲載の完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので実際と多少異なります。
※サイン・フェンス・照明・雨樋・排水設備・室外機・排気口等、一部再現されていない設備機器がございます。タイルの大きさは実際と多少異なります。植栽は計画段階のもので、変更の場合があります。
※計画地内及び周辺の建物・電柱・標識・ガードレール等の一部の高さ・形状等は実際と多少異なります。
※眺望・景観は各階・各住戸により異なり、今後周辺環境の変化に伴い、現在の眺望・景観は将来に渡って保証されるものではありません。
※商業施設は計画中のものであり変更となる場合があります。2020年度開業予定ですが、開業時期等は遅れる場合があり、施設の運営は将来に渡って保証されるものではありません。
※ 駅前広場、駐輪場、公園等は「大船駅北第二地区第一種市街地再開発事業」で設置予定(2020年度完成予定)。完成時期、仕様、形状等は変更の場合があります(2018年5月現在の情報です)。

【この物件広告についての注釈】

※価格は物件の代金総額を表示しています。消費税が課税される場合は税込み価格を表示しており、10000円未満を切り上げている場合があります。

※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。

※「モデルルーム」とは、間取りや仕様・設備などを知ることができる施設全般を指し、それらの一部のみ展示している「サンプルルーム」や「ギャラリー」、「インフォメーションセンター」なども含みます。

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。

ブランズタワー大船 物件概要 先着順

所在地
神奈川県横浜市栄区笠間2-1777(地番)
地図を見る
交通 JR東海道本線「大船」歩1分 総戸数 253戸(権利者住戸26戸含む)
間取り 3LDK 専有面積 77.52m2~144.2m2
価格
7388万7056円~2億35万7650円
入居時期 2021年2月下旬予定

情報更新日:2019/6/22

お問い合わせ先

<ブランズタワー大船>マンションギャラリー

0120-109-577 無料

お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えいただくとスムーズです。

営業時間:10:00AM~6:00PM

定休日:水・木曜日(祝日除く)および第1~第3火曜日(但し2019年10月22日、2020年2月11日は定休日となります。)

※0800で始まる電話番号は通話料無料です。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。

【67718233】ブランズタワー大船
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る