耐震・免震・制震

ここでは耐震、制震、免震のほか、独自の構造を採用し、地震に強い家づくりを行っている施工会社を紹介します。地震に対してどのような対策を提案しているかを知ることも、依頼先探しの大切なポイントです。

この条件で検索結果を見る

指定する条件が多いと
検索結果が0件になる
可能性があります

検索条件
  • 建築エリアを選ぶ
  • 予算を選ぶ
    人気の価格帯
    • ローコスト住宅

      本体価格1000万円台、または坪単価20万から40万円台

    • ハイグレード住宅

      本体価格3000万円以上、または坪単価100万円以上

    坪単価
  • 建てたい家の特徴を選ぶ
  • 建てたい会社の特長を選ぶ
      • 木造軸組

        木造軸組工法とは、日本で古くから使われている伝統的な工法のことで在来工法ともいいます。木材の柱と梁、柱と柱の間に斜めに入れる筋交いで建物を支えます。柱の位置や長さを自由に設定できるため、デザインや間取りの自由度が高いことがメリット。以前は大工の職人技が重視されていましたが、現在では機械加工の木材を利用するなど、技量による精度のバラツキはほとんど解消されています。

      • 2×4・2×6

        2×4工法(ツーバイフォー工法)とは、断面サイズが2×4インチの角材を使い、床や壁、天井の「面」で建物を支える工法。構造の安定度が高く、また木材の隙間が少ないため気密性・断熱性を発揮します。材料や建て方がマニュアル化されているため、施工会社による品質のばらつきが小さいことも特徴です。2×6(ツーバイシックス)工法は2×4に比べ壁や床がより厚いため、性能が向上します。

      • RC(鉄筋コンクリート)造

        RC (鉄筋コンクリート)造とは、現場で鉄筋を組み、型枠をはめてコンクリートを流し込んでつくる工法。型枠次第でどんな形にもつくれるのが特徴。耐火性・耐震性・耐久性にも優れていますが、他の工法よりも工期が長く、費用も高くなることが多いです。

      • 重量鉄骨

        重量鉄骨工法とは、主流が角型鋼管の柱・H型鋼の梁から成るシンプルな構造。柱と柱の間を大きくとることができ、開放的な空間や大きな窓が可能です。3、4階建てなど中層住宅にも多く用いられるほか、生活変化などに伴う将来の間取り変更などリフォームにも対応しやすいのが特徴。

      • 鉄骨系プレハブ

        鉄骨系プレハブ 工法とは、鉄骨の柱、梁に壁パネルを用いるなど、鉄骨を主要構造部材としたプレハブ工法のこと。なお、プレハブ工法とは、工場で製作加工された部材を、建築現場に搬入して組み立てる工法で、品質のバラツキが出にくい点が特徴です。

      • 木質系プレハブ

        木質系プレハブ工法とは、木材の枠組に合板を張ったパネルを工場生産し、それを現場で組み立ててつくられる工法。壁式工法の一種で、構造の考え方は2×4工法に共通しますが、違いは断熱材や下地材まで装填したパネルを工場生産すること。他の工法と比べると工期が短く済みます。

      • コンクリート系プレハブ

        コンクリート系プレハブ工法とは、RC(鉄筋コンクリート)造だが、コンクリートパネルを工場でつくって、現場に運び組み立てる工法を指します。現場打ちより品質管理が行き届くので、コンクリートの品質が安定するのが特徴。耐久性、遮音性、耐火性などに優れており、防火地域にも建てられる耐火建築物です。

  • ZEH特集
検索結果 53
表示件数 :
前へ
  • 1
  • 2
  • お届けするカタログ
    Bruce Home Import Houses
    地震に強い「2×4・2×6工法」「ベタ基礎+地中梁」を標準で採用

    地震が多い北米で、何百年にも渡り採用されている耐震工法「2×4・2×6工法(枠組壁工法)」を採用し、ワンランク上の基礎「ベタ基礎+地中梁」を標準で施工。従来工法の2.4倍の強度に…

    続きを読む

    地震が多い北米で、何百年にも渡り採用されている耐震工法「2×4・2×6工法(枠組壁工法)」を採用し、ワンランク上の基礎「ベタ基礎+地中梁」を標準で施工。従来工法の2.4倍の強度に対応している。また、万が一の火災に備え、燃え広がりを防ぐ「ファイヤーストップ構造」を採用し、デザイン性のみならず、耐震性と耐火性に富んだ家づくりで、家族が安心して長く過ごせる快適な家を実現する。

    参考価格
    40.0万円~70.0万円/坪
  • お届けするカタログ
    実例集~style house gallery~
    「耐震」+「制震」で家を守る。特許技術の制振装置「evoltz」を搭載!

    自然災害への意識が高まる中、「耐震」の強度はもちろん、建物への衝撃を吸収して和らげる「制震」も重要なポイント。同社では、耐震材だけでなく、木造住宅用の制振装置「evoltz(エヴ…

    続きを読む

    自然災害への意識が高まる中、「耐震」の強度はもちろん、建物への衝撃を吸収して和らげる「制震」も重要なポイント。同社では、耐震材だけでなく、木造住宅用の制振装置「evoltz(エヴォルツ)」を搭載。「evoltz」は、高級車の快適な乗り心地を実現するための技術をベースに開発され、特許技術「超バイリニア特性」により、揺れはじめの微振動から効果を発揮し、住まいを守る。もちろん、全棟で耐震等級3の取得も可能だ。

    参考価格
    45.0万円~70.0万円/坪
    • おすすめ実例あり
      建築実例
    • モデルハウス
    • カタログ
  • お届けするカタログ
    100年の暮らしを考える 徹底ガイドブック
    耐震等級は最高ランクの「耐震等級3」。3世代に受け継がれる家を目指す

    着工前には全棟に構造計算を行い「構造計算書」をすべてのお客様に渡している同社。耐震等級は、建築基準法の1.5倍の耐震性を示す最高ランクの「耐震等級3」。住宅性能等級の主要8項目で…

    続きを読む

    着工前には全棟に構造計算を行い「構造計算書」をすべてのお客様に渡している同社。耐震等級は、建築基準法の1.5倍の耐震性を示す最高ランクの「耐震等級3」。住宅性能等級の主要8項目では、すべてにおいて最高等級を獲得している。3世代に亘って住み継げる「100年の暮らしを考える」をモットーとする同社だからこそ、強くて長持ちする住まいづくりに本気で取り組んでいる。

    参考価格
    33.0万円~58.0万円/坪
    • おすすめ実例あり
      建築実例
    • モデルハウス
    • イベント
    • カタログ
前へ
  • 1
  • 2

相生市で建築可能な会社の建築実例

相生市の土地を探す

人気の条件から兵庫県相生市の施工会社を探す

市区郡で施工会社を絞り込む

近隣の都道府県で施工会社を探す

兵庫県相生市の注文住宅情報を探す

ページトップへ戻る