"20220526084802:H:0" "20220526084802:H:0" "20220526084802:H:0"
ジオ西宮コートテラス (取材レポート)
SUUMO(スーモ)新築マンションのジオ西宮コートテラスの取材レポート情報です。

開発担当者と住宅専門家が、西宮の新たな〈ジオ〉への想いを語る

資料請求受付開始

資料をご請求いただいた方に、最新情報を優先的にお届けいたします!

簡単!約2分で完了
簡単!約2分で完了 以前にもチェックした物件です。まずは気軽に資料請求をしてみよう!
1
西宮に新たな〈ジオ〉が誕生。阪神間エリア×3線3駅徒歩10分圏内×大規模を実現
西宮で恵まれた立地条件の地を得て、阪急阪神不動産×関電不動産開発が総力を結集
  • JR「西宮」駅徒歩9分、阪急「今津」駅徒歩5分、阪神「今津」駅徒歩6分。3線3駅をフラットアプローチで使いこなせる便利な立地に、総145戸というビッグスケールの『ジオ西宮コートテラス』が誕生します。阪神間において、過去15年間で発売された新築マンション全515物件のうち、3線3駅以上が徒歩10分圏内にあるのは約20%。

  • また、総戸数100戸以上の大規模物件に絞り込むと約5.6%となります(※1)。さらに本物件は開放的な四方接道を実現しており、これらのデータからも、なかなか出会う機会がない「恵まれた条件が揃ったマンション」であることがわかります。そんな『ジオ西宮コートテラス』の誕生経緯について、開発担当者にお聞きしました。

ジオ西宮コートテラスの取材レポート画像
現地周辺の航空写真(※2)
徒歩9分のJR『西宮』駅前では再開発事業が進行中。発展を続ける西宮の中枢エリア
『ジオ西宮コートテラス』徒歩9分のJR「西宮」駅前
「1990年に〈ジオ〉ブランドが誕生して以降、西宮市では31物件・1700戸超の分譲実績があり、街の魅力まで高める住まいを追求しています」
ジオ西宮コートテラスの取材レポート画像
JR西宮駅南西地区第一種市街地再開発事業:JR西宮駅南西地区市街地再開発組合提供 ※4

福岡 ── 本物件は、これまでにも共同事業等で連携を重ねてきた阪急阪神不動産と関電不動産開発が強力タッグを組んだ物件。さらに、現地は食品メーカー「フジッコ」創業の地(※3)だそうですね?

吉森 ── フジッコさんが1963年の本社工場設立以来大切にされてきた土地を「地域のために活用したい」とのことで、西宮市内で多くの販売実績がある〈ジオ〉の定期借地権付きマンションとして開発することになりました。

大植 ── 徒歩9分のJR「西宮」駅前では卸売市場の整備を含む再開発(※4)が進行中で、複合ビル完成後はマルシェイベントなども計画されています。発展を続ける注目の街で本物件の開発が実現したのは、定借ならではと言えます。

福岡 ── 西宮市は「住みたい自治体ランキング」で9年連続1位に輝く街(※5)。阪急「西宮北口」でも阪急西宮ガーデンズ西側の開発計画が発表されたほか、救命救急センターを備えた「(仮称)県立西宮総合医療センター」の建設も注目を集めています(※6)。JR「西宮」駅前の再開発を含め、今後ますます生活機能が向上する西宮市の中枢エリアに誕生する本物件なら、資産としてのびしろにも期待が持てますね。

2
四方接道の開放的な敷地を活かし、地域にも開かれた生活ステージとコミュニティを創出
地域に愛される「フジッコ」創業の地、その想いを継承するマンションとして・・・
  • ジオ西宮コートテラスの取材レポート画像
    「外壁タイルは、光沢感のある素材を組み合わせた明るく上品な配色で計画中です」
    • ジオ西宮コートテラスの取材レポート画像
      阪急阪神不動産 住宅事業本部 吉森 裕樹氏
    • ジオ西宮コートテラスの取材レポート画像
      関電不動産開発 住宅事業本部 大植 仁史氏
interviewer/writer 福岡 由美氏

「ヒューズ・エンタープライズ」代表。東京・名古屋を拠点に、全国で住宅専門誌・住宅専門サイト等に寄稿。住宅ローンアドバイザー、FP技能士

福岡 ── 地主さんが「絶対に手放したくない」と思うほどの良好な場所にマンションを建設できるのは定借の利点ですが、想い入れのある土地を継承するのは責任重大ですね?

吉森 ── フジッコさんは食卓のサポーターとして多くの皆様に愛される企業ですから、その思想を受け継ぎ、居住者様や地域の皆様が安心できるマンションにしたいと考えました。特に、マンションの顔となる北側には自主管理公園を創り、樹々やベンチを配置して地域の中に潤いある緑景を創出します。

福岡 ── 4方向が道路に囲まれた開放的な敷地を活かし、全住戸を明るい南西向きに配置。東西2つの住棟の中央に共用部を設けて南北に通り抜けできる点は、接道面が多い敷地ならではの快適動線ですね。

吉森 ── 中央にプロムナードを創り南北2ヵ所に入口を配置しました。最近は宅配利用が増えているので、宅配ボックスを南側に配置することで入居者と配達の動線を分離し「密」を避ける工夫も行っています。北側はJR「西宮」駅側、南側は通学路側となります。

福岡 ── 3線3駅を利用できれば、夫婦で勤務地が違っても快適に通勤できるので、共働き世帯も暮らしやすそうですね。

吉森 ── ディンクスやプレファミリーの暮らしを想定して「在宅ワークにも対応しやすい3LDK」を中心に全17タイプの間取りを計画。面積をコンパクトにすることで若い世代の方にもご検討頂きやすい価格帯になっています。
 

食と緑が育むコミュニティ。共用部の『エディブルガーデン』では果実を収穫
『エディブルガーデン』に植樹される樹木・果実の一例
  • 豊かな交流の場と、新たな生活様式を意識

    福岡 ── 土地の想いを受け継いだ「食と緑」というコンセプトもユニークですね。

    大植 ── 特に、食と緑にちなんだ「ランドスケープデザイン」に力を注いでいます。集会室の前にはデザイナーが監修したオープンテラス付の『エディブルガーデン』を設けました。ここではレモンやオリーブなど、実を食べられる果樹の成長を身近で楽しむことができます。

    吉森 ── 集会室には料理教室が開ける大きなキッチンがあるので、収穫した果実を使ったり、フジッコさんと連携するなど「食」を通じて入居者の皆様が交流できる料理イベントなどを考えています。

  • 福岡 ── コミュニティが円滑に育まれると管理組合運営もスムーズになり、資産性の維持や防犯性向上にも繋がります。とても有意義な取り組みですね。また、ニューノーマルな生活様式に合わせた様々な工夫を導入されているそうですね?

    吉森 ── 『集会室』には最大1Gbpsの高速Wi-Fiを導入いたしますので、「ワークスペース」としてもご利用いただけます。住戸プランでは、玄関から洗面室へ直行できる「衛生対策を考えた間取り」や、土間付きリビングを設けた「アウトドアを楽しめる間取り」など、現在のライフスタイルにフィットするプランをご用意しました。

    福岡 ── コロナ禍以降に企画された物件ならではのアイデアが満載ですね。

3
〈ジオ〉の「定期借地権付きマンション」で叶える、環境と家計に優しい豊かな暮らし
「定借」は、土地を所有せず借りることで購入費用を抑えられることがメリット
70年超の定期借地権 ライフプランのスタイル例
  • 近年実績が増え注目される「定借スタイル」

    福岡 ── 定期借地権付きマンションは、土地を地主さんから期限付きで借りて、建物のみを区分所有し、期限が来たら土地を更地にして返還するマンションのこと。「土地を所有しない」という点がポイントで、そのぶん購入予算を抑えることができるため近年注目が集まっていますね?

    大植 ── 関電不動産開発では2016年から定借事業に注力してきました。地価や建設費の上昇を受けてマンション価格が高騰している今、便利な場所で購入費を抑えてマンションを購入できるのは定借の大きなメリット。若い世代の方も無理なく購入検討できると好評です。

  • 吉森 ── 阪急阪神不動産でも定借を「マンション事業の1つの柱」に位置付けています。地主様にとっては、大切に守りたい土地を手放すことなく活用できるため、入居者様も地主様も私ども事業者も「三方よし」の仕組みなのです。

    福岡 ── 特に本物件の場合は「借地期間70年超」と長期の設定ですから、お子さんたちへ受け継ぐ資産としても十分な魅力があります。そもそも購入費用を抑えることができれば、中古物件になっても売りやすく、賃貸運用の際に貸しやすくなるなど「流動性の高い不動産」としても強みを感じますね。


所有権とほぼ変わらず資産維持が可能。明確な出口が定められているのも利点
『ジオ西宮コートテラス』現地にて
2022年2月撮影
  • 土地を所有しないことで、かかる税金が軽減

    定借物件への戸惑いを感じる方もいらっしゃると思いますが、将来の物件売却や賃貸運用、リフォーム等も自由なタイミングでできるため、土地を借りること以外は所有権物件とほぼ変わりません。また、マンションの耐用年数は47年とされており、所有権物件でも築年数を経ると建替え検討に入りますが、本物件では「約70年後に更地にして返還する」というエンディングが決まっているため、資産の出口戦略を明確に立てやすくなります。地代や解体準備金は必要ですが、土地の固定資産税や都市計画税が発生しない点もメリット。「なかなか出会えない良好な立地のマンションの購入費を抑え、ローン負担を軽減できる」と考えると合理的な選択と言えます。

  • 豊かな家族生活実現への頼もしいプラスαも

    カスタマーの声を活かして商品化する〈ジオ〉の商品企画プロジェクト〈ジオフィット プラス〉では、昨年よりSDGsやニューノーマルへの取組みをさらに強化。本物件も低炭素ライフに繋がる省エネ設備や、非接触・抗菌・換気等に配慮した設備の導入が予定されています。また、近年は自宅で過ごす時間が長くなったことで家庭内の光熱費負担が増えていますが、本物件では「高圧一括受電システム」を採用し、長期的な電気代削減を実現。定借による「住宅購入費の節約」と入居後の「ランニングコストの節約」を組み合わせて家計を圧縮できれば教育費や老後資金にゆとりが生まれるため、「豊かな家族生活を育むマンション」としても評価できる物件です。

資料請求受付開始

資料をご請求いただいた方に、最新情報を優先的にお届けいたします!

簡単!約2分で完了
簡単!約2分で完了 以前にもチェックした物件です。まずは気軽に資料請求をしてみよう!

※1 :阪神間(神戸市中央区・灘区・東灘区、芦屋市、西宮市、尼崎市)において、2006年4月~2021年4月(15年間)に発売された新築分譲マンションが対象(2021年7月MRC調べ)
※2:掲載の現地周辺航空写真は2021年9月に撮影したものに画像処理を施したもので、実際とは異なります。また、物件の位置を表す光柱は、建物の高さや規模を表すものではありません。あらかじめご了承ください。
※3:1960年に神戸市東灘区で(株)富士昆布が創業、1963年に西宮市の本件立地に本社を移転し、1985年に社名をフジッコ(株)に変更しております。
※4:「JR西宮駅南西地区第一種市街地再開発事業」は2027年完了予定(完成予想図)
※5:「住みたい街ランキング 2021 関西」の住みたい自治体ランキングで第1位を獲得(9年連続)(リクルート調べ)
※6:仮称「阪急西宮ガーデンズ西側土地開発計画」(2023年9月開業予定)。仮称「県立西宮総合医療センター」は、兵庫県立西宮病院と西宮市立中央病院の統合再編基本計画により移設・新設(2025年度開院予定)

【この物件広告についての注釈】

※価格は物件の代金総額を表示しています。消費税が課税される場合は税込み価格を表示しており、10000円未満を切り上げている場合があります。

※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。

※「モデルルーム」とは、間取りや仕様・設備などを知ることができる施設全般を指し、それらの一部のみ展示している「サンプルルーム」や「ギャラリー」、「インフォメーションセンター」なども含みます。

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。

ジオ西宮コートテラス 物件概要 第1期1次/一般定期借地権

所在地
兵庫県西宮市津門川町44番1(地番)
地図を見る
交通 阪急今津線「今津」歩5分 総戸数 145戸
間取り 2LDK~4LDK 専有面積 59.31m2~75.35m2
予定価格帯
2900万円台~3900万円台
入居時期 2023年12月予定
販売スケジュール 2022年9月上旬販売開始予定

情報更新日:2022/5/25

お問い合わせ先

「ジオ西宮コートテラス」販売準備室

0800-811-4506 無料

お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えいただくとスムーズです。

営業時間:10:00~17:00

定休日:火・水・木

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

※0800で始まる電話番号は無料です。また、ご利用の電話サービスによりご利用できない場合があります。予めご了承ください。

【67724648】ジオ西宮コートテラス
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る
簡単!約2分で完了
以前にもチェックした物件です 簡単!約2分で完了 まずは気軽に資料請求をしてみよう!