"20220526080844:H:0" "20220526080844:H:0" "20220526080844:H:0"
プレミスト藤が丘 (取材レポート)
SUUMO(スーモ)新築マンションのプレミスト藤が丘の取材レポート情報です。

【専門家が解説】本プロジェクトで叶えられる暮らしとその魅力

1
【専門家が解説<1>】「生活の質を高めてくれる暮らし」が叶う、現地周辺の魅力
最寄駅の東山線始発駅『藤が丘』駅は自然豊かながら地下鉄乗降客数6位のターミナル駅
  • プレミスト藤が丘の取材レポート画像
    リニモ『藤が丘』駅前で撮影
    • プレミスト藤が丘の取材レポート画像
      名東区の世帯数の推移※3
    • プレミスト藤が丘の取材レポート画像
      地下鉄『藤が丘』駅の乗降者数の推移※4
住宅ジャーナリスト福岡由美氏(『藤が丘』駅前で撮影)

住宅ローンアドバイザー・FP技能士。東京と名古屋に拠点を置き、全国で取材を行う住宅ジャーナリストとして活躍中。女性のためのマンション購入セミナーなどの講師も務める

「コロナ禍における生活様式の変化を受けて「郊外居住志向」を持つ人が増え、東京では都心から郊外へ人口が流出する「初の転出超過」となったことが大きな話題になりました。しかし、そんなコロナ禍の影響を受けることなく、世帯数を増やし続けているのが名古屋市(※3)。中でも本物件が位置する名東区は、この10年間で世帯数が約5.8%増加しており、平均世帯人員2.14人(名古屋市平均2.06人)というデータからも「単身者より2人暮らしやファミリーが多く暮らしている区」であることがわかります(※3)。

その名東区内には、4つの地下鉄駅がありますが、市内主要エリアを直結する名古屋の大動脈・東山線の始発駅であり、東部丘陵線(リニモ)やバス路線網へとつながる重要な交通結節点に位置付けられているのが『藤が丘』駅。郊外立地の駅ながら、1日あたりの乗降客数は地下鉄全87駅中6位(※4)となっており、市内有数のターミナル駅として利用され続けています。

実は、『藤が丘』駅は筆者の実家からも近く、学生時代によく訪れていた街。春になると満開の桜が駅周辺を華やかに彩り、美しい並木道に沿ってカフェなどのショップが建ち並ぶ洗練された街並みは、今も昔も変わらない『藤が丘』の魅力です。駅を出て歩いているとワクワクする“街の楽しさ”こそ、多くの人が『藤が丘』駅に惹きつけられる理由なのではないでしょうか」

プレミスト藤が丘の取材レポート画像
[愛知県]住みたい自治体ランキング2020(リクルート調べ)
バランスの良い住環境が「名東区」の魅力

「愛知県全体の住みたい自治体ランキングで2020年には5位にランクインした名東区。その理由は、東山線を利用できる「都心直結の快適さ」と東名・名古屋高速などのインターが集積する「広域カーアクセスの利便性」、豊かな緑に囲まれた「郊外型の自然環境」など暮らしやすさのバランスが整っている点にあります。また、名東区は東部丘陵の高台、海抜約44m(※5)に位置していることも特徴のひとつです」

プレミスト藤が丘の取材レポート画像
[愛知県]住みたい街(駅)ランキング2020(リクルート調べ)
名古屋と豊田、どちらにも快適アクセス

「住みたい街(駅)ランキング6位の『藤が丘』駅の強みは東山線始発駅であること。朝のラッシュ時も座って通勤しやすく、始発列車は停車時間が長いため子ども連れ時も余裕を持ち乗車できます。『藤が丘』駅から栄駅は直通23分、名古屋駅は直通29分(※6)。多くの自動車関連企業が集まる豊田市にも東名高速を使えば快適(名古屋IC~豊田ICは車で約11分)。名古屋と豊田両方にアクセスしやすい『藤が丘』駅は魅力的な立地と考えられます」

2
【専門家が解説<2>】コロナ禍でテレワークが進む中、住まい環境に求める条件は?
テレワーク経験者約84%が「今後も継続したい」と回答。コロナ禍で住まい選びにも変化
  • 「新型コロナ禍を受けた『テレワーク×住まいの意識・実態調査』によると、コロナ禍における出勤制限を受けて会社員・公務員の約47%がテレワークを経験。その後も『テレワークを継続したい』と考えている人は約84%に上ることがわかりました。つまり、テレワークはコロナ禍だけの一時的な形態ではありません。多くの職場で

  • リモート環境が急速に整備されたことから、在宅勤務は今後も広く浸透し、継続されていくものと予想されています。そこで課題となるのが『住まいの在り方』です。これまでは『家族が安らぐ場所』であった住まいですが、そこに『働き、学び、休む』ための機能が求められるわけですから、当然住まい選びの条件も変わります」

プレミスト藤が丘の取材レポート画像
「テレワーク実施率の変化」※7
プレミスト藤が丘の取材レポート画像
「今後のテレワーク継続意向」※7
“本当に心地良い場所”が選ばれる傾向に

「同調査によると『今後住み替えたい住宅の希望条件』では『部屋数の多い家に住み替えたい(40%)』という間取りに関する要望のほか、『通勤利便性より周辺環境重視で住み替えたい(26%)』といった立地に関する要望が目立ち、テレワークの導入によって都心への通勤回数が減ったことで『駅から多少離れても“本当に心地良い”と思える場所でのびのびと暮らしたい』と考える子育てファミリーが増加傾向にあることがわかりました」

プレミスト藤が丘の取材レポート画像
「今後住み替えたい住宅の希望条件」※7
自然環境や買い物環境も整う本物件周辺

「そんな希望条件にフィットするのが本物件の周辺。特に本物件が位置する藤里町は、河津桜の並木道が続く香流川や緑豊かな『藤の木公園』など自然環境も豊か。駅からの帰り道には複数のスーパーが揃うほか、少し足を延ばせば『IKEA』や『イオンモール』で買い物を楽しむことも。何かと制約の多いコロナ禍でも“ご近所の心地良さ”を実感できる本物件周辺や『藤が丘』駅周辺は、今後の住まいのニーズにもマッチすると予想されます」

3
【専門家が解説<3>】大規模プロジェクトが提供してくれる価値
名東区最大(※1)。総開発面積1万4200m2超×総戸数360戸のビッグプロジェクト
  • 「本物件は緑地を設けた敷地面積1万4200m2超。パークフェイス、シーズンフェイス、ゲートフェイスの3工区に分かれた総戸数360戸という規模は、名東区・最大マンションプロジェクト(※1)となります。ちなみに既に街並みが成熟している地域の場合、広大なマンション用地を新たに取得することが難しく、名東区内では1995年以降

  • 総戸数100戸を超える大規模物件が登場する機会はありませんでした(※1)。しかし本物件はコミュニティセンターとして親しまれてきた『宿泊施設の跡地』を活用して誕生。本物件は、こうした条件を得て『藤が丘』駅徒歩圏に登場するマンションとなりました」

プレミスト藤が丘の取材レポート画像
外観完成予想イラスト※9
プレミスト藤が丘の取材レポート画像
外観完成予想CG(手前敷地:シーズンフェイス、奥敷地・建物:パークフェイス)※9
大規模マンションの多彩な共用機能にも注目

「マンションは建物の規模によって住み心地が異なり、本物件のような総戸数100戸を超える物件は『大規模マンション』と呼ばれます。大規模の魅力は『迫力ある外観デザイン』と、そのデザインによって育まれる『住まいのグレード感』。特に本物件では、緑地との一体感を演出する美しいランドスケープデザインが導入されていることも大きな特徴です」

プレミスト藤が丘の取材レポート画像
外観完成予想CG(手前敷地:ゲートフェイス、奥敷地・建物:シーズンフェイス)※9
カーライフも快適さが期待できます

「本物件は、東海3県の新築分譲マンションで初登場となるTSUTAYA BOOKSTORE監修『ブックライブラリー』(※8)を設置。テレワークは今後も継続見込みが高く、マンション内に快適なワークスペースがあれば業務効率も上がりそうです。また全邸分の自走式駐車場(平面・立体・EV充電器付)のほか、カーシェアリングも導入予定。快適なカーライフも期待できます」

「プレミスト藤が丘」の詳しい資料はこちらから

物件の最新の資料をお送りします。お気軽にご請求ください

簡単!約2分で完了
簡単!約2分で完了 以前にもチェックした物件です。まずは気軽に資料請求をしてみよう!

※SF=シーズンフェイス、GF=ゲートフェイス、PF=パークフェイス
※1 本物件(総戸数360戸:SF284戸・PF49戸・GF27戸)は、1995年以降の名古屋市名東区で最大戸数の新築分譲マンション(2022年3月時点/MRC調べ)
※2 左上から時計回りに藤の木公園(徒歩1分・約30m/PF、徒歩3分・約180m/SF、徒歩4分・約250m/GF)、藤が丘effe(徒歩13分・約1010m/GF、徒歩14分・約1080m/SF、徒歩16分・約1230m/PF)、イオンモール長久手(車で約12分・約4500m/GF、車で約12分・約4670m/PF、車で約12分・約4690m/SF)、清水屋藤ヶ丘店(徒歩3分・約190m/PF、徒歩3分・約230m/GF、徒歩4分・約260m/SF)、現地周辺の街並み(徒歩5分・約390m/SF、徒歩6分・約420m/GF、徒歩6分・約480m/PF)
※3 統計なごやweb版「区別人口の長期推移」(2021年10月時点)
※4 統計なごやweb版「市営地下鉄 各駅乗車人員の推移」(2022年3月時点)
※5 名古屋市公式ウェブサイトから引用
※6 地下鉄の所要時間は地下鉄東山線『藤が丘』駅より8時10分発(平日)の電車に乗った場合のもの
※7「新型コロナ禍を受けたテレワーク×住まいの意識・実態」調査(2020年5月時点/リクルート調べ)。「テレワーク実施中」の定義として全仕事時間の内、テレワークで実施している割合が0%より大きい(「テレワーク(リモートワーク)を実施していない」回答以外)回答者を集計
※8 東海3県(愛知県・岐阜県・三重県)で、初のTSUTAYA BOOKSTORE監修によるブックライブラリーを備えた新築分譲マンション(2022年3月時点/カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社調べ)
※9 掲載の各完成予想CG・イラストは設計図書を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なる場合があります。植栽は特定の季節の状況を想定して描いたものではありません。また、竣工時には各完成予想図程度には成長しておらず、形状・位置などは実際とは多少異なる場合があります。樹種は一部変更となる場合があります。外観形状の細部・設備機器などについては再現しておりません。

※施設距離 tori8 COFFEE(徒歩8分・約580m/GF、徒歩9分・約660m/SF、徒歩11分・約810m/PF)、香流川(徒歩2分・約110m/PF、徒歩4分・約260m/SF、徒歩5分・約330m/GF)、IKEA長久手(車で約15分・約6360m/PF、車で約15分・約6370m/SF、車で約15分・約6400m/GF)、東名高速道路「名古屋IC」入口(車で約9分・約2270m/GF、車で約9分・約2460m/PF、車で約9分・約2480m/SF)

【この物件広告についての注釈】

※価格は物件の代金総額を表示しています。消費税が課税される場合は税込み価格を表示しており、10000円未満を切り上げている場合があります。

※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。

※「モデルルーム」とは、間取りや仕様・設備などを知ることができる施設全般を指し、それらの一部のみ展示している「サンプルルーム」や「ギャラリー」、「インフォメーションセンター」なども含みます。

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。

プレミスト藤が丘 物件概要 シーズンフェイス

所在地
愛知県名古屋市名東区藤里町1601番 (SF)、1501番1(PF)、22番・23番(GF)(地番)
地図を見る
交通 地下鉄東山線「藤が丘」歩12分 総戸数 360戸(SF:284戸・PF:49戸・GF:27戸、別途管理室1戸、ゲストルーム1戸)
間取り 2LDK~4LDK 専有面積 63.44m2~91.12m2
価格
未定
入居時期 2024年3月下旬予定(SF・PF・GF)
販売スケジュール 2022年12月上旬販売開始予定

情報更新日:2022/5/25

お問い合わせ先

「プレミスト藤が丘」販売準備室

052-414-5903

お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えいただくとスムーズです。

営業時間:10:00AM~6:00PM

定休日:土・日曜日、祝日

※0800で始まる電話番号は無料です。また、ご利用の電話サービスによりご利用できない場合があります。予めご了承ください。

【67725749】プレミスト藤が丘
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る
簡単!約2分で完了
以前にもチェックした物件です 簡単!約2分で完了 まずは気軽に資料請求をしてみよう!