不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > 家を開く > 実例一覧 > 高い収益を生む、人気観光地の自宅カフェ

高い収益を生む、人気観光地の自宅カフェ

開いたスペースとオーナー

オーナーアイコン
高い収益を生む、人気観光地の自宅カフェ

多くの観光客が往来する古都・鎌倉。にぎやかな小町通りから小路を進んだ住宅街に、本多理恵子さんが営むカフェ「リエッタ」はある。家族3人で暮らす住居に併設された店舗は、小さいながらも明るく、居心地の良さそうな雰囲気だ。

子育て環境の良さに惹かれ、十数年前に鎌倉へと転居してきた本多さん。そのころから「いつかは自分のお店を開きたい」という思いがあった。

「転居してすぐ、パートとして地元のレストランで働き始めたのですが、自分なりに『こうしたほうがもっとよくなる』というアイデアがあっても、人のお店だとなかなか口を出せません。実家が和菓子店だったこともあり、商売人の血が騒いでしまったんですね。だったら自分でやってしまおうと」(本多さん)

しかし、現実は甘くなかった。物件探しでいきなりつまずいてしまう。

「事業計画書と資金計画書をきっちりつくって、何十軒も不動産会社を回りました。でも、ほとんど門前払いでしたね。鎌倉にお店を出したい人って山ほどいるので、よほど潤沢な資金やコネがない限り、新参者はなかなか入れません。何の経験もない主婦の私にはハードルが高かったです。結局、不動産会社経由では良い物件には出合えませんでしたが、最終的には友人が所有する築年数の経ったアパートの1階部分を自宅兼店舗として借りられることに。いずれ取り壊して新築する予定で、それまでの期間限定であれば、住居の一部を店舗用に手を加えていいと言ってくれました」

ここなら店舗と住居を共用することもでき、育児と仕事を両立できるメリットもあった。「学校から帰ってくる子どもを『おかえり』と出迎えてあげたい」という本多さんにとって、自宅カフェは理想的な選択肢だったようだ。

さっそく転居し、一部をカフェスペースに改修。2006年に同店をオープンした。改修に思いのほかコストがかかったこともあり、収益にはこだわったという。開店当初こそ苦戦したが、お店の宣伝のためにと始めた料理サロンが軌道に乗り、今は料理サロンの会費とカフェの売上で収益も安定。観光シーズンには1日100人以上の客が訪れ、毎月15~20回の料理サロンはいつも満席。この日、料理サロンに参加した主婦からは「とにかく教え方が分かりやすいです。先生の人柄や、初対面の参加者の人ともすぐに打ち解けられるサロンの雰囲気も魅力的ですね。今では月1回くらい利用していますが、先生や友達に会いに来るのが楽しみなんです」との声が聞かれた。「主婦の方が日常を忘れてくつろげる場所をつくりたかった」という本多さんの思いは、しっかり実を結んでいるようだ。

マンションはオートロックを何重にもするなど、ある意味外部との関係性をシャットアウトしがちな構造ともいえるが、このように一部を開くことで、近隣住民をつなぐ地域コミュニティの拠点的役割を果たし、結果的に地域から必要とされる存在にもなりうるようだ。

  • 日常を忘れてくつろげる
    生活感を排除した空間
    築40年のアパートの一部を改装したカフェ店内。内装でこだわったのは、とにかく生活感をなくすこと。床には重厚感のある板を張り、テーブルや椅子も特注。快適性を追求すべく1cm刻みまで高さを指定したという。
    日常を忘れてくつろげる生活感を排除した空間
  • 手づくりスイーツなどテイクアウトも充実
    手づくりスイーツなど
    テイクアウトも充実
    ショーケースには人気のプリンや季節のケーキ、リンゴのドレッシング、コチュジャンなどが並ぶ。もちろん、すべて本多さんの手づくりだ。テイクアウトも可能。
  • 人気の料理サロンは
    いつも満席
    県外からも生徒が集まるという人気の料理サロン。現在は月15~20回程度開催している。生徒がつくるのではなく、本多さんが調理する様子を見て学ぶスタイル。省スペースで開催でき、時間も短縮できる。
    人気の料理サロンはいつも満席
  • 見学して食べるだけという気軽なスタイルが人気
    見学して食べるだけという
    気軽なスタイルが人気
    つくった料理は全員で試食。「座って、見て、食べるだけの料理サロン」という気軽なスタイルがウケている。参加者からは「レシピ付きのランチという感覚。品数も豊富だし、これで2200円は安いと思います」との声が。
    ※4月から2500円に改定
  • 知人が所有する築40年の2階建てアパート。1階の自宅スペースの約半分を店舗用に改装。居住用の玄関は別に設けられている

    知人が所有する築40年の2階建てアパート。1階の自宅スペースの約半分を店舗用に改装。居住用の玄関は別に設けられている

  • 日当たりのいいウッドデッキのテラス席を新たに設けた。コストはかかったが、自らが理想とするカフェを追い求めた

    日当たりのいいウッドデッキのテラス席を新たに設けた。コストはかかったが、自らが理想とするカフェを追い求めた

  • 通行人の目を引く場所に、メニューや料理教室の案内を掲示。足を止めてチェックする人も多かった

    通行人の目を引く場所に、メニューや料理教室の案内を掲示。足を止めてチェックする人も多かった

  • 経営の経験がなく最初は苦労したという本多さんだが、「必ず黒字にする覚悟」で努力を重ねてきた

    経営の経験がなく最初は苦労したという本多さんだが、「必ず黒字にする覚悟」で努力を重ねてきた

かかった費用は?

改装および設備に450万円、厨房設備に100万円、入居費に50万円、その他運転資金に100万円。トータル700万円。

アドバイスとこれからの展望

「じつは、お店を始めた当初は『主婦が昼からお酒を楽しめるカフェ』をイメージしていたのですが、思うようにお客さんが入りませんでした。そこで、『料理教室を軸にしたカフェ』に変更したところ、だんだん受け入れてもらえるようになりました。経営の安定を目指すなら、ひとつのコンセプトに固執せず、柔軟に路線変更していく姿勢が必要なのだと思います。今ではリエッタも、おかげさまで多くの方が足を運んでくださるようになりましたが、繁忙期ともなると鬼のように忙しく、ボロボロになってしまうこともあります。今後は料理サロンをメインにして、カフェは完全予約制にするなど、収益をしっかり確保しつつ、無理のないペースで続けられる方向性を探っていきたいと考えています」

間取りとDATA

間取り

空いてるスペース

施主名 本多理恵子
構想期間 1年
開いているスペースの面積 約15m2
開いているスペースの% 約30%
住所 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-2-5
TEL 0467-23-5360
ホームページ http://ameblo.jp/caferietta/
営業時間 11:30~夕方(または売り切れ)
定休日 月曜(土、日曜は不定休、冬期休業あり)、金曜は料理サロンのみ営業
アクセス JR横須賀線鎌倉駅から徒歩5分
建物形態 一軒家

取材・文/榎並紀行<やじろべえ> 撮影/藤本和成 間取図イラスト/tokico

情報掲載日/2014年2月28日

ほかの実例を見る

  • 近隣住民も集う
    マンションの日曜喫茶

    近隣住民も集う マンションの日曜喫茶

    マンション居住者だけでなく、地域の人にも開かれた「日曜喫茶」。100円モーニングでマンション内外の交流を図る。

  • おうちでコンサート!
    室内楽を気軽に楽しむ

    おうちでコンサート!室内楽を気軽に楽しむ

    築30年超のコーポラティブマンションの集会所ではじまったコンサートが前身。プロの音楽家を招き、無料演奏会を自宅で開催。

  • 住人、地域をつなぐ
    マンション内の名物マルシェ

    住人、地域をつなぐマンション内の名物マルシェ

    茅ヶ崎市のマンションで、第4日曜に開催される「アイランズマルシェ」。月1回、マンション前の広場が近隣住民の社交場になる。

  • 妻との約束に導かれた、
    自宅「子ども食堂」

    妻との約束に導かれた、自宅「子ども食堂」

    山田和夫さんが主宰する「要町あさやけ子ども食堂」。子ども1人でも入れる食堂として、第一・第三水曜日に自宅を開放している。

  • 大切な人と大好きなパンに
    囲まれて生きる

    大切な人と大好きなパンに囲まれて生きる

    実家の空きスペースを改装して自宅パン屋を開業。自身も3人の子どもを育てている。

  • ママもRUNしたい!
    をかなえる場所

    ママもRUNしたい!をかなえる場所

    ママを対象に、託児機能付きランニングステーションを自宅に開業。自身も3人の子どもを育てているママ。

「家を開く」関連記事を見る

SUUMOジャーナル

近年、子育て世帯の貧困が問題になっています。さらに、地域とのつながりをもたず孤立する家庭が増えたことで、虐待や引きこもりといった子どものSOSも見逃されがちです。そうしたなか、地域が共同体として ... 続きを読む

自宅の庭を公開し、訪れる人は誰でも見学出来るオープンガーデンをご存じだろうか? オープンガーデンは1927年にイギリスで始まったといわれており、近年日本で取り組む地域も増えてきている。今回はそんな ... 続きを読む

メディア掲載履歴

2013年11月28日
TBS「Nスタ」で紹介されました。
2013年10月19日
「“自宅で自分らしく働く”ワーキングスタイル&マネー術」公開セミナーを開催しました。

一覧はこちら

更新情報

2016年6月15日
【実例追加】 近隣住民も集う マンションの日曜喫茶
2016年5月25日
【実例追加】 おうちでコンサート!室内楽を気軽に楽しむ
2016年4月28日
【実例追加】 住人、地域をつなぐマンション内の名物マルシェ
  • 住活マニュアル 賃貸部屋探し編
  • SUUMO引越し見積もり

マンションの一部を地域に開いたコミュニティカフェ| 家を開く | SUUMO

不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > 家を開く > 実例一覧 > 高い収益を生む、人気観光地の自宅カフェ

ページトップへ戻る