"20221002084555:H:0" "20221002084555:H:0" "20221002084555:H:0"

不動産会社ガイド

長谷工グループ

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

長谷工グループ

〈ルネ横浜戸塚〉(2021年分譲済)外観

先進的技術開発と地方展開を目指す
「住まいと暮らしの創造企業グループ」

 マンション建設トップメーカーとしての確固たる実績を重ね、「安全・安心・快適な 住まいづくり」に取り組む長谷工グループ。「都市と人間の最適な生活環境を創造し、社会に貢献する。」を企業理念に、住宅環境が大きく様変わりする中で先進的な設計・施工・技術力を活かし、トータルプロデュース力で「住まいと暮らしの創造企業グループ」を目指す。また事業エリアを拡充し、積極的な広域圏への展開を推進していく。

幅広いエリアでマンション事業を展開

マンション施工実績と地方展開図

広域圏への事業展開 息の長い事業を展開すること

 長谷工グループは首都圏・近畿圏・東海圏を中心に、幅広いエリアでマンション事業を展開している。2017年より九州・沖縄への進出を皮切りに、新しいビジネスエリアにおける事業分野の拡充に向け取り組んでいる。今後もグループの総合力と強靭な経営により、持続可能な企業グループとして発展を続けていく。

↑ページの先頭へ戻る

技術開発を伝える【長谷工テクニカルセンター】情報発信拠点【長谷工マンションミュージアム】

長谷工マンションミュージアムを併設した「長谷工テクニカルセンター」本館

【長谷工テクニカルセンター】
4つの施設が情報発信の拠点に

 「長谷工技術研究所」「長谷工マンションミュージアム」「長谷工グループ技術研修センター」「長谷工コミュニティ アウル24センター」の4つの施設が集まり、長谷工グループが長年にわたって蓄積し研究してきた技術や知識、モノづくりの歴史を一般に広く伝えたいという想いが込められている。長谷工技術研究所には、「多目的実験棟」と「住宅実験棟」の2つの実験施設があり、「住宅実験棟」では、実物大のマンションを再現し、そのまま実験施設として使用している。

【長谷工マンションミュージアム】
モノづくりへの想いを世の中に発信

 世界や日本の集合住宅の歴史、企画・設計段階から建物ができるまでの過程、間取りプランの変化、リフォームや建て替え事例、未来の住まいなどを楽しく、“見て、触れて、感じて、学べる”体験型施設だ。最新技術を用いた展示コーナーも設置し、マンションづくりの魅力について広く社外に情報を発信している。

集合住宅の歩み

↑ページの先頭へ戻る

ZEH-Mへの取り組み。ランニングコストを抑えたスマートな暮らしを実現

〈ルネ南柏駅前〉(分譲済)外観完成予想CG

高層ZEH-M実証事業
(補助金交付事業に採択)

 6階建以上の高層向けZEH(※1)「ZEH-M Oriented」のカテゴリーで、〈ルネ南柏駅前〉が高層ZEH-M実証事業の補助金交付事業に採択された。ヒートポンプ内蔵の室外ユニットにエアコンと床暖房を組み合わせた「エアコン付ヒートポンプ床暖房」や直床断熱補強工法、 高性能開口(アルミ樹脂複合サッシ+Low-e複層ガラス)等を採用している。長谷工コーポレーションでは今後もZEH-Mの普及に向け研究・技術開発を推進していく。

(※1)ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、「1年間、住宅でつかったエネルギー(消費エネルギー)」より「1年間、住宅でつくったエネルギー(創エネルギー)」の方が多い、または差がゼロになる住宅を指す。

マンションへの木材活用の可能性を
検証し木造建築を推進

 近年、国産の森林資源の有効活用がサステナブルな社会環境構築の一環として注目されており、また昔ながらの木のぬくもりによる精神的なリラックス効果なども見直されてきている。長谷工グループとしても木造推進委員会を設置し、集合住宅における主要構造部の適材適所の木造化を見据え、その第一段階として集合住宅における共用棟の木造化を促進している。これまで長谷工グループでは、〈ルネ横浜戸塚〉(2021年分譲済)で新発想の木造ワーキングラウンジを創り、2020年のグッドデザイン賞を受賞。カフェエリアやソファエリアなどの共用スペースを創造。他にも6物件の木造共用棟を竣工させており、今後も環境への影響度を考慮しより環境負荷の低い施工技術の導入や、設計段階における省エネルギー仕様の提案などを通じて、環境保全への貢献を積極的に果たしたいと考えている。

〈ルネ横浜戸塚〉木造共用棟「ザ・ルーフ」外観

↑ページの先頭へ戻る

グループの総合力を活かし、大規模市街地再開発やマンション再生事業(建て替え・長寿命化)をトータルに支援

住宅・オフィス・商業・工場の調和のとれた複合市街地を実現
白金一丁目東地区第一種市街地再開発事業 〈白金アエルシティ〉

防災性の高い街づくりと魅力ある複合市街地に再開発

 大規模マンションを中心に数多くのマンションを長きにわたり施工してきた長谷工コーポレーションは、その企画力や技術力を活かし市街地再開発にも多数携わっている。かねてより「白金一丁目東地区第一種市街地再開発事業」として進行していたプロジェクトは「白金アエルシティ」として2005年11月に生まれ変わった。「白金アエルシティ」は、細街路をなくす等防災性を高め、住宅・オフィス・商業・工場を計画的に再配置し、魅力ある複合市街地を形成した。長谷工コーポレーションは同事業の初期段階から事業協力者として参加。都市計画段階における基本構想・基本計画の立案に始まり、事業全体の推進コーディネート役という立場から、同事業を牽引する重要な役割を果たしてきた。また、施工JVの一員として施設建築物工事を担った。

マンション建て替え施工実績No.1(※)
団地を中心に実績は41物件

 38年前、1984年に建て替え事業第1号物件を手掛けてから、団地を中心に2021年には41物件目の建て替え事業を着工した。
 日本全国の建て替え事業はまだ少なく、約300件。そのうち約13%に長谷工が携わっている。
 この実績を上げているのは、合意形成などの事業協力やデベロッパー事業、設計・施工など、長谷工がこれまで積み上げてきた顧客からの信頼、グループの総合力を活かした提案力や技術力が評価された結果と考えられる。
 団地型の建て替え事業以外にも、隣接地との一体開発による共同建て替え、総合設計を活用した建て替え、既存不適格物件の建て替え、隣地を活用した仮住まい不要の建て替え、保留敷地を戸建業者に売却した建て替え事業など、多様なスキームで事業を実現している。
(※2021年5月現在 施工実績 長谷工総合研究所調べ)

藤沢住宅マンション建替事業:建て替え後の〈エアヒルズ藤沢〉外観(分譲済)

↑ページの先頭へ戻る

【長谷工アーベスト】お客様目線で住宅購入をサポートするスペシャリスト軍団

企業広告※ 長谷工総合研究所調べ(2020年12月末時点)。※対象となっている首都圏新規分譲マンション供給戸数は(株)不動産経済研究所から発表されたデータを基にしている。

2020年販売取り扱い戸数NO.1。
全国に展開中(※)

 長谷工アーベストは、長谷工グループの中で、住宅購入を検討しているお客様の窓口という役割を担っている。近年は、2020年に戸建てのスペシャリストでもある細田工務店がグループ入りし、戸建ての販売業務も開始。また、販売を担当するだけではなく、企画から引き渡しまで分譲マンション事業の業務全般に携わっている。社内に独自の販売企画部門を設け、これまでの実績から得たノウハウを活かしながら事業主と手を組み、その市場に合う住まいの提供を推進。事業の初期段階から携わることで、販売を担当する住宅を隅々まで理解し、お客様が知りたい情報を的確に伝え、安心・納得の上で住まいの購入ができる体制を整えている。
 販売面では、常に住む方の目線に立ち、購入者の不安解消に配慮。電話やメール、オンラインでの相談など、きめ細かい対応を心掛けている。また、お住まい探しを始めたばかりの、エリアが決まっていないお客様に対し、販売受託する150棟以上から希望条件に合った物件を紹介する住宅の総合相談窓口を設け、お客様のお住まい探しを丁寧にサポートしている。

↑ページの先頭へ戻る

【長谷工リアルエステート】仲介とリノベーションのハイブリッド型流通を展開

長谷工リアルエステート首都圏店舗網

不動産に関する各種相談をはじめ
あらゆるニーズに対応している

 現在の不動産の流通量は新築住宅より既存住宅の方が上回っており、数多くのお客様が既存住宅を検討している。そんな中長谷工リアルエステートは、あらゆる不動産を取り扱う流通仲介事業を展開。長谷工グループの豊富な情報量を基に取り扱う不動産はマンションをはじめ、戸建住宅や商業用地、収益ビル、事業用地など多岐にわたり、購入から売却まで「売りたい」「買いたい」等のあらゆる不動産ニーズに対応している。不動産ソリューション事業では、不要になった社宅の有効活用や、遊休地の収益化や不動産信託受益権の売買などニーズに合った提案をし、不動産価値を最大限に引き出せるよう努めている。また既存住宅を購入し、バリューアップを施したうえで、次の住まい手へと提供するリノベーション事業も積極的に行っている。長谷工グループの総力をもって、安心して不動産取引ができる体制を整え、トータルにサポートすることを使命としている。

↑ページの先頭へ戻る

【長谷工管理ホールディングス】豊富な経験とノウハウにより、より質の高いマンション管理を提供

長谷工グループと管理会社グループとの連携図

高い技術力と経験に支えられた
約41万戸の管理実績

 同社グループ4社の合計管理戸数約41万戸(2021年11月現在)という豊富なマンション管理実績を誇る。グループ各社の技術・知識・ノウハウを、同社が集約し情報の共有化を図ることで、管理組合が直面する様々な問題に迅速・的確に対応可能な体制を整えている。
 また、高品質なサービスを提供するため、長谷工の技術力を結集した高度な機能と設備を持つ「長谷工グループ技術研修センター」においてマンション管理組合の運営を力強く支援するフロント社員をはじめ、ライフマネージャー(管理スタッフ)、クリーンスタッフ(清掃員)などを一貫したカリキュラムで養成するなど、充実した研修を行っている。

管理組合理事会の負担が不要
新サービス「smooth-e™」(スムージー)

 区分所有者全員で結成する管理組合。一般的には、抽選や輪番で役員を選出し「理事会」が設置され共用部分が管理運営される。長谷工コミュニティが新たに提供を開始したマンション管理サービス「smooth-e™」(特許出願中・商標登録申請中)では、「第三者管理者方式」(※)を採用。「理事会」が設置されないことで、役員としての区分所有者の意見の取りまとめや、長期的な修繕計画など専門性が高い議題の検討作業が不要となる。更に、「アイデア投票・投稿機能」を用意。共用部分に対する気づきや改善提案の検討に、区分所有者の誰しもがアプリ上で気軽に参加することが出来る。区分所有者にとって負担がなく便利で合理的なマンション管理運営を目指すサービスとなっている。
(※)分譲マンションに設置が必要な「管理者」を、区分所有者からの代表選任者ではなく外部の専門家(第三者)が担う方式。

アイデア投票・投稿機能

↑ページの先頭へ戻る

【長谷工リフォーム】【長谷工シニアウェルデザイン】【長谷工ライブネット】

【長谷工リフォーム】
CMでおなじみのマンション診断の達人「住優師」※「住優師」:マンションを知り尽くした、各種診断を行う専門チーム

【長谷工シニアウェルデザイン】
玄関から段差のないバリアフリーの自立型居室(募集済)

【長谷工ライブネット】
事業領域の概念図

 長谷工リフォームは、大規模修繕工事をはじめ、インテリアリフォーム事業を展開している。大規模修繕工事では、建物診断の専門チーム「住優師」が、建物の健康診断を実施。インテリアリフォーム事業では、定期的に行う相談会で、専門のスタッフがサポートを行う。
 長谷工シニアウェルデザインは2タイプの住宅の企画・運営をしている。お元気なときから入居できるマンションタイプのシニア向け住宅では、今までと変わらない暮らしに安心をプラスしたサポートを行う。介護が必要な方向けの住宅では、24 時間のケアを受けることができる。
 長谷工ライブネットは賃貸マンションのオーナーや、ファンド・リートのアセットマネジメント会社から、管理を委託される形で、賃貸マンションの管理実務を行っている。管理を受託している賃貸マンションは3,126棟・10万3,059戸(2021年11 月1日時点)で、全国トップクラス。1戸単位の賃貸管理も対応可能。

↑ページの先頭へ戻る

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

長谷工グループ

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

長谷工グループ

分譲実績のあるエリアから会社を探す
店舗所在地から会社を探す
ほかの不動産会社を探す

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る