"20210921074826:H:0" "20210921074826:H:0" "20210921074826:H:0"

不動産会社ガイド

阪急阪神不動産

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

阪急阪神不動産

<ジオ南青山>2018年分譲済み

100年を超える街づくりのDNAをジオに継承し、
新たな価値の提供へ

日本の住宅地開発の原点を築いた阪急阪神ホールディングスグループ。2020年は同社のブランド「ジオ」が生まれて30年という節目の年でもあった。
「ジオ」は、大地(=土地)を意味する。
その名にふさわしく、土地のポテンシャルを最大限に引き出す同社の姿勢は、住宅において「品と質」を追求しつつ他方面に広がり、新たな歴史を刻み続けている。

新たな住まいの「品と質」を追求し、その土地にふさわしいレジデンスを創出

ジオの最高峰ライン「ジオグランデ」を冠する〈ジオグランデ元麻布〉は、建築家・隈研吾氏によるデザイン。2019年分譲済

都心を彩る質の高い〈ジオ〉ブランド

100年以上にわたり、街と人と共に発展してきた阪急阪神ホールディングスグループ。そのマンションブランド〈ジオ〉も30年を経て、南青山、元麻布、赤坂といった都心の邸宅街に、芸術作品のような美しいジオが誕生する一方、郊外には緑に囲まれた大規模レジデンスが誕生、新しい街の風景を創り出している。

↑ページの先頭へ戻る

集合住宅に新たな「森」との共生を提案して、グッドデザイン賞受賞

「植栽」の域を超えた豊かな緑が、様々なファミリーの日常を彩る
立地に一番ふさわしい住まいを

<ジオ柏の葉キャンパス> 2020年6月分譲済

グッドデザイン ロゴ

「ジオ柏の葉キャンパス」は、駅徒歩6分でありながら「柏の森」再生を目指し、敷地内にはキャンプができる芝生の森、植物のトンネルのような曲がりくねった小径、ベンチのある共用庭など丁寧な外構計画がなされている。敷地全体に広がる庭は、単なる植栽ではなく、生活に根ざした、庭と共にある暮らしを創り出していて、その点が高く評価されて2020年グッドデザイン賞の受賞となった。

↑ページの先頭へ戻る

マンションのメリットを取り入れて、一戸建住宅の質をさらに高める〈ジオガーデン〉へ

ジオガーデン彩都箕面(28‐2街区)〈2020年分譲済〉

新ブランド〈ジオガーデン〉も登場

同社では、沿線開発で培ってきた“まち”づくり・“いえ”づくりのノウハウと、分譲マンション〈ジオ〉で積み重ねた“もの”づくりを融合させ、質の高い邸宅思想の住まいをお届けするために、今後販売を開始する新築分譲一戸建てを、新ブランド〈ジオガーデン〉として統一展開することに決定した。
 お客様の声を活かした「ジオフィットプラス」を始めとする多彩な商品企画プロジェクトも採用し、さらに多様化する住宅へのニーズに対しても、盤石の体制で応えていく。

↑ページの先頭へ戻る

お客様の声を活かして実現した商品企画〈ジオフィット プラス〉

ジオフィットプラス概念図

お客様の声を素早く商品企画に活かすため、システムマニュアルを明確に整理

〈ジオフィット プラス〉とは、〈ジオ〉の入居者様をはじめとしたお客様の声を集め、検証し、カタチにしていく、〈ジオ〉をよりよくするためのサイクル型プロジェクト。また〈ジオフィット プラス〉は、もしもの場合に備えたり、暮らしにエコを取り入れるなど、お客様のライフスタイルやニーズに応じた4つの視点から、お客様のライフスタイルに寄り添い、より快適に暮らすアイデアを、きめ細やかに提供し続けている。

↑ページの先頭へ戻る

首都圏で広がる〈ジオ〉のマンションシリーズ

首都圏物件ラインナップ(分譲済)

ジオ倶楽部 友の会会員も募集中

首都圏におけるジオシリーズ友の会会員募集中(入会金・年会費は無料)。注目物件の情報をいち早く、会員の皆さまにお届けします。
※詳細は同社ホームページで

↑ページの先頭へ戻る

銀座において新商業施設も2020年完成・オープン

阪急阪神銀座ビル

ジオならではの品質を、日常の様々な場面でお客様の満足へとつなげていく

さらに土地を活かす街づくりの精神は住宅事業のみならず、首都圏における商業施設にも及ぶ。2020年3月には銀座において新商業施設「阪急阪神銀座ビル」が竣工。外壁のガラスファサードの一部やエントランスホールに、イラストレーターの黒田潔氏によるアートワークを施して、木々の葉や木漏れ日を表現したデザインとなっており、銀座の並木と調和して、街に彩りと癒しを演出する。そのスタイリッシュな外観デザインと共に、デジタルコンテンツや体験型サービスを導入した新しいタイプの店舗も注目を集めている。

↑ページの先頭へ戻る

歴史の中で培った街づくりの思想は、さらに海外プロジェクトへと広がる

タイにおける住宅事業 Niche Mono Sukhumvit-Bearing(ニッチ モノ スクンビット ベアリング)

2020年、海外分譲事業全体での参画数は3万戸超に

 同社は国内での実績と住まいづくりのノウハウを活かし、かねてより海外でもマンション分譲事業を展開してきたが、2020年には、タイでの参画数1万戸超に加え、海外分譲事業全体での参画数は3万戸超となった。さらに海外において同社初の会員組織を発足した。経済成長著しい東南アジア諸国において、災害に強く、安全な質の高い集合住宅への期待度は高い。100年超の時をかけて極めてきた「品と質」は、さらに海外に向けて、グローバルにその価値を拡げていく。

↑ページの先頭へ戻る

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

阪急阪神不動産

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

阪急阪神不動産

分譲実績のあるエリアから会社を探す
店舗所在地から会社を探す
ほかの不動産会社を探す

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る