"20191017203426:H:0" "20191017203426:H:0" "20191017203426:H:0"

不動産会社ガイド

ワールド・エステート

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

ワールド・エステート

自社分譲ブランド「ディモア」シリーズを展開するワールド・エステート。「ディモア阿倍野昭和町」外観完成予想図(2018年分譲済)

販売代理・自社分譲など不動産のフィールドでチャレンジし続ける、少数精鋭のスペシャル集団

時代と共に変化する不動産業界。その中で、一つひとつのプロジェクトに取り組む社員の情熱を力に、多岐にわたり活躍しているワールド・エステート。とにかく大切にしているのは、コミュニケーションだ。事業主とお客様に真正面から向き合い、見えないニーズや価値を“見える形”にして伝えることで、双方にとっての最適を創り上げ、立地・価格などの条件に左右されない安定した販売力で、さらに上を目指す。

コミュニケーションを大切にする企業姿勢で、プロジェクトのポテンシャルを引き出す

ワールド・エステートのメンバー

ひとつひとつのプロジェクトに、スタッフ全員が情熱と真摯な態度を持って取り組む

モデルルームに迎えるお客様は年間5000人以上。明確な購入動機を持っていない方も少なくない。お客様の潜在的なニーズを引き出すことはできないと考え、契約された方だけでなく購入に至らなかった方の声にも耳を傾け、入念にデータを収集し、細やかに分析。さらにマーケットでは入手できない、来場に至らない方や近隣住民の方々の声も収集するため、出向いてヒアリングを重ねる。コミュニケーションを得意とする同社ならではのアプローチだ。こうして得た情報は商品企画や販売に活かされている。

↑ページの先頭へ戻る

販売代理×自社分譲で積み重ねた経験で、お客様の夢に応える

同社の事業体制説明図

お客様目線で、事業主と住まう方、双方にとって満足いく住まいの提供に力を注ぐ

同社の基軸は販売事業であるが、販売代理事業と自社分譲の双方向から取り組むことが成長の要であり、多種多彩なプロジェクトにかかわる全社員の経験値がチームの力になる。自社分譲事業「ディモア」シリーズでは販売での経験から知りえたお客様の声を活かした商品づくりが可能になり、販売代理事業では自社分譲で培った経験を活かして、企画・開発の段階から関わり、プロジェクトを成功へと導く。販売代理事業においては関西で新規分譲マンション供給戸数の上位に名前を連ねる事業主から多大な信頼を得ているのも頷ける。

↑ページの先頭へ戻る

販売代理事業・自社分譲事業で実績を積み重ね、近畿圏で101棟5809戸を販売

販売実績一覧(一部、自社分譲物件・販売受託物件)

徹底したお客様目線で、最適な暮らし・人生へと導く

マンション販売事業を中心に、自社分譲9棟を含み101棟5809戸を完売へと導いてきた同社(2018年12月時点)。
しかし「数字は単なる結果で、重要なのはそこに至るまでのプロセス。数字には表れない社員全員の取り組みにこそ意味がある」と代表の石原氏は語る。
販売代理事業・自社分譲を問わず、同社のこだわりは「徹底したお客様目線」。企画・設計から販売、引き渡しまであらゆるシーンで、お客様視点で考えたコミュニケーション手段を社員一人ひとりが持ち合わせている。

↑ページの先頭へ戻る

よりよい暮らしを提供することで、事業主とお客さまのベストマッチが生まれる

「ローレルコート千里桃山台」完成予想図
(販売代理物件、事業主/近鉄不動産。2014年分譲済)

立地を点で捉えるのではなく、その街での暮らしという観点で、新たな価値を探る

住まう方々の将来にわたるあらゆる満足感に対応した住宅を提供するために、物件が位置する土地のポテンシャルやエリアでの資産価値の展望、住んでからの暮らしに役立つエリア情報など、周辺環境をくまなく調べる同社。
生活者であるという視点を持ち続けているからこそ、物件の新たな魅力を見つけだすことができる。学校への通学路、深夜帰宅時の周辺の様子などを、実際に歩き、環境を知り尽くした上で、購入を検討しているお客さまに情報を提供し、販売シーンで力を発揮する。

「ワコーレ伊丹グランシエル」完成予想図(販売代理物件、事業主/和⽥興産。2017年分譲済)

販売代理事業でも、ものづくりにもこだわる姿勢を貫き、ともに考え、完売を目指す

同社は販売代理事業においても、ただ物件を販売するだけではない。お客様のニーズに応えるマンションづくりのため、企画・開発の段階から参画することも少なくない。もちろん途中参画の物件でも、新規物件同様、販売戦略を練り、新たな気持ちで取り組んでいる。
また同社はギャラリーの雰囲気づくりも提案。リラックスすることで会話が弾み、アンケートでは知りえない、お客様のニーズを引き出すことができる。さらに事業主のブランドや信頼性などを伝えるために、ギャラリーのパネル展示にも工夫している。

↑ページの先頭へ戻る

関西圏で注目を集める多彩なプロジェクトを完売へ導き、多くの事業主から信頼

販売のプロとして、チーム一丸となって完売へと導く企業力に注目

「カサーレマークスクエア」完成予想図
(販売代理物件、事業主/アートプランニング株式会社。2017年分譲済)

「ブランズ芦屋川」完成予想図
(販売代理物件、事業主/東急不動産株式会社。2015年分譲済)

「グランドパレス豊中桜の町」完成予想図(販売代理物件、事業主/第一交通産業株式会社。2018年分譲済)

着実に業績を上げ、ワールド・エステートは販売代理事業で確固たる地位を占めるまでに成長した。販売すると共に、販売に伴う一連の手続きを事業主の代理(受託)で行い、エリアは多岐にわたり、大型プロジェクトも多い。立地・価格などの条件に左右されない、安定した販売力が同社の強み。そこには扱っているのは“モノ”ではなく“人”だと考え、コミュニケーションを大切にした企業姿勢で、関西で新規分譲マンション供給戸数で上位に名前を連ねる事業主から多大な信頼を得ている。

↑ページの先頭へ戻る

2007年より、自社ブランド「ディモア」を展開

自社分譲事業で住まいに新たな価値を創出。自社ブランド「ディモア」で得た企業力を、販売代理業でも発揮

自社分譲物件「ディモア阿倍野昭和町」完成予想図(2018年分譲済)

自社分譲物件「ディモア茨木新中条パークフロント」完成予想図(2017年分譲済)

自社分譲物件「ディモア尼崎ミライズ」完成予想図(2018年分譲済)

9棟目となる「ディモア阿倍野昭和町」を分譲し、好評のうちに完売。
自社分譲事業に携わるという経験は、販売代理事業では独創性に優れた提案となり、同社の個性となる。
自社分譲で大切なのはチャレンジ精神だという。「ディモア阿倍野昭和町」では、価格重視で面積を狭くしがちな都心で専有面積90㎡台のプランを採用。「ディモア茨木新中条パークフロント」では最上階にメゾネット住戸を実現。全ては、接客で引き出したお客様のニーズと立地の的確なマッチングで生まれた。

↑ページの先頭へ戻る

暮らしと街に大きく関わる責任を痛感し、お客様が満足できる住まいを1邸でも多く

「ディモア茨木新中条パークフロント」完成予想図(分譲済)

お客様の最適を目指し、創意工夫を重ね、独創性に優れた空間を提案

商品企画ではお客様の声を取り入れ、提案。また、求められている空間を創造していくために、メゾネット住戸にらせん階段を採用するなど、自社ブランドでは新しい生活スタイルの提案を積極的に行っている。
また自社分譲マンション「ディモア」シリーズのエントランスは、デザインの美しさが印象に残る。「購入された方に『ここにしてよかった』とステイタス感を持ってもらえるように、エントランスは意匠の美しさにこだわっています」と話す同社一級建築士。ここにも人の気持ちに寄り添う想いが形になっている。

人と人のつながりが、同社のかけがえのない財産に

購入を決めた後こそ、いろいろな不安を抱くケースが多いという。お客さまの気持ちに寄り添う同社では、そんな不安に対してのメンタルな部分まで細やかに気遣っている。だからこそ、入居されて数年経過しても、年賀状や暑中見舞いのやり取りをしているお客様がとても多い。
「出産のお知らせをいただくと、新しい家族が誕生され、さらに賑やかでもっと豊かな毎日を過ごされていると思うと大きな喜びを感じます」。こうしたメッセージは同社の財産であり、さらなる成長に導いてくれる指針になっている。

入居後数年経過しても、年賀状や暑中お見舞い、出産のお知らせなどが担当したご家族から同社に届けられる

↑ページの先頭へ戻る

都市型ワンルームマンション事業や仲介・リノベーション事業も展開

同社都市型ワンルームマンション第1棟目となる「ディクス梅田東レジデンス」エントランスアプローチ完成予想図(販売済)

販売のプロという視点から、用地取得や商品開発などあらゆるプロセスに関わる

数多く手掛けてきたマンション販売事業の経験と実績は同社の大きな力。
更なる飛躍をめざし、2015年、都市型ワンルームマンション「ディクス」シリーズが始動。第1棟目となる「ディクス梅田東レジデンス」が誕生した。
これからも販売代理事業を軸にしながら、自社ブランド「ディモア」のマンション分譲事業から都市型ワンルームマンション事業、戸建住宅事業、さらには仲介やリノベーションまで、これまで培ってきたノウハウのもと着実に飛躍を続けていく。

同社のリノベーション事業で新たな価値を創造(施工例、分譲済)

時代とニーズに合った空間を創りだすリノベーション事業にも力を発揮

常にお客様視点で取り組み、自社ブランドを展開している同社にとって、既存の建物・住まいを活かしながら、現在の、そしてこれからのトレンドを反映した空間へ生まれ変わらせるリノベーションも得意な分野。
デザインやインテリアの美的な面から、設備・仕様などの機能面まで、トータルにプランニングし、不動産に新たな価値を創り出していく。
住まいのどのフィールドに立っていても、これまで培ってきたノウハウのもと、お客様視点を忘れず、新たな事業にも取り組んでいく。

↑ページの先頭へ戻る

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

ワールド・エステート

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

ワールド・エステート

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る