建売住宅vs注文住宅 価格と特徴 徹底比較

11年01月26日
ブックマークする:
  • フローチャートで診断し、それぞれの特徴を知ろう
  • 期間は?価格は?比較してみよう
ボーダー

期間は?価格は?比較してみよう

入居までの期間はどのくらい違う?

土地付き住宅である建売住宅を買うのと、工法や間取り・設備などを自分で選んで注文住宅が完成するのと、入居までの期間の違いは以下の通り。入居したい時期を考慮した上で検討してみよう。

建売住宅・注文住宅比較

※参考:建売住宅は、リクルート「2007年首都圏新築一戸建て契約者の動向調査」より
注文住宅は、リクルート「注文住宅と住宅設備に関する動向調査 2009年」より

ボックストップ
希望に合う施工会社や物件を探そう
  • 注文住宅を探す
  • 土地を探す
  • 新築一戸建て探す
ボックスボトム

価格はどのくらい違う?

新築一戸建てに比べると、建築条件付き土地を購入した一戸建ては約200万円、土地+注文住宅では1000万円違う。予算に合わせてどの形態の住宅を購入するか検討してみよう。

価格はどのくらい違う図

※2008年以降に首都圏で土地面積100~199㎡の住宅を購入した人(829人)の回答データをもとに算出(リクルートマイホーム購入者アンケートより)

←STEP1 それぞれの特徴を知ろう

←もう一度診断してみよう

今、用意できる頭金・月々支払える金額から、買える物件額を試算してみよう
用意できる頭金 万円
月々支払える金額 万 千円
金利 %
返済期間 年
矢印
買える物件額 万円 ※諸費用・管理費は除く
ボックストップ
買える物件額に応じて、希望に合う物件を探そう
  • 注文住宅を探す
  • 土地を探す
  • 新築一戸建てを探す
ボックスボトム
ボックスボトム

▲ページTOPへ

建売住宅注文住宅の比較

建売住宅と注文住宅の違いを、項目別に比較してみよう。

既に決められたものを買うので、自由度は期待できない。

通常は、設計プランに沿って建築している途中、または完成済みであるので、仕上がりイメージがつきやすい。

完成している場合は、建築過程は見ることができない。

設備や部材をまとめて購入できたり、建築工程の合理化・効率化が図れるので、同じものを注文住宅で建てるよりコストが抑えられる。

土地と住宅を一括購入するので、短期間で入居できる。

建売住宅の売主と「売買契約」を結ぶ。

土地と住宅を一括購入するので、資金計画が立てやすい。

工法に始まり間取りや設備、仕様などの細部に至るまで自由度が高い。

図面や部材サンプルなどで設計プランを決めるので、全体の仕上がりイメージがつきづらい。

建築過程を見ることができる。

コストをかけるところ、かけないところを選択できる。

土地の購入が先行される。その後、注文住宅の設計プランを決めて、建築に着手するので、関係者も多く、時間もかなりかかる。

土地の売主と「売買契約」、注文住宅の施工会社と「工事請負契約」を結ぶ。(建築士に設計のみを依頼する場合、別途、設計契約を結ぶ)

最初に、土地の購入代金を支払って取得する必要がある。注文住宅の工事費用も、着工時、上棟時、竣工時に分割して支払うことが多いため、資金計画は複雑になる。

←もう一度診断してみよう

まとめ

あなたには、どれが向く?

どれが向くのかは、住宅へのこだわりが強く自由度を追求するのか、標準的なものを時間や手間をかけずに買うのか、が大きな分かれ目になるだろう。
自由度の高い注文住宅を選べば、自分の判断で多くの選択肢の中から決めていく責任と作業が発生するのは当然のこと。適切に判断できるだけの知識も必要となる。
一方、建売住宅では自由度は期待できないが、時間や手間をそれほどかけずにマイホームを手にすることができる。自分が最も重視するのはどの点かをよく考えたうえで、結論を出すようにしよう。

ボックスボトム

建売住宅

日当たり、子育て環境、間取り、セミオーダーできる建売住宅を探そう
  • 希望のライフスタイル・こだわりテーマから家を探す
  • 条件を設定して探す
ボックスボトム

注文住宅

自然素材、子ども部屋、キッチン……家族の希望をカタチにしよう!
  • ハウスメーカーを探す
  • 工務店を探す
  • 土地を探す
ボックスボトム
特徴は?メリット・デメリットは?それぞれの特徴を知ろう
構成・文/山本久美子(住宅ジャーナリスト)イラスト/谷口シロウ デザイン/コントロールプラス
関連するコンテンツを読む

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る