"20180123112000:H:0" "20180123112000:H:0" "20180123112000:H:0"

北浜ミッドタワー(取材レポート)

SUUMO(スーモ)新築マンションの北浜ミッドタワーの取材レポート情報です。

【SUUMO限定】北浜駅直結タワー。専門家が、この「価値」を語る

【北浜アドレス】それは、都心中枢を司る場所。

資料請求はこちら!
資料請求いただいた方には、【北浜ミッドタワー】の最新情報と物件の魅力を満載した資料をお届けいたします。
右写真/現地周辺のビルから撮影した写真(2016年3月)に外観完成予想図を合成(実際と多少異なります)

1
初(※2)の「北浜アドレス」。しかも駅直結の地に、その名を刻む美姿で誕生
土地に敬意をはらい共存しながら、確かな存在価値を目指す
北浜の環境をこれからの未来につないでいく
外観完成予想図(※3)
  • 北浜の近代建築の美を踏襲



    北浜の近代建築に多くみられる花崗岩を基壇部に採用し、
    街並みとの調和を意識しつつ柄の変化に富む石を厳選し、
    その表現を主張。
    また建物全体のデザインは近代建築の大きな特徴である水平ラインと垂直ラインを融合させ、バルコニーにはコンクリート躯体とガラスを上下に組み合わせるなど、見る角度や遠近の違いで様々な表情を生み出す工夫と技術が施されます。
    さらに、船場の商家の設えである「大阪格子」をモチーフにし
    この地との共存を図りながら現代的デザインに昇華。

    北浜の環境を、これからの未来に向けても繋いでいく使命がある。
    そうした思いの元に、唯一無二の存在価値を目指す
    タワーレジデンスが誕生します。

既存を凌駕する個性。大阪の建築文化の先進性を示す
  • 時が磨いた造形美が際立つ基壇部(完成予想図)
    • 水平垂直を体現とした近代建築(三井住友銀行大阪中央支店)
    • 屋敷の細部にまでこだわりの意匠を尽くした大阪格子(※4)
佇まいに品格や日本的な美意識を追求

基壇部に採用したマテリアル

デザインアーキテクト 近藤康明氏に建物デザインについてお聞きしました。
「何かに倣う、様式を踏まえるということではなく、北浜という地に相応しい精神的なものを汲んで、現代的なデザインに昇華することを建築設計のテーマに捉えました。
その具現化のひとつが、商家の店と奥を仕切る室礼として用いられた大阪格子を彷彿とさせる、建物基壇部の格子やエントランスゾーンの列柱です。伝統の意匠に新しい息吹を与えて創出し、佇まいに品格や日本的な美意識を滲ませます。そして、その基壇部から天空に突き進むタワーには、ランドマークとしての美しさや存在感というこだわりをもり込みました。
『北浜ミッドタワー』のファサードは、バルコニーが突出したり、途中でなくなり、ある階からは窓の位置が移動したりと変化に富んでおり、見る角度によって表情が変化する4面ファサードという独創的なデザインです。さらに、建物のコーナーをガラス面とし、縦に連続するそのガラスウォールが、シャープなシルエットを演出します。揺るぎなき大阪の象徴として、そして大阪の建築文化の先進性を、ここに提示したいと考えました」






―――以下、住宅アナリスト井口氏が「北浜ミッドタワー」に住まう『価値』を語る―――

2
【「北浜」駅直結、「淀屋橋」駅地下直通】。井口氏が、この利便性の高い立地に迫る
現地視察の井口氏(2017年7月撮影)
高い利便性。この立地の価値は「時間価値」を生み出す
「北浜」駅と「淀屋橋」駅へ、直結と地下直通
地下直結概念図CG(※5)
  • 「新たな時間」を創出する駅直結

    マンションの立地は、建物や室内設計のように、後から変えることができないので、10年後、20年後までの長期的な視点で選ぶ必要がある。
    最近は、人口減少や高齢化を背景にコンパクトシティの流れが加速し、都心回帰と言われるように、多くの人が都心に集まってきており、今後もその傾向は強くなる。
    特に大阪市中央区の人口は、5年間で14,350人と、大阪市内で人口が一番増加している区である(※6)。
    それだけ多くの人が都心に住まいを求める大きな理由は「時間」である。通勤や通学などの交通利便性や買物などの生活利便性を求めるのは、「移動時間」を減らし「新たな時間」を創出したいからである。立地の価値は「時間価値」ともいえる。

  • 高い「時間価値」は将来の住戸事情にも対応

    「北浜ミッドタワー」は京阪本線「北浜」駅に直結徒歩1分の立地に誕生する。大阪市内は地下鉄が発達しているので、駅近のマンションも多いが、駅直結となると、マンション計画地の前に地下鉄の出入り口があるという条件が必要なので、数は少なく希少性が感じられる。
    しかも、地下直通で、御堂筋線「淀屋橋」駅まで徒歩6分、京阪「淀屋橋」駅まで徒歩3分、堺筋線「北浜」駅徒歩1分と、3線4駅が利用できる。
    都心を短時間で移動できるこのアクセスは、とても「時間価値」が高いといえる。
    また、「時間価値」が高い場所は、便利で快適な生活だけでなく、将来の売却や賃貸においても有利である。
    都心、駅直結徒歩1分の地は、とても魅力的だ。

3
【自然環境に恵まれ、大阪の歴史を継ぐ「北浜」】井口氏が、この得難い環境に迫る
2016年4月に撮影した写真に外観完成予想図をCG合成(実際と多少異なります)
時間に追われる都心では珍しい風趣を感じる街並み。時を経て、その評価はさらに高まる
  • 住宅アナリスト 井口克美 氏(大阪市中央公会堂前)
    • 中之島公園・バラ園
    • リバーサイドの心地よさが楽しめる北浜テラス

水の潤いに癒される難波橋前

大阪市内のマンション選びでは、生活の質を高める住宅環境が重要で、
資産価値にも影響を与える。
現地周辺には、土佐堀川や堂島川、中之島公園など、整備された大型公園や川があり、大阪市中央公会堂や、大阪府立中之島図書館などの明治時代の優れた西洋建築が建っていることで、街に洗練と趣が感じられる。
中之島の情景は、よくパリ・セーヌ川のシテ島の風景に例えられるが、「難波橋」もセーヌ川に架かるヌフ橋とアレクサンドル3世橋を参考にしてつくられたそうなので、
ちょっとした異国情緒が味わえるのだ。
高層ビルに囲まれた都心で、広々とした緑あふれる上質な環境は、気持ちを豊かにし、生活の質を上げてくれることだろう。
また、北浜界隈を歩いていると、「レトロ建築」と呼ばれる、明治・大正・昭和初期の西洋建築を見ることができる。レトロと言うが、今見ても、おしゃれで美しい建物で、現在もオフィスビルや喫茶店、レストランとして使われている。江戸時代から明治・大正・昭和と続いてきた商都大阪の歴史を身近に感じることができるのが、この北浜なのである。どこか懐かしい感じと、成熟した街の風格を感じる暮らしは、時間に追われる都心においては、とても貴重だ。
豊かな自然環境と、大阪の歴史の両方が守られている場所はとても珍しい。
マンション立地として魅力的であるとともに、時間が経つほど、その環境と歴史的な価値は評価されていくことだろう。

【北浜アドレス】それは、都心中枢を司る場所。

資料請求はこちら!
資料請求いただいた方には、【北浜ミッドタワー】の最新情報と物件の魅力を満載した資料をお届けいたします。
右写真/現地周辺のビルから撮影した写真(2016年3月)に外観完成予想図を合成(実際と多少異なります)

※1:実際と多少異なります。外観完成予想図は設計図書を基に描いたもので、形状・色などは実際とは異なります。施工上の都合、行政官庁の指導等により変更が生じる場合があります。 また外観形状の細部、設備機器等は表現しておりません。
※2:大阪市中央区北浜1丁目~4丁目に建設された超高層分譲タワーマンション(20階以上)は、本計画がはじめてとなります(2016年1月MRC調べ)。
※3:設計図書を基に描いたもので、形状・色などは実際とは多少異なります。施工上の都合、行政官庁の指導等により変更が生じる場合があります。 また外観形状の細部、設備機器等は表現しておりません。 なお、本物件の敷地内のみを表現しております。
※4:有限会社種村建具木工所の写真提供。
※5:立地状況を説明するための概念図であり、建物や施設の位置・距離・縮尺等は実際とは異なります。また、外観完成予想CGは設計図書を基に描いたもので、形状・色等は実際とは異なります。施工上の都合、行政官庁の指導等により変更が生じる場合があります。なお、外観形状の細部、設備機器等は再現していません。植栽は竣工から育成期間を経た状態のものを想定して描いております。
※6:2015年国勢調査より(平成27年調査時の人口-平成22年調査時の人口で計算)

※価格は物件の代金総額を表示しており、消費税が課税される場合は税込み価格です。税率は引き渡し時期により異なりますので、情報の見方ページを参照いただくか、各物件にお問い合わせください。 (1000円未満は切り上げ。)
※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。
※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。
※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。
※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。
※地図上に表示される物件の位置は付近住所に所在することを表すものであり、実際の物件所在地とは異なる場合がございます。
※地図の更新タイミングの関係で、物件情報が実際のものとは異なる場合や最新情報に更新されていない場合がございます。
※以下の南西諸島及び離島においては、表示される物件の位置が実際のものとは数百メートル程度ずれる場合がございます。
東京都:硫黄島・青ヶ島、沖縄県: 北大東島・南大東島・多良間島・水納島・与那国島・宮古諸島・石垣島・竹富島

北浜ミッドタワー 物件概要 第6期

所在地 大阪府大阪市中央区北浜2丁目20番2(地番)地図を見る
交通 京阪本線「北浜」歩1分乗換案内
間取り 1LDK~3LDK 間取り図を見る
専有面積 43.12m2~104.58m2
価格
未定
販売スケジュール 2018年2月上旬販売開始予定
入居時期 2019年3月下旬予定

モデルルーム・イベント・キャンペーン

  • お問い合わせ
    0120-311-507無料
    「北浜ミッドタワー」レジデンシャルサロン
    営業時間:10:00~17:00/定休日:火・水曜および第1・第3木曜
    ※0800で始まる電話番号は通話料無料です。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。
    ※お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えください。
  • スマートフォンから物件情報を見る
    画像

    スマートフォン版SUUMOでも、この物件情報や地図を見ることができます。

【67713832】北浜ミッドタワー
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る