"20210623020711:H:0" "20210623020711:H:0" "20210623020711:H:0"

不動産会社ガイド

相鉄不動産

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

相鉄不動産

開発面積約19,000m2の広大な面積を誇る再開発エリアのランドマークとして誕生した〈グレーシアタワー二俣川〉(2016年分譲済)。同時に誕生した商業エリアや二俣川駅へ連絡通路で直結しているため、天候に左右されず快適に暮らすことができる。2019年度グッドデザイン賞(公益財団法人日本デザイン振興会主催)受賞

100年の歴史を背負う電鉄系デベロッパーとして
横浜から首都圏に豊かな暮らしを目指す街づくりを推進

相鉄不動産は、沿線開発に伴い数多くの住宅を手掛けてきた相鉄グループの住宅開発事業を一手に担っている。100年の歴史を持つ鉄道グループとして、「住まいとともに豊かな暮らしをつくる」ことを志し、商業施設やオフィス、シニア施設などの一体開発や、コミュニティ形成まで視野に入れた暮らし方の提案まで、多角的な街づくりにも力を注ぐ。その視線は常に未来を見据え、「100年先も豊かに暮らせる街」を目指し、進化を続けている。

相鉄グループは横浜‐海老名間を結ぶ「相鉄本線」と二俣川‐湘南台を結ぶ「相鉄いずみ野線」、JRおよび東急との直通線「相鉄新横浜線」を運行する相模鉄道(株)を基軸に、幅広い事業を展開する大手民鉄グループだ。

そもそも相鉄グループの不動産事業は戦後、荒れたまま放置されていた横浜駅西口の整備・開発に端を発する。そして現在、「横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業」(2023年度下期完了予定)に参画。今なお、横浜駅のさらなる賑わい創出に尽力している。

2022年度下期開業予定の相鉄・東急直通線開業へ高まる期待!2019年には相鉄・JR直通線が先行開業

鉄道ネットワーク機能の充実で沿線地域の発展にも大きく貢献

2018年度グッドデザイン賞を受賞した相鉄・東急直通線専用車両「20000系」。ヨコハマネイビーブルーの新型車両が都心へ颯爽と乗り入れる

相鉄・東急直通線、相鉄・JR直通線の事業概念図。東急との直通線が開業すると、「二俣川」駅-「目黒」駅間が約38分となるなど、相鉄線沿線駅から都心駅までの所要時間が短縮。「新横浜」駅付近に新駅が誕生し、東海道新幹線も利用しやすくなる

相鉄グループでは、都心直通運転計画の推進、沿線再開発など「魅力ある沿線の創造」に向けてグループ一体となった事業を推進している。特に注目が集まるのは横浜と都心をダイレクトに結ぶ相鉄線都心直通運転計画。2022年度下期には「新横浜(仮称)」駅などを経由して東急線との直通線開業を予定しており、再開発で生まれ変わった「海老名」や「二俣川」など注目のエリアから、「渋谷」「目黒」といった都心駅へ直通アクセスが可能となる。さらに「新横浜(仮称)」駅も新設されることで、新幹線アクセスを含め、よりスムーズなアクセスネットワークが完成する。

そんな東急との直通線に先駆け、2019年11月より相鉄・JR直通線が開業。起点駅となる西谷から「羽沢横浜国大」駅を経由して、「大崎」や「新宿」など都心の主要ターミナル駅まで乗り換え不要となるなど、相鉄線沿線駅―都心間の軽快なアクセスが実現。今後、さらなる沿線サービスや賑わいの創出にも期待が高まる。

↑ページの先頭へ戻る

魅力ある沿線の創造へ。JR・東急線との相互直通運転を見据えた大規模複合再開発を推進

豊かな暮らしの舞台となる住まい、そして街づくり。駅と地域をつなぐ大規模一体再開発

相鉄線の主要駅である二俣川駅南口の再開発計画により誕生した〈グレーシアタワー二俣川〉(共同開発事業)。職・住・商の一体開発に加えて、駅直結の好条件が多くの注目を集めた(2016年分譲済)

中心に自由通路と広場空間を配し、集いの場としてデザインした「二俣川」駅。永く愛される街の玄関口を目指し、鉄道発祥の地「横浜」を象徴する「レンガ」「鉄」「ガラス」といった、経年により深みを増す素材を採用

相鉄グループの沿線開発を代表するプロジェクトのひとつが「二俣川駅南口地区第一種市街地再開発事業」だ。「二俣川」駅は相鉄本線と相鉄いずみ野線が交わる交通の結節点。改良した駅舎を中心に集合住宅「グレーシアタワー二俣川」をはじめ、商業施設、オフィス、コワーキングスペース、医療モール、認可保育園などの複合施設群を集約、コンパクトシティを創出した。

特筆すべきは複合施設群の中心に自由通路と広場空間を配し、駅空間を人が暮らし、集う場としてデザインした点。線路や幹線道路が地域のコミュニティを分断しているという課題を、駅そのものをコミュニティハブとすることで解決。合わせて複合施設群の利用者・居住者のコミュニティ形成のための諸活動を展開している。

単なる駅周辺の開発に留まらず、都市計画においても重要な結節点となる大規模な複合開発をまとめ上げた手腕が評価され、「第63回神奈川建築コンクール 一般建築物部門(2019年度)」で優秀賞に輝き、同年度「グッドデザイン賞」や「まちづくり功労者国土交通大臣表彰(2020年度)」も受賞。さらに同社は今後も積極的に再開発へと取り組んでいく。

↑ページの先頭へ戻る

ライフステージの変化を見据えた街づくり。多世代交流と住み替え循環の新提案

集合住宅群「みなまきみらい多世代共住モデル」計画概念図 ※航空写真(2017年5月撮影)に、図面を基に描き起こした完成予想図を合成したもので、実際とは多少異なります ※1.2019年12月時点募集済

生まれ変わる相鉄いずみ野線沿線。多世代がいきいきと暮らせる街「みなまきみらいプロジェクト」

相鉄いずみ野線の沿線では、21世紀の住宅都市にふさわしい多様性に富んだ再開発が進められた。たとえば「南万騎が原エリア」では多世代の多彩なライフスタイルをサポートする街づくりを実践。駅前広場を囲むように、分譲マンション(分譲済)、賃貸マンション、高齢者住宅を整備。高齢者住宅に在宅介護サービス事務所、賃貸住宅棟内に認可保育園と学童クラブを誘致。同時にスーパーマーケットをはじめとする複合商業施設も一体開発し、駅前の生活利便性向上を図った。

同時にエリアマネジメントプログラムによるコミュニティの醸成や多世代共住環境を創出。近隣の既存戸建住宅群に着眼し、戸建てから駅前の集合住宅へ高齢者の移住を促すとともに、空いた既存戸建て住宅に、新たな子育て世代を誘致するなどの住み替えメニューを提案。駅前への住み替えをきっかけとした地域の「住み替え循環」を推進したことが高く評価され、横浜市より「よこはま多世代・地域交 流型住宅認定制度」の第1号認定を受けた。さらに国交省の「住宅団地型既存住宅流通促進モデル事業」や「スマートウェルネス住宅等推進モデル事業」に採択。「2019年度グッドデザイン賞」も受賞した。

↑ページの先頭へ戻る

横浜駅西口開発と共に歩み、相鉄線沿線から東京都心部まで、広範囲にわたりハイクオリティなマンションを展開

都心好立地におけるプロジェクトや、都市計画と連携したランドマークの開発にも積極的な役割を担う

相鉄グループの不動産事業の礎となった横浜駅西口。現在も大規模商業施設である相鉄ジョイナスや横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズなどを擁して、街の魅力づくりに寄与している

〈グレーシアタワー三鷹(2017年分譲済)〉では、三鷹市が掲げる「水と緑の公園都市」のテーマに沿って開発。ペデストリアンデッキ直結の敷地内公開空地に植栽やベンチなどを設け、駅前に憩いの空間を創出した

沿線の発展と快適な暮らしの創造に寄与する相鉄不動産。その歩みは横浜駅西口開発の歴史とともにある。1951年に横浜駅西口で放置されていた2万4,688㎡もの広大な荒地を購入し、電気、ガス、水道、横浜駅横断地下道の建設など、インフラの問題を市や地元団体と協力して解決。横浜エリアの戦後復興を象徴する繁華街構想を実現へと結びつけた。その後、1948年に住宅地・一戸建て開発事業、1973年にマンション開発事業へ進出。以来多くの住宅を開発し、それら事業は現在の相鉄不動産へと受け継がれている。

その豊かな実績を踏まえて首都圏全域への事業展開も加速している。たとえば〈グレーシアタワー三鷹〉(共同開発事業)では、三鷹市の都市計画と連動し、周辺環境や地域の利便性など公益性にまで配慮した計画を推進。相鉄線沿線のみならず、東京都内でも地域の暮らしに寄り添う開発を行っているのだ。

↑ページの先頭へ戻る

お客様の声を生かして創り上げる、家族の笑顔に寄り添う寛ぎの住まい

相鉄不動産の住まいブランド〈グレーシア〉ロゴマーク/GRACIA(グレーシア)とは、「上品」「洗練」の意味を持つ英語graceに「~の地」の意味を持つラテン語iaを合わせ、「良い住まい」を表現した造語

住まいのブランド「GRACIA(グレーシア)」

大規模な街づくりで培ったノウハウを生かした分譲マンションブランド〈グレーシア〉は、誕生から27年を迎え、沿線のトップブランドに成長。相鉄線沿線に留まらず、東京都内などでも積極的に事業を展開している。

そして、一戸建てブランド〈グレーシアライフ〉は、街に潤いを持たせる景観やふれあいを尊重した街づくりが特徴。グループとしての一戸建て分譲には1948年から始まった相鉄線沿線開発以来の歴史があり、豊富な実績で培った確かな技術と信頼性に加え、分譲マンション事業とのブランドイメージ統一化を図った。

さらにマンション管理業務を、グループ会社の相鉄リビングサポートが担うことで、管理費の見直しや専有部のメンテナンス、リフォームの相談まで、引渡し後もきめ細やかにサポート。1000戸を超える大規模マンションやタワーマンション、郊外型のファミリータイプマンションまで、40年以上にわたり、1万8000戸超(2020年12月現在)におよぶマンションの管理を手掛けてきた実績で、暮らしの安心を支えていく。

賃貸マンションブランド「KNOCKS(ノックス)」

ライフスタイルやはたらき方が多様化する中、気軽に住み替えができる賃貸住宅を求める声も少なくない。そうしたニーズに応えるべく、近年、相鉄不動産も賃貸マンション「ノックス」を積極的に展開している。

賃貸マンションに対しても相鉄不動産の“住まいづくり”にかける想い、こだわりはゆるぎない。「ノックス」は長年にわたる豊富な経験と実績をもとに、お客様のニーズに応える住空間、分譲マンションの要素を取り入れた高品質な賃貸マンションだ。

「おうちの扉をノックする。」
「ココロの扉をノックする。」
「未来の扉をノックする。」
「KNOCKS」には、人との交流やコミュニケーションを大切にする気持ち、将来への期待が込められている

↑ページの先頭へ戻る

ゆるぎないクオリティ/鉄道のDNAが生み出す、住まいの「安心」「安全」「信頼」

命を預かる鉄道事業が育んできた、最高レベルの安全と安心を提供

設計段階と工事着手前の2段階において図面(設計図書)と標準設計基準を綿密に照らし合わせ、安全で使いやすい住まいになっているかどうかをチェック

施工中、施工後のチェック体制も抜かりない。設計図通りに施工されているか、また入居後の使い勝手を想定し図面にも表れていない細かな部分も確認・検査

入居後のアフターサービスや定期的な設備機器等の保守点検は、クレームを待つのではなく、積極的にお客様の声を聞きにいく姿勢が信頼を集めている

「ずっと、ほっと、うれしい。」。この実現のために〈グレーシア〉では設計基準と検査基準を細部にわたり定めている。設計基準は建築、構造、設備、電気にわたる項目のひとつひとつを厳しくチェック。
また本体工事着工時から引き渡しまでの検査は、同社と施工会社、設計・管理会社が実施し、目に見えるところはもちろん、見えない部分までしっかり確認している。「安心」「安全」「信頼」のために、〈グレーシア〉のクオリティは、人がつくり、人が守っている。

↑ページの先頭へ戻る

永く快適な住まいライフを届ける「GRACIA(グレーシア)」のプレミアムサポート

住宅設備のびのび保証のサービス概念図 対象機種(9機種)は最大を表現したものであり、物件によって対象機種数は相違します ※当該マンションを最初に引き渡した日を起算日として6年(10年)を保証期間とする ※戸建の場合、サポート内容が多少異なります

大切な住まいを引渡し後も守る充実のアフターサービス

相鉄不動産の住まいブランド「グレーシア」は、引渡後の住まいの安心にも意識を配り、アフター保証の充実も図っている。GRACIAのプレミアムサポートでは、「住宅設備のびのび保証」「駆けつけサービス」「点検サービス」など暮らしを支えるサービスを提供している。「住宅設備のびのび保証」は、アフターサービス期間(相鉄不動産アフターサービス規準に基づく保証期間)に加えて、コンロやレンジフードなど対象9機種に6年間の無料保証を標準仕様で提供。さらに有償で10年間保証にグレードアップもでき、安心・快適に過ごせる。

↑ページの先頭へ戻る

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

相鉄不動産

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

相鉄不動産

分譲実績のあるエリアから会社を探す
店舗所在地から会社を探す
ほかの不動産会社を探す

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る