"20210804044152:H:0" "20210804044152:H:0" "20210804044152:H:0"

不動産会社ガイド

伊藤忠都市開発

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

伊藤忠都市開発

2020年10月にオープンした「 ギャラリー クレヴィア 有楽町 イトシア」

すべては「私らしい住まい」のために
創造と信頼を約束する《クレヴィア》

 総合商社「伊藤忠商事」グループの半世紀に及ぶ住宅開発の英知を継承した総合デベロッパーとして1997年に設立された伊藤忠都市開発は、不動産事業を包括するグループの総合力、そして多様化するニーズに応える対応力を基盤とした事業展開を通して、より豊かな未来の暮らしをカタチにする。また、現状に満足することなく、常に進化を求めて新しい挑戦を続ける「創造」の想いを込めて、永続性を高めた空間設計と共に暮らしをサポート。さらに「信頼」の理念の基、より豊かな暮らしを提供する。

グッドデザイン賞14年連続受賞。2020年度は4プロジェクト受賞

つくっているものは、心地よい暮らし方。「クレヴィア」独自の商品開発思想が高評価

ひとつの「気づき」から、次の「気づき」へ…。このフローの繰り返しが
「クレヴィア」の商品開発スパイラルだ。柔軟な視点の検証が新しい発想
へと繋がる(概念図)

      2020年度グッドデザイン賞のロゴ

 マンションブランド「クレヴィア」。生活に笑顔や感動を生み、育み、物語を創る住まいを目指す「創造」と、永い人生を確かな安心で支え、人生を守る住まいを目指す「信頼」の2つのキーワードを掲げている。商品開発の考え方は、商品の検証(モニタリング)からひとつの気づきを生み出し、企画案を出して検証する。ひとつの気づきは次の気づきを創る。ふだんの生活の中での気づきがとても重要になる。伊藤忠都市開発は、「クレヴィア」が目指している心地よい暮らし方の実現へ向けて、いつもチャレンジを恐れず、柔軟な視点を持つことを心がけている。この思想が高く評価され、グッドデザイン賞を14年連続受賞。2020年度は4プロジェクトが受賞した。グッドデザイン賞は、単にデザインの美しさだけでなく、機能・品質・安全性、そして暮らしへの新しい提案までも含んだ総合的なクオリティが認められたものに贈られる賞であり、伊藤忠都市開発の住まいやサービスへの思想が評価され、これまで多数の物件や企画商品において受賞を果たしてきた。

↑ページの先頭へ戻る

「2020年度グッドデザイン賞」受賞 通り土間/クレヴィア横濱弘明寺

玄関口と勝手口を繋いだ通り抜け可能な土間を開発。
幅広い使い方ができる空間提案により、住まい手の暮らしの幅を広げる。

DOMAスペース(概念図)

通り土間使用例/クレヴィア横濱弘明寺(2020年分譲済)

 玄関から続く“DOMA(土間)”は、家の中でありながら土足のまま使えるフリースペースとして、趣味や遊びなどのライフスタイルに合わせて活用することで、暮らし方の幅を広げることができる。
グッドデザイン賞を受賞した“通り土間”は、マンション1階住戸において玄関口と勝手口を土間で繋げ、通り抜けを可能にしている。通常の玄関口に加え直接道路から入れる専用入口を設けることで内部と外部との連続性が生まれ、住空間を分断することなく心地よい繋がりを創出する。さらに土間部分の床をタイル仕上げとし、スロップシンクを設けることで水洗いにも対応。子どもの遊び場や趣味を楽しむ作業スペースとしてなど、幅広い用途に対応ができ、住まい手の暮らしの幅をより広げる間取りづくりを実現している。審査員は、在宅ワークや趣味、外部の人を招いた教室の開催はもちろん、土足で入れることから自転車やキャンプ用品置き場などにも使える点など、多岐に亘る使い方が想定できる新しいプランを世に提供している点を評価した。

↑ページの先頭へ戻る

伊藤忠の住まい総合ギャラリー「ギャラリークレヴィア」を開設

2020年2月にオープンした「ギャラリークレヴィア新宿」

マンション販売拠点、CREVIA(クレヴィア)ブランドの情報発信拠点、
住まいの情報ステーションとなることを目指したギャラリーを新宿・有楽町に展開。

 同社では、都心エリアにおける新築分譲マンションの販売拠点、および『CREVIA(クレヴィア)』ブランドの情報発信拠点として、伊藤忠の住まい総合ギャラリー「ギャラリークレヴィア」を新宿と有楽町に開設した。同ギャラリーは、マンションを販売するだけにとどまらず、さまざまな方が自由に集い、交流し、楽しめ、コミュニケーションが広がる場になると同時に、ブランドとお客様の受発信拠点となることを目指している。この2ギャラリーの開設を機に、都心・西エリアの物件は「ギャラリークレヴィア新宿」、都心・東エリアの物件は「ギャラリークレヴィア有楽町イトシア」に集約され、販売活動が行われている。また、住まいの情報ステーションとして定期的にイベント・セミナー等も開催している。

↑ページの先頭へ戻る

50余年のノウハウを次代へ引き継ぎ、独自の品質基準と3つのチェック体制で行うクレヴィア品質

     厳格な基準による複数のチェック体制を設け、徹底した品質管理を行っている

事業主、施工/設計・監理会社、第三者評定機関の検査担当者が品質管理を行う

 標準的な仕様を規定する「クレヴィア標準仕様書」と、建物の計画・設計、監理・施工段階における留意事項を示す「マンション建設基準」。建物を建てるための技術的な基準を定めたこの2つのマニュアルに基づき、3つの機関がそれぞれの立場でチェック体制を設け、各工事段階において決められた工程での検査を実施している。事業主検査では、企画、設計の図面段階から建物竣工までの各段階で、お客様の立場に立って、総合的に品質の検査・検証を実施。施工/設計・監理会社検査では、施工図チェック、設計図書通りに施工が進んでいるか、是正が正しく実施されているかを確認。第三者評定機関検査では、法令に基づいて、行政または指定検査機関による検査が実施される。厳格な基準による複数のチェック体制を設け、徹底した品質管理を行っている。

↑ページの先頭へ戻る

クレヴィアの信頼の約束、きめ細やかなサポートで見守るアフターサービス

アフターサービスのご利用の流れ

引渡し後、24時間365日、未来の安心を見据えた
コミュニティ形成までを丁寧に見守る

 同社のアフターサービスは、入居後からすぐに様々なサポートシステムが機能している。ベーシックな定期アフターサービスは、約3ヶ月、約1年、約2年の時点で実施。引渡しから一定期間スタッフがその場で柔軟に対応するウェルカムデスク、緊急トラブルから雑事までを幅広く、細やかにサポートするアイユー・コールがある。さらに、防災総合プログラム「クレヴィア ライフ・ハグ」では、居住者のコミュニティ形成のためのイベントや、防災意識を高めるセミナーを開催し、居住者同士のコミュニケーションをサポート。いざという時のための防災備品も整え、防災対策を多角的な視点から追求し、住民の皆様をサポートしている。

多角的に暮らしの安心を追求した防災プログラム、
クレヴィア ライフ・ハグ

 コミュニティ形成・防災備蓄・住品質の3つの観点からサポートするシステム。1つ目の“優しく・結ぶ”コミュニティ形成では、災害に対する準備を自分で行う"自助"から居住者の皆様が力を合わせて助け合う"共助"までを形づくる。防災マニュアルを作ったり、ウェルカムパーティや防災セミナーを開催している。2つ目の“頼もしく・備える”防災備蓄では、ガス発電機や防災救急セットなど防災アイテムを充実させ、防災倉庫及び厳選した備品を標準化し、整えている。3つ目の“強く・支える”住品質では、同社の住まいづくりの歴史の集大成ともいえる建築基準に基づき施工図や工事状況をチェックし、信頼の構造と先進機器の確実な運用を行っている。

クレヴィア ライフ・ハグ概念図

↑ページの先頭へ戻る

マンションの建替え事業。日本社会が抱える“マンション高齢化”の課題にいち早く対応

築約50年の記念碑的な集合住宅がレジデンスへと生まれ変わった街と住まいの未来を見つめ続ける

〈ザ・レジデンス稲毛台〉外観。JR総武本線「稲毛」駅より徒歩7分の静謐の丘に佇む優雅な邸宅が誕生。未来へと繋ぐ事業「マンション建替え」を成し遂げた伊藤忠都市開発は未来を切り拓いた(2008年分譲済)

以前の稲毛台住宅。はじめのうちは住民(地権者)に建替えという事業の説明を、なかなか受け入れてもらえなかったが誠意をもってお応えするという姿勢を貫き、事業着手より4年後、新しいマンションに生まれ変わった

 マンションが普及した現代、顕著化し始めた問題がマンションの老朽化だった。2002年に「マンション建替え円滑化法」が施行されたが、その時はまだ建替えのノウハウはなく、自身も高齢となった居住者たちが混迷の中に取り残されていた。そんな中、伊藤忠都市開発が、旧日本住宅公団(現在のUR都市機構)が全国で初めて分譲した稲毛台住宅の建替えに着手。見事に3棟249邸の大規模レジデンスへと生まれ変わらせた。古いものから価値を見出し、新しい資産を生み出した技術に今後も期待したい。

↑ページの先頭へ戻る

伊藤忠グループの中で、唯一の総合不動産企業であること

開発から施工、販売、管理まで。お客様に寄り添い続ける『一貫体制』のカスタマーサービス

  商社系総合デベロッパーとして次の世代の都市環境を創造

  伊藤忠グループの総合力により、安心の一貫体制を展開

 総合商社「伊藤忠商事」を構成する7つのカンパニーの中で、伊藤忠都市開発は、住生活の分野に属する。グループ唯一の総合不動産企業として、総合商社ならではのネットワークを駆使しながら、本当に必要とされている価値を創造し、形にしていくことを使命としている。街と住まいを見つめ、お客様の求める理想の住まいを確かなものにするために挑戦を続けている。伊藤忠都市開発では、用地選定から企画・開発・品質管理・販売・アフターサービスまでを、グループ企業と連携しながら一貫して推進。販売は伊藤忠ハウジングと、管理は伊藤忠アーバンコミュニティと連携しながら、暮らしに関するさまざまな場面でお客様に寄り添い続ける一貫したカスタマーサービスを展開している。

↑ページの先頭へ戻る

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

伊藤忠都市開発

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

伊藤忠都市開発

分譲実績のあるエリアから会社を探す
店舗所在地から会社を探す
ほかの不動産会社を探す

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る