"20190420133642:H:0" "20190420133642:H:0" "20190420133642:H:0"
ファインレジデンス住吉山手 (取材レポート)

ファインレジデンス住吉山手 (取材レポート)

SUUMO(スーモ)新築マンションのファインレジデンス住吉山手の取材レポート情報です。

専門家が紐とく【立地の価値】【建物の価値】【室内空間の価値】

<資料請求はこちらまで>

「ファインレジデンス住吉山手」について、さらに詳しい資料はこちらからご請求ください。
現地では棟内モデルルームを公開しています。お気軽にご予約ください。(右はエントランスホール(ラウンジ))

1
【立地の価値】 土地の原価価値&法令に守られた、歴史と文教の薫り高き邸宅街
明媚な自然が護られ続ける邸宅街。土地持分が平均約100m2という原価価値にも注目
  • 現地周辺は歴史ある邸宅街で、住環境が守られた地域です(現地周辺の街並み/約300m)
    • 毎日のウォーキングコースに最適。六甲山から流れる清流・住吉川/徒歩4分・約320m
    • 法律によって住環境が守られる風致地区&第一種低層住居専用地域に位置しています
山手ながら急な坂がない恵まれたロケーション

JR「住吉」駅と阪急「御影」駅、2路線2駅へいずれも徒歩9分。両駅へは急な坂道がなく、歩きやすい道ということも大きな魅力です(立地説明イラスト)

邸宅街の実需型高級マンションは景気や金利の影響を受けにくく、資産性を保ちやすいのではと言われています。それはなぜなのか?「ファインレジデンス住吉山手」を事例にしながら、マンションの価値を2つの視点「立地の価値」と「商品の価値」(建物ならびに室内空間)から、解説していきたいと思います。
まず、1つ目の視点は「立地の価値」です。

その中で土地の「原価価値」についてお話します。
「ファインレジデンス住吉山手」は、低層住宅以外の建築が制限されている「第一種低層住居専用地域」に位置しており、建蔽率や容積率の厳しい制限もあるため、一住戸当りの平均土地持分が約30坪(※1:約100m2)と、土地の保有価値の多さが際立ちます。

次は邸宅街に位置する立地価値です。当マンションが所在する住吉山手は、関西経済界人たちが風光明媚な地に魅せられ、こぞって邸宅を構えたという、歴史ある邸宅街です。しかも、現地は「住吉川・赤塚山風致地区」に所在し、住環境・自然環境が保全されやすい利点があります。そのなかで、さらに住吉山手1丁目の本物件は、坂道がきつくなる手前のほぼ平地部に位置し、利便性にも優れています。駅からはどのルートを選んでも緩やかな傾斜でありながら、海抜約54mもあることに正直驚きます。

阪神間モダニズムとした開花した文化の薫りは今もこの地に息づいている
  • 文教施設分布概念図(有名私学などの教育施設・美術館などの文化施設)※1
    • 朝日新聞の創業者・村山龍平氏の美術コレクションを公開する香雪美術館(約400m)
    • 東洋の宮殿のような建物や庭園も素晴らしい白鶴美術館(約550m)
ここだけの立地価値を検証

「自分で住んで幸せに暮らせるか、家族の笑顔が増えるか、居住用の不動産である限り、居住価値は大きな評価要因となります」(現地周辺を取材する大倉氏/約400mにて撮影)

「立地の価値」を語る上で欠くことができないのが教育施設・文化施設の充実ぶりです。

1911年(明治44年)に甲南幼稚園(約660m)が開園し、翌年には甲南小学校(約660m)、大正時代に入ると同中学・高等学校が開校し、1927年(昭和2年)には灘高校(約1270m)が創立されました。その後、住吉山手に白鶴美術館が開館し、現在の文化の薫り漂う街の礎を築いたのです。
たとえば、東灘区にある6つの個性あふれる美術館(白鶴・香雪・世良・小磯・ファッション・ゆかり)を散歩の延長で巡ってみるのも、この街ならではの愉しみ方ではないでしょうか。

現地は元大手企業の社宅があった場所です。良好な住環境が整い、落ち着いた住宅地として人気が高く、他の都市から移り住む人が多いエリアですが、分譲マンションの供給数は非常に少なく、特にここ「住吉山手」1丁目から9丁目で販売された分譲マンションは1995年以降、本物件を含めて8物件だけ。しかも本物件は「住吉山手」エリアで約10年ぶりの分譲です(2018年12月末MRC調べ)。

2
【建物の価値】この地に相応しい意匠美を求めて。防災・防犯面からも考察
  • 「建物の価値」は、多くの人の関心が高い「防災価値・防犯価値」「グレード価値」という視点で考察しましょう。
    まず、「防災・防犯価値」についてですが、本物件の地盤の強さはいかがでしょうか?
    詳しく調べてみたところ、本物件の地盤は、地中のごく浅い箇所に支持地盤があるということがわかりました。

  • 従って、マンション建築には基礎を地盤で直接支える「直接基礎」という工法が採用されており、その上に第一種低層住居専用地域ならではの重厚な低層4階建住宅が建っているため、耐震という防災価値については高く評価できます。
    また、24時間365日暮らしを守るセキュリティシステムなど防犯対策も入念に施されています。

強固な地盤の上に佇む外観は、阪神間モダニズムの典型ともいえる和洋折衷の美学を継承
近代建築の巨匠の思想を受け継ぐ外観デザイン。この街の風致に寄り添う上質な素材感
  • 風格ある石垣が街の美意識に響きあう重厚にして繊細なファサード
    • 邸宅に相応しい奥ゆかしさを感じる長いアプローチが印象的なエントランス
    • こだわりのマテリアル。職人が1枚1枚手貼りしたボーダータイルは街の景観に見事に調和
街の風致に寄り添う風格ある建物価値を検証

エントランスホールの奥には庭園を望む広々としたラウンジをしつらえています。ソファに座るとちょうど目の高さに庭園の植栽が広がり癒されます

次に、本物件の「グレード価値」についてお話しましょう。

前述のように、御影・住吉の山手エリアには明治の終わりから大正時代にかけて、大阪の実業家たちがこぞって大邸宅を建てました。これらの邸宅はそれぞれの風格を持ち、門構えや地元産の花崗岩を用いた石積みの塀が趣を形づくっていました。
本物件は中之島公会堂の保存・再生工事にも携わった「坂倉建築研究所」が設計を監修。採光や眺望に優れた建物の空間構成をファサードに反映し、御影石など素材本来の風合いを生かした重厚でいて開放的な建築空間をほどこしています。
建物のメインに用いたボーダータイルは、職人によって1枚1枚丁寧に手貼りされ、この地の歴史ある風情を醸し出しています。

また、エントランスやラウンジには御影石・大谷石を贅沢に使用し、上質感あふれる空間を実現。そして玄関照明は、モダニズム建築を象徴する本物件のロゴ・デザインを採用し、格調高いイメージを演出しています。

このように、「ファインレジデンス住吉山手」は、「防災・防犯価値」と「グレード価値」、すべての面において優れた「建物の価値」が高い物件といえるのではないでしょうか。

3
【室内空間の価値】私邸としての豊かさを追求。自然光や風を採り込むワイドスパン設計
  • 足元から天井付近まで広がる大きな窓のある陽当たりのいいリビング(Gタイプ)
    • キッチンの天板には御影石が採用されるなどグレードの高さに驚きます(Eタイプ)
    • 緑に癒される敷地内緑地率30%。地形と風趣を巧みに活用(1階と3階を合体した平面図)
吹き抜けに面し、自然光と緑の息吹きを感じる主寝室

主寝室の窓の外には中庭(吹き抜け)が配置されているので、自然光によって明るく、プライバシーも守られます(Eタイプ棟内モデルルームにて撮影)

次は室内空間についての価値、ハイグレードな設備・仕様を見ていきましょう。

まず、御影石(天然石)採用の全長2,600m以上を確保したキッチン天板、御影石(天然石)を使用した洗面台化粧天板など、素材や設備・仕様にこだわったグレード感の高さに驚きます。
また、遮熱低放射複層ガラス・ぺアレックスツインガードを採用するなど見えないところまできめ細かに配慮し、快適性を追求しています。
また、22邸中7邸が両面バルコニー、13邸が角住戸のプライバシーに配慮した設計となっており、間口は8m以上を確保し、1邸ごとに個性を持たせた広さと開放感を満喫できる空間設計を実現しています。まさに私邸<レジデンス>と呼べる価値があります。

本物件は、設計・ランドプラン・素材・設備仕様等、様々な商品計画面において、ハイグレードな価値を提供しています。この商品価値は、今後、建築費が上昇した場合、貴重な価値として資産性に影響しそうです。

最後に、居住空間としてのメリットを享受した間取りプラン2タイプの特徴をご紹介します。

Eタイプ間取り図
Eタイプ/3LDK+WIC/90.00m2


・約8畳ある主寝室はサービスバルコニー付き。中庭に面しているので通風・採光に優れ、それでいて、開放廊下に面していないので、落ち着いて寛ぐことができます。

・収納豊富なウォークインクロゼット付き。物が多い方でもゆったりと暮らせます。

・キッチンにはバルコニースルーの勝手口が付いていて換気ができます。

・9mワイドスパンらしく、リビングは明るく広々。洋室と繋げてさらにワイドに使うこともできます。

Gタイプ間取り図
Gタイプ/3LDK+WIC角住戸/96.23m2


・2面開口で通風・採光に優れた角住戸プラン。浴室にも窓があるので換気効率が上がります。

・玄関ドアを開けても室内が見えにくいクランクイン玄関。

・約8畳の主寝室はウォークインクロゼット付き。ゆとりに満ちた個室を確保したいという方におすすめしたいプランです。

・約21.3畳のワイドなリビング・ダイニングはコーナーサッシのある2面採光。北側の窓の外は敷地がゆったりと確保されているので開放的です。

<資料請求はこちらまで>

「ファインレジデンス住吉山手」について、さらに詳しい資料はこちらからご請求ください。
現地では棟内モデルルームを公開しています。お気軽にご予約ください。(右はエントランスホール(ラウンジ))

※1:立地概念図のため一部路線、施設等を省略しております

【この物件広告についての注釈】

※価格は物件の代金総額を表示しており、消費税が課税される場合は税込み価格です。税率は引き渡し時期により異なりますので、情報の見方ページを参照いただくか、各物件にお問い合わせください。 (1000円未満は切り上げ。)

※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。

※「モデルルーム」とは、間取りや仕様・設備などを知ることができる施設全般を指し、それらの一部のみ展示している「サンプルルーム」や「ギャラリー」、「インフォメーションセンター」なども含みます。

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。

ファインレジデンス住吉山手 物件概要 先着順

所在地
兵庫県神戸市東灘区住吉山手1丁目1513番(地番)
地図を見る
交通 JR東海道本線「住吉」歩9分 総戸数 22戸
間取り 3LDK 専有面積 83.84m2~114.82m2、(防災倉庫面積含む)
価格
7890万円~1億4980万円 価格表を見る
入居時期 即入居可

情報更新日:2019/4/17

お問い合わせ先

「ファインレジデンス住吉山手」

0120-725-007 無料

お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えいただくとスムーズです。

営業時間:10時~18時

定休日:毎週水曜日・木曜日

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

※0800で始まる電話番号は通話料無料です。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。

見学予約スケジュール

見学をご希望される日程をお選びください。

4/20
4/21
4/22
4/23
4/24
4/25
4/26
4/27
4/28
4/29
4/30
5/1
5/2
5/3

見学予約メニュー

  • モデルルーム見学会[120分](所要時間:120分)

    ◇◆開催日時:10:00~ 13:00~ 16:00~◆◇

【67714314】ファインレジデンス住吉山手
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る