安全安心と極上ビュー、暮らしやすさも手に入る中央区晴海のタワーライフ

ザ・パークハウス 晴海タワーズ クロノレジデンスの外観

晴海通りを背にして外観を撮影。手前がクロノレジデンス。後ろがティアロレジデンス、さらにその奥がパークタワー晴海
物件名:
ザ・パークハウス 晴海タワーズ クロノレジデンス
所在地:
東京都中央区
竣工年:
2013年
総戸数:
883戸

運河沿いでも中央区内で最も浸水リスクが低い理由

「東京都中央区」の街といえば、多くの人が、まず「銀座」を連想するだろう。歴史ある名店や有名海外ブランドの旗艦店、大規模商業施設、老舗百貨店などが集積し、中央区はもちろん、全国的にも高い知名度を誇る華やかな街だ。

そして、銀座のメインストリートのひとつ、晴海通りを海に向かうと街の表情はどんどん変わっていく。築地市場跡地を過ぎ、勝どき橋を渡るとタワーマンションが増え始め、「暮らす街・中央区」の様相が濃くなっていくのだ。

今回紹介する、ザ・パークハウス 晴海タワーズ クロノレジデンスがあるのは、銀座四丁目の交差点から、車やバス、自転車などで10数分、歩いても30~40分の場所にある中央区東南の端。晴海運河に面した晴海2丁目だ。隣には、同じザ・パークハウス 晴海タワーズでツインの関係にある「ティアロレジデンス」が立っている。

クロノレジデンスのエントランス

エントランス。クロノレジデンス、ティアロレジデンスを合わせた約2万9800m²の敷地のうち4割以上が緑化されている。土曜日だったこの日は多くの子どもたちが遊んでいた。周囲はすべて無電柱でスッキリした雰囲気

クロノレジデンスのエントランスホール

エントランスホールは2層吹抜け。壁面はライムストーン、床には御影石が使われている

「やはり、銀座への近さはこのマンションの大きな魅力です。晴海通りに出れば、銀座を経由して東京駅の丸の内口に向かうバスがほぼ5分間隔で走っていますし、ほかに虎ノ門、新橋方面に直通の東京BRTの発着所がマンションの目に前にありますから。 ただ、運河沿いの立地というと、水害のリスクが高いのでは?と思われがちです。しかし、このあたりは約5m嵩上げされており、その上、高さ約15mの堤防によって防潮護岸も行われている。実は浸水被害のリスクは低いんですよ」(堀江理事長)

実際、中央区が発行している2種類の洪水ハザードマップ(荒川版と隅田川・神田川・日本橋川版)を見てみると、いずれの版においても、マンションが立っている場所は浸水の危険がないエリアに色分けされており、区内では最も安全な場所のひとつだった。

晴海トリトンスクエア付近の晴海通りの写真

晴海トリトンスクエア付近の晴海通り。タワマンが次々に登場し、人口が急増している。路線バスがひっきりなしに走っており、確かにバス移動の利便性は良さそうだ

マンションのすぐ前の広大な晴海運河の写真

マンションのすぐ前は幅約470mの広大な晴海運河。運河沿いには晴海臨海公園が整備されている。対岸はいまも再開発が続く豊洲の街並み

また、水害だけでなく、地震に対する強さも特徴だ。
「新築でここを購入する前は、東雲のタワーマンションに住んでいました。こちらに買い替えた大きな理由のひとつが免震構造を採用していたことです。2011年に東日本大震災を経験し、もっと地震や災害に強いマンションに住みたい、と新たな物件を探していたところ、このマンションの情報を知ったんです」(末澤副理事長)

「免震構造」は、建物と基礎の間に、積層ゴムなどの免震層を設け、地震の揺れが直接建物に伝わらないようにした構造だ。 建物は地盤の揺れに追随しないため、揺れは緩やかになり、建物はほとんど損傷を受けない。

「以前のマンションは、建物の強度を高めることで地震の揺れに耐える『耐震構造』でした。私がここで暮らし始めてからも大きな地震は何度か起きていますが、ともすれば地震の発生に気が付かないこともあるくらいです」(末澤さん)

クロノレジデンスの理事のお二人の写真

取材に答えていただいた末澤副理事長(左)と堀江理事長

ちなみにこのクロノレジデンスは、ティアロレジデンスとともに、免震構造マンションとして都内初の長期優良住宅に認定された。長期にわたり良好な状態で使用するための構造や設備が採用された優良な住宅であり、住宅ローン控除や住宅ローンが低金利で借りられるなど、さまざまな税制上のメリットがある。このことも手伝って、第1期320戸の販売時には最高倍率5倍もの人気を集め、大きな話題になった。

季節、時間帯で刻々と変化するからこその「絶景」

安全安心に暮らせるのもさることながら、デザインも注目すべきポイントだ。
外観、エントランスホール、ランドスケープを手掛けたのは、隣のティアロレジデンスと同じ、建築家のリチャード・マイヤー氏。デザインコンセプトは織り布がモチーフで、バルコニー手すりの上下に設けられた格子状のスクリーンと、背面のガラス面が特徴だ。「マイヤーホワイト」と呼ばれる白い外壁もインパクトがある。

「私は以前、同じ湾岸エリアの辰巳のマンションの9階に住んでいました。ここはデザインが本当に素晴らしく、自慢できるマンションですね。自宅は35階でレインボーブリッジ方面の絶景を見ることができます。
こちらで暮らし始めてからは、友人や同僚を招いてのホームパーティーを開くことが楽しみに。コロナ禍が落ち着いたら、またパーティーをして収束を祝いたいと思っています」(堀江さん)

堀江さんがこのマンションの住人となって、今年で7年。眺めに飽きてしまうことはないでしょうか?と不躾な質問をしてみると、

「いえいえ、季節による空気の澄み方や、同じ1日でも朝、夕、夜の光の具合など、刻々と景色は変わっていくのでまったく飽きません。また、湾岸は開発がどんどん進んでいろんな施設やマンションが増えていますので、街並みも変化していきますしね。もっと都心に寄った立地の高層マンションでも、それなりに眺望は愉しめると思いますが、運河が眼前に広がる、圧倒的な開放感のある眺めは湾岸エリアでしか味わえない。ですので、辰巳から住み替える時も、湾岸以外の選択肢はありませんでした」(堀江さん)

クロノレジデンスの住戸からの眺望の写真

35階の堀江さん宅からレインボーブリッジ方面を望む。東京五輪選手村建設前に撮影したもの。夕方から夜にかけての短い薄暮の時間しか拝めない「マジックアワー」の絶景(写真提供/堀江さん)

末澤さんの以前の住まいは東雲。堀江さん同様に湾岸エリア在住歴が長い。

「東雲で暮らし始めたころは、まだ近隣に商業施設などはあまり整っていませんでしたが、2006年にららぽーと豊洲が完成したあたりから、豊洲、東雲、晴海とどんどん商業施設やオフィス、ホテルなどがつくられるようになり、暮らしの利便性、にぎわいなどが飛躍的に向上したと思います。ここ2~3年は豊洲市場や東京五輪関連のスポーツ施設、大規模商業施設の有明ガーデンもできて、拍車がかかっている感がありますね。
私の趣味は映画鑑賞と水泳なのですが、ららぽーと豊洲内の12スクリーンもあるユナイテッド・シネマ豊洲と、ドゥ・スポーツプラザ豊洲の2カ所で事足りるのでとても助かっています。普段の買い物も、ららぽーと豊洲のフードストアあおきや成城石井、東雲の24時間営業のイオン、晴海トリトンスクエア内のマルエツなど、かなり選択肢が豊富ですし、品ぞろえも充実しています。そんなわけでほとんどの用事が近隣で済んでしまうのは、このマンションの魅力ですね。たまに、高級品を買ったり、食事したりしたければ、サッと銀座に行けばいいですし」(末澤さん)

クロノレジデンスの住戸から見える富士山の写真

40階の末澤さん宅から見た富士山、丹沢山地方面の絶景。特に空気がクリアになる冬場が素晴らしいそうだ。「富士山が好きなので、その方角に窓がある高層階の住戸を選びました」(写真提供/末澤さん)

スケールメリットを活かした多彩な共用施設も人気

クロノレジデンスは総戸数883戸の大規模マンション。スケールメリットを活かした共用施設の充実ぶりも特筆できる。

「30階のクロノラウンジは週に3回バーテンダーによるお酒のサービスもあって人気です(緊急事態宣言中は休止)。ラウンジとは別に個室が2室あり、そちらではよりプライベートに景色を愉しむことができます。
また、30階に2室、2階に1室と計3種類あるゲストルームも高い稼働率を誇る人気施設ですね」(堀江さん)

クロノレジデンス30階にあるクロノラウンジ

30階の共用施設、クロノラウンジ。週3回、バーテンダーが写真中央のカウンターでお酒を提供する

クロノラウンジからの都心方面の眺望の写真

クロノラウンジからは都心方面の絶景も愉しめる

クロノレジデンスのゲストルーム「WHITE STYLE」の写真

30階のゲストルーム「WHITE STYLE」

クロノレジデンスのゲストルーム「LUXURY SUITE」の写真

同じく30階のゲストルーム「LUXURY SUITE」

ほかにも、晴海運河に面したプライベートルーフテラスや、それに連なるカフェラウンジ、フィットネスルーム、キッズルーム、料理教室も開けるキッチン&パーティースタジオなどもあり、いずれもテレワークや住人同士の交流、子どもたちの遊び場として使われている。

クロノレジデンスのプライベートルーフテラスの写真

2階には住人専用のプライベートルーフテラスが

クロノレジデンスのカフェラウンジの写真

プライベートルーフテラスに連なるカフェラウンジ。コーヒーやパン、軽食もいただける

クロノレジデンスのキッズルームの写真

雨の日、乳幼児の遊び場として大活躍のキッズルーム

クロノレジデンスのフィットネスルームの写真

ランニングマシーンほか、機器が整っているフィットネスルーム

共働き、リモートワークに対応した「食のサービス」も好評

さらに、こうしたハードの充実ぶりに加えて、管理組合は新たなサービスの導入やイベントの開催にも積極的に取り組んでいる。

「月に1~2回、埼玉の所沢方面の農家さんに来ていただき、採れたての産直野菜が購入できるマルシェを開催しています。現在はコロナ禍で休止していますが、非常に評判が良かったため、状況が好転したらすぐに再開する予定です」(末澤さん)

コロナ禍に対応して、管理会社を介して始めた食関連のサービスも好評とのこと。

「2020年春に初めて緊急事態宣言が発令された時、丸の内のオフィス街で展開していたキッチンカーにマンション前に来てもらって、ランチの提供を始めました。オフィスワーカーが消え、お客さんを失っていたキッチンカーの店主さんと、在宅勤務の増加で自宅ランチの回数が増したマンション住人側のニーズが一致したことで実現しました。当初こそ、肉を焼く煙が出たことやメニューの偏りなどが指摘されましたが、少しずつ修整して、より魅力を高めています。
また、地域の生産者が販売する食材を出荷当日、新鮮な状態で受け取れるサービス、クックパッドマートも評判が良く、フル稼働状態ですね。受け取り用の冷蔵庫をマンション内に設置していて、特に共働きのファミリーなどに重宝されていると思います」(堀江さん)

クロノレジデンスの野菜マルシェの様子

新鮮で品ぞろえが充実している野菜マルシェ(写真提供/ザ・パークハウス 晴海タワーズ クロノレジデンス管理組合)

クロノレジデンス内のクックパッドマートの食品受取冷蔵庫の写真

クックパッドマートの食品受取冷蔵庫。都内でもトップクラスの売上とのこと

クロノレジデンスのコンシェルジュカウンターの写真

2階のコンシェルジュカウンター。住人をさまざまな面からサポートしてくれる

2021年1月の住民総会では、課題だった修繕積立金を、当初設定の段階繰り上げ方式から、均等積立方式に変更することが可決された。月々の支払い額は従前の約2.5倍になるという。確かに最初の出費は大きいが、この先徴収される積立金が値上がりすることがないのは、子育て中のファミリーが多いクロノレジデンスの住人にとって、大きな安心材料だろう。

「修繕積立金の変更に伴って、大規模修繕工事の周期を当初の12年から15年に延長しました。これによって、計算上、トータルの工事費を抑えられることも住人の皆さんに賛同いただけた要因だと思っています」(末澤さん)

マンションの充実したハードを維持する仕組みと、暮らしやすく、利便性の高い住環境が両立。これからも快適な晴海のタワー生活は続きそうだ。

※2021年のイベント開催、共用施設の使用は新型コロナウイルス感染症対策のため上記の通りではありません。今後の開催は未定です

構成・取材・文/保倉勝巳 撮影/中垣美沙

この物件の空室状況をみる

※物件の状況によって、空室情報がない場合もございます。