"20200330012159:H:0" "20200330012159:H:0" "20200330012159:H:0"
プラウドタワー栄 (取材レポート)
SUUMO(スーモ)新築マンションのプラウドタワー栄の取材レポート情報です。

新時代Nagoyaへ先駆ける、プラウド。期待の先へ

1
2010~2018年 名古屋市内供給実績1位を4度獲得、「プラウドが選ばれ続けている理由」
徹底した立地の選定から、安心のアフターまで。「製販管の一貫体制」がファンを呼ぶ
  • プラウドタワー栄の取材レポート画像
    「住まいの都心回帰」の原点。納屋橋東地区第一種市街地再開発事業(2017年完了)約800m
    • プラウドタワー栄の取材レポート画像
      2010年からの9年間で計4度、名古屋市内の新築分譲マンション供給戸数1位を獲得※2
    • プラウドタワー栄の取材レポート画像
      プラウドならではの「独自の設計基準」「品質マニュアル」に基づく検査を実施※3
野村不動産名古屋支店住宅事業部長 阿部 裕介氏

プラウドブランド誕生から今日まで、主に営業、事業推進の立場からマンション事業を担ってきた阿部氏。組織強化が進む東海エリアのプラウドを牽引するキーパーソンの一人

2002年ブランド誕生以降、確かな地位を築いてきたプラウド。名古屋圏では2018年名古屋市内供給実績第1位を獲得している。
「なぜプラウドは選ばれ続けているのか」。名古屋のプラウドのキーパーソンの一人、阿部氏に話を伺った。

「最高の住まいをお届けする。それはブランド立ち上げ前から私達が目指してきた事です。ではプラウド誕生で何が変わったのか。それはお客様から寄せられる期待と信頼です。家族構成や暮らし方が変化する現代。その変化を肌で感じている販売現場の意見をコンスタントに吸い上げられるよう、製造・販売・管理を自社ルートで行う『製販管一貫体制』を構築しました。用地取得から徹底した調査を行い、街の歴史や環境などを活かせるか精査し、物件を計画するかの可否を判断しています」。

野村不動産は、社員の十人に一人が一級建築士の資格を持つ。商品企画は販売・設計担当を中心に街の佇まいを引き立たせる外観やディテールを熟考する。例えば、建物の色味や素材感を確かめるため彼らが工場へ足を運ぶことも珍しくない。植栽も同様に、自らの眼で樹木を選定し細かな位置調整にまで関わる。

ブランドそのものを評価し「プラウドがいい」と指名される。プラウドオーナーがプラウドを紹介し、購入に至る検討者は2015年~18年の4年間で150%増の900件を記録※4。「プラウドがプラウドを生み出す」。プラウドが選ばれ続けている理由の一端が垣間見られる。

業界の常識を覆した「NEXTPASS10」、「コストより顧客満足の追求」というブランド文化
  • プラウドタワー栄の取材レポート画像
    プラウドラウンジは物件の複数見学だけでなくオーナー同士の交流拠点になる※3
    • プラウドタワー栄の取材レポート画像
      「暮らせる都心」を掲げる、環境を活かしたプランニングが大きな魅力/ラシック※5
    • プラウドタワー栄の取材レポート画像
      通常2年の住宅設備機器に対する不具合修理を10年に延長「ネクストパス10」(説明図)
「住んでからもずっといい」ブランド、その期待の先へ

「用地取得力」と「商品企画力」をベースに、街の価値をも高めるプロジェクトを輩出。世代を問わない暮らしやすさの追求は、都心でその真価が発揮されている/プラウドロゴ

「プラウドを言い換えるなら、『顧客満足度の追求』に尽きると思います。街の価値、建物の価値を高めるために効率を追うことはしない、贅沢ともいえる計画。用地取得に始まり、お客様の入居後に至るまで、永続的にブランドを背負い続けていくことへの覚悟。それがプラウドに課せられた使命だと思っています」。

「顧客満足度の追求」、こうした姿勢はプラウドの文化であり歴史といえるだろう。それはモノづくりだけではなく、アフターサービスの充実にも見ることができる。

「『NEXTPASS10』は業界の常識を打ち破ったプラウドらしいサービスです。通常2年の住宅設備機器に対する不具合修理を、10年にまで延ばしたものです。収益だけを求めるなら必要ないサービスかもしれません。しかし、入居から専有部で不具合が起きるのは2年間のアフターサービス期間を過ぎてからの方が多い。そこで私たちは住宅設備機器の10年保証へと踏み切りました。目先の損益ではなく、住んでよかったという信頼関係を築くことこそがブランドの財産になると考えています。名古屋のお客様の高い要望に応えうる、暮らす人が誇れるような住まいをこれからも創り続けたいと考えています」。

暮らす人の期待が育てたブランド。しかし、その期待に終わりはないだろう。「住んでからも、ずっといい」。顧客満足度の追求という、その果てしない山を登り続けるプラウドのこれからに、さらなる期待を寄せたい。

2
日本経済を支える都心へ。名古屋の都心部はいま、かつてない進化を遂げている
「東京と名古屋が日本経済の2トップになる時代へ」論説:住宅評論家 高嶋 建太郎氏
  • プラウドタワー栄の取材レポート画像
    リニアを契機とした大規模再開発で、名古屋駅は「スーパーターミナル」発展に期待※6
    • プラウドタワー栄の取材レポート画像
      国内外の企業の名駅への集積が始まっている/名駅地区オフィス延床面積推移グラフ※7
    • プラウドタワー栄の取材レポート画像
      インバウンド効果により名古屋市中心部30以上のホテルが開業、6000室以上供給予想※8
首都圏と名古屋圏約4600万人規模の世界的都市圏を形成

品川-名古屋間が約40分で繋がる事は、都心からの時間的距離で見ると横浜、八王子、さいたま市、つくばなどと同じ距離感に名古屋が位置することになる/リニア・鉄道館※10

「現在、『名古屋』駅周辺では開業9日間で来場100万人を突破した『JRゲートタワー』をはじめとした商業ビルの建設ラッシュが続いています。また、『オフィス延床面積推移』は2005年からの13年間で193%を記録。JR名古屋駅の1日平均乗降客数も2011年からの5年間で約3万9600人増加※9。ビジネス・商業機能の都心部集中が加速しています。

栄エリアでは『久屋大通公園』の整備運営事業が進行中です。地下鉄伏見駅エキナカ再開発事業などのインフラ整備も進められています。さらに、中日ビルや丸栄を例に、栄のランドマークを担ってきた建物が更新の時期に差し掛かっています。今後、大規模商業施設や高層ビル群などの建設が加速し、『名駅・栄の一大都市圏』として整備されるでしょう。

中部国際空港によるインバウンド効果も期待されています。同空港の外国人旅客数推移は右肩上がりで、2020年までに名古屋市中心部で少なくとも30以上のホテルが開業し、6000室以上が供給と予想されています。商業・観光・住まいの都心回帰。限られた土地だからこそ『リニア開業を見据えた住まい選び』は重要度を増しています。

今後の名古屋は、首都圏と日本経済の両輪を担い、2都市あわせて約4600万人規模の経済圏として世界でも有数の巨大都市圏となることが期待されます。その可能性を考慮すれば、東京にマンションを購入する事と肩を並べる価値が生まれる。そう期待せずにはいられません」。

未体験の都心に、住まいを持つ。先を見据えた人生設計を託せる、誇りのブランドとして
  • 「『激動の名古屋』で、プラウドの存在感が高まっています。野村不動産が手がけた『納屋橋東地区第一種市街地再開発事業』。29階建てマンション、スーパー、医療施設、大学施設が入居する『名古屋発展の象徴』として誕生しました。本事業を皮切りにプラウドは名駅・栄エリアに続々と物件を輩出、成功に導いています」。

  • 「都心での実績は『製販管一貫体制』が強みの同社にとってまさに原動力。成功体験がスピーディーにフィードバックされ、さらなる良質な物件を生み出していく好循環。注目の都心に、今こそ住まいを持つ。先を見据えた人生設計を託せるブランドとして、今後も都心に続々と計画予定の『都心・プラウド』から目を離せません」。

プラウドタワー栄の取材レポート画像
名古屋駅エリア周辺、および栄エリア周辺、エリア概念図※11
3
名古屋「栄」エリア初・最高層23階免震タワーレジデンス「プラウドタワー栄」、誕生
地下鉄「栄」駅徒歩6分、発展著しい栄のセンターポジション。都心居住の象徴的存在に
栄エリア最高層タワーレジデンス「プラウドタワー栄」
リニア開業を控え開発が加速する栄エリア。商業と文化の中心地に同エリア最高層23階となる免震タワーレジデンス誕生。プラウドが提案する都心居住の理想形/外観完成予想図
  • 角住戸率86.4%、内廊下・二重床の充実仕様

    名古屋都心部の将来性と「住まいの都心回帰」の流れ。こうした期待の高まりに呼応するべく、「プラウドタワー栄」が満を持して誕生する。

    名古屋「栄」エリア初となる、20階超の免震タワーマンション。地下鉄東山線・名城線「栄」駅徒歩6分という駅近立地で、徒歩8分以内に百貨店が10か所点在する、まさに栄エリアのセンターポジションだ。栄交差点から500m圏内で20階以上の新築分譲マンションプロジェクトは「プラウドタワー栄」のみ※12。都心のランドマークとなるにふさわしい住まいとするべく「角住戸率86.4%」「内廊下設計・二重床採用」「防災倉庫全戸完備」などの充実の設備・仕様を実現しているのも見逃せないポイントだろう。

  • 都心に住まいを求める人の指標となる存在へ

    不動産業界においては、運用面を踏まえると将来的な価値を見据えた段階での購入も視野に入れたいもの。「プラウドタワー栄」の『栄エリア最高層、23階免震タワーレジデンス』という価値。日本経済の中心地としての期待を担う名古屋都心部のランドマークとなりえる物件の可能性の観点からも、まさに今が検討のタイミングかもしれない。

    そして、都心生活において安心で安全、誇らしく暮らせる環境があるかというテーマを追求した、まさに「プラウドらしいプラウド」でもある。
    (都心居住のあらたな指標となる住まい「プラウドタワー栄」の詳細な情報は、「プラウドラウンジ名古屋」にお越しいただくか、資料請求にてご確認ください※13)。

2019年7月、プラウドラウンジ名古屋誕生。丸の内に行けば、都心プラウドの今が分かる
    • プラウドタワー栄の取材レポート画像
      来場者への対応はもちろん、オーナーへの手厚いサービスも実施※14
    • プラウドタワー栄の取材レポート画像
      都心物件モデルルームを集約。一度で複数のモデルルームの見学が可能(キッチン同仕様)
都心物件を一挙に確認できる総合マンションギャラリー

名古屋都心物件のモデルルームや情報を集約しているので、それらをまとめて確認できる。オーナー向けの多彩なサービスも実施。ブランドの取り組みや雰囲気も体感できる※15

名古屋都心部における「職住近接」「住まいの都心回帰」の流れ。こうした期待の高まりに呼応するべく、いよいよ「プラウドラウンジ名古屋」がオープンする。「プラウドラウンジ名古屋」では、野村不動産が展開する都心エリア物件のモデルルームを集約。一度で複数のモデルルームの見学が可能だ。専用タブレットによる映像や音声での物件案内のほか、3面シアターや大型タッチパネルによる眺望シミュレーターの操作など、初めて来訪する人でもスムーズで分かりやすく見学できる環境が整っている。

さらに、住宅検討者だけではなく、野村不動産グループカスタマークラブ会員に向けた各種セミナーや、住まいに関する相談事に対応できる様々なサービスを展開していく予定だ。
また、プラウドのオーナーであれば、気軽に立ち寄れる「オーナーズカフェ」を設置。ドリンク類が無料で提供される。1歳以上のお子様はキッズルームでお預かりすることも可能。おむつ替え室、授乳室も完備している。単なるモデルルームとしてではなく、ホテルのラウンジのように気軽に利用できる場所であり、プラウドとユーザーのリアルな接点としての活躍も期待されている。

都心に住まいを検討している人なら、一度は訪れて欲しい「プラウドラウンジ名古屋」。買い物や用事のついでに立ち寄ってみてはいかがだろう。

物件エントリー受付中

資料請求エントリー後に専用サイトへのご案内状を送付させて頂きます

※1:現地付近を2017年5月に撮影した空撮写真※2:株式会社マドロス調べ※3:プラウドラウンジ名古屋(約2.2km)※4:自社調べ※5:ラシック(約360m)※6:「名古屋」駅上空から撮影(2015年5月)※7:名駅ビジネス地区(名駅・伏見・丸の内・栄)三鬼商事HP調べ(2017年現在)※8:出典/法務省「出入国管理統計」※9:出典「名古屋市統計年鑑」※10:リニア・鉄道館(約21.9km)※11:掲載の内容は2019年3月現在のものです。「名古屋市ホームページ」の内容をもとに作成しています※12:過去40年(1979年~2018年)で栄交差点より500m圏内で最高層、初となります。(株式会社DGコミュニケーションズ調べ)※13:物件エントリーサイトのURLをお送りさせて頂きます。※14:プラウドラウンジ名古屋完成予想図 ※15:image

※久屋大通公園再開発事業:名古屋市の「栄地区グランドビジョン―さかえ魅力向上方針―」により、久屋大通公園(北エリア・テレビ塔エリア)整備運営事業が事業決定済み。2038年事業完了予定
※地下鉄伏見駅エキナカ再開発事業:伏見駅ナカ商業施設「ヨリマチFUSHIMI」2019年12月開業予定
※「NEXTPASS10」住宅設備機器(ガスコンロ、給湯器、床暖房ほか)対象部位に不具合が発生した場合、出張修理・部品交換を実施。10年間は修理・交換無償、利用回数制限なし
※JRゲートタワー(名古屋駅前)名古屋市役所(約2.0km)松坂屋名古屋店(約230m)下園公園(約1.2km)四間道(約1.3km)名古屋城(約2.5km)栄交差点(約500m)中部国際空港セントレア(約46.2km)
※錦二丁目7番街区第一種市街地再開発事業:2018年8月権利変換計画認可、2019年3月施設建築物工事着手、2021年完了予定
※2027年、リニア中央新幹線開業予定

【この物件広告についての注釈】

※価格は物件の代金総額を表示しています。消費税が課税される場合は税込み価格を表示しており、10000円未満を切り上げている場合があります。

※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。

※「モデルルーム」とは、間取りや仕様・設備などを知ることができる施設全般を指し、それらの一部のみ展示している「サンプルルーム」や「ギャラリー」、「インフォメーションセンター」なども含みます。

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。

プラウドタワー栄 物件概要 第3期2次

所在地
愛知県名古屋市中区栄5丁目112番(地番)
地図を見る
交通 地下鉄東山線「栄」歩6分 総戸数 96戸
間取り 2LDK~3LDK 専有面積 67.12m2~77.87m2
価格
未定
入居時期 2021年5月下旬予定
販売スケジュール 2020年3月下旬販売開始予定

情報更新日:2020/3/25

お問い合わせ先

「プラウドラウンジ名古屋」

0800-831-4115 無料

お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えいただくとスムーズです。

営業時間:平日 11:00~18:00 土日祝 10:00~18:00

定休日:毎週水・木、毎月第2火曜日

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

※0800で始まる電話番号はご利用の電話サービスによりご利用できない場合があります。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。

【67718598】プラウドタワー栄
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る