"20180723073018:H:0" "20180723073018:H:0" "20180723073018:H:0"

津田沼 ザ・タワー(取材レポート)

SUUMO(スーモ)新築マンションの津田沼 ザ・タワーの取材レポート情報です。

2人の住宅専門家とタワマン住民に聞いたタワーマンションの魅力

資料請求受付中

資料請求された方には「津田沼 ザ・タワー」の最新情報をお届けいたします。

1
住宅アドバイザー「高江啓幸」氏が語る、タワーマンションの魅力。
新築分譲マンションマーケット動向と、近年のタワーマンションの評価。
外観完成予想CG
建設地を確認する高江氏(2017年12月撮影)

「15年ほど前には8万戸を超える供給戸数があった分譲マンションですが、いわゆるリーマンショック、消費税増税など様々な時代背景を受けて、ここ数年の供給戸数は半分近くとなり、昨年は4万戸を切っています。また、高額化も進んでいますね。その理由は、供給の担い手が減り大手デベロッパー中心になったことで、立地の選別化が意識されていること、そして土地価格の上昇による用地取得の難しさがあります。さらに、建築資材価格上昇や人手不足などによる建築費の高騰も高額化の要因です。このようなマーケットの中、購入者は立地、駅近、規模、免震などの付加価値に対して、資産性を意識した条件志向がより強くなっているように感じます。それ故、付加するポイントの多いタワーマンションの評価は好調なトレンドにあると言えるのではないでしょうか。

津田沼駅南口のランドマークとなる<津田沼 ザ・タワー>も、非常に多くの付加ポイントを有しています。立地やその規模感から発表前より注目されていましたが、2018年のモデルルームオープンで、ますます注目を浴びるでしょう。」

今、「タワーマンション」が注目される理由と、本プロジェクトの評価。
  • 立地概念図 ※概念図であり実際とは異なります。
    • 再開発で生まれ変わった、津田沼駅南口側の街並み(写真はフォルテ:約160m/徒歩2分)
    • 民間金融機関の住宅ローン金利推移(変動金利等)
住宅アドバイザー 高江啓幸氏

業界歴20年以上。数多くのエリアの住宅事情に精通。住宅購入セミナーの講師や住宅関連誌・ウェブサイトへの記事執筆など不動産業界の専門家として活動している。

「タワーマンションとは、高さ60m以上の超高層建築物で、概ね20階以上のマンションのことです。用途地域や厳しい法制限により、建てられるのは主要駅の駅前に多い。利便性が高くなるのは必然ですね。通勤される方、通学されるお子さん、日々の買い物。家族全員の満足が得られやすい環境となります。また、再開発や区画整理など『まちづくり』の一環である場合も多く、街の高い機能性や安全性への配慮が得られます。「津田沼」駅南口以外、近年では川崎や武蔵小杉などが思い出されます。

<津田沼 ザ・タワー>の場合ですが、駅ペデストリアンデッキ直結のタワーマンションは、1995年以降に首都圏で供給された2万物件以上のうち60件。わずか約0.26%のうちの1つとなります(※1)。類例の少なさはステイタス性に通じます。眺望や開放感、規模が叶える共用施設の充実も大きな魅力でしょう。なお、資産保全や継承面でもメリットがあると思います。立地のよいマンションは、実需のみならず、セカンドハウスや親族の利用など様々な用途を生み出します。賃貸をと考えたとき借り手が見つかりやすい、賃料の検討もしやすい。なお、不動産は金融資産よりも相続評価額が抑えられるので節税メリットが相対的に高い。現在の低金利等も付け加えておきたいポイントです。」

2
タワーマンションに住む方に、上層階に住む良さを伺ってみました。
タワーマンションに住んだからこそ!「満足したこと」「小さな気付き」
  • 眺望写真
  • 屋上庭園完成予想CG
  • image

~タワーマンション居住経験者を対象に実施したインタビューより~(参加者個人の意見となります※2)

「カーテンを開けっ放しにして夜景を楽しみます。ソファに座りゆったりとした気分で外を眺めている時が至福」(33階にお住まいの方)

「もともと大の虫嫌い。高層階では虫が入ってくることがほとんどなく安心して生活することができた。現在は別のマンションに住んでいるが対策が必要。タワーマンションをオススメする」(前居住がタワーマンション高層階の方)

「駅から近いところに立っているタワーマンションは電車利用も周辺施設も便利。それでいて高層階は外の騒音や排気ガスに悩まされることがなくていいですね」(駅近・高層階居住)

「冬場の日当たりがよく暖かかった。断熱もしっかりしていたので真夏に暑すぎることもなく、冷暖房の費用は安いです」(20階建て・19階にお住まいの方)

「周りが空いているので、北向きでも柔らかい光がよく入り、明るくて快適です」

「景色がよいし駅も近いからとタワーマンションに住み始めましたが、共用施設が揃っているのが便利でした。雨の日など子どもはキッズルームで遊べますし、お友達もできました」(子育て中のファミリー)

「エントランスやエレベーターなど、出入りのセキュリティ性が高いので安心できる」(最上階にお住まいのシニア)

高い建物ならではの景色はもちろんのこと、覗かれることがない目の前の開放感、周辺利便性や共用施設、防犯面への満足の声が挙がりました。

3
住宅評論家「櫻井幸雄」氏は、「津田沼 ザ・タワー」をどう評価するのか?
「3路線の始発電車が利用できる、JR津田沼駅のポテンシャル」。
現地周辺空撮写真・外観完成予想CG2
徒歩4分の「JR津田沼駅」から、総武線快速、総武線各駅停車、東京メトロ東西線の始発電車に乗ることができる。
「始発電車が利用できる駅は、席に座れる可能性が高まる」写真はimage

30年以上マンションの取材を続けている私は、現場取材のなかで「このところ、始発電車を利用できる駅の注目度が高まっている」と感じている。始発電車が利用できる駅ならば、事前に並ぶことで席に座れる可能性が高まる。座れば、もう一眠りということも可能。スマートフォンを活用し、雑用を片付けることもできる。疲れないというメリットだけでなく、時間の有効活用もできる。その価値は大きいと判断する人が増え、「始発駅の注目度が高まっている」、と感じているわけだ。

「津田沼 ザ・タワー」の場合、ペデストリアンデッキでつながる「津田沼」駅からJR総武線(緩行・快速)と東京メトロ東西線を利用でき、すべての路線で始発電車が出る。その本数は、朝6時から9時の通勤時間帯で合計34本。これは、「津田沼」駅の隠れた特徴といえるだろう。

「資産価値を保ちやすいマンションとは、何か?」
  • 現地周辺空撮写真・外観完成予想CG
    • 外観完成予想CG
    • 免震構造概念図
住宅評論家 櫻井幸雄氏

年間200物件以上の取材を行い、全国の住宅事情に精通。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章の面白さで定評のある、住宅評論の第一人者。

資産価値を保ちやすいマンションとは何か、と聞かれたとき、私は「分かりやすい長所を多く備えた物件」と答えている。「いいなあ」と憧れる要素を多く含んだマンションであれば、中古で売るときも、購入希望者が集まりやすいからだ。

「津田沼 ザ・タワー」は、「JR総武線快速停車駅」で、「駅直結のペデストリアンデッキを徒歩4分」「総武線沿線で最高層、最大規模」「免震構造で、共用施設充実」「3社JV」「間取りがゆったり」…特徴を際立たせるキーワードが次々に出てくる。

取材を通し、「津田沼 ザ・タワー」は注目すべき特性が多いマンションだと実感した。同様の特性を持ったマンションが「津田沼」駅周辺に今後、生まれる可能性があるのだろうか。総武線沿線では?首都圏全体では?「ペデストリアンデッキで駅と直結」という1点だけでも、同様のマンションを探すのはむずかしい。「同じ特徴を持つマンションは、今後もみつけにくい」――これは、分譲マンションにとって資産価値を大きく左右する要素だと考えられる。

資料請求受付中

資料請求された方には「津田沼 ザ・タワー」の最新情報をお届けいたします。

この物件の魅力をもっと詳しく

※1:過去22年間(1995年1月~2017年5月)に販売された分譲マンション22,546物件のうち、タワーマンション(階高20階以上)で、駅ペデストリアンデッキ直結の物件は60物件となります。MRC調査・捕捉分に基づく分譲マンションデータによる(MRC2017年8月号)データ資料:(有)エム・アール・シー
※2:2017年1月~10月にタワーマンションにお住まいの方を対象にSUUMOが実施したインタビューより抜粋いたしました。回答者様のご意見および感想で、内容を保証するものではありません。

※掲載の外観完成予想CGは、2017年7月に現地(44階相当)から撮影した写真に計画段階の図面を基に描き起こした建物外観完成予想CGを合成し光などCG処理を加えたもので、実際とは異なります。雨樋、エアコン室外機、給湯器、TVアンテナ等再現されていない設備機器等がございます。眺望は住戸によって異なり、将来に渡って保証されるものではありません。住戸の向き・階数・天候等によって眺めは異なり、東京湾・都心の街並み・富士山が見えることを保証するものではありません。
※掲載の現地周辺空撮写真・外観完成予想CG2は、現地周辺から東京方面を撮影(平成29年6月)した写真に、計画段階の図面を基に描き起こした完成予想CGを合成し、光等CG処理を加えたもので、実際とは異なります。雨樋、エアコン室外機、給湯器、TVアンテナ等再現されていない設備機器等がございます。
※掲載の外観完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。雨樋、エアコン室外機、給湯器、TVアンテナ等表現されていない設備機器等がございます。

※本物件2階部分とモリシア津田沼をつなぐ屋根付きのペデストリアンデッキがお引渡時に新設される予定です。ペデストリアンデッキは行政との協議等により変更となる場合がございます。掲載の情報は2017年11月時点のものであり、ペデストリアンデッキは将来に渡って通行を保証するものではありません。なお、公道利用ルートは、徒歩5分となります。

※価格は物件の代金総額を表示しており、消費税が課税される場合は税込み価格です。税率は引き渡し時期により異なりますので、情報の見方ページを参照いただくか、各物件にお問い合わせください。 (1000円未満は切り上げ。)
※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。
※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。
※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。
※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。
※地図上に表示される物件の位置は付近住所に所在することを表すものであり、実際の物件所在地とは異なる場合がございます。
※地図の更新タイミングの関係で、物件情報が実際のものとは異なる場合や最新情報に更新されていない場合がございます。
※以下の南西諸島及び離島においては、表示される物件の位置が実際のものとは数百メートル程度ずれる場合がございます。
東京都:硫黄島・青ヶ島、沖縄県: 北大東島・南大東島・多良間島・水納島・与那国島・宮古諸島・石垣島・竹富島

津田沼 ザ・タワー 物件概要 第1期4次

所在地 千葉県習志野市谷津1-1340番15の一部・16の一部・24・25(地番)地図を見る
交通 JR総武線快速「津田沼」歩4分乗換案内
間取り 3LDK 間取り図を見る
専有面積 72.05m2~76.11m2
価格
5238万円~6338万円
入居時期 2020年7月下旬予定

モデルルーム・イベント・キャンペーン

  • お問い合わせ
    0120-759-077無料
    「津田沼 ザ・タワー」マンションギャラリー
    営業時間:平日10:00AM~5:00PM、土日祝10:00AM~6:00PM/定休日:水・木、第2・第3火曜日(祝日除く)
    ※0800で始まる電話番号は通話料無料です。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。
    ※お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えください。
  • スマートフォンから物件情報を見る
    画像

    スマートフォン版SUUMOでも、この物件情報や地図を見ることができます。

【67717167】津田沼 ザ・タワー
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る