"20191119135228:H:0" "20191119135228:H:0" "20191119135228:H:0"

不動産会社ガイド

東海住宅株式会社

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

この会社の関連情報
東海住宅株式会社

「営業力だけでなく、スタッフの人としての魅力が会社の財産。20年以上前にご縁のあったお客様に『おかげさまで子どもがこの家で立派に成長し、独立していきました。ありがとう』と感謝の言葉をいただいたことがあります。不動産業は家を売って終わりではありません。お客様と人生を通じてお付き合いしていく、そんな信頼関係も含めて“東海住宅ブランド”を作っていきたいと思っています」と語る新部勝子社長

トップが語る。「20年後の『ありがとう』をめざして…。
50周年へ向け、2019年も社員一同この精神で邁進します」

「東海住宅は2021年に創業50周年を迎えます。その大きな節目へ向け、さらなる躍進を遂げるよう社員一同、日々活発な企業活動を展開しています。これまで何より私たちが大切にしてきたのは『家族の暮らしを守る住まいを、親身にご案内・ご提供すること。 また地域に根差したヒューマンカンパニーとして、それぞれのご家族の成長に寄り添い続けること』という一貫した思いです。お客様にとって肉親と同様に信じられる人であり、会社であるように、弊社はこれまで通り真摯に努力を続けてまいります。20年後にも胸を張ってお会いできるように……」

総取扱物件数の40%以上が多方面から持ち込まれた“未公開物件”という驚き

総取扱物件の内訳(2018年実績)。こうした“未公開物件”の多くは早々に売却されており、購入者には「期待以上の家が見つかりました」と大好評を博している

不動産会社としては異例の保有数割合。
一般に知られずに魅力的な価格の“未公開物件”が流通

“未公開物件”という言葉をご存じだろうか。広告などで一般ユーザーが知ることのできる公開情報に対して、不動産会社が情報を公開する前段階で内々に売却する物件のことである。こうした物件には、いわゆる「リーズナブルで、市場的に魅力的」なものが多く、早々に売れてしまうことが多い。48年という実績を背景に発展を続ける東海住宅で目をひくのは、この“未公開物件”の多さである。取扱物件数ではエリア屈指の実績を誇る東海住宅だが、その半数近くをこうした“未公開物件”が占めているのだ。これは不動産会社としては異例の割合で、それだけ一般の購入検討者に知られることなく魅力的な価格や条件の物件が流通しているということである。

多くの“未公開物件”が集まる秘密のひとつは、
会社の実績と顧客の希望に沿う営業スタッフの真摯な姿勢

では、そうした“未公開物件”を東海住宅はどのように入手しているのか。1つは銀行、裁判所、弁護士、司法書士などが絡んだ債務整理に関するもので、ここにはいわゆる競売物件なども含まれている。こうした機関や法務関係者との取引は何より信用第一で、これまでの実績が問われる。また商工会や他の不動産会社から持ち込まれる物件、さらに既購入者がリピートする顧客再販などもある。こうした中で、エンドユーザーや小規模店舗からの売却依頼受注で高い実績を挙げているのが鎌ヶ谷支店の黒木大輔氏だ。その秘訣とは「とにかくお客様の希望をじっくり聞くこと。その上でスピーディーに売却することが重要です。永年地域で積み上げてきた弊社への信頼感ととともに、私個人も信頼してもらえるよう誠心誠意を尽くし、できる限り希望に沿った売却を素早く実現する。こうして満足したお客様が他のお客様を紹介してくれて、ネットワークが広がったというのもあります」とのこと。親身な対応こそ肝要ということだろう。

柔和な笑顔と話し方が印象的な鎌ヶ谷支店・黒木大輔氏。物件の売却依頼が多いことについては、その真摯な人柄も大きな要因となっている

↑ページの先頭へ戻る

流通事業を技術面で支える職人集団。建築のプロを擁した自社一貫体制も東海住宅の強味

田島康行部長(前列中央)を中心に並んだ千葉建築部のスタッフ。家づくりに関するエキスパートが集まった技術力と、創業以来培ってきたノウハウこそ東海住宅のバックボーン。また女性も多く、主婦目線の細やかなサポートを実践しているのも同建築部の特徴だ

流通スキルと高度な建築技術を併せ持つ企業。
理想の住まいを「流通のプロ」+「建築のプロ」が提供

東海住宅はもともと“不動産流通スキルと高度な建築技術を併せ持つ企業”を標榜してきた不動産会社である。「仲介会社は土地や既存の建物を紹介するだけ、ハウスメーカーは建物を建てるだけ。この両方を兼備してこそ不動産業のプロ」というのが同社の考えだ。このため同社には、一貫体制で分譲住宅・注文住宅の建築やリフォームを請け負う本格的な建築部が千葉と仙台に置かれている。不動産全般に関するプロのアドバイザーであり、同時に自社施工のできる技術集団でもあるという企業体制。「お客様と価値観を共有し、理想の住まいを提供する。自社だけで完結するワンストップサービスこそ東海住宅のプライドです」という自信は、この両輪が揃っていてこそだろう。

設計・施工から、アフターメンテナンスまで、
ハイクオリティな住まいを安心な一貫体制で

東海住宅の建築部には建築士、工事監理者、大工、インテリアコーディネーター、アフターメンテナンス担当者、家づくりアドバイザーなど、大勢のプロが揃っている。このエキスパート集団がいるからこそ、設計・施工から竣工後のアフターケアまで、すべて自社でできるわけである。同社の特筆点は一切下請けを使わず、一貫体制を貫いていること。これにより高品質な住まいづくりを実践しながらコストも抑えられるため、細やかなフォローの必要な“未公開物件”でも顧客に大きな満足を与えられるのだ。ユーザーの気に入った場所に敷地を確保し、希望の建物が作れる注文住宅は同社の最も得意とする分野。また近年ニーズの高いリフォームについても、細やかな自社施工体制で対応し、高い評価を得ている。

東海住宅の提案型住宅『アルパ』では(1)落ち着いたシックエレガンス、(2)スタイリッシュなシンプルモダン、(3)木調をベースにしたナチュラルモダン、(4)リゾート風のアジアンモダンという4つのデザインスタイルをラインナップし、好評を博している。写真はアジアンモダンを採用したLD(室内施工例)

↑ページの先頭へ戻る

企業の特色/❶気配りが好評のウーマンパワー。❷地域に密着し、地元に精通した人材

「女性ならではの目線が不動産には不可欠」と語る松田亜古副社長(中央)。周りは一線で活躍する女性スタッフのみなさん(岡野優子、向後さゆり、靏岡葵、佐藤茜、長嶋優佳、鳥谷部亜樹、堀川友紀子、本郷愛裕美の各氏)

企業の特色❶/第一線で活躍する多くの女性スタッフ。
“女性目線”を大切に、細やかで親身な営業を実践

一般に不動産業=男性の仕事というイメージがあるのではないだろうか。その点、早くから女性だけの店舗を開設するなど、積極的に女性登用をしてきたのが東海住宅だ。現在も目をひくのは女性メンバーの多さ。しかもその多くが第一線で活躍するキャリア十分のプロなのだ。これが同社の第1の特色である。こうしたスタッフを率いる新部社長も松田副社長も女性。松田副社長は「家にいる時間は主婦の方が長い。それだけに細部にこだわるのは大抵女性です。その点同性だと話しやすいこともあり、女性スタッフはとてもお客様に歓迎されています」と語る。また同社のモットーは“風通しのよい会社づくり、お客様が来やすい店づくり”だが、「そのためにも細やかな気遣いができるウーマンパワーは欠かせません」(同副社長)。実際こうした女性の活躍が注目され、TVや雑誌などにも採りあげられている。

企業の特色❷/地域情報力を支える地元密着の姿勢。
地元出身者を主体とする人材パワーも信頼を集める重要素

関東と東北で多店舗展開をしている東海住宅だが、全店舗とも“地域密着”を基本理念としている。たとえば泉中央支店の菊地氏は「地元人だけに物件自体の内容はもとより、エリアの色々な情報に精通しているのが強味です」という。特に他県から来たお客様にとって、生活に密接に関わるこうした知見は不動産購入の決め手にもなる問題。その情報をきちんと共有することで信頼を勝ち得、それが成約へと結びついている。また「東日本大震災の被害があったところなので、できるだけ地域のために役立ちたい」というのも菊地氏の強い希望だ。地元出身者を主体とするこうした人材パワーこそ、同社の特性である“圧倒的な地域情報力”のベースとなるもの。また「購入後もお付き合いは続きます」という安心感も地元密着の企業ならではだ。徹底して地域に根差す企業姿勢と人材力。これが企業の特色の第2である。

仙台にある泉中央支店は好調な実績を挙げ続けている東北の主要店舗のひとつ。同店の精鋭メンバーとして活躍する菊地寛人氏

↑ページの先頭へ戻る

企業の特色/❸ライセンサーが揃ったプロ中のプロ集団。❹親身かつ真摯で定評ある接客

公認・不動産コンサルティングマスター、行政書士、マンション管理士、建築士、ファイナンシャルプランナーなどの資格をもつ東海住宅のライセンサーたち。その深い専門知識を日常の業務にフルに生かしている

企業の特色❸/不動産コンサルティングマスターをはじめ、
高い専門知識と豊富な経験を備えたライセンサー集団

特色の第3はライセンサーの多さである。不動産の国家資格でまず有名なのは宅地建物取引士(通称・宅建士)で、東海住宅にも大勢の宅建士がいる。その中でも、さらに広範な専門知識と経験がなければ取得できないのが公認・不動産コンサルティングマスターだ。同社にはこの資格を持つ社員が何人もいるほか、行政書士、マンション管理士、建築士、ファイナンシャルプランナーなど、多くのライセンサーが活躍している。また社員全員が不動産キャリアパーソン講座を受講し、ほとんどが資格を取得しているのも注目点だ。この資格は全国宅地建物取引業協会連合会が「消費者への適切な情報提供に資する者」と認めたもので、企業を挙げてのこの取り組みは全国的にも希少な例として同社は宅建協会より表彰を受けている。まさにエキスパート集団というべき不動産会社の証明である。

企業の特色❹/「無理な売り込みはしない」が企業規範。
「初心者大歓迎」というビフォアサービスを実践

「20年後の『ありがとう』をめざして」をキャッチフレーズとする同社の特色の第4は、「無理な売り込みはしない」という真摯な接客態度である。新部社長は「お客様が住まいを自分で選ぶための判断基準を的確に示すこと。弊社はそのためのプロのコンサルタント集団です」と語る。確かに「初心者大歓迎。買わなくてもいいんです」と公言する同社には、不動産に関する初歩的な相談が気軽にできる雰囲気がある。宇都宮支店の星野氏も「お客様の気持ちに寄り添いながら、アドバイザーに徹することが私たちの仕事です」と語り、終始笑顔で親切な接客を行っていた。購入後のケアがアフターサービスなら、これは嬉しい“ビフォアサービス”。「初めてのマイホームなので不安」という方にとって、何より同社は心強いパートナーとなる存在だ。

接客風景。「お客様に絶対後悔をさせないよう、家を買うお手伝いをしたい。“売る”のではなく、お客様のニーズに合った“提案”をし、資金計画など細部まで共に考えること。そのためのアドバイザーに徹したいと考えてお客様に接しています」と宇都宮支店の星野洋介氏

↑ページの先頭へ戻る

千葉県内や仙台、宇都宮、福島、郡山に支店網。店舗の一部を紹介(東北地方/仙台駅東支店)

4県にまたがる東海住宅の支店ネットワーク図。2017年10月におゆみ野支店が開業し、計16店舗となった。この17店が緊密な連携と情報交換を行いつつ、各エリアのニーズに応えている

全16店舗のネットワークと地域で培った情報力。
各支店が魅力的な“未公開物件”を保有

東海住宅では千葉県内に本店を含む8店舗、仙台に5支店、さらに宇都宮、福島、郡山に各支店を置くなど計16店舗が活発な事業を展開している。女性陣が充実した首都圏、行動力に富む熱い男性が集まる東北圏とエリアによって特性はあるが、いずれもが不動産流通に精通したメンバー揃いだ。このネットワークと地元密着で培った地域情報力、さらに強力なスタッフ力を武器に、各支店はそれぞれの地で永年活躍してきた。その実績を背景に、どの店舗も魅力的な“未公開物件”を保有しているのが特徴だ。特に転勤やIターン、Jターンで他県への転居をお考えの方などにとっては、エリアの物件情報を入手することは重要問題。エリアに精通し、親身な接客を実践している支店揃いなので、気軽に購入希望エリアの支店に問い合わせてみたい。

2016年11月、仙台の中心部にオープンした仙台駅東支店。
短期間で急成長、2018年度には総合売上部門第1位を獲得

2011年の東日本大震災で打撃を受けた仙台地区。ここでは被災した社員も多いが、「復興に向けて再出発した人達を応援する」というテーマのもと、社員一丸となって頑張ってきた。その仙台に創業45周年を記念し、2016年11月にオープンしたのが仙台駅東支店だ。その名の通り仙台駅東口から徒歩圏で、まさに仙台市のど真ん中ともいえる好立地にある。歴史は浅いが、青葉区や宮城野区といった市内中心部をメインステージにした活発な営業活動を行い、2018年度上期には全支店の中で見事に総合売上部門第1位の業績を挙げて、表彰された。「お客様に気軽にご来店いただける、不動産店らしくないお店づくりをしています」と語るのは明星直人支店長。「仙台駅から歩けますし、駐車場も11台分ありますので、来やすいと思います。また、どの年代層にも対応できる営業スタッフが揃っていますので、ぜひ気軽にお立ち寄りください」。

2018年度上期の全社員大会において総合売上部門第1位の表彰を受けた仙台駅東支店のスタッフ。右から2人目が新部勝子社長、賞状を掲げているのが明星直人支店長兼営業部副部長

↑ページの先頭へ戻る

緊密なネットワークで4県を網羅。店舗の一部を紹介(関東地方/宇都宮支店・東北地方/郡山支店)

「何より地域の人たちとのふれあいを大切にしている」という宇都宮支店のメンバー。明るくアットホームな店内は、初めてのマイホームを探す若い人たちにも気軽に入れる雰囲気だ

北関東最大の都市で活発な営業を展開する宇都宮支店。
ふれあいを大切にするスタッフは親切・丁寧な接客に定評

宇都宮市は栃木県の県庁所在地で、人口約51万人を数える北関東最大の都市。「住みよい街」としても知られ、東京の衛星都市として人口の増加を続けているところでもある。そんな宇都宮市を中心に、宇都宮線・日光線・東武宇都宮線の沿線各地で活発な営業を展開しているのが宇都宮支店だ。「2017年春に元今泉にある現在の店舗に移転しました。新しく広い事務所の特性を生かし、地域密着の活動の一環としてハーバリウム(植物標本)教室なども開催しています」と酒田支店長。「何より地域やお客様とのコミュニケーションを大切にしています」という姿勢がこんな形でも実践されている。スタッフは働き盛りの30代の男性が中心で、親切・丁寧な接客には定評がある。実際、購入者からも「物件の良い所だけでなく悪い所もハッキリ説明してくれた」「自分の経験を交えて話をしてくれたり、頼んだことはスピーディーに行動してくれて、大変満足した」との声が聞かれた。

福島県中通り一帯を営業圏としてカバーする郡山支店。
地域の信頼も篤いメンバーが「明るく元気で楽しく」を実践

郡山市は人口約33万人、福島県中通り中部に位置する中核市指定都市である。郡山支店は東北・山形新幹線が停まる郡山駅より一直線、幹線道路の新さくら通りに面したアプローチしやすい一角にある 。同店の営業エリアは広く、北は本宮市や二本松市、南は須賀川市や白河市に至る広域をカバーしている。昭和58年開店という歴史をもち、すっかり地域に定着した同社では、地元業者との連携により売買や仲介をはじめ多様な不動産業務をこなしている。地域の信頼も篤いスタッフは30代の男性を中心に総勢10人。鈴木茂春支店長はそのメンバーについて「優秀な人間が多いので、お客様には『安心してお任せください』と自信をもって言えます」と語る。支店長が毎朝の朝礼でスタッフにかける言葉は「とにかく、明るく元気で楽しく仕事に取り組もう」というもの。そのためか店内にはいつも、笑顔と活気ある声があふれている。ちなみに同店では、2019年の秋に新築移転オープンの予定だ。

「新しい店舗にも、ぜひ気軽に来てください」と声を揃える郡山支店のメンバー(前列中央が鈴木茂春支店長)。支店のモットーは「地域密着」「凡事徹底」。顧客のリピートや親子二世代の取引などが多いのも、長く続いている支店ならではだろう

↑ページの先頭へ戻る

緊密なネットワークで4県を網羅。店舗の一部を紹介(関東地方/千葉・鎌ヶ谷支店と四街道支店)

ベッドタウンとして人気の鎌ヶ谷市や船橋市を中心に活発な営業を展開する鎌ヶ谷支店のスタッフ(後列中央が奥谷潤一支店長)

的確なプランと迅速な売却で媒介委託が多い鎌ヶ谷支店。
ベテラン・中堅・若手を揃えたスタッフ力で広域をカバー

新京成線・東武野田線・北総線・東葉高速鉄道線・常磐線・京成本線などの沿線をフィールドとして広域で活動する鎌ヶ谷支店。人口流入の多い都内通勤圏だけに、売買の動きも活発だ。「駅前立地ではありませんが、来店客は少なくありません。特に成約したお客様からの紹介で来られる方が多く、地元に密着しているという実感はあります」と語るのは奥谷潤一支店長。売却物件を預かる、いわゆる媒介委託が多いのも同支店の特徴だが、「注意しているのは、お客様の売却理由をしっかり汲み取って的確な売却プランを提示し、迅速な売却を実現すること。そんな姿勢が信頼につながり、依頼の増加につながっているのだと思います」という。媒介物件が多いため成約件数も堅調だ。なお広めの店舗で働くメンバーは計10名。ベテラン・中堅・若手をバランス良く揃えたスタッフ力も同店の強味となっている。

売り上げ好調な四街道支店は店舗開設43年の基幹店。
モットーは「個人より支店を重視した姿勢とチームワーク」

東海住宅の発祥の地・八千代台にある本店に次ぎ、43年の歴史をもつ四街道支店。千葉県内にある支店の中でも屈指の売り上げを記録している要因について、水溜浩幸支店長は「長い歴史があるので地域に根付いた強味がありますが、それに頼りすぎないこと。そしてスタッフ全員のチームワークを大切に、支店重視の姿勢を徹底しています」と語る。迅速な売却査定に定評があり、建築部と協力しての受注契約が多いのも特徴だ。行政書士としても勤務経験があり、若手と客先へ同行することが多いという支店長は「人材教育が大切です。次世代の営業スタッフを育てるつもりで一緒に仕事をしています」。総武線、成田線沿線をメインステージに、仕入れ・転売にも注力している同支店。新築一戸建てが2000万円前後から求められるエリアだけに、「不動産購入は無理だと諦めている方や若い方にも、ぜひ気軽にお越しいただきたいですね」。

「好調な売り上げの要因は、全員が支店のため利益を上げようというチーム力です」(水溜浩幸支店長・右から5人目)という四街道支店のメンバー

↑ページの先頭へ戻る

購入者の声。「的確な物件選定とともに、親身なアドバイスや迅速な対応にも感謝です」

「個性的なマイホームに大変満足している」というMさん(右)と東海住宅の営業担当・角川歩氏。「親身に対応していただいて、とても感謝しています」

希望通りの個性あふれる一戸建てマイホームが実現。
「東海住宅さんにお任せして本当に良かった」

「昔から一戸建て住宅への憧れがあり、できれば個性的な家に住みたいと思っていました」というのが住まい探しを始めたMさんのご希望。そこで問い合わせたのが東海住宅の非公開物件で、ここから同社との関係が始まった。「とにかく他社にはない情報を持っているので、とても頼りにしていました。そして紹介していただいのが、思った通りの個性派一戸建て。緑豊かな住環境もとても気に入り、ここに決めました」。物件の立地する場所は土地勘のないエリアだったが、「買い物に便利なショッピングセンターや混雑しにくい抜け道など、営業の角川さんに細かいアドバイスをいただいていたので、暮らす前からとても心強かったです」という。「購入後も角川さんに頼ることがありますが、迅速に動いてくれるので助かっています。東海住宅さんにお任せして良かったと、本当に思っています」

東海住宅らしい女性目線を大切した新事業。
家事代行サービスの「ママコミ」をスタート

「家」という建物のハードとともに、「暮らし」というソフトの面を応援、サポートしたいという思いから、東海住宅では「ママコミおゆみ野」を立ち上げた。毎日の暮らしには、料理・掃除・洗濯・収納・家計管理・保守点検・育児・交流・介護など、それぞれに欠かすことのできない家事仕事がある。ママコミとはママたちのコミュニティのこと。ママが忙しい時や体調の悪い時、仲間としてそんな家事をシェアすることで精神的に余裕のある生活、自分の時間を持つことのできる暮らしを応援するのがこの家事代行サービスシステムだ。その第一店舗としてオープンしたのが「ママコミおゆみ野」。同店の大窪恵美子マネージャーは「信頼できるママコミスタッフが皆様に満足して頂けるように全力でサポートします。家事のことなら、どうぞママコミスタッフにお任せください」と語る。女性が多く、細やかな女性目線を大切にする同社らしい新しい試みに注目したい。

京成千原線のおゆみ野駅近くにオープンした家事代行サービスのオフィス「ママコミおゆみ野」。写真はママコミスタッフのみなさん(前列中央が大窪恵美子マネージャー)

↑ページの先頭へ戻る

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

この会社の関連情報
東海住宅株式会社

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

東海住宅株式会社

分譲実績のあるエリアから会社を探す
店舗所在地から会社を探す
ほかの不動産会社を探す

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る