"20210928205949:H:0" "20210928205949:H:0" "20210928205949:H:0"
バンベール千種ザ・ファースト (取材レポート)

バンベール千種ザ・ファースト (取材レポート)

SUUMO(スーモ)新築マンションのバンベール千種ザ・ファーストの取材レポート情報です。

住宅専門家が歩いて解説。今、気になる街「千種」の魅力とは

バンベール千種ザ・ファーストの最新情報はこちら

資料請求をしていただいた方には、
『バンベール千種ザ・ファースト』の魅力がさらにわかる最新の資料をお送りいたします。
ぜひお気軽に下記ボタンよりご請求ください。
(画像は、地下鉄東山線「千種」駅5番出入口。徒歩2分/約110m)

簡単!約2分で完了
簡単!約2分で完了 以前にもチェックした物件です。まずは気軽に資料請求をしてみよう!
1
3駅3路線が利用可能&駅徒歩2分の立地だからこそ期待できる「資産価値」とは
最寄り駅から徒歩2分。3駅3路線が5分圏内に揃う、申し分ないアクセス利便。
  • バンベール千種ザ・ファーストの取材レポート画像
    JR中央本線「千種」駅(徒歩4分/約300m)
    • バンベール千種ザ・ファーストの取材レポート画像
      路線図
    • バンベール千種ザ・ファーストの取材レポート画像
      地下鉄「車道」駅3番出入口(徒歩5分/約390m)
福岡 由美氏(布池公園にて撮影。徒歩9分/約670m)

住宅ライターエージェント「株式会社ヒューズ・エンタープライズ」代表。
東京と名古屋に拠点を置き、全国で取材を行う住宅ジャーナリストとして活躍中。

「本物件のアドレスは『東区葵3丁目』。もともと葵一帯には約6万4000坪という広大な敷地が広がる『尾張徳川家の御下屋敷(おんしもやしき)』があったことから、徳川家の家紋の三つ葉葵にちなみ、『葵』という地名になったと伝えられています。※2

『栄』まで1.8km圏という都心立地ながら、大通りから一歩奥に入れば、緑豊かな公園や瀟洒な住宅地が広がっているのが葵エリアの魅力。“中心街の賑わいから一歩離れ、落ち着いて暮らせる都心”というイメージがあるため、シングル・ディンクスだけでなくファミリーからの住まいニーズも高いエリアです。

現地は地下鉄東山線『千種』駅から徒歩2分、JR『千種』駅から徒歩4分。さらに、地下鉄桜通線『車道』駅も徒歩5分の近さにあるため"3駅3路線の利用"が可能となります。マンション業界では、一般的に駅徒歩5分以内の立地が“駅近物件”として評価されますが、本物件の場合は徒歩圏にある3駅すべてが駅近となる『トリプル駅近立地』。この点は、東海エリアのマンションマーケットにおいて、なかなか出会う機会のない魅力的な立地条件と言えます。

なお、名古屋の大動脈である『地下鉄東山線』に加えて『JR』も利用できる駅というのは、名古屋市内で名古屋駅・千種駅・八田駅の3駅だけですから、市内だけでなく東海圏への広域移動が多いビジネスパーソンにとっても、アクセス利便を実感できる生活ステージとなるでしょう。」

バンベール千種ザ・ファーストの取材レポート画像
「名古屋市内中古マンション 徒歩分数別リセールバリュー」※3
駅近物件に見るリセールバリュー

「マンションは"住まい"であると同時に大切な"資産"でもあるため、その価値を客観的に分析しておく必要があります。その指標の一つが『リセールバリュー(RV)』です。RVとは"新築マンションの0~10年後の中古市場における流通価格"を数値化したもの。グラフから、駅徒歩1~2分のRVは109%で、新築時より数値が上回っていることがわかります。」
※既存物件の調査であり当物件の今後の価格変動を保証・予想するものではありません

バンベール千種ザ・ファーストの取材レポート画像
地下鉄東山線「千種」駅5番出入口(徒歩2分/約110m)
将来を考えた住宅検討

「リセールバリューの数値が高い条件を備えたマンションを購入すれば、将来ライフステージが変化して『地元へ引っ越したい』『もう少し広い(または狭い)部屋へ住み替えたい』というシチュエーションを迎えたとしても、売却や住み替えの検討がスムーズに行えます。“豊かな未来につながるマンションを選ぶ”という視点からも、RVはぜひ参考にしたい指標です。」

2
周辺の買い物環境も充実。閑静な葵エリアの住環境がすぐそばに。
      • バンベール千種ザ・ファーストの取材レポート画像
        バロー車道店(徒歩3分/約240m)
      • バンベール千種ザ・ファーストの取材レポート画像
        イオンタウン千種(徒歩14分/約1,090m)
      • バンベール千種ザ・ファーストの取材レポート画像
        セブン・イレブン名古屋葵3丁目店(徒歩1分/約10m)
      • バンベール千種ザ・ファーストの取材レポート画像
        FIT HOUSE名古屋千種店(徒歩2分/約110m)
  • 平日の買い物にも便利な環境

    「都心にはお手頃なスーパーが少ない、というイメージをお持ちの方が多いかもしれません。実は『千種』駅周辺は、都心立地ながら日常使いできるスーパーが充実しているエリア。現地から徒歩3分の場所には、夜22時まで営業の『バロー車道店』があるため、ご近所で日常の買い物を済ませることができますし、自転車で約6分の『イオンタウン千種』には、24時間営業のマックスバリュグランドもあります。

    マックスバリュグランドというのは通常よりも品揃えが豊富な店舗だけに名付けられる名称で、全国でも数か所しかありません。フロア内には処方箋薬局も入っているため、食材、薬、日用品、酒類まで主な買い物はワンフロアで完結します。」

  • バンベール千種ザ・ファーストの取材レポート画像
    布池公園(徒歩9分/約670m)
    • バンベール千種ザ・ファーストの取材レポート画像
      市立葵小学校(徒歩12分/約950m)
    • バンベール千種ザ・ファーストの取材レポート画像
      布池公園(徒歩9分/約670m)
    ライフステージの変化を見据えた暮らし方

    「ステイホームの時間が増えたことにより、『公園や緑地が近くにあるところに暮らしたい』という要望をよく耳にするようになりました。“身近な風景の中に緑を感じる住環境”は、ウィズコロナの暮らしにおいて大切な住まい選びの条件と言えます。

    静寂と緑に包まれた『布池公園』までは徒歩9分。2本の尖塔でお馴染みの『布池教会』は夜のライトアップ風景も美しく、健康づくりをかねて、ナイトウォーキングに出かけたくなります※4。また、公園に隣接する『葵小学校』は、1907年開校という長い歴史を持つ小学校。公園や教育施設が徒歩圏内に揃っていることで、家族が増えた時も子育てのしやすさを実感できそうです。」

3
暮らすほどに誇らしい。お洒落なお店も充実の千種・葵エリア
お洒落なグルメスポットが続々と登場中
  • バンベール千種ザ・ファーストの取材レポート画像
    「こんな素敵なお店が近くにあると休日が楽しいですね」と話す福岡氏(茶縁にて撮影)
    • バンベール千種ザ・ファーストの取材レポート画像
      日本茶喫茶 茶縁(徒歩6分/約450m)
    • バンベール千種ザ・ファーストの取材レポート画像
      お店一押しの「抹茶の七福神」。日本茶喫茶 茶縁(徒歩6分/約450m)
日本茶喫茶 茶縁(徒歩6分/約450m)

お茶と抹茶スイーツの専門店。お茶専門店ならではの挽き立ての新鮮なお抹茶や、こだわりの手作りスイーツが自慢。

「葵2丁目~3丁目一帯では、2023年度の工事完了(予定)を目指して『葵土地区画整理事業』が進行中です※5。もともとこの一帯は戸建て住宅が密集したエリアで、東西を通り抜けるには『桜通』か『錦通』を使うしかなかったのですが、幅員16mの広い道路『布池町線』が開通することにより、葵街区内に新たな東西動線が生まれることになります。

こうした街の変化を受けて、葵エリアにはお洒落なカフェやレストランなど、グルメスポットが続々と登場中。今回お邪魔した『日本茶喫茶 茶縁』は、オトナ女子に人気の隠れ家的なカフェで、SNSで話題の『抹茶モンブラン』をはじめ、人気スイーツ7品を食べ比べできる『七福神』、ワイングラスでいただく『冷たいほうじ茶』など、美味しく写真映えする日本茶メニューが充実しています。コロナ禍で人ごみに出かけるのが億劫になっている今、栄や名駅方面まで出かけなくても“地元に居心地の良いカフェがある”という点は暮らしの心地良さにつながるポイントです。

これは筆者が取材経験上実感していることですが、美味しいグルメスポットやお洒落な店舗のニューオープンが続くエリアというのは、これまでその街のことを知らなかった人たちの関心が集まることで注目度が高まり、同時に住まいニーズも高まっていく傾向にあります。新しく街の整備が進められている『葵3丁目』も同様で、今後の『住まいの価値ののびしろ』にも期待が持てそうです。」

バンベール千種ザ・ファーストの取材レポート画像
矢作地所株式会社 企業ロゴ
矢作地所が贈る市内分譲50周年プロジェクト

「本物件の設計・監理・施工を担当している『矢作建設工業』は、大手デベロッパーのマンション建設を多数請け負っている建設会社として知られ、東海エリアにおける新築分譲マンションの施工実績ナンバーワンを誇る地元建設会社でもあります※7。また、本物件の売主である『矢作地所』は、矢作建設工業グループの総合不動産会社として1967年に誕生。会社設立から半世紀を迎えました。」

バンベール千種ザ・ファーストの取材レポート画像
空撮写真(※6)
バンベールシリーズの集大成へ

「矢作地所の本社が所在するのは東区葵3丁目。つまり、本物件は“矢作建設工業グループのお膝元”に誕生するマンションであり『名古屋市内分譲50周年プロジェクト』と銘打って登場するビッグプロジェクトとなります※8。《ザ・ファースト》という物件名からも、同社の並々ならぬ意気込みが感じられる本物件。バンベールシリーズの集大成として、どのようなマンションが誕生するのか?2023年2月下旬の竣工が今から楽しみです。」※9

バンベール千種ザ・ファーストの最新情報はこちら

資料請求をしていただいた方には、
『バンベール千種ザ・ファースト』の魅力がさらにわかる最新の資料をお送りいたします。
ぜひお気軽に下記ボタンよりご請求ください。
(画像は、地下鉄東山線「千種」駅5番出入口。徒歩2分/約110m)

簡単!約2分で完了
簡単!約2分で完了 以前にもチェックした物件です。まずは気軽に資料請求をしてみよう!

※1布池教会にて撮影/約760m 右側、上からおさかなろく/約370m BISTRO DIA/約360m 茶縁/約450m 
※2:名古屋市教育委員会の標札より引用
※3:抽出条件:2019年1月~2021年5月に流通した、当時築0~10年の中古物件。エリアは名古屋市全域。リセールバリューとは過去に分譲された新築マンションが、現在、中古物件として当時と比較してどのくらいの価格水準で流通しているのかを示す指標。株式会社マーキュリー サマリネット調べ
※4:布池教会(約760m)
※5:葵土地区画整理事業より
※6:2021年4月撮影の空撮写真に現地等をCG合成・加工したもので、実際とは多少異なります。光の柱は物件の位置を示すためのものであり、建物の高さや規模を示すものではありません
※7:東海3県での分譲マンション施工実績(戸数)が2000年から2019年の期間でNo.1(サマリネット調べ)
※8:矢作地所は2023年に名古屋市内で分譲50周年を迎えます
※9:2023年2月下旬竣工(予定)

【この物件広告についての注釈】

※価格は物件の代金総額を表示しています。消費税が課税される場合は税込み価格を表示しており、10000円未満を切り上げている場合があります。

※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。

※「モデルルーム」とは、間取りや仕様・設備などを知ることができる施設全般を指し、それらの一部のみ展示している「サンプルルーム」や「ギャラリー」、「インフォメーションセンター」なども含みます。

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。

バンベール千種ザ・ファースト 物件概要

所在地
愛知県名古屋市東区葵3-2201番1(地番)
地図を見る
交通 地下鉄東山線「千種」歩2分 総戸数 85戸
間取り 2LDK~3LDK 専有面積 58.18m2~73.18m2
価格
未定
入居時期 2023年3月下旬予定
販売スケジュール 2021年10月下旬より販売開始予定

情報更新日:2021/9/25

お問い合わせ先

「バンベール千種ザ・ファースト」販売準備室

0800-832-7987 無料

お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えいただくとスムーズです。

営業時間:10:00~18:00

定休日:火・水曜日

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

※0800で始まる電話番号は無料です。また、ご利用の電話サービスによりご利用できない場合があります。予めご了承ください。

【67723094】バンベール千種ザ・ファースト
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る
簡単!約2分で完了
以前にもチェックした物件です 簡単!約2分で完了 まずは気軽に資料請求をしてみよう!