"20190221190723:H:0" "20190221190723:H:0" "20190221190723:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

583 件見つかりました
  • Q
    新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?
  • A
    望月 栄二

    新築・中古、それぞれの長所・短所を確認しましょう

    【新築の長所】中古より諸制度が有利 / 誰も使ったことがないので、まずキレイ 【新築の短所】同じ立地・設備条件だと販売価格が高い場合が多い 【中古の長所】同じ立地・設備条件だと価販売価格が安い場合が多い 【中古の短所】中古より諸制度が不利 / 一度使われたことがあるので、使用感がある場合がある等、それぞれ良い面、悪い面があります。「新品だけど、販売価格が高い新築」「劣化があるけど、販売価格が安い中古」と言ったところでしょうか。ご自分やご家族の好みに合う方を選ばれるといいでしょう。 (担当: 望月 栄二 / センチュリー21ティ・エイチ・ライフ(株)厚木本社 )

  • A

    価格、保証で選んでください。

    新築戸建の場合、売買価格は高めかもしれませんが、最新の設備がはいっており、ランニングコスト(水道、高熱費等)が安価になるケースがあります。また、建築主、売買業者のアフターサービスや住宅瑕疵担保保険等がしっかりと完備されております。中古住宅は当たり前ですが新築住宅に比べると安価な傾向があります。但し、築年数にもよりますが、住宅ローン控除の適用がない不動産やリフォーム費用が多大にかかる場合もございます。また売主からアフターサービスや瑕疵担保保険が引き継げないケースもあるので、注意してください。 (担当: 堀口 恒平 / (株)リプロ東大宮店 )

  • A

    エリアか予算か・・・

    ご希望の住みたいエリアにご予算の範囲内で新築戸建がある場合は新築の方がよろしいかと思います。ただ、理想通りの物件が無い場合は中古住宅も視野に入れお探しください。新築、中古共にメリットとデメリットがございますので、わかりやすくご説明いたします。 ( (株)福屋不動産販売赤羽店 )

  • A
    田巻 敦

    ご予算が許されるなら新築、許されないなら中古です。

    ご希望のエリアを考慮するうえで、ご予算が許されるなら新築をお勧めいたします。多くのお客様にとって住宅購入は人生で一番高いお買い物になると思いますが、新築住宅は法律により最低10年間、主要部分の保証が義務付けられており、購入した後の万が一の不具合に対応できるため、安心感が高いと思います。これに対し、中古の魅力は価格ですが、保証期間が短いため購入前の慎重な見極めが必要です。住宅情報館では建築の知識豊富なスタッフが、間違いのないお住まいをご提案差し上げます!是非お気軽にご相談ください! (担当: 田巻 敦 / 住宅情報館(株)府中店 )

  • A
    福岡 祥樹

    新築・中古、それぞれの長所・短所を確認しましょう

    【新築の長所】中古より諸制度が有利 / 誰も使ったことがないので、まずキレイ 【新築の短所】同じ立地・設備条件だと販売価格が高い場合が多い 【中古の長所】同じ立地・設備条件だと価販売価格が安い場合が多い 【中古の短所】中古より諸制度が不利 / 一度使われたことがあるので、使用感がある場合がある等、それぞれ良い面、悪い面があります。「新品だけど、販売価格が高い新築」「劣化があるけど、販売価格が安い中古」と言ったところでしょうか。ご自分やご家族の好みに合う方を選ばれるといいでしょう。 (担当: 福岡 祥樹 / センチュリー21ティ・エイチ・ライフ(株)渋谷店 )

  • A

    何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 ( 三井住友トラスト不動産(株)大森センター )

  • A
    柴田 俊一

    土地の広さや立地で選ぶといいと思います。

    建物は償却していきますから、いずれリフォームしたり建替えが必要になりますから、土地選びが重要だと思います。ご希望の土地の広さや立地を選ばれた後に、新築か中古かをご予算に応じて選ばれるのが宜しいかと思います。 (担当: 柴田 俊一 / (株)ハウスデザイン )

  • A

    新築・中古かメリット・デメリットを比較検討してみて下さい。

    新築と中古では購入する目的がかなり違ってきます。新築は自分の思い通りのものが創れ満足度が高い。中古は新築に比べ価格が安くその分生活に余裕が生まれます。まずこの2つで迷うということはしっかりとした購入計画が立てれていない可能性があります。もう一度最初に戻って購入計画を考え直して原因を探してみましょう。 ( ウスイホーム(株)野比店 )

  • A

    新築or中古を決める前に、ご希望のエリアと予算内の物件を比較するのも大切です!

    新築住宅は当然きれいで、気持ちもよいかと思います。ただ、同じご予算内で考えた場合、中古住宅のほうが土地の大きさや、立地など環境面等の条件が良くなる場合もありますので、お客様のご希望条件の優先順位を整理したうえで、さまざまな提案をさせていただいております。まずは、ご希望のエリア、ご希望の予算内での新築住宅及び中古住宅を見比べてみると、よいと思います。 ( ビューハウス(株)高崎店 )

  • A
    高梨 塁

    まずは住みたい地域を教えてください。

    一般的に「最新設備に住みたいなら新築」「好きな街に住みたいなら中古」と言われます。長谷工グループには新築マンション分譲を請け負うグループ会社もあります。お客様のご意向をうかがいながら、ご希望が新築マンションに近いようであれば、近隣の新築マンションの紹介も可能です。まずはご来店いただき、ご希望の条件等を教えてください。 (担当: 高梨 塁 / (株)長谷工リアルエステート多摩センター店 )

  • A

    住まい方、将来の考え方によって異なります。

    中古の場合は予算が低いですが、後々リフォームなど、お金がかかる可能性があります。新築の場合は、中古と比べて予算が上がりますが、中古と同じ期間を住むとしたら、リフォーム費用などが抑えられます。どちらもメンテナンス費用は掛かってきますので、始めにお金がかかるか、後々お金がかかるかの違いです。また、エリアによっても変わってきますので、詳細は最寄りの不動産屋にお尋ねください。 ( ケイアイネットクラウド(株)はなまるハウス高崎展示場 )

  • A

    お客様のライフプラン・ライフスタイルが重要です。

    新築か中古なのかは、お客様が何を一番に重要視するのかによって異なってまいります。購入費用ですか? お住まいになるエリアですか? 建物の構造・耐用年数ですか?それとも、お客様ご自身のライフスタイルを重要視なさいますか?お気軽にご相談下さい。 ( コンチネンタルホーム不動産(株) )

  • A
    青木 光朗

    ご予算が許されるなら新築、許されないなら中古です。

    ご希望のエリアを考慮するうえで、ご予算が許されるなら新築をお勧めいたします。多くのお客様にとって住宅購入は人生で一番高いお買い物になると思いますが、新築住宅は法律により最低10年間、主要部分の保証が義務付けられており、購入した後の万が一の不具合に対応できるため、安心感が高いと思います。これに対し、中古の魅力は価格ですが、保証期間が短いため購入前の慎重な見極めが必要です。住宅情報館では、建築の知識豊富なスタッフが、間違いのないお住まいをご提案差し上げます!是非お気軽にご相談ください! (担当: 青木 光朗 / 住宅情報館(株)八王子店 )

  • A

    新築も中古も一長一短です。

    マイホームに対して、どこまで費用を掛けることができるかを検討することが必要だと思います。新築の初期投資は中古住宅と比較して高いですが、全てが新しい設備なので耐用年数m長くメンテナンスにかかる費用が少なくなる可能性があります。対して中古住宅はリフォーム済の中古住宅でも新築ではないので痛みが露呈するのが早い可能性もあり、その際は費用をかけてメンテナンスをする必要があります。 ( (株)楽暮コーポレーション住ムパル伊勢崎店 )

  • A

    価格と保証内容が基準の一つです。

    中古は保証期間が短くなり、中には保証なし(瑕疵担保免責)と言う物件もありますので、ご注意ください。大切な財産ですので、保証が長い(約10年)新築を選ぶ方が増えております。中古物件の基本は、現状引渡しとなります。購入者が自己負担でリフォームする事になります。購入後の金額が増加することも考えておかなければなりません。 ( センチュリー21(株)Leboth )

  • A

    一番は生活のイメージが持てるかどうかだと思います。

    人生で何度もあるお買い物ではありませんので、新築がいい!という方ももちろんいらっしゃいますし、瑕疵がある程度判明している中古物件の方が購入に際しては安心という方も多くいらっしゃいます。その他にもメリット・デメリットはございますのでお気軽にお問い合わせください。一番は新築にしても中古にしても生活のイメージができる物件や周辺環境なのかというところが重要かと思います。 ( (株)リライフ )

  • A
    横山 祥也

    何を重視するかにより異なります。

    新築の場合、設備は新品であり、最新のものであることが多いですが、価格は中古よりも高いケースが多いです。中古の場合は、設備の面では劣りますが、価格はお求めやすいものが多いです。立地を重視する場合、駅周辺に住宅を建築出来るような土地が無い場合、中古で探す必要がります。中古の中にも室内をリノベーション(内装や設備等を新品にする工事)してある物件もありますので、中古だからといって見送るのではなく、一度内覧をしてみるのが良いかと思います。 (担当: 横山 祥也 / 野村の仲介+小金井センター野村不動産アーバンネット(株) )

  • A

    まずは住みたい地域を教えてください。

    一般的に「最新設備に住みたいなら新築」「好きな街に住みたいなら中古」と言われます。長谷工グループには新築マンション分譲を請け負うグループ会社もあります。お客様のご意向をうかがいながら、ご希望が新築マンションに近いようであれば、近隣の新築マンションの紹介も可能です。まずはご来店いただき、ご希望の条件等を教えてください。 ( (株)長谷工リアルエステート西葛西店 )

  • A

    将来を見据えた長い目線で選択して下さい。

    中古住宅は、建築後の建物の歴史がわかります。居住中に建物の不具合や瑕疵などがなかったか・・・過去の履歴が有る程度わかるという安心感があります。また、新築と比べ価格的に低価格というメリットがあります。新築は、自分で建築するので有れば希望の間取りや設備などを取り入れフレキシブルに対応できる事が最大のメリットです。但し、費用面で中古住宅より大きくなります。現在のライフスタイルや資金計画、将来的な家族構成なども視野に入れて選択すと良いでしょう。 ( 香陵住販(株)駅南支店 )

  • A
    窪 親悟

    メリット・デメリットをご面談時にご説明させていただきます。お気軽にご相談ください。

    新築であれば、住宅の安全性という面で心配が少ないかもしれません。しかし、中古物件であれば大手ハウスメーカーの建物も購入できるかも。このようなメリット・デメリットがたくさんあります。こちらをご面談時にすべてご説明させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。 (担当: 窪 親悟 / ハウスドゥ!松戸中央店(株)岳南不動産 )

  • A
    鬼沢 裕也

    新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいいかについて。

    購入価格などにもよると思いますが、住宅は将来に亘って永く住むことが予想されますので、建物の保証についてしっかり確認が必要だと思います。新築住宅であれば、住宅会社が建物の構造耐力上重要な部分については10年間保証がつきましが、中古住宅を個人から購入した場合には保証が付かないケースが多いと思われます。 (担当: 鬼沢 裕也 / プラスワンエステート(株)ひたちなか店 )

583 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 新築一戸建て > 新築一戸建て 関東 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
新築一戸建てを探すなら|SUUMO(スーモ)新築一戸建て
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。