"20200529163913:H:0" "20200529163913:H:0" "20200529163913:H:0"

不動産会社ガイド

三井不動産レジデンシャル

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

三井不動産レジデンシャル

竣工から約10年、時を重ねても色あせることのないデザインに加え、緑はより深みを増している(2019年撮影)〈パークシティ浜田山〉(2010年分譲済)

多様化するライフスタイルに
応える「すまいとくらし」を創造する

 三井不動産レジデンシャルは、新築分譲住宅のスタンダードを築いてきた三井不動産の「すまい」や「街づくり」の精神を受け継ぎ、常に時代に先駆けた商品の提供を目指している。同社では「用地取得」から「商品企画」「品質管理」「販売」「契約」「管理」を一貫して手掛ける製販管一体の環境を整えることで、時代とともに変化していくお客様のニーズを読み取り、その声をダイレクトに反映した街づくり・すまいづくりを展開。また主軸である新築分譲住宅事業のほか、賃貸住宅事業や2017年にはシニアレジデンス事業部を新設するなど、多彩な商品を展開することで、目まぐるしく変化していく社会や価値観を的確に捉え、その時代に求められる商品とサービスの提供を実現し続けている。
 土地の歴史や個性を尊重し、一邸一邸に想いを込めた新しい「すまいとくらし」の創出に積極的に取り組み、コーポレートステートメント「すまいとくらしの未来へ」を実践している。

「グッドデザイン賞」20年連続受賞とSUUMO AWARD2年連続総合評価最優秀賞受賞

新たな住文化に貢献する魅力的な住まいづくりと
購入者から人に勧めたいデベロッパーとして高い評価

グッドデザイン賞ロゴマーク

三井不動産レジデンシャル
 SUUMO AWARD 2019 首都圏 分譲マンション
 デベロッパーの部 総合評価 最優秀賞

 製品、建築、ソフトウェア、システム、サービスなど、かたちのある無しにかかわらず、理想や目的を果たすために築いたものごとをデザインととらえ、その質を評価するグッドデザイン賞。三井不動産レジデンシャルでは、企業理念を反映した高品位な街づくりが評価され、2000年に民間デベロッパーとして初めて受賞して以降、20年連続して受賞を果たしている。
 「SUUMO AWARD」は、業界全体のサービス向上や業務改善に貢献するために、マンションデベロッパーや分譲マンション販売会社の品質や価格、取り組み内容など、さまざまな観点での満足度について尋ねたものをランキングとして発表している。三井不動産レジデンシャルは、分譲マンションデベロッパー部門において購入者から、他社より多少高くても買いたい、マンションを探している人に勧めたい、と思われているデベロッパー上位5社の中で、2年連続最優秀賞を受賞し、高い評価を得た。

↑ページの先頭へ戻る

住むほどに成熟を深めていく、「経年優化」へのこだわり

「経年優化」を目指した街づくり、住んでから始まる本当のくらし

8万4000㎡超の広大な敷地に約2000本もの緑が生い茂る〈パークシティ浜田山〉(2010年分譲済)

〈パークシティ柏の葉キャンパス 一番街〉(2009年分譲済)

 同社が考える「真の価値ある品質」とは、10年、20年後も安心・安全で、より一層の豊かなくらしを提供し続けること。だからこそ、街や建物といったハード面だけではなく、日々を豊かにするソフトサービスの充実にも力を入れ、さまざまな角度からくらしをサポートしている。
 例えば、同社の物件管理を担う三井不動産レジデンシャルサービスと連携し、入居後のコミュニティ形成を支援する取り組みを推進。また、すまいやくらしに関するさまざまなサービスを提供する会員制サポートサービス「三井のすまい LOOP」にも力を入れている。快適な住まいを提供するだけではなく、三井不動産グループの総合力を活かし、入居後のくらしにも寄り添い続けている。それは時を経て劣化するのではなく、年月を積み重ねて深みを増し、価値を高め、住まう人にとっても訪れる人にとっても、時間の経過とともにさらなる愛着を感じられるという「経年優化」の街づくりへとつながっている。

↑ページの先頭へ戻る

湾岸エリアを舞台とした、コミュニティ活性化プロジェクト「WANGAN ACTION」

街づくりの進む東京湾岸エリア

人と人をつなげるイベントを支援し、いつまでも住みたいと思える街へ

 豊洲、晴海、月島、勝どきなどの湾岸エリアは、近年急速な発展を遂げている。同社では「住んだ人の幸せを提案していく」という想いのもと、マンションというハード面だけではなく、住む人に「豊かな時間」や「豊かな心」を育むようなソフトサービスを充実させることで、湾岸エリアの活性化を目指すプロジェクト「WANGAN ACTION」を推進している。「WANGAN ACTION」では、住民が一体となったコミュニティの形成を目指し、食やスポーツなどを通して、楽しみや感動を体験・共有できる活動を支援している。「太陽のマルシェ」は日本最大級規模(※同社調べ)の都市型マルシェで全国から集う農家を中心に毎回約100店舗が出店。新鮮な野菜や果物、加工品等を生産者との会話を楽しみながら購入できる。「WANGAN ACTIONスポーツアカデミー」は、体操、陸上などのスポーツ競技をアスリート監修によって体験するプログラム。子ども達がスポーツに触れることで、その可能性を大きく広げると同時に、地域コミュニティの活性化を図っている。他に「ザ・コーポレートゲームズ東京」や「MIFA Football Park」がある。

↑ページの先頭へ戻る

次世代の街として誕生、未来を見据えた大規模タウン「柏の葉スマートシティ」

広大な開発面積を誇る新しい街「柏の葉スマートシティ」

約273haの広大な開発面積を誇る、公・民・学が連携した街づくり

 千葉県柏の葉エリア。ここに約273haに及ぶ広大な開発面積を誇る新しい街「柏の葉スマートシティ」が誕生している。ここは、世界の未来像をつくる街を目指す「柏の葉国際キャンパスタウン構想」を起点としており、千葉県や柏市、NPO団体による「公」、三井不動産グループをはじめとした企業と市民による「民」、東京大学・千葉大学の教育機関による「学」という「公・民・学」が連携し、ハードとソフトの両面から次世代環境都市づくりが進められている。
 この街づくりでは、未来を見据えた課題として「環境共生都市」「新産業創造都市」「健康長寿都市」という3つのテーマが掲げられており、それぞれのテーマに沿った取り組みが推進されている。
 三井不動産グループが先導し、次世代の街として展開をしている「柏の葉スマートシティ」は、年を重ねるほどに新たなる顔を見せていく。未来を見据えたこれからの街づくりに、大いに期待したい。

↑ページの先頭へ戻る

いつも、いつまでも安心なくらしを届ける【くらしごこち品質】

24時間365日のくらしを支える、充実のサポート体制

左右とも「くらしごこち品質」概念図

 入居後も長きにわたって、安心で快適なくらしを届けることを目指し、取り組んでいる三井不動産レジデンシャル。例えば、居住者間のコミュニティ形成をサポートする入居あいさつ会「レジデンシャルグリーティング」では、自己紹介やゲームなどで楽しみながら居住者同士で顔と名前を覚えることができる。また、住み始めてから気がついた不具合に24時間365日応える「カスタマーサービス」、フローリングの傷やヘコミの補修、開閉しづらい扉の調整等の小さな修繕を行うサービスも用意している。さらに、月々定額制の住宅設備機器メンテナンス保証サービス「LOOP Prime」を2019年7月から開始。10年、20年後も快適・安心に暮らせる環境が整えられている。

↑ページの先頭へ戻る

毎日をもっと快適に、豊かにするサービス【三井のすまい LOOP】

インテリアサービスやホームサービスなど多彩なプランのイメージ図

すまいとくらしに寄り添う
メンバーシップサービス

 日々のくらしをより豊かにするサービスの充実にも力を入れている三井不動産グループは、2012年から同グループの会員制サポートサービス「三井のすまいLOOP」の運営を開始し、現在は20万人(2019年5月時点)以上が加入している。すまいを提供するだけではなく、リフォームや家事代行、すまいに関する特別優待など、その後のくらしにも寄り添い続けている。さらにマンション管理費・修繕積立金・公共料金の支払いでポイントが貯まる「三井のすまい LOOP 提携クレジットカード」や、三井ショッピングパークなど の三井不動産グループの商業施設での優待、大手家電量販店やインテリア専門店で共働き世帯の“家事楽”を応援するサービスも展開利用できる優待クーポンなども提供。三井不動産グループによる連携を活かし、多種多様なサービスの提供を通じて「すまいとくらしのベストパートナー」を実現している。

↑ページの先頭へ戻る

共働き世帯の“家事楽”を応援するサービスも展開

三井不動産レジデンシャルの新築分譲マンションや三井不動産レジデンシャルサービスが管理を担う既存大規模マンションの敷地内で展開されている

平日夜のキッチンカープロジェクト「月夜のキッチン」
生鮮食品ECサービス「クックパッドマート」

 共働き世帯の料理の負担を減らすという観点から、三井不動産レジデンシャルでは、マンションの空地部分にキッチンカーサービスの導入を検討。2019年7月から同社の新築分譲マンションや三井不動産レジデンシャルサービスが管理を担う既存大規模マンションにて「月夜のキッチン」として、平日夜にキッチンカーを誘致するプロジェクトを展開し好評を得ている。
 2019年10月から〈パークホームズ豊洲ザ レジデンス〉(2017年分譲済)にて、株式会社クックパッドが運営する生鮮食品EC「クックパッドマート」を導入。同サービスは、精肉店やベーカリーなど地域で有名な店舗や農家の食材を1品より送料無料でアプリから購入でき、マンション共用部の専用宅配ボックスで受け取れる。多様化するライフスタイルに応える便利なサービスとなっている。

↑ページの先頭へ戻る

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

三井不動産レジデンシャル

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

三井不動産レジデンシャル

分譲実績のあるエリアから会社を探す
店舗所在地から会社を探す
ほかの不動産会社を探す

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る