"20191118204847:H:0" "20191118204847:H:0" "20191118204847:H:0"

不動産会社ガイド

積水ハウス

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

積水ハウス

〈グランドメゾン伊勢山〉(2011年分譲済)

人、街、暮らしにこだわり、
住まいに付加価値を創造

 住宅供給数240万戸以上(※)の実績を誇る積水ハウスは、注文住宅はもとより、分譲マンション、分譲戸建住宅、賃貸住宅、都市開発、リフォーム、国際事業に至るまで、住まいに特化した幅広い事業を行っている。また、分譲マンション事業としてオリジナルブランド“グランドメゾン”を展開している。常にユーザーの声に耳を傾け、時代と共に変化するニーズにも丁寧に応えてきた住まいづくりへの想いに加え、業界のパイオニアとして長年にわたり蓄積された膨大な知識とノウハウは、マンションづくりの場にも継承されている。
(※2019年1月31日現在)

人々への想いと快適へのこだわりを住まいづくりへ

グランドメゾンを具現化する「5つのデザインスタンダード」

「5つのデザインスタンダード」を基本としたマンションづくり“グランドメゾン”シリーズ

 積水ハウスでは、自然との調和や資源への配慮を心掛ける「環境共生」、時を重ねるほどに美しく成熟していく「経年美化」、生態系にも配慮した植栽計画「5本の樹」、ユニバーサルデザインを探求した「安全・安心」、1邸1邸を積み重ねてつくり上げる「住宅集合」という「5つのデザインスタンダード」をマンションづくりの指針としている。また同社が手掛けるマンションは、既存樹を出来る限り活かし、外周に沿って豊富な植栽を設けることで、周辺の街並みに馴染むように配慮している。さらに外周には住まいの顔となる自然石による石積みを施工することで邸宅としての品格に加え、「経年美化」の思想に倣った成熟していく景観を生み出している。

↑ページの先頭へ戻る

ハウスメーカーが手掛けるマンションとして“グランドメゾン”シリーズを展開

〈グランドメゾン仙川〉(2016年分譲済)

1邸1邸を丁寧につくり込んだ「住宅集合」という発想

 “グランドメゾン”シリーズは、常に住まい手側の視点による提案がなされている。同社のマンションづくりにおける考え方は、ただ単にいくつもの住戸が集まった「集合住宅」ではなく、1邸1邸を丁寧につくり込んだ「住宅集合」というハウスメーカーならではのものだ。また一般的なデベロッパーでは、土地を仕入れ、マンションを建てる際、それが市場に見合った価格で提供できるかが事業として成り立つかどうかのひとつの基準となるが、積水ハウスでは仮に価格面がクリアされても、さらにそこから同ブランドのコンセプトに応えられる場所であるかが十分に検討される。憧れの地に、こだわりを形にした質の高いマンションをという付加価値をつけることで、同シリーズのブランドは守られている。

↑ページの先頭へ戻る

街との調和が人々に愛されるマンションを育む “グランドメゾン”シリーズ

見て、住んで、良さが分かるグランドメゾンの品質

〈グランドメゾン白金の杜 ザ・タワー〉(2015年分譲済)

〈グランドメゾン品川シーサイドの杜〉(2018年分譲済)

 東京エリアの開発の責任者でもある夛田次長に商品開発への想い、こだわりについて話を伺った。「グランドメゾンは、多くの人が憧れる場所、誰もがここに住んでみたいと思うような立地を選ぶことから始まります。一般的なデベロッパーが供給する分譲マンションと違う点は、注文住宅を数多く手掛けているハウスメーカーが造るマンションだということです。例えば、柱型を室内に出さずにすっきりとした住空間の確保はもちろん、リビング、寝室、玄関には必ず収納を設けるなど、間取りを考える際にも戸建住宅と同じように1邸ずつお客様の家を造っているという意識を強く持ち、間取りから実際の暮らしがリアルに浮かび上がってくるような住まいを供給したいと思っています。またメーターモジュールを採用し、窓の鍵の位置ひとつを取ってもお子さまの安全性、お年寄りの使いやすさに配慮したユニバーサルデザインを基本としています。配棟計画においては住む人だけが満足するのではなく、周辺の方々にも受け入れてもらえるマンションであることが大切だと思っています。グランドメゾンでは完成したときから、すでに成熟したように街並みに馴染む外観づくりを心掛けています」

↑ページの先頭へ戻る

人と街の住まいづくりを見つめ、良好なコミュニティを形成

人のつながりを大切に考えているハウスメーカーならではの企画力

〈グランドメゾン狛江〉森のクラブハウス(2013年分譲済)

〈グランドメゾン東戸塚〉ライブラリー(2008年分譲済)

 積水ハウスでは、単に住まいを提供するのではなく、そこに住まう人々に新たな歓びや幸せな暮らしを提供することも、造り手の使命と考えている。共用施設はその中でも力を入れている部分で、キッズルームやパーティールームなど、居住者同士の交流が自然と生まれるような施設を可能な限り設置し、老若男女が使える「多世代交流」の場として提案している。大規模物件では、同社が推進するコミュニティ支援「ひとえん」のイベント会場としても利用されるなど、居住者が交流を温める場として欠かせない施設となっている。人のつながりを大切に考えているハウスメーカーならではの企画力で、住み始めてからの生活イメージが思い浮かぶ共用施設を提案している。

↑ページの先頭へ戻る

成熟するほどに魅力を増すマンション「東京テラス」

〈東京テラス〉(2006年分譲済) 2006年度「グッドデザイン賞」受賞。(社)日本産業デザイン振興会主催

2006年に完成した総戸数1036戸の世田谷区の大規模マンション

 〈東京テラス〉は、2006年に完成した総戸数1036戸の世田谷区内の大規模マンションだ。広大な敷地内にはスーパーや保育園も併設されており、約100本の既存樹を残した植栽計画も行われた。完成から10年余が経過した現在、お住まいの方々に改めて本物件の魅力を伺った。「広大な敷地を贅沢に使っており、あと1〜2棟は建てられるところを、それをあえて建てなかったことでゆとりが高まっています。『長く住みたい』『ここで歳をとっていきたい』という声も多く聞きます。子どもたちが、将来『ここに帰りたい』と思えるようなマンションであるよう、皆でマンションの質を維持していかないといけないと思っています」。積水ハウスの住まいへのこだわりや想いは、居住者へと受け継がれ、多くの人々が暮らしを育む成熟したコミュニティへと成長を遂げている。

↑ページの先頭へ戻る

グループ会社と密に連携した一貫体制によるマンションづくり

         積水ハウスグループ一貫体制イメージ図

豊富な経験とノウハウを活かし、価値ある住まいの提供を目指す

 ハウスメーカーとして多くの実績を積み上げてきた積水ハウスでは、例えば施工では戸建住宅事業で培ったノウハウを取り入れたオリジナル部材を採用するなど、マンションづくりにおいてもそのノウハウが活かされている。また、歳月を重ねるほどに味わいを深める「経年美化」の思想を支えるマンション管理においても、グループ会社によって質の高いサービスが提供されている。事業企画にはじまり、設計・施工・販売・管理・リフォームに至るまで、グループ企業と連携した一貫体制によるマンションづくりとアフターサポートを実践することで、10年、20年経っても色あせない住まいの提供を目指している。

↑ページの先頭へ戻る

住み始めてからの暮らしやすさにも配慮し、居住者同士のつながりを支援

「ひとえん」によるサポートで、良好なコミュニティを醸成

クリスマスコンサートの一例

クリスマスイベントの一例

 近年、子育て環境の充実や災害への対応などの重要性が見直され、人とのつながりやコミュニティづくりへの関心が高まりを見せている。積水ハウスでは「コミュニティの育成」にも重点を置いており、居住者と共に成長・成熟していくコミュニティづくりを推進している。その取組みとなる「ひとえん」は、コミュニティのきっかけづくりや活動支援などのサポートを行うことで、より人々が安心して暮らせる環境づくりに役立っている。実際にこの取組みを行ったマンションでは、居住者と管理会社が協力し合う形で定期的にイベントが開催されるなど、居住者同士の良好なつながりが育まれている。また“グランドメゾン”シリーズでは、このようなコミュニティ活動に不可欠な集会所等の共用施設づくりにも力を入れており、より質の高い人と人とのつながりをサポートしている。

↑ページの先頭へ戻る

世界に広がる、積水ハウスの豊富な実績

オーストラリア・シドニーの高層マンションで、世界的な建築賞を受賞

オーストラリア・シドニーの複合開発〈セントラルパーク〉プロジェクト

積水ハウスの本社がある〈梅田スカイビル〉

 積水ハウスは、世界の住宅水準向上に貢献するため、グローバルな事業展開を推進しており、その住まいづくり・まちづくりに対する姿勢は世界でも認められている。オーストラリア・シドニーにある〈セントラルパーク〉プロジェクトの〈One Central Park〉棟が「Best Tall Building Worldwide(世界最高の高層ビル)」を受賞(高層ビル・都市居住協議会(Council on Tall Buildings and Urban Habitat)主催、2014年)。1100㎡もの壁面緑化や29階の空中庭園、自然光を最大限活用する巨大な反射板など、緑による癒しやエネルギー効率の向上が評価され、受賞に至っている。
 積水ハウスの本社がある梅田スカイビルは、地上40階建て・高さ173mの連結超高層建築。周囲には、都市環境と自然の融和を目指し、水と緑が豊かな「中自然の森」や「里山」を配置している。2008年、イギリスタイムズ紙により、パルテノン神殿やサグラダファミリアに並んで「世界の建築物トップ20」に選出された。

↑ページの先頭へ戻る

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

積水ハウス

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

積水ハウス

分譲実績のあるエリアから会社を探す
店舗所在地から会社を探す
ほかの不動産会社を探す

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る