"20180221101518:H:0" "20180221101518:H:0" "20180221101518:H:0"

不動産会社ガイド

明和地所

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

この会社の関連情報
明和地所

<クリオ横浜綱島>完成予想図(分譲済)

明和地所の今が未来のあたり前へ
「住み心地が最優先」の住まいづくり

東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県・北海道札幌に加えて福岡へと、事業が全国的な広がりを見せる明和地所グループ。時代の潮流を冷静に見極め、最適なタイミングで自社のモノづくりへとスピーディに反映させる大胆さを持ちながらも、常にお客様一人ひとりの気持ちに寄り添うきめ細やかさも併せ持つ企業だ。「住み心地が最優先」という住まいづくりのポリシーを貫きながら、土地や時代に合った快適な住空間を創造する。明和地所の今が未来のあたり前となるために。

「想いをかなえ、時をかなでる。」─お客様一人ひとりの声に耳を傾け、ビジョンや想いをかたちにする

企業理念

多様化する時代に実力を発揮するオーダーメイド感覚の住まいづくり

明和地所グループの企業姿勢の根幹にあるのは、クリオマンションを選んでいただいたお客様に「ここに住んで良かった」と言っていただきたいという想いだ。それは1986年の創業以来、一切ぶれることはない。近年個人の価値観が多様化してきていることを受け、住む方のライフスタイルを熟慮したプランニングに注力している。基本計画から設計、外観デザインなど、全プロセスに責任を持って取り組める企業であることが、明和地所グループの特性として優位性を示し始めているからだ。住みやすさや快適さは、年齢や家族形態だけでカテゴリー分けできるものではない。お客様一人ひとりの感性は異なり、好みも千差万別だ。それぞれの嗜好性を汲み、反映できるオーダーメイド感覚の住まいづくりがいま求められている。心地よいと感じる住まい…その答えは「お客様の心の中」にある。だからこそ、最良のパートナーとしてじっくりと会話を重ね、そのビジョンや想いをかたちにすることを企業使命と捉える。「想いをかなえ、時をかなでる。」この明和地所グループの企業理念に想いの全てが込められている。

↑ページの先頭へ戻る

〈クリオシリーズ〉1987年に札幌圏に進出。63物件・全2596戸を供給

都心での暮らしを実現する洗練されたエントランスとスマートな外観〈クリオ札幌北1条〉(2015年分譲済)

新築マンション供給実績「4万戸超」、札幌エリアでも大きく活躍

2017年11月1日現在、明和地所の分譲マンション供給実績は「880棟 4万3043戸」を数える。さらに同社は1987年に札幌エリアに進出し、代表的なブランド〈クリオシリーズ〉を中心に2017年12月現在まで63物件・全2596戸を供給してきた。その最大のポイントはエリアの特徴や利点を最大限に生かす「充実した暮らし」。企画・品質・管理はもちろん札幌ならではの風景や気候を踏まえて、トータルに幅広く提案、魅力あふれる商品開発に力を注いでいる。

↑ページの先頭へ戻る

専門5社で構成する明和地所グループ/暮らしのあらゆるシーンで頼りになるパートナー

事業概念図

グループ企業の強み
「製」「販」「管」の一貫体制

明和地所グループは、用地の仕入れから企画、建設、販売、売買仲介、賃貸仲介・管理までを行う「明和地所」と、アフターサービスや大規模修繕を手がける「明和管理」、管理員業務を担う「明和ライフサポート」、リフォーム事業を運営する「明和リアルエステート」、そして住宅関係のローンを扱う「明和ファイナンス」の専門5社で構成されている。各プロセスにおけるお客様の声を共有することで、高品質な住まいづくりを実現している。「製」「販」「管」の一貫体制は、住まいにまつわるあらゆるシーンで、頼れるパートナーとなってくれるだろう。

↑ページの先頭へ戻る

今できること・今の時代に合った住まいづくり/土地の特性を活かし、街並みと調和する

【ダイバーシティなモノづくり】IoT型、都市型コンパクト、環境共生型など

■電気錠ワイヤレスリモート制御システム
Wiremo(ワイレモ)
外出先からも、住戸内からもスマートフォンひとつで住戸の電気錠を制御。鍵の締め忘れの無い生活をサポート

■家電機器の遠隔操作ができるリモコ
スマートフォンから専用サイトにアクセスし、照明、エアコン、給湯システムなどの運転・停止ができる

■次世代バーチャルライブラリー
約100誌の雑誌と15,000冊以上のマンガをパソコンやスマートフォン、タブレットで読むことが出来る(イメージPhoto)

永く親しまれ、その名が広く知れ渡る明和地所グループのオリジナルマンションブランド「クリオ」。ロングセラーである理由の一つに、時流を掴みモノづくりへ反映させる適応力が挙げられる。土地の特性や街並みとの調和を図った上で、今できること・今の時代に合ったコンセプトを素早く付加してゆくのである。例えば、IoT(Internet of Things)型マンションでは都内初の「電気錠ワイヤレスリモート制御システム」や「次世代バーチャルライブラリー」なども実際に導入している。また都市型住宅の需要が高まる昨今では、コンパクトマンション<ラベルヴィ>を発売。幅広い要望に応える商品を開発している。

↑ページの先頭へ戻る

住まい心地のよい空間:選べる楽しさを追求したconomi

セレクトシステムconomi

楽しみながら住まいをコーディネートできる無償セレクトシステム「conomi」

「マンションの室内ももっと自分らしくできないか」という発想から生まれたのがクリオマンションの無償セレクトシステム【conomi(コノミ)】である。好みが分かれる“色(カラーリング)”については、建材やキッチンのほかにもバスルームの壁やトイレの便器に至るまで、好きなカラーが選べるよう多彩なカラーバリエーションを用意している。またキッチンスタイルも自在で、コンロ前だけ壁を設けたり、フルオープンにすることも可能だ。間取りに関しても、スライディングドアを採用したフレキシブルな住まい提案や、使い方が自由な「押入収納」も注目したい新しいアイデアだ。この「押入収納」は布団も十分にしまえる奥行きを確保し、ハンガーバーや可動棚を組み合わせるというもので、空間を無駄なく使えるところが魅力である。ファッションをコーディネートするように、楽しみながら室内をカスタマイズして、自分らしい空間づくりが出来る。

↑ページの先頭へ戻る

スペースを有効活用するクリオスタイルストレージ

暮らしのシーンをイメージして柔軟に使えるよう配慮したストレージ

■フレックスストレージ
奥行は押入れサイズを確保。後方は可動棚、前方にハンガーバーを設置。スキー板なども手前に収納可能

■押入れストレージ
布団だけでなくタオルや季節家電などもしまえる収納。背面棚が広く使いやすい。湿気対策設計が施されている

■片付けストレージ
掃除用品やアイロンなどの収納を想定した物入れ。スティック掃除機を立ててしまえる倒れ止め付きで出し入れも楽々

収納の量と質は、日常生活の暮らしやすさに大きく影響する。大型収納があっても使いやすいものでなければ、無用の長物。生活スタイルに応じて柔軟に利用できるよう、サイズや構成に配慮したのが「クリオスタイルストレージ」である。例えば、押入れストレージは、布団がすっきり入る奥行きを確保し、可動棚やハンガーバーなどを組み合わせることで独自の収納を完成させることができる。大きなものも細々としたものも、無駄なくきちんとしまえ、お客様それぞれの暮らしに寄り添った収納システムだ。

↑ページの先頭へ戻る

新しいライフシーンが体感できる場所/銀座と横浜に常設マンションギャラリー

【クリオ ラベルヴィライフスタイルサロン】

ライフスタイルアイデア体験コーナー

conomiコーナーでセレクトを体感

「クリオ ラベルヴィライフスタイルサロン」(銀座)は明和地所のコンパクトマンション「クリオ ラベルヴィ」シリーズが体感できるギャラリー。女性目線で選りすぐった設備仕様、新築マンションならではのセレクトシステムなどが紹介され、新しいライフシーンを具体的にイメージできるところが魅力。conomiコーナーではフローリングや建具などベースカラーをセレクトし、その後キッチンタイプやアクセントクロスなどを洋服をコーディネートするようにカスタマイズ。個性を活かした自分だけのオリジナル空間を創り上げるという体験は、インテリアコーディネートの勉強にもなりそうだ。

↑ページの先頭へ戻る

人材育成や環境保全など【CSR活動】とご入居者向けサービス【クリオオーナーズクラブ】

次世代を担う子供たちのために「ジュニアフットボールフェスタ」開催

企業が社会において担うべき役割として環境保全や社会貢献、人材育成などの活動にも力を注いでいる。「ジュニアフットボールフェスタ CLIO CUP」の開催もその一つで、才能と個性をもった選手を育成するものだ。また、日本サッカー界における次世代を担う子供たち(小学生)を対象に「TEAM CLIO」として、海外遠征を実施している。

「CLIO CUP2017」

オーナー様とのコミュニケーションを深めるために多彩なイベントも

クリオオーナーズクラブは明和地所が分譲・管理するマンション(一部除く)のオーナー様を対象としたWEB会員組織で、割引特典やプレゼント、イベントなど魅力的な活動を行っている。年々盛り上がりを見せているのは、野菜作り体験ができる「クリオ畑」。明和地所の保有地を活用したシェア畑で新鮮な野菜を収穫するイベントだが、2017年はナポリピッツァをその場で焼いて食べたというから本格的。オーナー様とのコミュニケーションを大切に考える企業ならではの温もりが感じられるひとコマである。

家族で楽しめる『クリオ畑』収穫イベントの様子。定期的に開催しているこのイベントは明和地所グループの社員とオーナ-様のコミュニケーションの場ともなっている。(2017年6月開催)

↑ページの先頭へ戻る

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

この会社の関連情報
明和地所

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

明和地所

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る