"20210512155547:H:0" "20210512155547:H:0" "20210512155547:H:0"

不動産会社ガイド

小田急不動産

「リーフィアタワー海老名アクロスコート」(分譲済)

家は帰る場所から、新たな幸せと出逢う場所へ
半世紀超のノウハウを注ぎ、住まいの未来を創造

小田急グループの総合不動産会社として、1964年に創立した小田急不動産は、マンション・戸建の開発・分譲業、オフィスビル・マンションの賃貸業、土地・建物の仲介業を主軸に事業を展開。半世紀を超え、小田急沿線の住文化を創造してきた。同社では今後も、これまで培ってきたノウハウを活かし、小田急沿線のエキスパートとして、住まいや暮らしに対して将来にわたる一貫したサポートを行い、「お客様のかけがえのない時間(とき)」と「ゆたかなくらし」の実現に貢献する。

小田急沿線を中心に、快適な生活環境の創造に努める総合不動産会社

4つの約束をベースに、住まいのブランド「リーフィア」シリーズを展開

小田急グループ事業概念図

リーフィア4つの約束概念図

小田急グループの中核企業として、住生活領域の事業を展開する小田急不動産。半世紀を超えて住宅を供給し続け、確かな信頼と実績を築き上げてきた。その住まいづくりの根底にあるのは、同社の分譲住宅シリーズ「リーフィア」の頭文字をブランドコンセプトとした、4つの約束(上図参照)だ。良質な住環境と確かな品質を追求する「リーフィアレジデンス」、街のランドマークとして、想像以上の暮らしの景色を創造する「リーフィアタワー」、そして街づくりと家づくりの経験を込めて創る一戸建て住宅「リーフィア」シリーズを展開している。

↑ページの先頭へ戻る

街と調和しながら、暮らし続けるほどに日々の喜びが育まれていく小田急不動産の住まい

街が大切にしてきた景観や文化に配慮し、住まいづくりを推進

「ザ・リーフィアレジデンス成城」(分譲済)

「リーフィア世田谷桜」(分譲済)

「ザ・リーフィアレジデンス成城」は、小田急線沿線を熟知した小田急不動産と国内有数の実績を誇る竹中工務店によって創り上げられた「成城学園前」駅徒歩3分のプレミアムレジデンスだ。低層住宅地や緑の保全や景観への配慮、「成城」ならではの住まい方を提起し、2019年度グッドデザイン賞を受賞した。また、「リーフィア世田谷桜」は、「世田谷」の街に相応しい格式を高めるデザインウォール、ガス燈をイメージさせる門柱デザイン、住まう方同士がふれあい、語りあうためのスペースも設定し、優美なる街並景観を描いている。

↑ページの先頭へ戻る

「海老名」駅間開発エリア「ビナガーデンズ」に、第1号タワーレジデンスを創造

空撮合成外観完成予想CG ※航空写真(2020年3月撮影)に計画段階の図面を描き起こした建物完成予想図をCG合成・加工したもので、実際とは多少異なります。一部施設は今後変更となる場合があります

小田急100年の節目に完成を迎える「ビナガーデンズ」。住宅・商業・オフィス・サービス施設が新設予定

鉄道事業を中心に「人の暮らし」と向き合ってきた小田急グループ。現在「海老名」で、大規模開発を推進している。舞台となっているのは、「海老名」駅間に位置する3.5ha超の「ビナガーデンズ」。すでに、広場、商業施設などが整備されるなど、2025年度の完成をめざし開発は着々と進行。小田急不動産はこの地に、第1号タワーレジデンスとなる「リーフィアタワー海老名アクロスコート」を分譲した。開発エリア内には、今後(仮称)オフィス棟や(仮称)サービス棟が開業予定。更なる利便性の向上や街の発展に、期待が高まる。

↑ページの先頭へ戻る

【マンション編】4つの約束を実現するための取り組み

「リーフィアレジデンス等々力」(分譲済) ※一部CG処理を施したもので、実際とは多少異なります

街と一体となる外観デザイン
人へのやさしさを考えて専有部を設計

土地によって、その街並みが描く表情は実に様々。長年にわたりその街に住む人々が育んできた街並みを損なうことなく、街と一体となること。そして、ただなじむだけでなく、リーフィアレジデンスが存在することで街の品質を上げていくこと。それが同社の目指す外観デザインだ。地域に与える影響やそこに住まう人々のことを考え、最適な設計を行うこと。そのために大切にしているのが、“やさしさ”である。街へのやさしさ、人へのやさしさを考え抜き設計することで、時を重ねるほどに、街や住まう人の生活に馴染んでいく住まいが完成する。

イメージ写真

安心できるマンションライフのための防犯対策
アフターサービスなどサポート体制を整備

防犯においては、フェンスを高くするなど設計面で配慮したり、警備会社のセキュリティシステムを採用。防災においては、防災備品などを備え、快適なマンションライフを届けている。また、より永く快適な生活を送っていただくために、お引き渡し後の定期巡回はもちろん、安心のアフターサービスなどサポート体制を整備。お客様センターでの住まいに関する様々なご相談には、スピーディに対応。ご要望に合わせた的確なアフターサービスを実施している。

↑ページの先頭へ戻る

【一戸建て編】4つの約束を実現するための取り組み

「リーフィア町田小山ヶ丘 第9期」(分譲済)

ルールに則った美しい街づくり
緑の恵みと四季の移ろいを感じる街に

新しい街には、近隣との調整、境界の確認、ゴミ置場の広さや位置など、安心して暮らしていただくための要件がある。同社では、その一つひとつを満たした、末永く安心して暮らせる街を提供。街区全体に植栽を配することで、潤い豊かな住環境を創出している。「リーフィア」では四季の移ろいを演出し、優しさと安らぎを与える20種類の落葉樹、常緑樹を“リーフィアツリー”として選定し、植樹している。このような住まいづくりを積み重ねることで、同社では、沿線を中心に美しい街並を形成し続けている。

トリプルチェック概念図

快適な住まいを支える地盤と基礎
確かな暮らしをお届けするための品質管理体制

住まいの基本となる地盤。建物着工前に地盤の地耐力を判定し、改良が必要な区画には工事を行っている。また、基礎部分には耐震性・耐久性や地盤からの防湿性など、快適な住まいを維持するために必要な施工を実施している。また「4つの約束」を実現するために、施工会社まかせにせず、同社、施工会社、第三者機関による“トリプルチェック”を実施。完成後には見えない部分まで確かな品質管理の下で作られた邸宅を届けている。

↑ページの先頭へ戻る

多様化する暮らしや様々なニーズに応えるため「想いカタチ. ファクトリー」が発足

「想いカタチ.ファクトリー」

お客さまの住まいへの想い(期待)をカタチ(商品化)にする

2018年、「リーフィア」の新商品・サービス開発の取り組みとして、お客様の住まいへの想い(期待)をカタチ(商品化)にするプロジェクト「想いカタチ.ファクトリー」が発足した。これは住まいに対するニーズが多様化する中で、お客様にさらに寄り添った商品を作っていきたいという想いからスタートしたものだ。現在、東京ガス都市生活研究所とタッグを組み「IDEA20」「famiカジ」「ヒトモワ」を。第4弾として、ネオアート設計・監修の「ウチBiz」の商品企画を展開している。

↑ページの先頭へ戻る

共働き子育て家族のための、楽しく家事がしたくなる住まいのヒント「famiカジ」

ドロワーカウンター概念イラスト ※企画設計・イラスト=オノ・デザイン建築設計事務所+リビングデザインセンターOZONE

毎日の食事の時に必要な小物を自分で準備する、カトラリー収納付き「ドロワーカウンター」

「想いカタチ.ファクトリー」のラインナップのひとつ「famiカジ」では、家族全員が楽しみながら自然に協力し合える、新しい家事のスタイルをかなえる住まいのヒントを提供している。その一つが「ドロワーカウンター」だ。毎日使う茶碗や皿などがしまえるカトラリー収納をカウンターに設置することで、子どもたちも自分で食事の準備や後片付けが可能に。毎日の家事を、家族みんなで楽しくできれば、パパもママも自分の時間をもつことができ、忙しい共働き家族に心のゆとりをもたらす。

↑ページの先頭へ戻る

小田急沿線を中心に住まい探しをするなら「リーフィアクラブ」へ

新築分譲一戸建て、マンション、宅地購入を検討中の方が無料で入会できる「リーフィアクラブ」

「リーフィアクラブ」ロゴ

「リーフィアクラブ」参考写真

「リーフィアクラブ」参考イラスト

「リーフィアクラブ」では、小田急不動産が販売する最新の販売物件情報、各種イベント情報(来場キャンペーン・ご成約キャンペーンなど)をメールやDMでお知らせするほか、いち早く物件情報の詳細がわかるプロジェクト発表会、先行モデルルーム見学会などの会員優先イベントにご招待。さらに、対象物件の会員優先販売、ご成約者の中から抽選で豪華プレゼントが当たる、会員限定の成約特典キャンペーンを用意している(不定期)。詳細は公式サイトをチェック。簡単に入会手続きが行える。

↑ページの先頭へ戻る

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

小田急不動産

分譲実績のあるエリアから会社を探す
店舗所在地から会社を探す
ほかの不動産会社を探す

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る