"20180720042625:H:0" "20180720042625:H:0" "20180720042625:H:0"

不動産会社ガイド

クレストンホーム

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

この会社の関連情報
クレストンホーム

ゆったりくつろぐことをこよなく愛する方々がずっと住みたくなる家を追求した結果、現在の商品ラインナップに行き着いた。今後もさらなる進化を追求している(施工例)

ラグジュアリーな時間を過ごせる住まいづくりを、確かな品質で提供する

満点の星空の下で、ジャグジーに入りながらシャンパンを楽しむ。そんな誰しもが憧れるラグジュアリータイムも、クレストンホームの家なら叶えられる。広い屋上付きの住まいづくりを得意とする同社。他にもフルスクリーンのプロジェクターでアウトドア映画鑑賞、フォトジェニックなグッズを集めたオシャレキャンプ等、屋上スペースを利用した楽しみ方は無限大に広がる。それでいて東海で長年の実績を積み、確かな品質の住まいづくりを提供し続けてきた同社。「住むわくわく感」と「住む安心感」を両立した設計は同社の唯一無二の武器だ。

土地の大小にかかわらず贅沢に過ごせる『プラスワンリビング』

『プラスワンリビング』。クレストンホームの営業エリアである東海圏のみならず、遠方からの問い合わせも絶えない。(施工例)

「家でアウトドア」これまでにないライフスタイルを

『プラスワンリビング』は屋上をもう一つのリビングにすることで、彩りあるライフスタイルを創造できる家だ。それはたとえ狭小の土地であっても実現が可能。屋上が加えられることで、通常の家から多くの人が憧れる贅沢なラグジュアリーな時間を過ごせる家へと変貌する。栄にあるオアシス21を手掛けるなど高度な技術を持つ建築会社と手を組んで開発した『プラスワンリビング』。確かな品質に裏付けられた生活空間の新提案は、私たちのライフスタイルに新たな変化をもたらしそうだ。

↑ページの先頭へ戻る

購入した方の数だけある、屋上庭園の利用方法

利用方法は十人十色。自分次第で、屋上庭園はどこまでも魅力的な空間に進化する

屋根付きスペースを設け、大人数のパーティにぴったりの設計プラン(施工例)

ジャグジー付きでリゾート感溢れる、大人の空間を楽しむための設計プラン(施工例)

プロジェクターとスピーカー付きで映画やスポーツ観戦などを楽しめる設計プラン(施工例)

『プラスワンリビング』の付いた家を購入した方は、思い思いに屋上庭園を活用している。用途に応じて屋上設計プランを用意してくれるのも同社の魅力。アウトドアホームパーティーを開催したり、週末の夜をジャグジーで過ごしたり、ホームシアターを設置して映画館として活用したり、住人の思い思いの理想像を形にしてきた。また、子どもが安心して遊ぶ場としても屋上庭園は最適。設置する家具や設備は防水仕様の配慮がなされているなど、細かい点に関しても妥協は一切ない。

↑ページの先頭へ戻る

社長インタビュー:『プラスワンリビング』の今までとこれから

同社の特徴は屋上庭園に限ったことではない。リビングに勉強道具を収納するスペースを確保するなど、住む人の生活を考えた設計も得意。またZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取組みも開始

前例のない取り組みへの挑戦

住宅業界全体が『限られた土地の中でずっと住みたくなる家づくり』をテーマとして試行錯誤する中、「屋上をリビングに」という発想が生まれたのは、塩地氏が、強いつながりを持っていた建築会社と「住宅業界に新しい風を吹き込み、今までにないライフスタイルを創造しよう」と意気投合したのが全ての始まりだ。それから5年間パイオニアとして、ニーズが細分化されていく世の中に対応していくために屋上の用途提案ラインナップを増やし、今では数多くのユーザーに選ばれている。

2018年に進化を遂げる『プラスワンリビング』

今や『プラスワンリビング』はクレストンホームの代表的な商品であり、売上も好調だ。しかし塩地氏は現状に甘んじない。「より使いやすく」を求め、進化を遂げようとしている。それは、家屋の二階にリビングと庭園を併設する設計。「庭園は必ずしも屋上にある必要はない」という、既成概念を打ち破るものだ。朝、二階のリビングへ集まる家族。朝日を浴びながら、パジャマのまま庭園のデッキで朝食を食べる。そんなゆとりある生活もリビング併設なら日常に溶け込む。同社の2018年の取組みに期待が集まる。

例えば寝室からアクセスできるテラスにプールを設置することも可能(施工例)

↑ページの先頭へ戻る

「暮らしてワクワクする」家は、『プラスワンリビング』だけではない

いろんな喜びと躍動を創造する、独創性あふれる商品ラインナップ

戸建でありながら、空の広さ、眺望の良さを享受できるのが同社設計のメリット(施工例)

屋上に続く階段は、今まで感じたことのない喜びと楽しさにつながっている。クレストンホームの階段は「大人に子ども心をもたらす階段」と言っても過言ではない(施工例)

機能性はもちろん、異素材を組み合わせ間接照明を使い、美しさも重視したグレードの高い設備仕様が盛り込まれている(施工例)

『プラスワンリビング』に加え、同社には魅力的な住宅が多数ある。「暮らしてワクワクする」住まいを提案したいと、塩地氏が強く思い実現させたコンセプトハウス「cocoon」。オリジナル建具や造りつけ家具、ハイドア、石張りボードなどの充実した装備に加え、ホームシアターやビルトインガレージなど、+αの空間が導入されている。また「cubio」は、建築構造や設備をシンプルにすることで、コストを徹底的にコントロール。若いファミリーでも検討しやすい価格設定の注文住宅を実現した。

↑ページの先頭へ戻る

展示場に来場して分かる『プラスワンリビング』の魅力

予約不要で訪れられるのが大きな魅力。たっぷり時間を使って『プラスワンリビングハウス』の魅力を存分に感じていただけると幸いだ(エリア概念図)

気軽に体験できる、屋上庭園のある生活

『プラスワンリビング』は、愛知県内に5カ所あるモデルハウス(展示場)でその魅力を体感することができる。東名三好支店の展示場の屋上庭園は「ガーデン レストラン」が設置されている。バーベキューコンロなどのハイグレードな標準設備でおしゃれなグランピングを体感できる。各展示場は予約不要だが、じっくりと案内してもらうなら「SUUMOを見た」と事前の電話連絡がおすすめ。家族で気軽に訪れてみよう。一度体験しただけで、新しいライフスタイルを創造できる可能性が大いにある。

↑ページの先頭へ戻る

「満足のその先へ」をスローガンに家づくりを提案する

このサイクルを繰り返すことで、より住みやすい家づくりは磨かれていく(概念図)

名古屋市中村区に根差して39年。営業部、設計部、工事部が一体となったワンストップ型家づくり

家選びで大切なことは、自らが納得し満足して家を購入できること。しかしクレストンホームが見つめているのはその先。満足のその先にある、ワンランク上の満足を目指している。そのために同社が強みとしているのが営業部・設計部・工事部が三位一体となった、地域の特性に合った家づくり。毎週金曜日欠かさず行う「部の横断会議」。営業部が地域やお客様の声を吸い上げ、それを設計部と工事部の観点からブラッシュアップし家づくりへフィードバックしている。クレストンホームの家づくりはこのサイクルを39年間続け、日々進化してきた。

もともと工務店であった同社だからできる、本当に強い家づくり

もともとは工務店である同社の家づくりは、とにかく頑強であることを大前提にしている。その徹底ぶりは驚くほど綿密だ。柱の径、筋交いの数、それらを固定するボルトの数など、こだわりのポイントがとにかく多い。これも、モノづくりに関するノウハウを長年積み重ねてきた同社だからこそできることかもしれない。安心して暮らせる家をつくるのは、当然。そんなプロ意識を持った各担当が安心して住める家づくりのために日夜意見を交わしている。そのこだわりとストイックな姿勢は特筆すべきものだ。

部の横断会議の様子。営業・設計・工事が知見を共有する場として毎週行われている。

↑ページの先頭へ戻る

屋上庭園の設置も対応。リフォームは、リフォーム専門のリペア・クレストンへ

リペア・クレストンのショールーム。たくさんのサンプルや、水回り設備が置かれているので、リフォームの参考になる

リフォームの専門スタッフが予算に合わせて、親身に対応

強い構造の家なら、建て替えをせずにリフォームして住み続けるほうがいい。そういった方に対応するため、将来の生活スタイルの変化に対応できるようリフォーム部門を独立させた「リペア・クレストン」。専門スタッフがていねいに対応し、予算に合わせて暮らしやすくスタイリッシュな提案をしてくれる。また、今住んでいる家をリフォームして『プラスワンリビング』を付けたいという相談も増えているのだとか。限られた予算で屋上庭園を手に入れたい人は、本社ビルB1のショールームで相談してみよう。

↑ページの先頭へ戻る

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

この会社の関連情報
クレストンホーム

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

クレストンホーム

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る