"20210924203754:H:0" "20210924203754:H:0" "20210924203754:H:0"

不動産会社ガイド

住友不動産

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

この会社の関連情報
住友不動産

梅田に建つ「シティタワー西梅田」。50階建・高さ約177mのタワーは
スカイマーク的存在(2006年12月竣工:分譲済/共同事業。2006年12月撮影)

都市に新たな価値を生む、安心と信頼のプランド
時代に先駆け、美しいランドマークを創出

「分譲集合住宅=マンション」が認知され始めた1960年代より積極的に事業を展開し、業界のリーディングカンパニーとして半世紀超の実績を誇る住友不動産。同社が掲げる「光景(シーン)となる象徴(シンボル)」という思想には、マンションづくりに対する想いが凝縮されている。住む人の日常が歓びや誇りに包まれるような「人生のシーン」をつくり、品よく際立つ存在として誰もが憧れるような「街のシンボル」を育む。

圧倒的な存在感、造形の美しさで際立つ<タワーマンションシリーズ>

都心タワーマンションのパイオニア。実物は想像を超え、際立つ

「シティタワー大阪天満 ザ・リバー&パークス」は地上45階建・建物高さ約155m。2つの大庭園を抱く超高層タワーレジデンス(2010年1月竣工:分譲済、2013年5月撮影)

「シティタワー梅田東」は、梅田の景が広がる超高層44階建タワー。地上42階のスカイラウンジ、スカイアトリウムで都市の煌めきを堪能(共同事業。2016年10月竣工:分譲済、2017年7月撮影)

同社はこれまでに数多くの<シティタワー>を世に送り出してきた。
どのタワーも、ひと目で「住友不動産のタワー」とわかるガラスを纏った煌めくフォルムが特徴だ。
暮らすほどに愛着が湧き、かけがえのない時間が積み重ねられるマンションは、
住まう方のシーンの中で、資産として成長し、さらには街の価値をも高めていくことだろう。

↑ページの先頭へ戻る

住まう誇りとステイタスを実感する上質な共用施設

「シティタワー梅田東」地上42階のスカイラウンジは、広がる梅田の夜景を心ゆくまで愉しめる優美な空間だ(共同事業。2016年10月竣工:分譲済、2017年1月撮影/一部CG加工しており、実際と多少異なります)

本物の感動が得られるスカイラウンジほか、優雅な共用空間も魅力

<シティタワー>は、ホテルのロビーを思わせるようなエントランスホールや、
高層階に設けられた素晴らしい眺望のラウンジなど、優雅な共用空間も魅力だ。
都市の煌めきや、刻々と変わる空の表情を体感する空間は、オーナーだけが知る別世界だ。

↑ページの先頭へ戻る

住友不動産の高い商品企画力。「眺める眺望」から「体感する眺望」へ

ダイナミックパノラマウインドウで、タワーの付加価値が大きくアップ

「シティタワー大阪天満 ザ・リバー&パークス」のダイナミックパノラマウインドウ。床面近くから広がるダイナミックな眺望が堪能できる(2010年1月竣工:分譲済、2010年5月撮影)

「シティタワー梅田東」のダイナミックパノラマウインドウ(共同事業。2016年10月竣工:分譲済、阪急「梅田」駅方向の眺望(2014年5月撮影)をCG合成/実際と多少異なります)

高さゆえに得られる眺望や爽快感をいかに住戸プランに反映するか。
そんな思いから生まれたのが、床面近くから天井近くまで広がる「ダイナミックパノラマウインドウ」だ。
まさに「眺める眺望」が「体感する眺望」へと進化し、各住戸でも大迫力の眺望を得られるようになった。
※周辺環境・眺望は各階・住戸により異なり、将来変わる場合があります

↑ページの先頭へ戻る

周辺の風景や人の流れも変え、エリアの価値をも高めうる<大規模マンションシリーズ>

広大な敷地にビッグコミュニティを創造。周辺エリアの発展にも貢献

天王寺の中枢エリアに誕生した「ザ・天王寺レジデンス ガーデン&ビスタ」。約9490㎡の広大な敷地に総413邸のビッグコミュニティだ(2015年10月竣工:分譲済、2015年10月撮影)

「シティテラス今福鶴見」は、約7300㎡の敷地に総294邸で誕生。スケール感、洗練された外観などで注目を集めた(2013年12月竣工:分譲済、2014年3月撮影)

「街のランドマーク」となり得る、ビッグスケールのマンションでも定評がある同社。
新しいプロジェクトを立ち上げる時は、その街にとって「存在価値」があるかどうか、街の活性化に役立つかどうかを検討。
そして利便性が高く、暮らし心地のよいエリアに、周辺の風景まで変えてしまうような、
スケールの大きなプロジェクトを展開している。

↑ページの先頭へ戻る

選び抜かれた立地に、相応しい個性美を放つ<都心マンションシリーズ>

「シティハウス千里中央」の森と共存する格調高い建物は、夕闇に包まれる頃、堂々たる存在感を放つ(2012年11月竣工:分譲済、2012年11月撮影)

開発者の想いを色濃く反映した個性美は、歳月を経ても輝きを放つ

住友不動産のマンションブランドのひとつである<シティハウス>は、
その土地に馴染む外観デザインと住戸プランが特徴の都市居住型マンションだ。
いずれも立地選びの確かさと、その立地の魅力を最大限に引き出すプランニングがなされている。
例えば、北大阪急行「千里中央」駅徒歩5分の「シティハウス千里中央」は、
公園前の立地特性を活かし、都市でありながら“森に住む”をコンセプトにプランニングされた。
建物は、周辺の緑に調和する造形美が貫かれ、歳月を経た現在も美しく佇んでいる。

↑ページの先頭へ戻る

入居後のサポートにも注力。全入居者に2年間の「定期アフターサービス」を適用し、24時間受け付ける自社直営体制の「お客様センター」を設置

すべての入居者に2年間の「定期アフターサービス」期間を適用し、きめこまやかに対応

専有部分と専用使用の共用部分については、「定期アフターサービス」と「随時アフターサービス」の2種類があり、エリアごとに同じ担当者が両方のサービスを手がける。さらに大規模なマンションでは物件ごとに繁忙期に担当者を現地へ配置し、すべてのアフターサービス業務の窓口となる体制を敷いている。加えて、2年間の定期アフターサービス期間についても配慮が見られる。住友不動産では3回の「定期アフターサービス」を実施。すべての住戸で、引き渡しの3ヵ月後・1年後・2年後を目安に、入居者の指摘事項および不具合箇所の修理を行う。「定期アフターサービス」を各住戸の引き渡し日を起点としているため、購入時期が建物の竣工から遅くなっても、必ずサービスを受けられるのが特徴だ。

【定期アフターサービス】定期点検の手順(概念図)

急を要する不具合ににも対応する「随時アフターサービス」。充実したアフターサービス体制

「定期アフターサービス」以外にも、入居者からの不具合発生の連絡は、「お客様センター」が24時間・365日体制で受け付ける。受け付け後は、アフターサービスの担当者が入居者に連絡し、訪問。原因を調査し、補修作業を手配する。マンションの供給戸数が多い同社では、アフターサービスの担当者が実地で学べる機会が多く、知識と経験を磨きやすいという。迅速かつ的確な対応に対して、入居者からは高い評価を得ているようだ。

【随時アフターサービス】不具合発生時の連絡・対応の手順(概念図)

↑ページの先頭へ戻る

関西エリアの全物件を1か所で同時に検討できる<総合マンションギャラリー>

交通利便性の高いターミナル「梅田」と「天王寺」にオープン。アトラクション感覚で体感できるのもポイント

総合受付&コンシェルジュデスク
(2点とも総合マンションギャラリー梅田館内で撮影)

専門アドバイザーが住宅ローンの利用方法や金利、有利な税制など、物件購入に関するさまざまな相談に応えてくれる

具体的な物件選びのサポートから住まいに関するよろず相談まで、マンション選びのさまざまな要望に
応える総合展示場<総合マンションギャラリー>。
業界でも画期的な取り組みとして、関西エリアでは、アクセスの良いターミナル「梅田」と「天王寺」で展開している。
マンション選びのプロにさまざまな相談ができ、1か所で多数の物件を比較検討できる点が好評だ。
また、総合マンションギャラリーで特徴的なのが多彩な体感コーナー。
シアタールームでは臨場感あふれるコンセプト映像が体感でき、竣工規模や広域の街並みを再現したジオラマでは
全方位から当該物件をチェックできる。
ミストサウナなどの設備の体感を通し、暮らしの具体的なイメージづくりができるのもメリットといえる。

↑ページの先頭へ戻る

新築マンションの物件見学から引渡しまで“非対面”で完結する「リモート・マンション販売」を導入

「リモート・マンション販売」の流れ(概念図)
※A:ITを活用した重要事項説明の社会実験(実施期間:2019年10月1日~2020年9月30日以降も継続実施)

業界内で先駆けて、非対面型による新たな販売手法となる「リモート・マンション販売」をスタート

With/Afterコロナにおける新築分譲マンションの新たな販売手法として、2020年6月1日より、「リモート・マンション販売」を全国すべての販売物件を対象(※)にスタート。「リモート・マンション販売」は、対面による接客や購入手続きの回数を減らしていく、新しい生活様式を意識した利便性の高いサービスとなっている。購入検討の初期段階である「情報収集」から「モデルルーム見学」、「申込み・契約」、「重要事項説明」、「引渡し」に至るまで、購入者の希望に応じて非対面による対応を可能とする。実際にモデルルームへ足を運ぶことなく、Web上で希望するマンションの各種案内や販売スタッフとの住宅ローン相談などを行うことができる「オンライン見学会」をはじめ、申込みのオンライン化、IT重説などを組み合わせることで、外出を控えたい方、遠方にお住まいの方、時間に限りのある方など、来場が困難な方に対する選択肢を拡充し、住まい選びの利便性と満足度を高めていく。
※:一部物件を除く、全国の販売物件が対象となります。

自宅等に居ながら、実際にマンションギャラリーにご来場しているかのような体験が可能になる(イメージ)

遠方にお住まいの方、お子様が小さく外出が難しい方なども気軽に体感できる「オンライン見学会」も随時開催

マンションギャラリーに直接来場せずに、住友不動産が販売するマンションをWebで見学できる「オンライン見学会」も随時開催。インターネットに接続されたパソコンやタブレット端末があれば、好きな場所から、実際にコンセプトルームをご見学しているような体験が可能なので、マンションギャラリー来場時と同様に案内を受けることができる。外出を控えたい方、お子様が小さく外出が難しい方、遠方にお住まいのご両親と一緒にモデルルームや周辺環境などの案内を希望されている方、日々忙しく時間に余裕がない方、海外在住のためなかなか来日できない方など、実際に来場することが困難な方にも好評だという。今後も社会情勢やニーズに合わせた接客や販売を進め、さらなる顧客満足度のアップを目指していく。

↑ページの先頭へ戻る

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

この会社の関連情報
住友不動産

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

住友不動産

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る