2020年度 結果発表

だいちゃんZ!大阪府 アサガオを 植えて爽シャル ディスタンス ハルル	東京都	目印は ゴーヤの家と 宅配員 やすよ	兵庫県	GOTOも いいけど我が家は ゴーヤーだね けんちゃん	岐阜県	web会議 ゴーヤカーテン 話題取る ひろ1970	栃木県	アサガオで 咲かせ我が家の スターマイン ときたん	岩手県	ゴーヤ食べ 今日も苦いと 安堵する madder	北海道	緑萌ゆ 今年はお庭が キャンプ場 ふうまる	大阪府	おうち時間 家族あつまれ ゴーヤの森 さごじょう	愛知県	カーテンで 家も検温 異常なし エミテン	京都府	エアコンに 休業要請 するゴーヤ
  • 三ツ口 拓也 氏
    三ツ口 拓也 氏

    コロナ禍にてテレワークが増えたり、在宅時間が増える中で、
    「家をどう快適にできるか」という視点は今まで以上に着目されました。
    これまで緑のカーテンを楽しまれていた方も、家での時間が増えた今年は、緑のカーテンの良さを体感できる機会が増えたのではと思います。
    その結果なのか、今年の川柳の作品では、情景がリアルに浮かぶものが多かったですし、写真の応募数も昨年の2倍にまで増えていました。家時間をより快適に過ごせる手段として、緑のカーテンがより広がっていけばよいなと思います。

  • 横溝 宏一郎 氏
    横溝 宏一郎 氏

    今年はとても多くの川柳の応募をいただきましたが、応募数だけでなくレベルも高かったと感じています。コロナに関連したテーマの作品が多かったため、同じテーマを扱った作品も多かったのですが、その中でも表現がするどいものを選ばせていただきました。
    私の中で一番印象的な作品は、「ゴーヤ食べ 今日も苦いと 安堵する」。
    コロナとはっきりとは触れない言葉を選びつつ、みんなの心配を上手く表現していただけたと思います。

  • 池本 洋一 氏
    池本 洋一 氏

    SUUMOの調査では、在宅時間が増えたことでの住まいへの不満として、断熱性や省エネ性能など快適性に対する不満が非常に高くでていました。
    今年の緑のカーテンは、視覚的にコロナ禍でのストレスを軽減させる意味合いと、物理的な暑さ対策としての恩恵とダブル効果があったのではないかと思います。
    今後も自然災害が増えていく可能性がある中で、緑のカーテンは、
    地球環境にやさしいというエコ観点はもちろん、住まいの快適性をあげるという機能としての魅力も高いと再認識できた、そんな一年だったのではないかと思います。

↑ページの先頭へ戻る

緑のカーテンをみんなで広げよう!キャンペーン|SUUMO(スーモ)

ページトップへ戻る