"20200930003908:H:0" "20200930003908:H:0" "20200930003908:H:0"
プラウド湘南藤沢ガーデン (取材レポート)
SUUMO(スーモ)新築マンションのプラウド湘南藤沢ガーデンの取材レポート情報です。

住宅専門家が語る「藤沢」川名エリアの価値

資料請求受付中

<プラウド湘南藤沢ガーデン>の詳しい資料はこちらから。お気軽にボタンをクリックください。
(写真は外観完成予想CG)

1
人気の街「藤沢・川名エリア」。住宅専門家が紐解くその理由とは?
データで裏付けされた人気エリア、藤沢
  • プラウド湘南藤沢ガーデンの取材レポート画像
    藤沢駅前
    • プラウド湘南藤沢ガーデンの取材レポート画像
      『藤沢』駅の乗降客数
    • プラウド湘南藤沢ガーデンの取材レポート画像
      出典:藤沢市役所ホームぺージ
住宅専門家 福岡由美

東京・名古屋を拠点に全国で取材活動を行い、住宅情報サイト等でレポートを発信。マンション取材件数は2000物件を超える。マンション購入セミナー等の講師としても活躍中。

マンションは住まいであると同時に大切な資産。購入検討の際には「住み心地の良さ」だけでなく、客観的なデータをもとに「資産性ののびしろ」についても分析しておく必要があります。

本物件を検証する上で、筆者が注目したのは「藤沢エリアの人口推移」について。最寄りの『藤沢』駅の乗降客数は、神奈川県下で横浜・川崎・武蔵小杉に次ぐ第4位となっており、ここ数年右肩上がりで推移していることから「エリア人口の増加傾向」が窺えます。実際に過去5年の人口増加率を見てみると、神奈川県全体が0.81%(※2)であるのに対し、藤沢市は約2.36%と人口増加が顕著。特に、本物件が位置する『川名地区』では約14.40%と急速な伸びを示しており、藤沢エリアの中でも「特に注目を集めているアドレス」であることがわかります。

川名地区は、別荘地としてお馴染みの鵠沼地区に隣接する昔ながらの住宅地。『藤沢』駅からも近く、生活利便が整った住環境にありながら、新林公園や川名清水谷戸などの自然の風景が残されている点も子育てファミリーから支持を集めている理由の1つです。

エリア人口の増加は「その場所に新たな住まいニーズが存在していること」の裏付けとなりますから、将来の売却・賃貸運用といった流動性を考える上でも重要なポイントとなります。藤沢・川名地区に誕生する本物件は、「のびしろが期待できる物件」として評価できるでしょう。

藤沢ならではの安定した暮らしやすさに注目
  • プラウド湘南藤沢ガーデンの取材レポート画像
    交通アクセス図
    • プラウド湘南藤沢ガーデンの取材レポート画像
      ODAKYU湘南GATE(徒歩10分/約780m)
    • プラウド湘南藤沢ガーデンの取材レポート画像
      ルミネ藤沢店(徒歩10分/約800m)
5つの大型商業施設、6つの商店街

ずらりと並ぶ百貨店や大型商業施設、ストリートには多彩な専門店。何でも揃ってしまう充実度はさすが中枢都市の駅前。写真は、湘南藤沢オーパ(徒歩11分/約830m)

ここからは、今後の住まいに求められる「8つの指標」と照らし合わせながら、藤沢・川名地区の人気の理由を紐解いてみましょう。

【1:恵まれた交通利便性】
『藤沢』はJR東海道線・湘南新宿ライン・小田急江ノ島線・江ノ島電鉄の4路線が利用できるターミナル駅。JRを利用すれば『横浜』へ19分、『品川』へ36分とスピーディにアクセスでき、途中始発駅であることから朝のラッシュ時も“座って通勤”も可能。万一遅延トラブルが発生しても、小田急江ノ島線の快速で『新宿』へ向かうことができるなど、都心移動手段を複数備えています。神奈川県下の東海道線沿線駅で、都心直結の2鉄道を利用できるのは『横浜』と『藤沢』だけ。こうした駅力の高さは『藤沢』ならではの強みと言えます。

【2:都心駅同等の商業利便】
南口には小田急百貨店が入った『ODAKYU湘南ゲート』があり、デパ地下グルメやブランドコスメも仕事帰りに買い物可能。デパート品質のアイテムを日常遣いにできる暮らしの豊かさも魅力です。また、駅周辺には『ルミネ藤沢』や『湘南藤沢オーパ』等の5つの大型商業施設が揃っており、都心ターミナル駅同等に買い物の選択肢も豊富。

都心に通いやすく、買い物が楽しい。こうした利便性は今後生活様式が変わったとしても、普遍的に支持され続ける街の条件。年月を経ても変わらない「安定した暮らしやすさ」こそ、藤沢・川名地区の“住まいの真価”となるはずです。

2
これからの住まいに必要な「条件」。藤沢の中でも暮らし良いエリア
“職・住・遊のバランス”が求められる時代
  • プラウド湘南藤沢ガーデンの取材レポート画像
    湘南の海
    • プラウド湘南藤沢ガーデンの取材レポート画像
      イトーヨーカドー(徒歩5分/約400m)
    • プラウド湘南藤沢ガーデンの取材レポート画像
      オーケー藤沢店(徒歩8分/約610m)

藤沢市民会館(徒歩4分/約280m)

テレワークの急増によって住まい志向が大きく変化しています。「利便性だけを追求するのではなく暮らしの中の“遊び”も重視したい」という要望が増え、これからの時代は「職・住・遊のバランスの良い住まい」が求められることになりそうです。

【3:住生活バランス】
湘南の玄関口と呼ばれる『藤沢』は、都市機能(利便性)とリゾートシーン(遊び)の双方がバランスよく共存。現地から江ノ島エリアまでは約3kmの距離で、日常の生活シーンの中に“湘南の海”が身近に存在するアクティブな住環境。家族生活の豊かさだけでなく精神的なゆとりも育んでくれるでしょう。

【4:地元グルメが集まる商店街がある】
『藤沢』駅周辺には6の商店街があり、地域行事も盛んに行われています。海に近く、地元食材に恵まれた地域だけあって、商店街の中には評判のグルメスポットが充実。わざわざ都心へ出かけなくても、家族の記念日をお祝いできるレストランが揃っている点も、日々の“遊び=楽しみ”につながりそうです。

【5:スーパーや行政施設も近くに】
藤沢市街のメインストリートには、イトーヨーカドーやオーケーなどの大型スーパーのほか、市役所・市民会館・税務署といった行政関連施設が集積。これらの生活施設を徒歩圏で利用できるのも藤沢・川名地区の強みです。行政エリアに近いポジションであれば、万一の災害時に公助連携や情報収集を行いやすいという安心感もあります。

豊かな家族生活を育むベストポジション
  • プラウド湘南藤沢ガーデンの取材レポート画像
    ピンク色が「藤沢」駅約800m圏の川名エリア(ロケーション概念図)
    • プラウド湘南藤沢ガーデンの取材レポート画像
      藤沢市役所(徒歩10分/約730m)
    • プラウド湘南藤沢ガーデンの取材レポート画像
      新林小学校へ徒歩2分(ロケーションMAP)
新林公園(徒歩3分/約240m)

約16.20haの敷地面積を誇る大型公園。展望台、冒険広場、川名大池などがあり、豊かな自然に触れあえます。他に現地近くには芝生が広がる奥田公園(徒歩3分/約180m)も。

ステイホームの経験により「子どもの成長環境を優先して住まいを選びたい」という意見も聞かれるようになりました。緊急事態宣言下では、自治体ごとに対応が分かれたため、「自治体選びの大切さ」を実感した人も多かったようです。

【6:豊かな自治体】
神奈川県財政力指数によると、藤沢市は全37市町村中第5位(※3)で財政の豊かな自治体として知られています。2018年竣工の新市庁舎には江ノ島を一望する『展望デッキ』や一時預かり可能の『キッズスペース』が設けられ親子の憩いの場となっているほか、『子育てアプリふじさわ』を配信するなど、藤沢市独自の子育て支援を積極的に行っています。

【7:小学校が近くに】
『新林小学校』までは徒歩2分。低学年の児童も無理なく通える近さにあり、大きな交差点を渡ることなく通学できます。ちなみに、小学生の交通事故発生時間帯の第1位は『登下校時』とのデータもあるため、「事故リスクから子どもを守る」という点でも安心できる教育環境です。

【8:遊び場が充実】
芝生広場が広がる『奥田公園』、自然散策路や冒険広場のある『新林公園』など、子どもの年齢に合わせて使い分けできる大型公園が徒歩3分の距離に揃っている点もメリットです。

これらの8つの指標に照らし合わせてみると、藤沢・川名地区は「職・住・遊のバランスが整った、豊かな家族生活を育むためのベストポジション」であると分析できます。

3
開放感あふれる立地に誕生する、注目の「プラウド」。こだわりのプランを解説
藤沢エリア《プラウド》シリーズの集大成
  • 藤沢エリアには6棟のプラウドシリーズがあり、野村不動産が開発に力を注いでいる地域でもあります。地元カスタマーの志向を知り尽くした上で新登場となる本物件は「藤沢プラウドシリーズの集大成」と呼べる存在。リバーフロントの開放感、水辺と緑の風景が広がるのびやかな眺望は多くの人を魅了することでしょう。

  • 利便性重視から「居心地重視」へ、コンパクトから「ゆとりある広さ」へと住まいトレンドが大きく変化する中で、本物件では『土間スペース』や『つながルーム』など新たなニーズにフィットする初の試みが満載。「さらに進化したオンリーワンのプラウド」として画期的な空間設計が導入されている点も評価ポイントです。

プラウド湘南藤沢ガーデンの取材レポート画像
境川の水辺、奥田公園の緑、晴れた日は富士山も一望(現地5階相当より西方面を望む)
土間から洗面室へ直行できる個性派プラン
Etype間取りイメージ
プラウド湘南藤沢ガーデンの取材レポート画像
空間の使い方はあなた次第。「つながルーム」概念図
「住空間の多様性」に対応するプラン

《Eタイプ》は従来の間取り概念を覆す『土間スペース』を玄関に設けたユニークな設計。土間から直接『洗面室』へ移動できる動線になっているので、早朝サーフィンを終えて海から戻った時や、公園で遊んだ子どもたちが帰宅した時も、室内に上がることなくそのまま洗面室へ直行して汗を流すことができます。

住戸スペースの中で“もう1部屋”のニーズに応えてくれるのが、プラウド初の試みとなる『つながルーム』。子ども達の就学前はキッズルームに。勉強部屋が必要になったら2段ベッドを置いて空間をセパレート。テレワークスペースを確保したい時は『書斎』として…と、全18通りの使い方が提案されています。間取りに合わせてライフスタイルを制約するのではなく、ライフスタイルに合わせて多彩に可能性が広がる自由度の高い間取り、これからの住まいニーズにフィットするプランと言えます。

さらに、敷地内駐車場はすべて『平置き』となっているため車種の制約が少なく、サーフボードを積載する大型車もスムーズに駐車可能。玄関アルコーブに『専用サイクルポート』を設けたプランも用意されており、理想の暮らし方に合わせて間取りを選ぶ楽しみが広がります。

資料請求受付中

<プラウド湘南藤沢ガーデン>の詳しい資料はこちらから。お気軽にボタンをクリックください。
(写真は外観完成予想CG)

※掲載の外観完成予想CGは計画段階の図面を基に描いたもので実際とは異なります。また、今後変更となる場合があります。なお、外観の細部・設備機器・配管類等は一部省略または簡略化しております。タイルや各種部材につきましては実際と質感・色等の見え方が異なる場合があります。植栽につきましては特定の季節の状況を表現したものではなく、竣工時には完成予想CG程度には成長しておりません。
※1 メイン画像下部の写真、左から、眺望写真(現地5階相当より西方面を望む)、現地周辺の街並み(徒歩2分/約160m)、南口ファミリー商店街(約500m/徒歩7分)、新江ノ島水族館(約3.4km)
※2 神奈川県人口統計調査より 2015年神奈川県人口9127323人→2020年神奈川県人口9201825人。人口増加率計算式(9201825-9127323)/9127323×100=0.81%
※3 2020年神奈川県財政力指数/神奈川県HPより

【この物件広告についての注釈】

※価格は物件の代金総額を表示しています。消費税が課税される場合は税込み価格を表示しており、10000円未満を切り上げている場合があります。

※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。

※「モデルルーム」とは、間取りや仕様・設備などを知ることができる施設全般を指し、それらの一部のみ展示している「サンプルルーム」や「ギャラリー」、「インフォメーションセンター」なども含みます。

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。

プラウド湘南藤沢ガーデン 物件概要

所在地
神奈川県藤沢市川名2-303-1(地番)
地図を見る
交通 JR東海道本線「藤沢」歩10分 総戸数 93戸
間取り 3LDK 専有面積 68.52m2~73.73m2
価格
未定
入居時期 2022年3月下旬予定
販売スケジュール 販売開始予定 11月上旬

情報更新日:2020/9/25

お問い合わせ先

<プラウド湘南藤沢ガーデン>販売準備室

0800-831-8059 無料

お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えいただくとスムーズです。

営業時間:平日11:00AM~6:00PM、土日祝10:00AM~6:00PM

定休日:毎週火・水・木曜日

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

※0800で始まる電話番号はご利用の電話サービスによりご利用できない場合があります。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。

【67720583】プラウド湘南藤沢ガーデン
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る