"20190425111042:H:0" "20190425111042:H:0" "20190425111042:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:マンションか戸建か迷い中。どういう基準で選んだらいい?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

606 件見つかりました
  • Q
    マンションか戸建か迷い中。どういう基準で選んだらいい?
  • A
    徳永 裕也

    新着 優先順位によります。

    【マンション】メリット:オートロックなどの防犯性が高い。共用施設が充実しているマンションだと、キッズルームやシアタールーム、フィットネスルーム等が利用できる。将来の修繕計画などがしっかりしている。デメリット:住宅ローンの他に管理費・修繕積立金が毎月掛かる。騒音について戸建てよりも気遣いが必要になる。【戸建て】メリット:隣家と離れていれば、騒音面で神経質になる必要がない。管理費・修繕積立金が掛からない。※ただし、屋根や外壁などは定期的(10~15年毎)にメンテナンスが必要。デメリット:将来の修繕費を自分で貯めなければならない。・空き巣や放火などの防犯(セキュリティ)面を意識する必要がある。 (担当: 徳永 裕也 / 野村の仲介+四谷センター野村不動産アーバンネット(株) )

  • A
    佐々木 隆真

    新着 将来の資産価値やランニングコストで選ぶなら戸建、立地やセキュリティーならマンション

    両者に最も違いがあるのは、将来の資産価値やランニングコストです。戸建の場合、物件価格のうち土地が占める割合が多いことが一般的です。マンションの場合は、逆に建物が占める割合が多いことが一般的です。建物は経年劣化により年々価値が下がっていきますが、土地は地価の変動がない限り概ね同じ価値で推移していきます。また、マンションには戸建には掛からないランニングコストがあります。それは、管理費と駐車場代・駐輪場代とその他使用料です。一般的に、戸建の方が高いお買い物というイメージがありますが、こうした比較をしてみると意外と変わらないかもしれませんね。本当に住みたい方をお選び頂くのがベストだと思います。 (担当: 佐々木 隆真 / (株)RDP estate )

  • A
    高見 勇至

    新着 大切なことは、住み替え前提か、永住志向か。

    一概には言えないですが、購入する目的について、しっかりとご相談して決めていくことが大切だと考えています。購入する目的、住み替え前提か、永住志向か。原点に立ち返って最適な選択肢を考えていきましょう! (担当: 高見 勇至 / ブレイスホーム(株) )

  • A
    望月 泰宏

    理想のライフスタイルを基準にしてはいかがでしょうか。

    マンションと戸建、どちらも一長一短あり、迷ってしまいますよね。ご自身とご家族の「ライフスタイル」を基準にされてはいかがでしょう。マンションと戸建の大きな違いは「階段の有無」。戸建の場合、階段の上り下りが毎日必要になります。ご高齢のご家族や、洗濯お掃除などの家事を行うお母さんは意外と大変…との声もあります。一方で、小さなお子様がいらっしゃるご家族は、階下への足音を気にせずに、戸建でのびのびと子育てがしたい!というご希望を多く承ります。理想のライフスタイルのイメージから実際に物件を見て比較してみてください。それでも迷ってしまう方には、マンションと戸建両方から、理想のお住まいをご提案させて頂きます! (担当: 望月 泰宏 / センチュリー21(株)東日本建設 )

  • A
    成田 清也

    はじめは両方見てもいいでしょう

    お客様のライフスタイルに合わせたお住まいをお選びください。中には大型のワンちゃんを3匹、ネコちゃんを6匹飼育しているため、マンションで探しても規約上可能な物件が見当たらないので戸建で探している、といった方もおりました。また、セキュリティ面の安心感から、オートロックのついたマンションをお選びいただいた方もおります。決めきれない場合は同じ地域の両物件をご覧いただいて、よりライフスタイルに合うものを探してみてはいかがでしょう。 (担当: 成田 清也 / (株)大京穴吹不動産大島店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    蘓原幹令

    立地、管理、構造、ワンフロアーなどでしょうか。

    マンションは駅近物件が多く、管理の手間もありません。構造もSRCやRCになります。ワンフロアーのように使えるので戸建てでいえば平屋のような使用となります。家庭菜園や閑静な住宅地など希望する場合にはマンション物件はないので戸建てになります。駐車場の制約がないのも戸建ての良い所です。条件が決まっていなくてもどちらも見学可能ですので迷っていてもご来店くださいませ。 (担当: 蘓原幹令 / (株)エステート・ワン )

  • A
    植原崇文

    それぞれのメリットとデメリットを理解してご自身にあったものを選びましょう。

    メリットとして、マンションは「セキュリティ」「構造」「立地」、戸建は「資産価値」「陽当り」と言われています。ただ、注意点として、戸建からマンションへの買替数よりもマンションから戸建への買替数の方が圧倒的に多いという点です。ですので、永住を考えているか?はポイントになるかも知れません。そこに根をはって永住したい。と考えるのであれば戸建が良いのではと思います。因みに、買い換えの動機は、マンションからの場合が「上下の音トラブル」「子供が生まれて手狭」が多く、戸建からの場合は「子供が独立したので広すぎる」「老夫婦だけなのでセキュリティを良いところに」と言った具合でしょうか? (担当: 植原崇文 / (株)ベルヨコハマ )

  • A
    五耒 佑

    お客様のライフスタイルに合わせて考えていきましょう!

    まずはご希望条件を書き出して優先順位を付けていけば明確になってきます。最寄駅までの距離(電車は普段の生活でどこまで重要か?)、間取り、陽当たり、セキュリティー面、日々のメンテナンス、住環境などお住まいになるご家族のライフスタイルや生活習慣により異なってきます。利便性や安全性が重視であればマンション、広いお庭でのガーデニングや日曜大工などを好まれるのであれば一戸建てなどと重要視するポイントに順番を付けていくことによって見えてくると思います。 (担当: 五耒 佑 / 大みか不動産(株)売買センター )

  • A
    三橋 暁人

    一生ものと思いすぎず、近い将来が充実する方を選びましょう!

    戸建か・・マンションか・・難しい悩みですね!戸建のメリットは「将来残せる土地の資産価値割合が高い」「管理費・駐車場代がかからない」などでマンションのメリットは「駅近くに立地している部屋を探しやすい」「室内に階段がなくフラットな生活ができる」などあります。それぞれ特徴が異なります。選ぶポイントとしては”住宅ローンを返済している期間”もしくは”子供が独立するまでの期間”などご自身で期間を決め、その間家族が笑顔で過ごせる場所を選ぶのが良いと思います。ライフスタイルが一生変わらないお客様はいません。近い将来が充実できる事を考えましょう! (担当: 三橋 暁人 / 朝日土地建物(株)横浜支店 )

  • A
    藤平 俊之

    ☆マンション・戸建、それぞれの長所・短所を確認しましょう☆

    ☆(マンションの長所(逆は戸建の短所☆)  戸数が多いため、同じ立地条件だと販売価格が安い場合が多い / メンテナンスを業者に任せられる / 空き巣や盗難などに対するセキュリティが高い / 高さがあるため、眺望、日当たりが良い場合が多い / 光熱費やネット代が安く済む ☆(マンションの短所(逆は戸建の長所☆)  土地がない分、将来的な資産価値に劣る / 建て増し・改築などが自由にできない / 騒音などの問題が起きやすい / 自由にペットを飼えない / 管理組合への参加義務がある / 管理費、積立金等の維持費がかかる等、ご自分やご家族にとって住みやすい方を選ばれるといいでしょう。 (担当: 藤平 俊之 / (株)ハウスコレクション )

  • A
    桂林 亜希子

    ライフスタイルによります。

    お客様のライフスタイルによりますので一概にいえませんが、それぞれメリット・デメリット御座いますので大事なのはご家族のライフスタイルが決め手になると思います。ご家族全員が過ごす居住スペースになりますので、ご家族設計や趣味等・・・・ご夫婦で一度話し合ってみてはいかがでしょうか。それとは別に、資産性の面から考える事も出来ますが、居住用不動産を投機的に購入するのもどうかと思いますので、やはり大事なのは、将来のライフスタイルを見据えて考えるべきだと思います。 (担当: 桂林 亜希子 / (株)プリンシパルホーム )

  • A
    渡邊 陽一

    お客様の生活スタイルに合わせてお選び下さい!

    マンションでは多少の段差はありますが、平屋(お部屋の中に階段がない)のため、足腰が悪い方にとっては便利に感じますし、庭の手入れが必要ない、管理が楽などの良さもあります。一方、戸建では庭で家庭菜園や花の栽培ができたり、駐車場が敷地内にある、ペットの飼育が自由であるなどという良さがあります。お客様の生活スタイルに合わせてお選びください。 (担当: 渡邊 陽一 / オークラヤ住宅(株)上野営業所 )

  • A
    望月 栄二

    マンション・戸建、それぞれの長所・短所を確認しましょう

    【マンションの長所(逆は戸建の短所)】戸数が多いため、同じ立地条件だと販売価格が安い場合が多い / メンテナンスを業者に任せられる / 空き巣や盗難などに対するセキュリティが高い / 高さがあるため、眺望、日当たりが良い場合が多い / 光熱費やネット代が安く済む 【マンションの短所(逆は戸建の長所)】土地がない分、将来的な資産価値に劣る / 建て増し・改築などが自由にできない / 騒音などの問題が起きやすい / 自由にペットを飼えない / 管理組合への参加義務がある / 管理費、積立金等の維持費がかかる等、ご自分やご家族にとって住みやすい方を選ばれるといいでしょう。 (担当: 望月 栄二 / センチュリー21ティ・エイチ・ライフ(株)厚木本社 )

  • A
    大木 金吾

    マンションと戸建は住み方も違ってきます。

    どんな暮らしをしたいかを想像して、決められた方が良いかと思います。また費用面でマンションの場合は管理費や修繕積立金、駐車場代など購入費以外にも毎月かかる費用もございますのでエリアや費用面など総合的に判断することをおすすめ致します。 (担当: 大木 金吾 / 古郡ホーム(株)FGデベロップ )

  • A

    難しい質問ですが、価格だけで選ぶのは要注意です!

    結局は購入を希望するお客様の優先順位でお勧めするのがマンションか戸建か変わりますので、一概にこちらがいいという話はできません。但し、3000万円のマンションと3000万円の戸建を購入した場合、月々の支払は確実にマンションの方が高くなります。理由は管理費、修繕費、駐車場代が別途費用負担として出てくるからです、マンションによりますが、この3つの費用を合計すると2.5万円~3万円くらいになりますので、3000万円ならばローンが支払えると安易に考えると想像とは違い、月々の支払が重くなり、教育費、レジャー費、将来に向けての貯蓄を圧迫することがありますので、十分注意してください。 (担当: 堀口 恒平 / (株)リプロ東大宮店 )

  • A

    何を重視するか・・・

    一般的にマンションを選ぶ方は利便性を重視される方が多く、戸建を選ぶ方は周辺環境を含めた住環境を重視される方が多いです。ご自身が育ったご実家も判断基準になることが多いので、お住まい探しを行う動機なども含めてご相談ください。 ( (株)福屋不動産販売赤羽店 )

  • A
    保坂 恵介

    利便性のマンション資産の戸建です。

    一般的な住宅環境を考えると駅に近い場所は商業地や高層の建物が建っていることが多いため、駅により近いところを求めるならマンションの方が優れています。これに対し、建物の広さや静かな環境を求めるなら戸建てのほうが優れています。住宅情報館では、マンション・戸建て両方のメリット・デメリットの比較をご説明差し上げながら、より良いお住まいのご提案が可能です♪是非お気軽にご相談ください! (担当: 保坂 恵介 / 住宅情報館(株)府中店 )

  • A
    梁木 憲太郎

    マンション・戸建、それぞれの長所・短所を確認しましょう

    【マンションの長所(逆は戸建の短所)】戸数が多いため、同じ立地条件だと販売価格が安い場合が多い / メンテナンスを業者に任せられる / 空き巣や盗難などに対するセキュリティが高い / 高さがあるため、眺望、日当たりが良い場合が多い / 光熱費やネット代が安く済む 【マンションの短所(逆は戸建の長所)】土地がない分、将来的な資産価値に劣る / 建て増し・改築などが自由にできない / 騒音などの問題が起きやすい / 自由にペットを飼えない / 管理組合への参加義務がある / 管理費、積立金等の維持費がかかる等、ご自分やご家族にとって住みやすい方を選ばれるといいでしょう。 (担当: 梁木 憲太郎 / センチュリー21ティ・エイチ・ライフ(株)渋谷店 )

  • A

    それぞれのメリット、デメリットを把握しましょう。

    マンションは、戸建てに比べ立地条件が良い物件の購入が可能です。また、オートロック等セキュリティが高いなどのメリットがありますが、管理費・修繕積立金が毎月必要になってきます。一戸建は、リフォームなども自由に行えるメリットがありますが、マンションに比べ施錠等に手間がかかること、定期的なメンテナンス費用をお客様ご自身が準備しておく必要があります。 ( 三井住友トラスト不動産(株)大森センター )

  • A
    柴田 俊一

    利便性と価格で選んでみるのもいいかもしれません。

    マンションと戸建が同じような立地で専有面積も同じ場合は土地所有率の高い戸建の方が価格が高いケースが多いです。利便性重視で価格を抑えたい場合はマンションが、利便性は良くない代わりに価格を抑えて庭や駐車スペースが欲しい場合は戸建がいいかも知れません。 (担当: 柴田 俊一 / (株)ハウスデザイン )

  • A

    不動産を購入する目的や、お客様が重視する項目によります。

    ご購入に際し、5年後、10年後の将来を見据えてご検討される方が多いかと思います。今後を考えて、利便性を重視して街中に住みたい、街中でなければならないと言う方であれば、やはりマンションと言う選択肢になられるかと思います。集合住宅が苦手だし、便利さよりも自分は住環境を重視したいと言う方であれば戸建てと言う選択肢になられるかと思われます。マンションと戸建て、どちらにもメリットとデメリットがございますので、お客様のニーズに合わせたご提案をさせて頂きます。 ( ウスイホーム(株)野比店 )

  • A

    立地やセキュリティー面を重視するならマンション!?自由スタイルを求めるなら戸建!?

    マンションのメリットとしては、セキュリティー面や共用部分の管理がしっかりしていることがあげられます。ただ、管理費や修繕積立金などの負担があります。戸建の場合は敷地内に車の駐車もできたり、お庭のガーデニング等自由にご利用いただけるメリットがありますが、草むしりなどの維持管理も必要になってきます。お客様のライフスタイルをお聞きしたうえで、最適な暮らしの提案をさせていただきます。 ( ビューハウス(株)高崎店 )

  • A
    田中 愛理奈

    ひとつの提案ですが「どんな街に住みたいか」で考えてみてはいかがでしょうか。

    一般的にマンションは利便性の良いところ、戸建ては環境の良いところに立地することが多いです。価値観はご家族によって違いますから、「どんなところに住みたいか」を念頭においてみてはいかがでしょうか。それ以外にも、駐車スペースがある・大型犬が飼える(戸建てのメリット)、修繕計画を管理会社に任せることができる(マンションのメリット)等もありますから、特別な希望があれば担当者にお伝えください。 (担当: 田中 愛理奈 / (株)長谷工リアルエステート多摩センター店 )

  • A

    ライフスタイルに応じて優先順位をつけてお考え下さい。

    庭いじりは好きですか?小さくても庭のある生活を最優先しますか?それとも交通の利便性が良く、商業施設が近いところを最優先しますか?順位を付ければ、見えてくるものがあると思います。その上でお考えください。できれば、両方見ることをお薦めしたします。 ( コンチネンタルホーム不動産(株) )

  • A
    大高 昭久

    駅近ならマンション、広さなら戸建てが有利です!

    一般的な住宅環境を考えると駅に近い場所は商業地や高層の建物が建っていることが多いため、駅により近いところを求めるならマンションの方が優れています。これに対し、建物の広さや静かな環境を求めるなら戸建てのほうが優れています。住宅情報館では、マンション・戸建て両方のメリット・デメリットの比較をご説明差し上げながら、より良いお住まいのご提案が可能です♪是非お気軽にご相談ください! (担当: 大高 昭久 / 住宅情報館(株)八王子店 )

606 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

マンションか戸建か迷い中。どういう基準で選んだらいい?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 新築一戸建て > 新築一戸建て 関東 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
新築一戸建てを探すなら|SUUMO(スーモ)新築一戸建て
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。