"20210512153705:H:0" "20210512153705:H:0" "20210512153705:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

689 件見つかりました
  • Q
    新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?
  • A

    新着 メリット、デメリットを把握してから考えることが大切です。

    可能であれば新築住宅に住みたいとお考えの方が多いとは思いますが、未完成の場合、完成後にイメージの食い違いが出る可能性があります。その点、中古住宅の場合、実際の室内を確認することが出来ます。また新築と比べると割安感を持って頂ける点がメリットです。それぞれメリットデメリットがありますのでご予算を踏まえて何を優先するかを確認して考えて頂くことをお勧めします。 ( (株)LIXILリアルティマイルーム館赤塚駅前営業所 )

  • A
    渡邊 隆太郎

    新着 どちらかが絶対ということはありません。

    ここに関しての答えは一つで、実際に見比べることです。新築であれば綺麗なことに間違いはありません。しかし、思ったより収納が少なかったり、逆に築年数はかなりあるものの中がリノベーションされていて一見新築と見間違えるほどきれいな物件もあります。お連れしますのでどんどん見に行きましょう (担当: 渡邊 隆太郎 / e Good Life(株) )

  • A
    永木 康浩

    建物の内容、立地条件、坪数など全体的なバランスを見てください。

    新築・中古とも、ある程度決まったエリアで探しますと物件数はそんなに多くはありませんので、それぞれ物件ごとの特色を見比べていくことが良いご判断につながります。新築については、設備・保証・税金優遇など、どの物件もある一定以上の内容になっております。逆に中古については、新築に比べ安い・広い・陽当り・立地などプラスの面がある反面、築年数や今までの使い方により、保証がない・税金優遇が受けられない・異臭が取れない・リフォーム費用が掛かるなどマイナス面もございます。建物は古いがなかなか出ない立地、リフォーム費用は掛かるが新築に比べとても広い、などすべてはバランスだと思います。 (担当: 永木 康浩 / ありがとうホーム(株) )

  • A
    新谷 二朗

    物件に求める条件によって変わります!

    ご予算や条件によって、お客様に合った物件は変わってきます。「綺麗な物件に住みたい」=新築物件と決めつけるのではなく、「中古+リフォーム」という選択肢も視野に入れることによって、駅から近い物件を見つけられたりと、物件探しの幅を広げることが出来ます。まずはご相談ください。 (担当: 新谷 二朗 / (株)三春情報センター仲町台店 )

  • A
    正木 淳一

    基準はそれぞれ違います。ご夫婦で違いことも良くあるお話です。

    「新築物件」「中古物件」どちらもメリットがございます。弊社ではお客様のライフスタイル・ご希望条件をより細かくお伺いして市場に出ている全ての物件の中から一番お客様のご希望に合った物件をご紹介させていただきます。資金計画も含めて「物件選び」「金融機関選び」のお手伝い・ご提案をいたします。ご相談お待ちしております。 (担当: 正木 淳一 / イエステーション西東京店西武エステート(株) )

  • A
    石井憲児

    重要視するポイントによって変わりますので、各メリット・デメリットをお考えいただきたいです。

    新築をご検討の方には、新しい家に住みたい・最新の保証がついている家が良い、といったお声が多くあります。一方で中古をご検討の方には、絶対にこのエリアに住みたい・広い土地や広い間取りの家に住みたい、といったお声が多くあります。どちらも良いポイントがあります。まずはお客様の優先したいポイント(希望条件)をご判断いただくと良いと思います。そうして絞られる一方で、探し始めてどちらも良いかも?となられる方も多くいらっしゃいます。まずはどちらかに絞らずに両方をみていただくことをお勧めしております。新築・中古ともにメリット・デメリットを一緒に考え・ご理解していただき理想の住まい探しをお手伝いいたします。 (担当: 石井憲児 / ハウスルーム鶴ヶ島店(株)トラストワン )

  • A
    大角 裕貴

    価格とその後にかかる費用の差、様々な面を考慮してご検討ください。

    新築住宅では当然メンテンナンスまでの期間がある事、そして税制面や保証など様々なメリットがございます。中古住宅では価格面の優位性や豊富な物件数など、やはり様々なメリットがございます。どちらにもメリット・デメリットはございますので、先々まで含めた費用やメリット・デメリットを丁寧にご説明させていただきます。是非一度お気軽にご相談くださいませ。 (担当: 大角 裕貴 / ME Group/ME不動産千葉(株) )

  • A
    鹿島 健太

    気になる物件が、どのくらいご家族の希望条件に近いかでご判断いただければと思います!

    気になる物件が、どのくらいご家族の希望条件に近いかでご判断いただければ良いと思います♪新築か中古で大きく違いが出る部分は、【価格】、【保証】、【アフターサービス】の3点になると考えられます。「キレイな物件に住みたい」=新築と決めてしまうのではなく、「中古+リフォーム」という選択肢も視野に入れることによって、駅から近い物件を見つけられたりと、物件探しの幅を広げることが出来ます。まずはお気軽にご相談ください。 (担当: 鹿島 健太 / センチュリー21(株)アークレスト秋津営業所 )

  • A
    上山 直子

    価格をとるか、快適さをととるか

    新築か中古か迷うお客様はたくさんいらっしゃいます。新築物件は全て新品ですのでメンテナンスは当初ほとんどかかりませんし、快適な設備がたくさんあります。比べて中古戸建は価格が多少低くなります。設備はリフォームされているものもございますが、躯体や配管は年数がたっておりますので、メンテナンスが必要になり思わぬ出費がかかる場合がございます。 中古を検討する場合は建物の状態をしっかり確認してくれる不動産会社に頼みましょう(^^)/ (担当: 上山 直子 / ENISIYA(株) )

  • A
    上野 真稔

    こだわり と ライフスタイル で  (^O^) 

    新築であれば、設備は最新ですし保証も充実しておりますので 安心ですよね! 何といっても、いい 匂い  しかし、中古物件にはこだわりの ☆逸品、☆大豪邸、☆駅近なのに、この土地の広さ 等々・・。 新築では探せない、お客様のこだわりが、きっと見つかります 。 最近ではリノベーション住宅も多いですし・・。 楽しみながら探しましょう・・。 ひだまりハウスが、全力でお手伝いさせて頂きます。 (担当: 上野 真稔 / (株)ひだまりハウス水戸支店 )

  • A
    齋藤 翔

    お客様のご予算、希望条件、保証内容によります!

    戸建、マンション関わらず新築・中古でメリット、デメリットが御座います。新築の場合、戸建であれば構造体力上主要な部分の保証が10年間は必ずありますので、引き渡し後に万が一建物に不具合が生じた場合も保証されます。それ以外にも建具や設備に対し短期保証が付帯される物件もございます。中古の場合、もちろん新築より価格が安いメリットがありますが、契約内容次第で引き渡し後に給排水管や躯体部分に不具合が生じた場合自己負担になる可能性があります。お客様のニーズに合わせ新築、中古物件をご提案させていただき、ご納得がいく物件をご紹介出来ればと思っております。 (担当: 齋藤 翔 / 大雄開発(株)西大島店 )

  • A
    北村 浩一

    おウチに一番何を重要視していていますか?

    ご予算の中で新築戸建があり、ご自身の条件に合致していればそれが一番良いと思いますが、探しているエリアに新築戸建がない!自分の理想の間取りがない!など、おウチを探すうえでどうしても新築戸建がなく、中古戸建に理想のおウチがあればそちらを検討すると良いでしょう。保証の期間やメンテナンス時期、リフォーム箇所など、中古戸建には他にも検討するものはありますので、詳しくは担当スタッフに何でも聞いてください! (担当: 北村 浩一 / うちハピ (株)AZWAY )

  • A
    廣野 重人

    宅地建物取引業について

    宅建業において、瑕疵担保責任というものがあります。新築住戸の場合、宅建業者は10年間建物の主要構造部に10年間担保責任を負います。簡単に言うと、建物の主要部分に瑕疵(いわゆる欠陥)があった場合、売主で面倒を見ますよ。という保険です。中古の場合売主が業者の場合は2年間が義務付けられておりますが、売主が個人の場合は免責に(付けない)場合もあります。築年数がまだ浅い建物でも保険というものは万が一というものですのでよく、保険の内容や重要事項説明に記載されている条文、または購入する際にどういった所を保証してくれるのか?をよく確認しましょう。 (担当: 廣野 重人 / ME Group/MEマイホーム計画京葉(株) )

  • A
    井上 一雄

    新築・中古の基準は、お客様のニーズとなります。

    中古物件は新築よりお値段が安いですが、リフォーム内容によっては新築のお値段より高くなってしまう事もございます。弊社リフォーム担当によりアドバイスやお見積りのお手伝いをさせて頂き、お客様に比較して頂けるようご提案させて頂きます。 (担当: 井上 一雄 / (株)Familiar Home )

  • A
    安藤 一孝

    まずは、ここだと思える場所かどうかです!

    お問い合わせの物件は、たまたま新築だったなんて事もございます。探したい場所と住みたい場所が一致していれば新築も中古も関係ないです!ご自分の計画の中で購入出来る範囲の適正価格で、ここに住みたいと思える場所で探してみましょう!中古の場合は保証の問題などで新築とは違いますので、そのような注意点は営業の方と打ち合わせをきちんとすれば、ご心配はないと思います。 (担当: 安藤 一孝 / (株)K’sファミシア )

  • A
    駒走 忠司

    お客様ご家族のお話を是非お聞かせ下さい。

    お客様やご家族の状況で新築が良い場合もあれば中古が良い場合もあり、お客様ごとに異なる事と思います。それぞれメリット、デメリットをご説明させていただきお客様自身に最善の選択を選んで頂けますようにご提案、アドバイスさせていただきます。 (担当: 駒走 忠司 / (株)サンシティホーム )

  • A
    菅原 二郎

    「資産性」「流通性」「ランニングコスト」などです。

    新築も中古もそれぞれメリットもあればデメリットもあるかもしれません。もちろん物件によって多少の違いはありますが、ご予算やご希望と照らし合わせて、検討エリアの新築・中古の相場を確認しながらご検討ください。売却をする前提で購入する場合であれば流通性に優れた新しい物件が良いかもしれません。逆に売却をするつもりがないというのであれば中古を購入するものよろしいかと思います。どちらを選ぶのかの基準は「ご自身がどうしたいか」によって変わります。まずはじっくりとお客様のお気持ちをお聞かせください。オブライエンはそのお気持ちに最適なご提案をいたします。 (担当: 菅原 二郎 / (株)オブライエン )

  • A

    お客様のご事情に合わせて最適なアドバイスをさせていただきます!

    お客様ごとにどういうご事情で物件探しをしているか異なります。何年後かに売却を検討している人、一生住み続ける可能性の高い人、新品の最新設備が魅力的と感じる人、自分流にリフォームをしたい人など人によって見方も考え方も様々です。お客様の考えを一度お聞かせください。プロの視点で最適な物件のアドバイスをさせていただきます。 ( (株)ワイビーホーム )

  • A

    必ずしも新築(中古)が良い!というわけではありません!

    『絶対○○が良い!』という正解はありません。新築・中古それぞれにメリットとデメリットがあり、それはお客様の「住宅」に対しての価値観で大きく変わります。中古・新築それぞれに住んだ経験のあるスタッフが、実体験を元にご提案させて頂きますので、まずはご相談くださいませ。 ( (株)大船住研 )

  • A
    高須光人

    エリアと予算どちらが優先か考える

    土地情報が少ないエリアでも中古住宅で探すと希望の予算で物件が見つかる場合も多いです。反対に利便性が悪くても物件価格が抑えられるので、理想の間取りを注文住宅で実現する方もいらっしゃいます。自分達はエリアと予算どちらが重要かしっかりとご家族で話し合ってください。 (担当: 高須光人 / (株)カクニシビルダー本社 )

689 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 新築一戸建て > 新築一戸建て 関東 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
新築一戸建てを探すなら|SUUMO(スーモ)新築一戸建て
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。