"20220625174332:H:0" "20220625174332:H:0" "20220625174332:H:0"

不動産会社ガイド

名鉄都市開発 / 名古屋鉄道グループ

「エムズシティ神宮前」(分譲済)

名古屋鉄道の不動産事業を承継・統合し、
2022年4月から「名鉄都市開発」に改称

創業から120年を超える鉄道事業を中心に多角的な事業を展開する『名古屋鉄道グループ』。名鉄不動産は、グループの中核を担う総合不動産デベロッパーとして幅広い事業を展開してきたが、2022年4月に親会社である名古屋鉄道の不動産事業を承継・統合し、社名も「名鉄都市開発」に改称された。不動産資産の仕入れ、企画開発といった川上機能の強化を図るとともに、必要な組織、体制の構築や資本関係の見直しも行い、より高い視点から時代のニーズに応えていく。

PLAN・PLACE・PRICEすべてを追求。50年以上の実績「マンション分譲」

『メイツ』をはじめ、大規模『エムズシティ』やハイグレード『プレティナレジデンス』などのシリーズを展開

マンション分譲事業の始まりは1969年まで遡る。PLAN(間取り)・PLACE(立地)・PRICE(価格)という「3P」すべてに高いクオリティーを追求したオリジナルブランド『メイツ』シリーズや、大規模ならではのスケールメリットを活かした『エムズシティ』シリーズのほか、首都圏・関西でも大規模開発を進めており、実績を伸ばしている。また、3Pのコンセプトを踏襲しつつ、“プラチナ”の名を冠した同社のハイグレードシリーズ『プレティナレジデンス』も展開中だ。

「プレティナレジデンス瑞穂陽明」(分譲済) Dタイプ/リビング・ダイニング

↑ページの先頭へ戻る

名鉄沿線の開発に連動した大規模プロジェクトにも注力

周囲には公園、保育園、ショッピング施設が揃い、子育てファミリーに快適な住環境を形成している/「エムズシティ神宮前」(分譲済)

100戸以上の大規模分譲のノウハウを活用し、街の未来を見据えた開発に注力

大規模物件のノウハウを活かし、名鉄沿線の開発に連動した大規模プロジェクトにも注力。熱田区・神宮前では、名鉄「神宮前」駅東口に新しく誕生した商業施設「μPLAT神宮前」の開業(2021年7月)に先んじて、全186戸の「エムズシティ神宮前」(2020年分譲済)が完成。平面式中心の駐車場や300冊超の書籍を収めたライブラリーサロンなどが注目を集めた。生活利便にも恵まれる大規模マンションには、快適な暮らしを楽しむ家族の笑顔があふれている。

↑ページの先頭へ戻る

先進のセキュリティシステムを導入

顔認証、ICカード「manaca」、ETCをセキュリティに採用し、高い安全性と利便性を実現

「顔認証」でオートロックや宅配ボックスを解錠/イメージ

ICカード「manaca」で住戸の玄関ドアを解錠/イメージ

車に乗ったまま駐車場出入口のゲートが自動で開閉する「ETCセキュリティゲート」/イメージ

同社の新築分譲マンションでは、先進のセキュリティシステムを積極的に導入している。「顔認証セキュリティサービス」は、鍵やカードを使うことなくオートロックの解錠が可能。宅配ボックスも解錠できる(顔認証は任意での登録)。ICカード「manaca」でも、オートロックや宅配ボックスは解錠でき、住戸の玄関ドアもカードをかざすだけで開閉できる。駐車場の出入口に設置される「ETCセキュリティゲート」は、ゲートに接近した車両が登録車両であれば自動でゲートが開き、通過後は自動でゲートが閉まる。

↑ページの先頭へ戻る

住む人のニーズに応え、価値観が多様化する時代に合った、新しい街と住まいを提供

みよし市三好町のおだやかな南傾斜の丘に、広々とした区割りの街並が誕生/「ユトリアテラスM'sグランデみよし」(分譲済)

一軒一軒コンセプトを持って設計される『M's』(エムズ)シリーズの戸建住宅

一戸建て住宅の『M's』(エムズ)シリーズ『M'sグランデ』と『M'sフォレスト』は、地域のニーズに対応したきめ細かなプランニングや豊富なデザインが特徴だ。「ユトリアテラスM'sグランデみよし」ではLDK20畳以上で叶えるゆとりの暮らしと、3台分の駐車スペースと広い庭が一体となったオープンエクステリアを持つ住まいを提供。一軒一軒にコンセプトがあるバラエティ豊かな構成で人気を集めた。「今後も愛知県と岐阜県で『M's』シリーズを積極的に展開していく予定です」と担当者は話す。

↑ページの先頭へ戻る

個性豊かな家づくりと、地震に強い家づくりで、新しい分譲住宅のあり方を提案

「ユトリアテラスM'sグランデみよし」(分譲済) リビング・ダイニング

可能な組み合わせ1000パターン以上。『M'sグランデ』の<カラーセレクト>

『M'sグランデ』では、壁紙や建具など内装の色を選ぶことができる<カラーセレクト>(無償・期間限定)を提供している。360°VRや3D画像で色合いやインテリアの配置を確認することができ、自分たちで空間をデザインできる楽しさも人気を集めている。「注文住宅を考えていたが、土地の入手が困難だったり、もう少し手軽に進めたいというカスタマーも多い」(担当者談)とのことで、同社ではサービスのさらなる充実を図っている。

<耐震+制振>耐震最高等級3と制振ダンパーで住まいを守る、地震に強い家づくり

同社の分譲住宅が取得している<耐震等級3>は、等級1に対して1.5倍の耐震性を実現。消防署や警察署など災害時の拠点となる建物の基準に相当する耐震性を確保している。さらに『M'sグランデ』では、世界品質の制振ダンパー「evoltz」を愛知県内の分譲住宅として初めて標準装備。<耐震+制振>の地震に強い家づくりを進めている。

制振ダンパー「evoltz」

↑ページの先頭へ戻る

6つのテーマからお客さまのニーズに合った家を提案する<ザ・テーマハウジング>

「µ's(ミューズ)テラスあま木田」(第2期まで分譲済み)/リビング

「こんな分譲住宅があったらいいな」というお客さまの声を具現化<ザ・テーマハウジング>

2021年から分譲住宅事業で始まった新たな試み<ザ・テーマハウジング>は、「こんな分譲住宅があったらいいな」というお客さまの声を『6つのテーマ』に分類して具現化したもの。『MY-L・D・Kの家』『家事ラクの家』『小さいわが家』『片付け上手な家』『私空間の家』『木目デザインの家』の6つのテーマがあり、購入者は自分たちの希望がわかりやすくなり、同社はニーズに合った住まいを作りやすくなるメリットがある。初めて導入された『M'sグランデ大里駅西』は、第1期1次が竣工前に完売。同社も手応えを感じている。

↑ページの先頭へ戻る

万が一の災害に備えて、三位一体の安心感を。『3ピース・システム』を開発

「防災サポート」では、各住戸の備え・共用部の備え・管理面の支えで安心を届ける

「3ピース・システム」ロゴ

全戸に備品が入った防災バッグと防災用ヘルメット2個を標準装備※内容は物件により異なります

共用部には非常用マンホールトイレやAED(自動体外式除細動器)などを備える

住まいの防災に対する意識が高まっている昨今。同社では防災サポート「3ピース・システム」を開発し、分譲マンションで導入している。3つのピース(Peace=安心)の1つ目は「各住戸の備え」。全戸に防災バッグ(持出袋)、防災用ヘルメット等を標準装備する。2つ目は共用部に防災機器と防災備品を装備する「共用部の備え」。3つ目は防災訓練の実施や防災知識の向上をサポートする「管理面の支え」。三位一体で暮らしの安心をサポートする。※サポート内容は物件により異なります。

↑ページの先頭へ戻る

多様化するニーズに対応し、安心の取引と細やかなサービスの提供を目指す

メイフィス名駅ビル10階「名駅仲介センター」
AM9:30~PM6:00 (フリーダイヤル 0120-210-328)
毎週水曜日・祝日定休

不動産総合相談窓口として、初めて不動産を扱うお客さまにも安心かつ有利な取引を提供

不動産相談の総合窓口である「名駅仲介センター」は、個人の不動産の売却のお手伝いから、不動産の買い取り(諸条件あり)や土地活用の提案・相続の相談に至るまで、的確なアドバイスを提案してくれる。名鉄のグループ力と情報を活かした不動産総合相談窓口として、初めて不動産を扱うお客さまにも安心かつ有利な取引を提供する、頼りになる存在だ。また、法人のお客さまについては、独立した「法人営業グループ」が最適な解決策や有効活用の方法を提案。さらなる取引の拡大を図っている。

↑ページの先頭へ戻る

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

名鉄都市開発 / 名古屋鉄道グループ

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る