"20190527202546:H:0" "20190527202546:H:0" "20190527202546:H:0"
レーベン大通公園THE CENTRAL (取材レポート)
SUUMO(スーモ)新築マンションのレーベン大通公園THE CENTRALの取材レポート情報です。

札幌の都会の中で豊かな緑と文化・芸術に触れながら感性を磨く

物件の詳細や最新情報を随時お届け

本物件の詳細や、タカラレーベンの空間づくりへのこだわりをさらに詳しく知りたい方へ、物件の魅力がつまったパンフレットや、最新情報を随時お届け。

1
本エリアに居住。ギャラリー&カフェを営む店主にインタビュー
  • 落ち着いた雰囲気の店内。版画作家「保手浜孝」氏の作品を中心に展示・販売を行う
    • 「イル・ポスティーノ」外観。オオカミの郵便配達人の看板が目印
    • 店内ではポストカードと切手を販売。休憩しつつ一筆したためたい
「イル・ポスティーノ」店主 大谷さん

「イル・ポスティーノ」とはイタリア語で郵便配達人のこと。「外の緑を眺めながらお茶を楽しみ、大切な方へハガキを書くなど、ゆったり過ごしていただきたいです」

1996年に京都から札幌に引っ越し、2001年に中央区北4条西14丁目にギャラリー&カフェ「イル・ポスティーノ」(約600m)を開店した店主の大谷さんにお話を伺った。

「都心に近いのに自然が豊かなところが気に入っています。お店の目の前にも『ミニ大通』の名で親しまれている緑のきれいな遊歩道があり、近所の方が犬の散歩をしたりベンチに座っている姿をよくお見かけします。ここにいると時間の流れがゆっくり穏やかで、気持ちよく1日を過ごせるんです」。

周辺にはこの地が気に入り永く住まわれている方も多く、この17年の間に住宅も増え、様々な年齢層、家族構成の方が生活されているという。

「朝7時~11時までの朝食カフェ営業の際には、単身赴任の方が体にやさしい食事を求めて当店を利用されることもあります。また道外在住の方のセカンドハウスとしてもこのエリアは人気なようです。もちろん北海道ですから雪は降りますが、市の除雪もきちんとされているので冬の生活がそんなに大変だと感じたことはないですね。マンションだと雪かきもいらないのでなお楽でしょう。大きな病院も近くにあるので、歳を重ねてからも住みやすいのではと思います」。

2
都会の中に緑のオアシス。絵になる景色に癒される
  • 大通公園の鮮やかな木々。冬は園内がホワイトイルミネーションで彩られる
    約4700本の木々に囲まれた「大通公園」

    「天気のよい日には『大通公園』や『北海道知事公館』などで、ご夫婦やベビーカーを押したママさんなどが思い思いに寛いでいます」と大谷さん。
    札幌の中心にある「大通公園」は大通西1丁目から大通西12丁目まで東西に約1.5km、面積約7.8haという一大グリーンベルト。四季折々の美しい植物や季節ごとのイベントが楽しめ、多くの市民や観光客に親しまれる都会のオアシスである。

  • 大通公園内の噴水。晴れた日には虹がかかることも

    「大通公園」は本物件のある北1条西13丁目から約200m・徒歩3分と近く、西12丁目のサンクガーデンゾーンにはカナール(水路)を囲む約55種類のバラが色とりどりの花を咲かせる。
    ライラックやハルニレなど92種、約4700本の樹木があり、木々の緑や花壇、陽の光でキラキラと光る噴水の水しぶきや屋外彫刻を眺めながらリフレッシュできるおすすめの散策スポットである。

      • 1999年には登録有形文化財に指定された「北海道知事公館」(約430m)
      • 「住み始めてから今までずっと快適な札幌暮らしができています」と大谷さん
      • アメリカ風ネオ・バロック様式の「北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)」(約1160m)
      • 桜の名所、円山公園(約2130m)まで足を延ばすのもいいだろう
  • 「豊かな自然のある都会は貴重」

    本物件から約430mにある「北海道知事公館」館内および鮮やかな芝生が広がる庭園は一般公開されているため、芝生に寝転がりながら読書をしたり、スケッチなどを楽しむことができる。

    周辺にはその他「北海道大学植物園」(約940m)や「北海道庁旧本庁舎」(約1160m)など、どこを切り取っても絵になる自然を残したスポットが複数。

    身近に緑がある暮らしについて大谷さんは、
    「いわゆる商業施設の便利さというのは、インターネットの利用や宅配サービスでカバーできると思いますが、昔から地域の人々が大切にしてきた自然の景色というのは、後からなかなか手に入りにくい貴重なものですよね」と話してくれた。

3
美術や音楽など優れた芸術に触れ、感性や発想力が高まる
  • 北海道立近代美術館(約540m)では所蔵コレクション展示の他、特別展も開催※2
    • 様々なジャンルのコンサートや演劇が行われる教育文化会館(約100m)
    • 北海道大学(約1350m)構内のクラーク像。銀杏並木やポプラ並木も有名
道内の交通の拠点。JR「札幌」駅

JR「札幌」駅まで約1820m。人やモノ、情報が集まり、大丸札幌店(約1680m)やJRタワー(約1680m)など多くの人々で賑わいを見せる

自然の美しさだけでなく、人の手が生み出した美術や音楽、演劇、古典芸能などの優れた文化を楽しめるのも本エリアの魅力。
「大きな美術館やイベントホールも近いので、興味のある催しがあれば気軽に立ち寄れます。博物館や図書館のある北海道大学も自転車に乗れば約15分ほどで着きますね」。

さらにJR札幌駅および空港へのアクセスも便利だという。
「夫が道外・海外への出張が多いため新千歳空港をよく利用するのですが、タクシーでJR札幌駅まで行き、駅から空港まではJRの快速エアポートで約40分ほど。最近は北3条西14丁目の知事公館前から空港連絡バスが発着するようになったので、そちらを利用するのもいいかもしれません。私も休みの日には札幌駅近辺でショッピングをしたり、JRタワーの展望台から札幌の景色を眺めたりしています」。

「友人と外食するときは大通やすすきのエリアまで行くこともありますが、ホームパーティー形式で食事をすることも多いです。自宅に友人を招いたり円山や宮の森の友人宅へ訪れたり。いずれのエリアにも近く歩いて帰宅することもしばしばです」。

京都から札幌に移り住み、毎日の生活を楽しんでいる大谷さんは微笑みながらこう語る。
「美しい自然の風景や芸術文化に日々触れることで、豊かな感性が育まれ、発想力も高まるのではないでしょうか。ここは開放的な札幌の暮らしを満喫できる理想的な居住地だと思います」。

モデルルームは「さっぽろ」駅10番出口すぐ

中央区北4西4「さっぽろ」駅10番出口すぐの「第一生命ビルディング」内でマンションギャラリー・モデルルームを公開中。タカラレーベンの「Microbubble Tornado O2(マイクロバブルトルネードオーツー)」体感コーナーもあるので気軽に訪れて。

※ インタビュー内容はすべて2018年9月時点のものです
※1 現地周辺環境写真。上段左「北海道知事公館」上段中「北海道庁旧本庁社」上段右「円山公園」中段「イル・ポスティーノ」下段左「北海道大学」下段中・右「大通公園」
※2 2018年9月時点

【この物件広告についての注釈】

※価格は物件の代金総額を表示しています。消費税が課税される場合は税込み価格を表示しており、10000円未満を切り上げている場合があります。

※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。

※「モデルルーム」とは、間取りや仕様・設備などを知ることができる施設全般を指し、それらの一部のみ展示している「サンプルルーム」や「ギャラリー」、「インフォメーションセンター」なども含みます。

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。

レーベン大通公園THE CENTRAL 物件概要 EAST 第3期

所在地
北海道札幌市中央区北一条西13-1-1(地番)
地図を見る
交通 地下鉄東西線「西11丁目」歩6分 総戸数 98戸(49戸(他、管理事務室1戸・WEST)、49戸(他、管理事務室1戸・EAST))
間取り 2LDK・3LDK 専有面積 59.33m2~111.07m2、(MB面積、トランクルーム面積含む)
価格
未定
入居時期 2020年2月下旬予定
販売スケジュール 2019年6月中旬 販売開始予定

情報更新日:2019/5/22

お問い合わせ先

タカラレーベン ネット推進課 総合予約受付窓口

0120-533-253 無料

お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えいただくとスムーズです。

営業時間:9:00AM~6:00PM

※0800で始まる電話番号は通話料無料です。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。

【67717890】レーベン大通公園THE CENTRAL
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る