50〜99戸

歳月をかけて住民が育む“森に還る家”

森に抱かれたような自然あふれるヒルサイド久末での暮らし。「斜面の魔術師」と呼ばれた建築家・井出共治氏の思いと共に、この独創的なマンションの内部や植栽の管理について紹介します。

都心にたたずむ御神木×マンション 樹齢600年超の大クスノキと暮す

樹齢600年を超える大クスノキが寄り添う、パークハウス楠郷臺の暮らし。強固な本郷台地に建ち、耐震性にも配慮された中で、御神木の大クスノキに見守られながら心穏やかな毎日を過ごす。

マンション+街並みも!世界的建築家・安藤忠雄に包まれる空間ができるまで

安藤忠雄が設計したシティハウス仙川の暮らし。「安藤ストリート」と呼ばれる道には、安藤建築が他に5棟集積しており、ファンにはたまらない景観がつくり出されています。

大使館と大使公邸がひとつ屋根の下に! 特別な住まいならではの住み心地とは?

大使館・大使公邸と一体化したルクセンブルグハウスの暮らし。物件名に国名を冠していたり、大使公邸でのパーティーに住民が招かれることがあったり、その特別感が魅力的なマンションだ。

逗子の丘で、船上のように暮らす

丘の上の豪華客船、シーサイドコート逗子望洋邸での暮らし。建物のコンセプトは「緑に浮かぶ白い客船」。逗子の海に面した小高い丘の上に立ち、海沿いから見上げると、木々の緑の中にぽっかりと浮かんで見える。デザインから海との生活まで、すべてが船さな…