"20211207222258:H:0" "20211207222258:H:0" "20211207222258:H:0"

不動産会社ガイド

狭山不動産 / アップルホーム

R+house 狭山展示場

地元で賃貸から分譲住宅、高齢者施設まで。住まいを通して、生涯付き合ってもらえる確かなサービスを提供

 1979年創業の狭山不動産は埼玉県西部地域で、住まいを通してお客様の幸せを実現したいと『幸せづくり、はじめています』のスローガンを掲げ、お客様が心から満足頂ける『住まい』を提供。不動産の賃貸・売買・建築・リフォーム・高齢者施設の運営を各営業所で行っている自社一貫体制の不動産会社である。『賃貸から始まって、高齢者の住まいまで、生涯を通してお付き合いが頂けるワンストップ企業』を目指している。
 1989年には建設部門アップルホームを設立。木造から鉄筋コンクリート建築までを自社設計・施工・アフターメンテナンス及び注文住宅・リフォーム事業を展開。1990年ERA・ジャパン(現LIXIL 不動産ショップ)に加盟し、研修や加盟店との情報交換を行い業務強化・サービス向上に努めている。

社有分譲地200~300区画を常時保有に努め、『性能とデザイン』にこだわった自由設計の住宅

お客様専属の建築士・コーディネーターとマンツーマンでプランニング。2020年にはSAN+STUDIOがオープン

SAN+STUDIO(展示場)。SAN+の家がもっとよくわかるショールーム、多彩なインテリアスタイルも見学できる

SAN+STUDIO(展示場)。施設内は収納例・キッチンや洗面室スペースなども展示。理想の住まいをイメージできるつくり

 狭山不動産は社有分譲地200~300区画を常時保有に努め、開発による様々な大型プロジェクトを進め、ここに住みたいと思われる街を創り、地域発展に貢献してきた。同社は街を創るという事業だけではなく、お客様専属の建築士・コーディネーターとマンツーマンで検討できる自由設計の分譲住宅など、多彩な住宅提案を行っている。自由設計の分譲住宅ではプランのひとつひとつを建築士と相談しながら創り上げ、内外装も専属のコーディネーターと打ち合わせを重ねセレクト。狭山不動産はお客様の立場に立って『住まい』はもちろん、常に『生活・暮らし』を見据えた理想の住まいを追求しているのだ。
 今では、狭山不動産が地域に提供し続けてきた住まいは4000棟を超えている(※2020年11月現在)。2020年にはSAN+STUDIOがオープンするなど、設立50周年を目指して更なる飛躍を続けていく。

↑ページの先頭へ戻る

新企画『SAN+』。高性能住宅(ZEH住宅基準クリア、耐震等級3)とデザイン&コンセプトの融合

標準セット価格1550万円で提供している『SAN+』 ※標準セット価格は建物面積28.5坪(94.21㎡)の場合です。耐震等級3は損傷防止・倒壊等防止共にクリア

ずっと安心、ずっと快適、もっとお得へ。理想的なオンリーワンの住まいへ導く新企画『SAN+』

 『SAN+』はZEH基準クリア・耐震等級3を標準仕様とした高性能住宅。経験豊かな建築士・コーディネーターとの打ち合わせで理想の間取りとデザイン&コンセプトを追求していく。『SAN+』は住まいを選ぶファミリーが、高性能な住宅仕様をベースに自由設計で理想的な住まいを造れるよう立ち上げた新企画である。
・【ZEH住宅(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)基準クリア】
使うエネルギー(電気・ガス)を創るエネルギー(太陽光発電)でまかなえる住宅=ゼロエネルギー住宅。そのために高断熱仕様・省エネ設備が必要で、断熱材・サッシ・玄関ドアなどの性能アップ、LED照明、節水型の器具・トイレなどを採用し高性能住宅を実現
・【ZEH住宅基準クリアの効力。ずっと快適、もっとお得へ】
室内の温度差が少なく、ヒートショックを軽減、住まいの快適性を高め、健康にも優しい仕様。創エネ=太陽光発電・高断熱・省エネ設備などにより、光熱費を抑制
・【耐震等級3の効力。ずっと安心へ】
耐震等級1で耐えられる地震力の1.5倍の力に対して耐えられる堅牢な耐震性能を保持。地震保険料最大50%割引も適用

↑ページの先頭へ戻る

住まいに関する幅広い業務を展開中、狭山市・埼玉県西部をカバーする住まいのネットワーク

狭山不動産・アップルホームの組織図

住まいに関することなら狭山不動産へ。お客様とは住宅を購入した後も一生涯のお付き合い

 狭山不動産は住まいに関する地域の窓口として、狭山市を中心とした埼玉県西部地域で多彩な不動産サービスを提供している。『不動産売買・仲介』は狭山店、仲介・買取センター、所沢店、入間店、『賃貸部門』はアパマンショップ狭山店、アパマンショップ入間店、『建築部門』では注文住宅の展示場やリフォームショップを備え、『高齢者の施設運営』も行うなど、その分野のスペシャリストが丁寧に応対。同社は総合不動産業として地域の多彩なニーズに応えるため、組織として時代の変遷に合わせ専門分野の構築・強化を行っている。これからも、狭山不動産は生涯お付き合いができる企業として最良のサービスを届けていく。

↑ページの先頭へ戻る

地域社会に貢献する事業を推進。高齢者施設や日本語学校の建設・経営にも携わる

不動産の賃貸や売買・注文住宅だけでなく、大型ショッピングセンターや公共施設などの建設も

ブリエライフ狭山I(募集済)

大型商業施設・テナント等の誘致・開発事業にも取り組む(施工例)

 狭山不動産は地域の要望や時代のニーズに一企業として応えるカタチで、幅広く企業活動を展開してきた。不動産の賃貸や売買、注文住宅だけでなく、公民館や学校等の公共施設の建設、不動産の相続対策や資産活用の相談にも応じている。不動産事業に関することはすべて狭山不動産へと、地元の皆様から評価を頂けるよう努めている。
 更に自社の賃貸住宅に住まわれている高齢者の方々のご要望もあり、特定施設入居者生活介護サービス付高齢者向け住宅『ブリエライフ狭山I』『ブリエライフ狭山II』を運営している。留学生向けには『埼玉ブリエ日本語学校』を運営するなど、地元に貢献する企業としての活動は多岐に亘り、地域の生活・暮らしを支えている。

↑ページの先頭へ戻る

狭山不動産の設計・工事部門としてスタートした『株式会社アップルホーム』

頼りになる専門のスタッフが住まいづくりをサポート。入居後のアフターサービスも充実

設計部門・建築士のみなさんが家づくりの最適なプランを提案する

コーディネーターのみなさん。お客様専属のコーディネ―ターとして親身にサポート

建築中に、お客様と建築現場にて、直接家を見ながら説明をしている

 設計部門は建築士15名、コーディネーター7名、申請・キャド担当2名、事務2名、計26名で構成している。お客様の家づくりの想いや家族構成、ライフスタイル、予算などの要望をしっかりと聞き、希望通りの住まいづくりを計画・提案している。外観、内装、間取り、設備などの一つ一つについてきめ細やかに対応。お客様が思い描いた住まいをカタチにしている。工事部門には現場監督17名に、点検管理課が3名、リフォーム課はリフォーム監督8名、設計2名、事務・パート5名の計35名、合計61名という体制だ。他にも注文住宅の営業スタッフも在籍している。(※構成人数は2020年12月現在)

↑ページの先頭へ戻る

豊富な管理物件がある賃貸部門、建物最長35年保証など、事業・サービスは幅広い

賃貸マンション&賃貸アパートのオーナー様向けにセミナーも開催

毎月相続税のセミナーを開催。約1800室と約3300台の駐車場の管理物件を持ち、お客様のニーズに応えている

 賃貸部門は入間店と狭山店のアパマンショップ加盟店舗があり、約1800室と約3300台の駐車場を管理している。この部門でも地域に密着したネットワークと、きめ細やかなサービスで住まいをお探しの方の希望に沿った情報を提供している。
 さらに、管理部門とメンテナンス部門があり、入居された方にもオーナーの方にも満足してもらえるような体制を整えている。また、各種店舗・事務所や工場・倉庫などの幅広い分野の賃貸ニーズにも対応している。

建物最長35年保証のシステムを構築
ずっと安心、住まいと暮らしの基盤を担っていく

 入居後のアフターサービスが充実、自社一貫体制で安心サポート。まずは入居後半年と2年後・5年後・8年後の4回の無料定期点検を実施し、アフターメンテナンスもしっかりと対応。
 そして建物は最長35年保証のシステムを構築。安心、快適、確かな堅牢性、自社の建物に自信があるからこそ提案できるシステムだ。地域の『生活・暮らし』に寄り添う経営とは、いつまでも地域に寄り添い、共に日常を歩んでいくこと。同社は地域密着企業だからこそのサービスを提供し、住まいに不具合があっても、すぐ対応していく企業姿勢を貫いている。
※建物最長35年保証は定期的な点検と有償のメンテナンス工事を継続して頂くことで、長期保証部分(構造耐力上主要な部分、雨水の浸入を防止する部分)について5年ごとの延長保証を継続可能、最長で35年間の保証を致します。定期点検及び必要な補修工事を行わなかった場合は、その後の延長保証は出来ません。保証に該当しない項目や現象は、保証の対象外となります。保証に該当する項目でも免責事項に該当する現象は対象外となります。

建物最長35年保証システム(概念図)

↑ページの先頭へ戻る

『健康住宅展示場』をはじめ、アップルホームの建物を体感できる展示場

『健康住宅展示場』
・営業時間:午前10時~午後6時(予約可能)
・定休日:水曜日(夏期休暇、冬期休暇あり)

自然素材の住まい『健康住宅展示場』
外張り断熱、空調システムなど室内はずっと快適に

 健康住宅を始めて16年、現在の健康住宅展示場は3代目となる。2021年は新商品も予定している。
 健康住宅の特色は(1)自然素材の住まい。地域材を中心に無垢材を使用し、合板・集成材やビニールクロスなどを使わずに自然素材だけで造作。ホルムアルデヒドやVOC等の化学物質の放散を防ぎ、木の呼吸と共に生活する、優しく温かみのある住空間を創り出している。(2)全館空調システムを採用。常時全館が適温&換気が保たれ、寒い冬や暑い夏も快適に暮らせる。ヒートショックを抑制し、健康に優しい生活が得られる。(3)エコ住宅。エネルギーのロスを抑えるため、すべて高気密・高断熱仕様になっており、そのため、高い断熱性を発揮する外張断熱工法を標準採用している。

パナソニック耐震住宅工法『テクノストラクチャー展示場』
構造材の梁を鉄骨で施工、強い木造住宅を提案している

 テクノストラクチャー展示場は、パナソニック耐震住宅工法『テクノストラクチャー』を採用している。木の住まいの良さを活かしつつ、構造材の梁を鉄骨にすることにより、データに裏付けされた強い木造住宅を実現。高い耐震性を誇り、柱の少ない住まいも可能になり、プランの幅が広がる。ウォールによるフレキシブルな空間や空間力を発揮する吹抜がある住まいを提案している。多彩なニーズに応えるため、リフォーム部門の展示場も併設。
 同展示場は、内断熱、外断熱の2重断熱、樹脂サッシ、太陽光発電によるゼロエネ住宅。住み心地、収納、先進の設備などの提案が詰まった住宅となっている。

『テクノストラクチャー展示場』
・営業時間:午前9時~午後6時(予約可能)
・定休日:水曜日(夏期休暇、冬期休暇あり)

↑ページの先頭へ戻る

アトリエ建築家と建てるデザイナーズ住宅。『R+house 狭山展示場・川越展示場』で実際に体感

『R+house 狭山展示場』
・営業時間:午前9時~午後6時(予約可能)
・定休日:水曜日(夏期休暇、冬期休暇あり)

アトリエ建築家と建てる『R+house』
ムダを省いた、性能の高いデザイナーズ邸宅

 2016年にオープンした展示場『R+house 狭山展示場』、2017年には『R+house 川越展示場』がオープンしている。
 アトリエ建築家は『住まいをつくるプロ』、与えられた予算・条件の中で最高の表現で住まいをデザインしていく。『建てるプロ』とは異なり、家族構成やライフスタイルを想定し、子どもたちが成長した将来をも見据え設計していく。建築家は家族と話しながら、ひとつひとつの希望を積み上げ『暮らし・生活』をイメージし『生活という住まい』を描く。家族のスタイルを想い設計するため、暮らしやすさが際立つ理想的な住まいとなる。建物は無垢材や高性能サッシなどを使用した高気密・高断熱住宅。それでありながら、『R+house』は材料のムダづかいや購入の手間・職人の手間賃・長引く工期などに配慮、費用が掛かり易い箇所を極力少なくし、検討しやすい価格設定を提示している。

『LIXILリフォームショップ 狭山ショールーム』
リフォーム専用の展示場、より快適な暮らしをご提案

 ご家族の大切な想い出はそのままに、リフォームで美しくリニューアル。住まいとはライフスタイルの変遷により求めるデザインは変わっていくもの。二世帯住宅にしたい、太陽光発電を採り入れたい、間取り・水廻り設備は先進機能をプラスなど、住まいをグレードアップ。同社ではリフォームショップを運営し、より快適な暮らしへ導く住空間の提案をしている。
 LIXILリフォームショップは厳しい審査に合格した優良工務店のみが加入を許されるフランチャイズチェーン。加盟店は一級建築士をはじめとする『国家資格を持つ住まいのプロ集団』。住まいのことを知り尽くしたLIXILリフォームショップだから、高品質・高性能の安心施工で対応できる。2017年には『LIXILリフォームネット 川越店』もオープンし、更なるサービス拡充につながっている。

『LIXILリフォームショップ 狭山ショールーム』
・営業時間:午前9時~午後6時(予約可能)
・定休日:水曜日(夏期休暇、冬期休暇あり)

↑ページの先頭へ戻る

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

狭山不動産 / アップルホーム

分譲実績のあるエリアから会社を探す
店舗所在地から会社を探す
ほかの不動産会社を探す

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る