"20180422215141:H:0" "20180422215141:H:0" "20180422215141:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

556 件見つかりました
  • Q
    新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?
  • A

    新着 どちらが「正しい」「間違い」ということはありません

    新築でも中古でも「ここ、絶対に欲しい!」と心から思った物件が、自分にとっての正解です。その直感を大切にすることをおすすめしています。資産性の判断、ファイナンスはそのあとです。私も「ここ、絶対に欲しい!」のあとに資産性などを徹底的に分析して買ってきましたが、過去10件の居住用マンション売買は新築と中古が「半々」です。「基準つくって選ぶ」と、どうしても無味乾燥な一等賞物件を選びがちです。逆に、「ここ、絶対に欲しい!」と心から思えていないのなら、買わないという選択が「正しい」です。 ( (株)カイヤナイト )

  • A
    野村 朋洋

    新着 何に重点をおくかで新築か中古か決めていきましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間が短いケースが多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 (担当: 野村 朋洋 / (株)アイナハウジング )

  • A
    浜崎 大輔

    新着 それぞれの良さがあります

    新築も中古もそれぞれの良さがあります。新築はご希望の地域にないことが多いですが、リフォームの費用がかかりません。中古は近隣にお住いの方がどんな方かが分かりますし、管理状況も分かりますが、リフォームが必要なことが多いです。お客様のご希望をお伺いしてご提案させていただきます。 (担当: 浜崎 大輔 / (株)惠桜不動産 )

  • A
    三浦 郭司

    価格をとるか、快適さをととるか

    新築か中古か迷うお客様はたくさんいらっしゃいます。新築物件は全て新品ですのでメンテナンスは当初ほとんどかかりませんし、快適な設備がたくさんあります。比べて中古戸建は価格が多少低くなります。設備はリフォームされているものもございますが、躯体や配管は年数がたっておりますので、メンテナンスが必要になり思わぬ出費がかかる場合がございます。  中古を検討する場合は建物の状態をしっかり確認してくれる不動産会社に頼みましょう。 (担当: 三浦 郭司 / 東京リアルティ(株) )

  • A
    内山 翔

    一度、現地を両方みてみましょう!

    新築のメリットやデメリット、中古のメリットやデメリットは多数ございます。どちらの方が良い!!というのは、お客様のご希望条件や物件エリアによっても異なってきますので、一概には言えません。実際一緒に見学させていただき、それぞれメリット・デメリットをご説明させていただきます。中古戸建の場合い必要ならばリフォームやリノベーションもご提案させていただきますので、ご検討しやすいかと思っています。 (担当: 内山 翔 / センチュリー21ライフトラスト(株)津田沼店 )

  • A
    高良 雅人

    新築と中古の違いを比較表にし、内覧して頂きます。そこから基準を!

    新築と中古、特に築年数が数年の物件も稀にあります。先ずは机上にて一緒に比較をしていきます。そして『百聞は一見に如かず』という事で内覧致します。そこでご自身の中に基準を設けて頂ければ宜しいかと思います。机上や写真だけの判断はプロでも難しい面がございますので、是非ご相談し、内覧して頂ければ幸いです。お待ちしております。 (担当: 高良 雅人 / 住宅情報館(株)町田店 )

  • A

    万が一の際の保証、税制面などしっかりとご検討ください

    新築物件と中古物件大きな違いとしては、「価格」「保証」「税制優遇」の3つが上げられると思います。中古物件は価格が安くなるので初期費用としてのメリットはありますが、長期でみた際に修理費が掛かってきてしまったり、税優遇が新築より少なくなってしまうこともあり思ったほど金額のメリットを得られないこともございます。中古の物件をご検討される際にはしっかりと保証、税制面も加味して選ぶことをおすすめします (担当: 渡邉 潤 / (株)ゴールドライフ )

  • A

    メリット、デメリット

    新築はきれいです、中古住宅は汚いです※イメージを持たれている方がいます新築分譲住宅は土地と建物の大きさは、標準スペックな大きさで4人家族を構成して作られております中古住宅は新築にはない、建物、土地の大きさがあったり、価格が安く市場にでてます。汚いものはリフォーム、リノベーションをすればいいことです。物件を選びで重要なのは、メリット、デメリットを判断すること、、、いまはネット社会ですので、ご自身で調べて、判断する基準を作るのが一番よろしいかと、、、その中で私どもの仕事は、背中をプッシュすることだと考えております。お手伝いは致しますので、ご相談下さい。 (担当:鈴木 / (株)ミライ )

  • A
    岩瀬 勇真

    予算の把握内で購入出来る新築戸建があれば、新築をおすすめします。

    新築と中古で悩まれる方は、最終的に価格面を判断基準とされます。基本的に新築の方が価格が高いので、月々支払い額等を考慮しお決め頂ければと思います。中古物件は購入後の修繕に費用を要す可能性もありますので、将来的な出費予想もお伝えさせて頂きますので、参考にして頂ければと思います。 (担当: 岩瀬 勇真 / (株)福屋不動産販売立川店 )

  • A
    松金 巧

    購入予算と土地の場所と建物の質をどの程度求めるのか?土地が広い物件は中古住宅です。

    新築か中古かで悩まれている場合。予算があるのでしたら新築住宅がいいと思います。また希望の地域でご希望の新築住宅が予算内であるのでしたら新築がいいと思います。当社の中古住宅は建物インスペクションを行っておりますので、中古住宅でもご安心して不動産を購入できます。中古のメリットは価格が安いこと。価格が安くてクオリティーの高い住宅購入できることです。中古を買われる方は安いから中古がいいという方がたくさんいらっしゃいます。また質の高い一流メーカーの住宅が安くかえるというメリットもございますし。土地が広い物件が出やすいのも中古住宅です。新築で土地が100坪以上の物件はございません。 (担当: 松金 巧 / センチュリー21(株)タクミ不動産 )

  • A
    栗原大介

    戸建てかマンションかでも基準があります

    中古か新築かで迷ったときは、相談に来てください。中古と新築の違いは、設備と今後どれくらい持つのか?に尽きるのではないでしょうか。メンテナンスがどうなっているのか。住んでから5年後に大幅な費用がかかるとわかっていたら買いましたか?そういったことを考えてくれる会社を選んでください。戸建ての場合、外壁塗装をしないと劣化が早く進みます。外壁、屋根、給湯器などなど見えないところもたくさんありますので、ホームインスペクションをうまく活用しましょう。お気軽にご相談ください。 (担当: 栗原大介 / (株)じゅうしん )

  • A

    メリット・デメリットを検討しましょう

    メリット・デメリットですが、代表的なものは新築は保証があって設備が新しいので高価。中古は安価ですが保証はなく、設備が古いため新品に入れ替える時期がすぐ来るかもしれません。忘れがちなのは建物の耐久年数です。耐久年数を50年とすると、築20年の中古戸建を35歳の方が購入したとすると、65歳頃(定年後)に改修や建て替えの必要が出てくる可能性があります。参考にしてください。 (担当:松江 秀幸 / (株)大成住宅ふじみ野店 )

  • A
    椿本 修

    住まい方、将来の考え方によって異なります。

    中古の場合は、予算が低いですが、後々リフォームなどお金がかかる可能性があります。新築の場合は、中古と比べて予算が上がりますが、中古と同じ期間を住むとしたら、中古と比べて、リフォーム費用などが抑えられます。どちらとも、メンテナンス費用は掛かってきますので、初めにお金がかかるか、後々かかるかの違いです。またエリアによっても変わってきますので、詳細は最寄りの不動産屋などにお尋ねください。 (担当: 椿本 修 / ケイアイネットリアルティ1st(株)太田ハウジングセンター )

  • A
    小林 貴祥

    優先順位を考えていきましょう

    お客様の住まい方によって理想の物件は変わってきます。まずは、自分たちが住むうえでどんなことを大切にしたいのか、整理していくことが大切です!はなまるハウスは、中古も新築も取り扱う総合不動産となっておりますので、それぞれのメリット・デメリットをお伝えしたうえで、お客様の住まい方に合った物件をご紹介いたしますので、是非お気軽にお問合せ下さい♪ (担当: 小林 貴祥 / ケイアイネットクラウド(株)はなまるハウス太田展示場 )

  • A
    長島 諒

    お客様のご希望条件によって異なります!

    新築と中古では、外観や設備なども違いますが、アフターサービスなど保証面で大きく異なります。また、中古のメリットである割安感や立地など物件の希少性があるかで選ぶお客様も多いです。お探しになる物件の希望条件によって基準は変わるかと思いますので、担当スタッフにご希望をお伝えください。最適なご提案をさせていただきます。 (担当: 長島 諒 / (株)アトラクトスペース )

556 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 新築一戸建て > 新築一戸建て 関東 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
新築一戸建てを探すなら|SUUMO(スーモ)新築一戸建て
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。