イベントレポート
2017.05.06

「東京レインボープライド2017 パレード&フェスタ」に参加しました。

性的指向や性自認にかかわらず、すべての人が自分らしく前向きに生きていける社会を目指す祭典「東京レインボープライド2017」が、4月29日(土)から5月7日(日)まで都内を中心に開催されました。

代々木公園周辺で行われた6日と7日のメインイベント「パレード&フェスタ」には、教育・福祉、ファッションなど、多種多様なカテゴリのブースが登場。7日のパレードではカラフルに装飾した車両(フロート)が先導し、音楽に合わせて渋谷・原宿界隈約3㎞を行進。沿道の人からは声援も多く聞かれ、パレード参加者とハイタッチを交わすなど賑わいをみせました。

「パレード&フェスタ」には、SUUMOもブースを出展しました。メッセージを貼るポストイットパネルを設置させていただき、「自分たちが考える理想の住まい」について378名の方からコメントをいただくことができました。

「好きな人とシェアじゃなくて同棲って認められたい」「パートナーと共同でマンションを買いたい!!」「差別のない不動産!!が当たり前の社会ならどこでも!」など、たくさんの生の声をいただくことができました。

「パレード&フェスタ」に参加したSUUMO副編集長の田辺貴久は、ブース開設の手応えについて次のように語っています。「セクシュアル・マイノリティ当事者の方が集まる場なので、『SUUMO for LGBT』の取り組みについて、どう受け取られるか反応を直接知りたいということと、SUUMOの想いを伝えたいと考えていました。SNSをはじめ『SUUMOがこうした取り組みをしてくれていて嬉しい』とポジティブな反響が多く見られたのは意義深かったと思います」

またブースではSUUMOのLGBTフレンドリー物件への取組みや、住宅購入虎の巻などの冊子にも興味が集まっていました。

今回いただいた声を今後も活動に生かしていきたいと考えています。ありがとうございました。

東京レインボープライド公式サイトへ

トップに戻る