"20180122091133:H:0" "20180122091133:H:0" "20180122091133:H:0"

不動産会社ガイド

NTT都市開発

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

NTT都市開発

同社が手掛け、本社を構える「秋葉原UDX」。(東京都千代田区)
2007年度グッドデザイン賞受賞

街と人、暮らしに寄り添い
心をつなぐ、新たな価値を創造

NTTグループの総合不動産会社として、2016年には設立30周年を迎えた。これまでのオフィスビルの開発・賃貸事業を軸とし、住宅事業、商業事業、グローバル事業、ホテル事業などにも事業領域を広げ、着実に地歩を固めている。「誠実に、革新的に」をスローガンとし、より付加価値の高い不動産サービスの提供をめざす。

新たな30年を築いていくために。技術力を高め、感性を磨き続ける

NTT都市開発の事業フィールド概念図 ※つなぐTOWNは、エヌ・ティ・ティ都市開発(株)の登録商標です。

さまざまな不動産サービスを提供し、国内外で事業フィールドを拡大し続ける

オフィス事業では、「品川シーズンテラス」が環境共生プロジェクトとして2017年度グッドデザイン賞を受賞。住宅事業は〈Wellith(ウエリス)〉ブランドに加え、サービス付き高齢者向け住宅との同時開発を実現した「つなぐTOWNプロジェクト」も好調。また、リノベーション事業でも2017年度グッドデザイン賞を受賞。グローバル事業、商業事業においても、活発に事業展開を進めており、今後も、世の中に求められる企業として、新たな30年を築くべく、さらなる高みに挑む。

↑ページの先頭へ戻る

お客様に寄り添い、「今」と、「未来」を、見据えた住まいづくりをめざす

〈ウェリス有栖川〉外観(分譲済)(写真:フォワードストローク)

住まう方への想いを込めて
ウエリスのめざす住まいづくり

住宅事業の根幹を成す、分譲マンション〈Wellith(ウエリス)〉。2000年のブランド誕生以降、高品位で良質な住まいを提供し、多くの実績を重ねている。2015年には、住まいのブランドをリニューアル。「お客様・マーケット志向の徹底」の表現に向け、多様化する価値観やライフスタイルに、よりきめ細やかに対応できるブランドをめざしている。
ブランドスローガンに掲げる、「今も、未来も、心地いい」は、「今」だけでなく、この先の「未来」も幸福を享受できる空間を築くという、住まう人への想いを込めたものだ。

〈Wellith(ウエリス)〉とは、「Well(心地よい)」と「With(共に)」を組み合わせた言葉

住まう方への想いは、「ウエリス宣言」として明言され、4つのブランド・パーソナリティー【誠実(Integrity)/開かれた(Open-minded)/楽しい(Delightful)/先進的(Advanced)】に繋がる。これらの強い想いがブランドの根底に流れているからこそ、心地よい住まいを提供し続けられている。
お客様に寄り添い、真摯に向き合いながら、時を超えた幸福をもたらす住まいづくりをめざしている。

〈ウェリスタワー愛宕虎ノ門〉エントランスホール(分譲済)

↑ページの先頭へ戻る

第三者も含めた厳重なチェックフローを実施。安心・安全で快適な住まいを提供

【ウエリスチェックフロー概念図】 幾重にも展開される各チェック機能や、第三者機関による検査を導入している

幾重にも重ねられる品質チェック。品質管理体制がもたらす安心感

お客様の大切な資産となる住まいを守るため、独自の品質管理体制「ウエリスチェック」を採用。工事プロセスによる重要管理項目を16ステージに明確化し、プロジェクト推進担当、品質管理担当、構造躯体については第三者の確認検査機関も交えながら、多角的な視点でチェックを実施。安心・安全を支える、品質へと繋がる重要なプロセスとして大きく注力している。
すべては、お客様のため。永続的に安心感の続く住まいをお届けするために、徹底した管理体制を導入しているのは、NTT都市開発の「誠実さ」がもたらす姿勢そのものである。

↑ページの先頭へ戻る

満足感を高める、カスタマーサポート。2017年・カスタマークラブを発足

入居後も個性的なサポートが充実
より心地よい〈ウエリス〉での暮らし

お客様の入居後も満足感を高めるよう、あらゆるサポートを実施している〈Wellith(ウエリス)〉。2017年、新たにウエリスオーナーを対象とした、カスタマークラブ「イマトワ」が発足。グルメ・ショッピング・インテリア・家事サービスなど、会員限定のお得なサービスの提供やイベントの実施、住まいに関する疑問をQ&A形式で回答する等、多彩なコンテンツを提案。ウエリスで過ごす日々が、より心地よいものになるよう、さまざまな企画が進行している。

カスタマークラブ「イマトワ」ロゴマーク

↑ページの先頭へ戻る

ハード面、ソフト面からも、楽しみが広がるコミュニティの形成をサポート

グッドデザイン賞も受賞。新たなコミュニティの形成を支援

〈ウェリス稲毛〉(分譲済)コミュニティプログラム「はぐむクラブ」の活動の様子

〈ウェリス稲毛〉(分譲済)コミュニティプログラム「はぐむクラブ」の活動の様子

〈ウェリス稲毛〉(分譲済)内にあるピザ窯

住民同士の出会いを生み、コミュニティを育む「きっかけ」づくりを支援し、入居者の新たな楽しみを広げている。〈ウェリス稲毛〉では、共用施設などのハード面と、コミュニティプログラムを実施したソフト面双方からのサポートを実現。その活動が評価され、2015年に地域・コミュニティづくり/社会貢献部門においてグッドデザイン賞を受賞している。

↑ページの先頭へ戻る

【つなぐTOWNプロジェクト】多世代交流を生み出し、新たな暮らし方を提案

「つなぐTOWNプロジェクト」 概念図 ※つなぐTOWNは、エヌ・ティ・ティ都市開発の登録商標です

「ずっと、共に、心地よく」サ高住との同時開発プロジェクト

開発事業を担う企業として、いち早く革新的なサービスを展開したのが「つなぐTOWNプロジェクト」。通常の分譲マンションと、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を隣接地に同時開発。多世代交流の活性化を促し、住まう人々が世代に関わらず、快適な住み心地を継続的に維持していくことをめざしたものだ。緑を配したランドスケープや、可変的な仕様を施した専有部など、マンション、サ高住それぞれに、細やかな配慮が行き届いているのが特徴。異なる事業領域を有するNTTグループの各社との連携によって実現した事業である。

↑ページの先頭へ戻る

続々と誕生する、【つなぐTOWNプロジェクト】。さらに付加価値の高い住まいを

つなぐTOWNプロジェクト第2弾・〈ウエリス武蔵野関町〉(分譲済)で開催されたコミュニティイベントの様子

NTTグループの総合力を生かし
社会に貢献しうる住まいづくりを展開

第1弾の成功を受け、「つなぐTOWNプロジェクト」は第5弾となるプロジェクトもスタート。世代を超えた交流を育むことを目的のひとつに据え、周辺の地域住民との交流や、地元のお祭り・イベントなどへも積極的な参加を促している。つなぐTOWN武蔵野関町で開催された、街びらきイベントも盛況に終わった。これは、単なる居住空間の提供だけではない、〈Wellith(ウエリス)〉の真髄が色濃く反映されている。
NTTグループの総合力を大いに生かし、地域社会に根ざした、住まいづくりをめざし、これからも飛躍し続ける。

↑ページの先頭へ戻る

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

NTT都市開発

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

NTT都市開発

分譲実績のあるエリアから会社を探す
店舗所在地から会社を探す
ほかの不動産会社を探す

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る